新サイトはこちら

Netflix「AKA」に海外映画ファン大注目!評判や感想を紹介

海外映画「AKA」

Netflix(ネットフリックス)で配信中の海外映画「AKA」を視聴した映画の背景やオススメポイントなどを記載!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は海外映画の「AKA」を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube – AKA | Bande-annonce officielle | Netflix

Netflix配信作品の海外映画「AKA」のストーリー紹介

「AKA」とは、フランス製作のアクションスリラー映画で、特殊部隊のエージェントが犯罪組織に潜入し、ボスの息子と意外な絆を築くというストーリーです。

主演は「ロスト・バレット」などで知られるアルバン・ルノワールで、元サッカー選手で俳優に転身したエリック・カントナやイタリアの女優スヴェヴァ・アルヴィティなどが共演しています。

監督はモルガン・S・ダリベールで、彼は「ロスト・バレット」では撮影監督を務めていました。

映画の冒頭では、エージェントのフランコ(アルバン・ルノワール)が仲間と共にテロリストのアジトを襲撃するシーンから始まります。

フランコは冷静沈着で卓越した戦闘能力を持ち、任務を完遂します。

しかし、その後、彼は上司から新たな任務を言い渡されます。

それは、パリで暗躍する犯罪組織「AKA」に潜入し、そのボスであるカール(エリック・カントナ)を逮捕するというものです。

フランコはカールの部下として働き始めますが、そこでカールの一人息子であるマックス(サイドゥ・カマラ)と出会います。

マックスは父親に反発し、学校にも行かずに暴走族とつるんでいました。フランコはマックスに興味を持ち、彼に接近していきます。

やがて二人は互いに信頼し合うようになり、父子のような関係を築いていきます。

しかし、フランコの正体がバレることを恐れた上司は、彼に早期に任務を終わらせるように圧力をかけます。

一方、カールも自分の組織に内通者がいることに気づき始めます。

フランコはマックスを守るために、カールや上司と対立することになります。

果たして彼はマックスを救うことができるのでしょうか?そして二人の絆はどうなってしまうのでしょうか?

「AKA」は、車や銃を使った迫力あるアクションシーンだけでなく、エージェントと少年の感動的なドラマも描いています。

アルバン・ルノワールはフランコ役で鋼のような強さと優しさを併せ持つキャラクターを見事に演じています。

また、エリック・カントナはカール役で冷酷な犯罪者としての存在感を放っています。

スヴェヴァ・アルヴィティはカールの愛人であり、マックスの母親代わりとして彼に優しく接する女性を演じています。

サイドゥ・カマラはマックス役で、父親に愛されないことに苦しみ、フランコに心を開いていく少年の成長を感動的に表現しています 。

「AKA」は、Netflixで2023年4月28日に配信されました。

アクションとドラマの両方が楽しめる映画です。

フランコとマックスの関係に注目してみてください!

Netflix配信作品の海外映画「AKA」を視聴した感想

「AKA」は、Netflixで配信されている海外映画で、アルバン・ルノワールが主演を務めています。

この映画は、自分の正体を隠して生きる三人の男女の物語で、それぞれに秘密や苦悩があります。

以下の点に注目してみました。

まず、主演のアルバン・ルノワールは、この映画で見事な演技を見せてくれましたが、彼は、自分の出生の秘密を知ってしまったことで、自分のアイデンティティに混乱する若者ディーンを演じています。

彼は、自分の本当の名前や家族を知りたいという衝動と、自分の育ての親や恋人に対する愛情との間で揺れ動きます。

彼の表情や仕草からは、その葛藤や苦しみが伝わってきました。

特に、自分の実父と対面したシーンでは、彼の感情が爆発するような迫力がありました。

次に、この映画は、登場人物たちの関係性が複雑で魅力的で、ディーンは、自分と同じように偽名で生きる女性アレクサンドラと出会い、恋に落ちます。

しかし、彼女もまた自分の過去に深い傷を抱えており、ディーンに本当のことを話せません。

一方、ディーンの育ての父親ベンは、ディーンが自分の実子ではないことを知りながらも、愛情を注いで育てました。

しかし、彼もまた、自分の正体を隠していることが判明します。

このように、この映画では、登場人物たちがそれぞれに秘密を持ちながらも、互いに惹かれ合ったり反発したりする様子が描かれています。

その結果、彼らの感情に共感したり疑問に思ったりしました。

最後に、この映画は、視覚的にも美しく印象的でした。

この映画は、ロンドンを舞台にしており、その街並みや風景が美しく映し出されており、特に、夜景やネオンの光が煌めくシーンでは、都会的で洗練された雰囲気が感じられました。

また、この映画では、色彩や照明が効果的に使われており、登場人物たちの心理状態やシチュエーションに合わせて変化しています。

例えば、ディーンとアレクサンドラが初めて出会ったシーンでは、赤やピンクなどの暖色系の色彩が使われており、二人の恋愛感情を表現しています。

一方、ディーンが自分の実父と対面したシーンでは、青や紫などの寒色系の色彩が使われています。

このように、この映画では、視覚的な要素が物語の一部として重要な役割を果たしています。

以上のように、「AKA」は、自分の正体を探す三人の男女の物語で、主演のアルバン・ルノワールの演技や登場人物たちの関係性、視覚的な美しさなどが見どころです。

この映画は、自分のアイデンティティについて考えさせられる作品であり、観る者に強い印象を残します。

Netflix配信作品の海外映画「AKA」のキャストやスタッフの紹介

キャストとスタッフの紹介は以下の通りです。

ジャン・クロード:アルバン・ルノワール

元スタントマンであり、「The Bouncer」「Lost Bullet」などのアクション映画で主演を務めた俳優。本作では、冷徹な特殊部隊員から人間味あふれる父親代わりに変化する役柄を演じています。

アレクサンドル:ノエ・シャバ

子役としてデビューし、「The Red Collar」「The Translators」などに出演した若手俳優。本作では、父親から虐待されて育った少年を感情豊かに演じています。

ジョセフ:エリック・カントナ

マンチェスター・ユナイテッドなどで活躍したサッカー界のレジェンドであり、「Looking for Eric」「Switch」などに出演した俳優。本作では、犯罪組織のボスでありアレクサンドルの父親であるジョセフを演じています。

マリー:スヴェーヴァ・アルヴィティ

イタリア出身のモデルであり、「Dalida」「Loro」などに出演した女優。本作では、ジョセフの恋人でありアレクサンドルに優しく接するマリーを演じています。

ソフィア:ルシール・ギヨーム

「The Chalet」「The Hook Up Plan」などのテレビドラマに出演した女優。
本作では、ジャン・クロードの元恋人であり警察官です。

モハメド:サイドゥ・カマラ

「The World Is Yours」「The Climb」などに出演した俳優。本作では、ジョセフの部下でありアレクサンドルの友人であるモハメドを演じています。

ジェームズ:ケヴィン・レイン

イギリス出身の俳優であり、「Star Wars: The Rise of Skywalker」「The King’s Man」などに出演した俳優。
本作では、ジャン・クロードの上司であり特殊部隊のリーダーであるジェームズを演じています。

ヴィクトル:ティボー・ド・モンタレンベール

「Call My Agent!」「The Bureau」などのテレビドラマに出演した俳優。本作では、ジョセフのライバルであり犯罪組織の別のボスであるヴィクトルを演じています。

オリヴィエ・マルシャル:監督

元警察官であり、「36 Quai des Orfèvres」「The Last Deadly Mission」などのアクション映画を手掛けた監督。本作では、緊迫感と感動を交えたストーリーと迫力あるアクションシーンを描いています。

ダビッド・オエルオフ:脚本

「The Bouncer」「Lost Bullet」などのアクション映画を手掛けた脚本家。本作では、オリヴィエ・マルシャルと共同で脚本を執筆しています。

ニコラス・デュヴォーシェル:音楽

「36 Quai des Orfèvres」「The Last Deadly Mission」などのオリヴィエ・マルシャル監督作品の音楽を担当した作曲家。本作では、スリリングな音楽で映画の雰囲気を盛り上げています。

Netflix配信作品の海外映画「AKA」のメイキングについて

アルバン・ルノワール

アルバン・ルノワールは、この映画で自分のスタントをすべてこなしました。

彼は、アクションシーンにおいて、自分の身体能力と演技力を存分に発揮し、彼は、撮影前に約3か月間、格闘技や銃器の訓練を受けました。

エリック・カントナ

エリック・カントナは、元サッカー選手であり、俳優としても活躍しています。

彼は、この映画で犯罪組織のボスを演じました。彼は、アルバン・ルノワールと共演することに興味を持ち、オファーを受け入れました。彼は、自分の役柄について、「人間的でありながら非情な一面も持つ」と語っています。

ティボー・ド・モンタレンベール

ティボー・ド・モンタレンベールは、フランスの名優であり、この映画で特殊部隊の指揮官を演じました。
彼は、アルバン・ルノワールとは以前から親交があり、彼の才能を高く評価しています。

彼は、この映画で「現実的でありながらもエンターテイメント性が高い」と感じたと述べています。

スヴェーヴァ・アルヴィティ

スヴェーヴァ・アルヴィティは、イタリア出身の女優であり、この映画で犯罪組織のメンバーである女性を演じ、彼女は、この映画で初めてフランス語を話しました。

彼女は、言語の壁を乗り越えるために、アルバン・ルノワールやエリック・カントナと積極的にコミュニケーションを取りました。

サイドゥ・カマラ

サイドゥ・カマラは、セネガル出身の俳優であり、この映画で犯罪組織のボスの息子を演じ、この映画が俳優デビュー作です。

彼は、アルバン・ルノワールと親しくなり、「兄弟のような関係」になったと語っています。

Netflix配信作品の海外映画「AKA」の評価や批評

この映画の特徴は、アクションシーンだけでなく、登場人物の感情や人間関係にも深く切り込んでいるところです。

特に、主人公の特殊部隊員と、狙う犯罪組織のボスの幼い息子との関係は、映画の核心をなすものです。

主人公は、任務のために息子に近づきますが、次第に彼に対して父親的な愛情や責任感を抱くようになります。

一方、息子は、冷酷で無関心な父親とは対照的に、主人公から優しさや信頼を感じます。

しかし、彼らの関係は、やがて暴かれる秘密や裏切りによって危機に陥ります。

この映画は、アクション映画としても見応えがあります。

主人公は、強靭な肉体と高度な戦闘技術を持ち、敵と激しい銃撃戦や格闘戦を繰り広げ、カーチェイスや爆発などのスタントも見事です。

特に、アルバン・ルノワールは、自らスタントをこなし、その迫力と迫真性を高めています。

しかし、この映画は、アクションだけでなく、ドラマとしても優れています。主人公と息子の関係は、観客の心を揺さぶります。

彼らは、本当の親子ではありませんが、それ以上の絆で結ばれています。

彼らが互いに救い合ったり助け合ったりするシーンは、感動的ですし、彼らが直面する困難や苦悩もリアルに描かれています。

主人公は、任務と倫理観の間で葛藤します。息子は、父親への愛憎や自己嫌悪に苦しみます。

Netflix配信作品の海外映画「AKA」に関する背景や社会的な意義

この映画は、フランスの現実を反映した作品と言えます。

フランスでは、近年テロや暴動が頻発し、治安や社会秩序が崩れかけています。

特にパリでは、移民や難民の多い郊外で犯罪や暴力が横行し、警察との対立が深刻化しています。

この映画では、そのようなパリの郊外を舞台に、テロリストや麻薬組織と戦う特殊部隊員の姿が描かれています。

しかし、この映画は単なるアクション映画ではありません。

主人公のアダムは、無口で強面だが子供には優しい男です。彼は過去に妻子をテロで失っており、その復讐心から潜入捜査に志願します。

しかし、潜入先で出会ったボスの息子・ネイサンとの関係が変化していきます。

ネイサンは父親から虐待されており、アダムに懐きます。

アダムもまた、ネイサンに自分の息子を重ねてしまいます。

ここで、この映画の社会的な意義が見えてきます。

この映画は、善と悪の区別がつかなくなるほど複雑化した現代社会において、人間としてどう生きるべきかという問いを投げかけています。

アダムは任務を遂行するためには手段を選ばない冷徹な捜査官ですが、ネイサンとの関係を通じて自分の感情や良心に気づき始めます。

一方、ネイサンは父親から受けた暴力や愛情不足から反抗的な態度を取りますが、アダムから受ける優しさや信頼に触れて成長していきます。

この映画は、アダムとネイサンという二人の男性の絆を通して、人間性や家族愛という普遍的なテーマを描いています。

彼らは敵対する立場にありながらも互いに理解しようと努力し、彼らはまた、自分たちの置かれた状況に抗おうとします。

彼らは、自分たちの選択に責任を持ち、その結果に向き合います。この映画は、彼らの姿を通して、人間としての尊厳や勇気を示しています。

この映画は、フランスの社会問題を背景にした作品ですが、そのメッセージは普遍的であり、世界中の人々に共感を呼びます。

Netflix配信作品の海外映画「AKA」に関するSNSの反応

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も海外映画『AKA』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました