新サイトはこちら

Netflix韓国ドラマ「愛と、利と」の魅力と見どころ!視聴レビュー

Netflix(ネットフリックス)で配信中のドラマ「愛と、利と」を視聴した感想レビューと映画の背景やオススメポイントなどを記載!

 

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は韓国ドラマの愛と、利とを視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

Netflix配信作品の韓国ドラマ「愛と、利と」のストーリー

韓国ドラマ『愛と、利と』は、小説『愛の理解』を原作としたです。

同じ銀行で働く4人の男女が、複雑な恋愛模様を繰り広げながら愛の意味を理解していく姿を描いています。主演は『賢い医師生活』のユ・ヨンソクと『女神降臨』のムン・ガヨン。

共演にはクム・セロク、チョン・ガラムなどが名を連ねています。日本ではNetflixで同日配信が決定しており、2022年12月21日から放送がスタートしました。

物語の中心となるのは、ユ・ヨンソク演じるハ・サンスとムン・ガヨン演じるアン・スヨンのカップルです。サンスは平凡な人生を望み、愛も平凡で安定志向を望む銀行係長。

スヨンはサンスとは対照的に、愛は一瞬にして崩れうるものだと思っている銀行窓口社員。

ふたりは偶然出会い、惹かれ合っていきますが、それぞれに秘めた過去や葛藤がふたりの関係に影響を及ぼしていきます。

もう一組のカップルは、クム・セロク演じるパク・ミギョンとチョン・ガラム演じるチョン・ジョンヒョンです。

ミギョンはスヨンと同じく銀行窓口社員で、持ち前の余裕と洗練さを兼ね備えた金のさじ。ジョンヒョンは銀行の警備員で、警察公務員の受験生。

ふたりは同じ高校出身で、高校時代に一目惚れしたジョンヒョンが再びミギョンにアプローチすることから恋が始まりますが、ミギョンには思うようにならない縁が存在します。

このドラマの見どころは、4人のキャラクターの成長や変化です。

それぞれに抱える問題や苦しみを乗り越えて、愛を貫くために一体どこまでできるのかを描いています。

また、4人の間に起こるさまざまな出来事や衝突もドラマティックで目が離せません。

そして、4人の演技力も素晴らしく、感情移入しやすいです。

特に注目したいのは、ユ・ヨンソクとムン・ガヨンの相性です。

ふたりはこれまでにも『応答せよ1994』で共演しており、その時からファンから熱望されていたカップルです。

今回のドラマでは、10年ぶりに再会したふたりが見せる甘く切ないラブストーリーです。

Netflix配信作品の韓国ドラマ「愛と、利と」の視聴感想/レビュー紹介

韓国ドラマ『愛と、利と』は、小説『愛の理解』を原作としたヒューマンラブロマンスです。

同じ銀行で働く4人の男女が、複雑な恋愛模様を繰り広げながら愛の意味を理解していく姿を描いています。

主演は『賢い医師生活』のユ・ヨンソクと『女神降臨』のムン・ガヨン。共演にはクム・セロクやチョン・ガラムなど実力派俳優が揃っています。

私はこのドラマに惹かれた理由は、登場人物たちのリアルな感情や人間関係がとても魅力的だったからです。

愛と利益の間で揺れ動く彼らの姿に共感したり、ドキドキしたり、胸が痛んだりしました。

特にユ・ヨンソク演じるハ・サンスとムン・ガヨン演じるアン・スヨンのカップルは、お互いに惹かれながらも運命に翻弄される様子が切なくて美しかったです。

サンスは平凡な人生を望み、愛も平凡で安定志向を望む人物ですが、スヨンと出会ってから彼女に対する気持ちが変わっていきます。

スヨンは愛は一瞬にして崩れうるものだと思っている人物ですが、サンスにときめいてもこの愛も砂の城だと感じてしまいます。

二人の間には利益や立場や過去など様々な障害が立ちはだかりますが、それでも一途に想い合う姿に涙しました。

他にもクム・セロク演じるパク・ミギョンやチョン・ガラム演じるチョン・ジョンヒョンなど、個性的で魅力的なキャラクターが多く登場します。

ミギョンは持ち前の余裕と洗練さを兼ね備えた金のさじですが、思うようにならない縁が存在します。

ジョンヒョンは警備員として銀行で働きながら警察公務員の受験生ですが、スヨンに惹かれてしまいます。

彼らもまた愛と利益の間で葛藤しながら成長していきます。

このドラマは人は愛を貫くために一体どこまでできるのかという問いかけをしてくれます。

愛する人のために自分の利益や幸せを犠牲にすることはできるのか、それとも自分の利益や幸せを優先することはできるのか。

それぞれの答えは人それぞれだと思いますが、このドラマを見て自分ならどうするか考えながら楽しむのもよいでしょう!

Netflix配信作品の韓国ドラマ「愛と、利と」のキャストやスタッフ

『愛と、利と』は、小説『愛の理解』を原作としたヒューマンラブロマンスです。

同じ銀行で働く4人の男女が、複雑な恋愛模様を繰り広げながら愛の意味を理解していく姿を描いています。

主演は、『賢い医師生活』でおなじみのユ・ヨンソクさんと、『女神降臨』で人気を博したムン・ガヨンさんです。

ユ・ヨンソクさんは、平凡な人生を望む銀行員ハ・サンス役を、ムン・ガヨンさんは、愛は一瞬にして崩れうるものだと思っている銀行員アン・スヨン役を演じています。

ふたりの恋の行方に注目ですね。

ほかにも、魅力的なキャストが勢揃いしています。

サンスの同僚でありライバルでもあるパク・ミギョン役には、『五月の青春』で好演したクム・セロクさん。

スヨンに想いを寄せる警備員チョン・ジョンヒョン役には、K-POPグループGOT7のジニョンさんが抜擢されました。

また、サンスの上司や同僚役には、チョン・ジェソンさんやパク・ヒョンスさんなど実力派俳優が名を連ねています。

監督は、『シカゴタイプライター』『トップスター兄さん』などの作品で知られるキム・チョルギュさん。

脚本は、『私たち結婚できるかな』『私たち恋愛したっけ』などの作品で知られるパク・ヘヨンさんです。

小説原作のドラマ化にあたっては、原作者のキム・ウニさんも協力しているそうです。

 

Netflix配信作品の韓国ドラマ「愛と、利と」のメイキング

主演のユ・ヨンソクとムン・ガヨンから。ユ・ヨンソクはKCU銀行ヨンポ支店の係長ハ・サンス役を演じています。

サンスは平凡な人生を望み、愛も平凡で安定志向を望んでいますが、今までとは異なる出会いが訪れます。

ムン・ガヨンはKCU銀行ヨンポ支店の窓口で働くアン・スヨン役を演じています。

スヨンは愛は一瞬にして崩れうるものだと思っていますが、彼女に近づいてきた男性にときめきます。

二人はドラマの中で恋に落ちるカップルですが、メイキング映像では仲良しコンビとして楽しそうに撮影している様子が見られます。

特に二人が初めて出会うシーンでは、スヨンがサンスにぶつかってしまうというアクシデントが起こりますが、その時のリアクションや笑顔がとても可愛らしいです。

また、二人が初めてデートするシーンでは、雪景色の中で手をつないだり抱き合ったりするロマンチックな場面がありますが、その時の二人の表情や雰囲気もとても素敵です。

メイキング映像では、二人のインタビューも見ることができます。

ユ・ヨンソクは「サンスは自分と似ている部分もあるし違う部分もある」としながら、「サンスは自分よりも優しいし温かい」と役柄について語っています。

ムン・ガヨンは「スヨンは自分よりも強くて勇敢だし素直だ」としながら、「スヨンは自分にとって憧れの存在だ」と役柄について語っています。

Netflix配信作品の韓国ドラマ「愛と、利と」の評価や批評

「愛と、利と」という韓国ドラマは、主演のユ・ヨンソクさんをはじめ、キム・ガウンさん、イ・ギョウハンさんなど、実力派俳優陣が出演する注目作品です。

本作は、弁護士を目指す主人公の成長と、周囲の人々との関係性を描いたドラマであり、様々な人間ドラマが織り交ぜられたストーリー展開が特徴的です。

まず、本作の魅力は、登場人物たちの人間臭さや、彼らが抱える悩みや苦悩がリアルに描かれている点にあると言えます。

特に、主人公の成長過程が丁寧に描かれており、その過程で彼が経験する様々な出来事に共感を覚えることができます。

また、周囲の人々との関係性や、裁判の場面などにおいても、緻密な演出がされており、見ごたえがあります

次に、本作におけるキャストの演技力についても触れておきたいと思います。

主演のユ・ヨンソクさんは、主人公の内面的な変化を見事に表現しており、その演技力は光ります。

また、彼に負けず劣らず魅力的な女性キャラクターを演じるキム・ガウンさんや、主人公の親友を演じるイ・ギョウハンさんなど、脇役たちの演技も秀逸であり、物語の深みを増しています。

一方で、本作には改善点も見受けられます。まず、ストーリーのテンポがやや遅い印象を受けることがあります。

また、登場人物の数が多く、彼らの人間関係や背景が複雑であるため、初めは理解に苦しむことがあるかもしれません。

総じて言えることは、本作はドラマファンにはおすすめの作品であると言えるでしょう。

登場人物たちのリアルな人間性や、緻密な演出、キャストの演技力など、本作には多くの魅力があります。

特に、主人公の緻密な演出、キャストの演技力など、本作には多くの魅力があります。

また、主人公の成長過程を中心に描かれたストーリーは、誰もが共感できる部分が多く、心に残るものがあります。

また、本作は社会問題をテーマにしたエピソードが多数含まれています。

たとえば、人種差別や性的マイノリティーに対する偏見など、現代社会が抱える様々な問題が取り上げられています

これらのエピソードは、視聴者に多くの考えさせる要素を与えるだけでなく、物語全体の深みを増しています。

一方で、本作には改善すべき点もあり、たとえば、ストーリーの展開がやや予測可能な場面があったり、登場人物たちのセリフが過剰に感傷的な場面があるなど、演出面において課題が残っています。

総合的に考えると、「愛と、利と」は、深みのある人間ドラマであり、多くの視聴者にとって心に残るものとなるでしょう

登場人物たちの人間性や演技、エピソードの描写など、多くの魅力を持つ作品です。

ただし、ストーリー展開において改善点があるため、視聴する際には注意が必要です。

全体的に、本作を見逃すことは勿体無いと思いました!

 

Netflix配信作品の韓国ドラマ「愛と、利と」に関する背景や社会的な意義

「愛と、利と」は、ユ・ヨンソクが主演を務めた韓国ドラマであり、社会的な意義がある作品です。

このドラマは、現代韓国社会で起こっている多様な問題を描写し、視聴者に深いメッセージを与えることを目的としています。

背景として、韓国社会は急速な経済発展を遂げ、グローバル化が進んでいますが、その一方で、格差や貧困、社会的弱者の問題が深刻化しています。

このような状況下で、「愛と、利と」は、社会の中で生きる人々の葛藤や人間ドラマを通して、社会的な意義を持つドラマとなっています。

主人公であるユ・ヨンソクは、自己中心的な冷血な金融業者を演じています。

彼は金儲けがすべてで、他人の幸せや悲しみには興味を持ちませんでした。

しかし、彼はある事件をきっかけに、自分自身を見つめ直し、人間らしさや愛に目覚めます。

このように、彼の変化は、視聴者に「お金だけがすべてではない」というメッセージを伝える重要な要素となっています。

また、このドラマは、家族の問題や社会のダブルスタンダード、そして、貧富の差についても描写しています。

それにより、視聴者に多様な社会問題について考える機会を与え、社会的な意義を持つドラマとなっています。

以上のように、「愛と、利と」は、現代社会で起こっている問題を扱い、社会的な意義を持つ韓国ドラマであることが分かります。

視聴者には、金儲けや成功だけでなく、人間的な温かさや愛、そして、社会的弱者に対する思いやりを大切にすることが伝えられる作品となっています。

Netflix配信作品の韓国ドラマ「愛と、利と」のSNSの反応ツイート

 

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も韓国ドラマ『愛と、利と』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました