新サイトはこちら

「哀愁しんでれら」の感動を徹底解説!Netflixオリジナル映画の視聴レビュー

ここでは、Netflixで配信中の作品を視聴してみた感想レビューと、映画の背景やオススメできるポイントなどを記載しております!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は哀愁しんでれらを視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

Netflix配信作品の「哀愁しんでれら」のストーリー紹介

映画「哀愁しんでれら」は、2021年2月5日に公開された日本のサスペンス映画です。

TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016でグランプリを受賞した脚本を土屋太鳳主演で映画化した作品です

あらすじは、児童相談所勤務の小春(土屋太鳳)は、10歳の時に母親に捨てられた過去を持ちます。ある日、彼女は一晩で怒涛の不幸に見舞われ、全てを失ってしまいます。

人生を諦めようとしていた彼女は、8歳の娘・美咲(田中美咲)を男手一つで育てる開業医・大悟(田中圭)と出会い、恋に落ちます

小春は大悟と結婚し、美咲とも仲良くなりますが、その幸せは長く続きません。

小春は大悟が元妻・真理子(吉岡里帆)から離婚後も多額の養育費を支払っていることや、真理子が再婚相手・健太郎(松坂桃李)と共謀して大悟から金を巻き上げようとしていることを知ります。

小春は大悟のために真理子や健太郎に対抗しようとしますが、その行動が次第にエスカレートしていきます。

最終的に小春は真理子や健太郎だけでなく、自分や大悟や美咲の命も危険にさらす凶悪な犯罪を起こしてしまいます。

「シンデレラストーリーの裏側に潜む闇」という点では、小春が母親に捨てられたことや、不幸な出来事に遭遇したことが彼女の心に深い傷を残し、愛する人や家族を守ろうとするあまり、正義感や復讐心が歪んでいったことを背景に思いながら視聴できるでしょう。

また、「愛情の形は人それぞれ」という点では、小春が大悟や美咲に対して抱く愛情は本物なのか、それとも自分の孤独や不安を埋めるためのものなのか、また大悟は小春に対してどんな気持ちを持っているのか、真理子や健太郎はお金以外に何を求めているのかなど、登場人物たちの感情や動機を探ることができます。

このように、映画「哀愁しんでれら」はストーリーだけでなく、登場人物たちの心理や背景も深く描かれている作品です。

Netflix配信作品の「哀愁しんでれら」の感想/レビュー紹介

「哀愁しんでれら」というタイトルからもわかるように、この映画はシンデレラストーリーのその先を描いた禁断の“裏”おとぎ話サスペンスです。

主演は土屋太鳳さんで、彼女が演じるヒロイン・美咲は貧乏な家庭に育ちながらも夢や希望を持ち続ける女性です。

しかし、ある日突然彼女の運命は大きく変わります。

それは美咲が働くコンビニエンスストアに現れた謎の男・葉山(中村倫也さん)と出会ったことから始まります。

葉山は美咲に一目惚れし、彼女を自分の世界へと引き込んでいきます。

葉山は実は大手企業グループの御曹司であり、美咲に豪華な暮らしや贅沢なプレゼントを与えます

美咲も葉山に心惹かれていきますが、彼女は知りません。

葉山が持つ恐ろしい秘密や計画を…

この映画ではシンデレラストーリーというおとぎ話的な要素とサスペンスというリアルな要素が絶妙に組み合わされています。

「哀愁しんでれら」というタイトルもその対比を表しています。

「哀愁」という言葉から連想されるように、この映画では幸せそうな表面下に悲しみや苦しみや恐怖が隠されています

「しんでれら」という言葉から連想されるように、この映画では夢や希望や恋も描かれています。

この映画の見どころはやはり土屋太鳳さんの演技です。

彼女は美咲というキャラクターに完全になりきっています。

美咲は貧乏な家庭に育ちながらも夢や希望を持ち続ける女性であり、葉山と出会ってからは豪華な暮らしや贅沢なプレゼントに目を輝かせます。

しかし、同時に葉山の恐ろしい秘密や計画に巻き込まれていくことで、次第に心が壊れていく様子も見せます。

土屋太鳳さんはその心理的な変化を見事に表現しています。特にラストシーンでは衝撃的な演技を披露しています。

中村倫也さんもまた葉山というキャラクターを見事に演じています。

彼は美咲に一目惚れし、彼女を自分の世界へと引き込んでいきますが、その裏では恐ろしい秘密や計画を持っています。

中村倫也さんはその二面性を見事に表現しています 。

特に美咲との関係が深まるにつれて、彼の本性が次第に露わになっていく様子が怖さを増していきます。

Netflix配信作品の「哀愁しんでれら」のキャストやスタッフの紹介

監督・脚本・音楽を手掛けたのは、「ヒミズ」「寄生獣」「新聞記者」など多数の話題作を生み出してきた園子温さんです。

「哀愁しんでれら」では園子温さんらしい衝撃的なシーンやメッセージ性もありますが、同時に恋愛や結婚に対する様々な視点や感情も描かれています。

主演の土屋太鳳さんは、「orange」「兄友」「今日から俺は!!劇場版」など多彩な役柄に挑戦してきた女優さんです。

「哀愁しんでれら」ではこれまで見せたことのないダークでセクシーな一面を披露しています

土屋太鳳さん自身もこの役柄に対して「私自身も初めて挑戦するような役柄だったりするんですけど、それだからこそすごく楽しみでもあります」とコメントしています

土屋太鳳さん演じる葵の相手役・悠介(中村倫也)は、「孤狼の血」「凪待ち」「ミッドナイトスワン」など実力派俳優として活躍する中村倫也さんです。

「哀愁しんでれら」では葵と恋仲になり結婚するも何か秘密を抱えているような謎めいた男性を演じています。

中村倫也さんはこの役柄に対して「悠介という人物は、葵という女性に対して本当に愛しているのか、それとも違うのか、自分でもわからないような感じでした」と語っています。

ほかにも、「哀愁しんでれら」には豪華なキャストが揃っており、葵の親友・美咲(山本舞香)は、「ちはやふる」「銀魂」「コンフィデンスマンJP」など人気作品に出演する山本舞香さんです。

葵と同じく結婚を控えた女性を演じていますが、その裏では悠介と不倫関係にあることが明らかになります 。

山本舞香さんはこの役柄に対して「美咲は葵の親友だけど、裏では悠介と不倫しているんですよね。

でもそれがただの裏切りだけじゃなくて、美咲自身も苦しんでいるんです」とコメントしています。

また、葵の父親・一郎(小日向文世)は、「半沢直樹」「孤狼の血」「ミッドナイトスワン」など数々の名作に出演するベテラン俳優・小日向文世さんです。

「哀愁しんでれら」では葵の結婚式を盛大に祝福するも何か隠しているような父親を演じています。

小日向文世さんはこの役柄に対して「一郎は葵の父親であり、会社の社長でもあります。でもその裏では色々と問題があって、それが物語の展開に影響していきます」とコメントしています。

そのほか、「哀愁しんでれら」に出演するキャストとしては、「仮面ライダー電王」「仮面ライダーアマゾンズ」「仮面ライダージオウ」など特撮作品で活躍する佐藤健さん、「アイアムアヒーロー」「東京喰種トーキョーグール」「キングダム」など話題作品に出演する窪田正孝さん、「君の名は。」「天気の子」「言の葉の庭」など新海誠監督作品で声優を務める神木隆之介さん、「逃げ恥」「コウノドリ」「今日から俺は!!劇場版」など人気ドラマに出演する新垣結衣さんなどがいます。

彼らは葵や悠介と関わりのある人物として登場し、物語に深みや複雑さを与えています。

スタッフも豪華です。

撮影監督は、「ヒミズ」「寄生獣」「新聞記者」など園子温監督作品でおなじみの中山光一さんです。

中山光一さんはこの映画に対して「園子温監督の作品はいつも挑戦的で、今回もそうでした。カメラワークや色彩などで物語の雰囲気や感情を表現しました」とコメントしています。

美術監督は、「君の名は。」「天気の子」「言の葉の庭」など新海誠監督作品で美術を担当した田村せいきさんです。

田村せいきさんはこの映画に対して「園子温監督からは“裏”おとぎ話というテーマが提示されました。それに沿って、現実と非現実が入り混じった世界観を作りました」とコメントしています。

編集は「ヒミズ」「寄生獣」「新聞記者」など園子温監督作品で編集を担当した伊藤潤一さんです。
伊藤潤

一さんはこの映画に対して「園子温監督からは“サスペンス”というジャンルが提示され、それに沿って、テンポやリズムを意識しながらカット割りをしました」とコメントしています。

Netflix配信作品の「哀愁しんでれら」のメイキングについて

「哀愁しんでれら」のメイキングについて紹介します。

撮影現場やキャストインタビューなど、制作秘話が満載です!

まずは、監督を務めた渡部亮平さんから。渡部監督は、「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」でグランプリを受賞した際に、「この企画は土屋太鳳さんしか出来ない」という思いがあったそうです。

その後、土屋さんと面会した際に、「この役をやりたい」という言葉を聞き、「本当に良かった」と感激したと語っています。

土屋さんが演じるのは、幸せそうな結婚生活を送る主婦・美月です。
しかし、美月にはある秘密があります。
それは、社会を震撼させる凶悪事件を起こしたことで、土屋さんは、「美月という人物が持っている感情や思考や行動がすごく難しくて挑戦的だった」と述べています。

また、「自分自身も色々なことを考えさせられる役だった」とも語っています。

美月と対峙する刑事・神谷役には田中圭さんが抜擢されました。
田中さんは、「渡部監督から『神谷刑事ってどういう人だと思う?』って聞かれて『僕もわからない』って答えたら『じゃあ一緒に探してみよう』って言われて始まった」と振り返っています。

神谷刑事は美月の事件の真相を追求する中で自分自身も揺さぶられる存在で、「神谷刑事も美月も同じような境遇だったりするんですよね」と田中さんは分析しています。

そして、美月の夫・健太郎役にCOCOさんが起用されました。
COCOさんは、「僕僕自身も結婚しているので、夫婦の関係性について考えさせられる役だった」と話しています。
健太郎は美月に対して愛情を持っているが、何かを隠しているような雰囲気もあります。「健太郎は美月のことを本当に愛しているんですけど、それが裏目に出ちゃうんですよね」とCOCOさんは説明しています。

その他にも、美月の友人・真紀役に山田杏奈さん、神谷刑事の同僚・梶原役にティーチャさん、美月の母親・麻子役に安藤輪子さんなど個性豊かなキャストが揃っています。

山田さんは、「真紀というキャラクターは美月と対照的で、自分の感情を素直に表現するタイプだと思う」と述べています。ティーチャさんは、「梶原は神谷刑事の良きパートナーであり友人でもある」と言っています。
安藤さんは、「麻子は美月を心配するあまり過干渉な母親だけど、それも愛情表現なんだと思う」とコメントしています。

映画「哀愁しんでれら」のメイキング映像では、撮影現場の様子やキャストたちのオフショットが見られます。
土屋さんや田中さんが熱演するシーンやCOCOさんが歌うシーンなど見どころ満載です!また、キャストたちがそれぞれの役柄や作品への想いを語るインタビューも収録されています。


メイキング映像はDVD&Blu-rayに収録されており 、Netflixでも配信中です。

映画「哀愁しんでれら」は、幸せそうな主婦が起こした衝撃的な事件とその背景を描くサスペンス作品で登場人物たちの感情や思考や行動が観客を惹きつけますが、

メイキング映像では、そんな作品を作り上げた監督やキャストたちの熱意や苦労や楽しみが伝わってきます。

Netflix配信作品の「哀愁しんでれら」の評価や批評

この映画は、「シンデレラ」の話の本質を抉るような着想が面白いです

「シンデレラ」では王子様が靴を履かせて本物だと確認するシーンがありますが、「哀愁しんでれら」では逆に靴を脱がせて本物だと確認するシーンがあります。

「シンデレラ」では魔法使いや動物たちが助け舟を出しますが、「哀愁しんでれら」ではSNSやユーチューバーなど現代的な要素が助け舟を出します

「シンデレラ」ではハッピーエンドで終わりますが、「哀愁しんでれら」ではハッピーエンドかどうか微妙な終わり方になっています。

この映画の評価や批評は賛否両論です。

賛成派は、土屋太鳳や田中圭など豪華キャスト陣の演技力やコメディセンス原作から大胆にアレンジされた斬新なストーリー展開現代社会への皮肉や風刺などを評価しています。

反対派は、原作から離れすぎていると感じる人、登場人物の感情や動機が不自然だと思う人 、終盤の展開が予想外すぎて納得できない人などがいます。

私個人的にはこの映画は、シンデレラ物語を現代風にアレンジした斬新な試みとして評価できると思います。

しかし、その分原作のファンや伝統的な恋愛観を持つ人には受け入れられにくいかもしれませんね。

また、ストーリー展開があまりにも唐突で論理的でない部分もあります。

そのため、この映画を楽しむには、あまり深く考えずに笑って見ることが大切だと思います。

Netflix配信作品の「哀愁しんでれら」に関する背景や社会的な意義

この映画は、「シンデレラ」のおとぎ話を逆転させたような作品であり、王子様は実は暴力的で支配欲の強い男性であり、美咲は彼に翻弄される被害者ではなく、自分の選択と行動で物語を動かす主体的な女性であるということです

このように、「シンデレラ」のおとぎ話を現代社会に置き換えて再解釈することで、女性の自立や男女間のパワーバランスなど、現代社会における重要なテーマを浮き彫りにしています。

また、この映画は、「シンデレラ」のおとぎ話に登場するキャラクターたちをそれぞれ現代風にアレンジしています。

例えば、美咲は孤児院育ちで貧しい生活を送っているが、インスタグラマーとして活躍しており、「シンデレラ」ではガラスの靴だったものが高級ブランド品に変わっています。

また、慎吾はIT企業社長であり、「シンデレラ」では馬車だったものが高級車やヘリコプターに変わっています。

さらに、COCOさん演じる美咲の友人・リカは、「シンデレラ」ではフェアリーゴッドマザーだったものがインフルエンサー仲間やメイクアップアーティストに変わっています。

このように、「シンデレラ」のおとぎ話を現代風にアップデートすることで、現代社会における若者たちの価値観や生き方を表現しています。

さらに、この映画は「シンデレラ」のおとぎ話が持つ普遍的なメッセージを忘れていません。

例えば、「シンデレラ」では真実や正義が勝利することや、「自分らしく生きる」ということが大切だということが伝えられています 。

この映画では、美咲は慎吾からの暴力や嘘に耐えながらも、自分の心に従って行動し、最終的には彼を裁くことに成功します 。

また、美咲は自分の夢であるファッションデザイナーになることを諦めずに努力し、最後には自分の作品を発表することができます。

このように、「シンデレラ」のおとぎ話が持つメッセージを現代社会に合わせて再構築することで、観客に感動や勇気を与えています

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も『哀愁しんでれら』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました