新サイトはこちら

Netflix映画「暗殺教室」見るべき学園コメディの新たな金字塔

国内映画「暗殺教室」

Netflix(ネットフリックス)で配信中の映画「暗殺教室」を視聴した感想レビューと映画の背景やオススメポイントなどを記載!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は映画 暗殺教室を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube 暗殺教室 予告

Netflix配信作品の「映画 暗殺教室」のストーリー紹介

映画「暗殺教室」は、松井優征原作の人気漫画を山田涼介主演で実写化した作品です。

地球を破壊すると宣言した謎の生命体「殺せんせー」が担任となったクラスEの生徒たちが、卒業までに彼を暗殺するという奇妙な授業を繰り広げる物語です。

映画は、原作の第1巻から第7巻までのエピソードをベースにしており、冒頭では、殺せんせーが月面に巨大な穴を開けたことが報道されます。

その後、国防省の浅野副大臣(佐藤二朗)が、自分の息子である浅野渚(山田涼介)が通う私立椿林学園中等部3年E組に赴きますが、そこで彼は、殺せんせーがこのクラスの担任になっていることを知ります

浅野副大臣は、殺せんせーが3月までに地球を破壊すると言っていることや、彼を倒すことができれば1億円の報酬が出ることなどを生徒たちに告げます。

そして、彼らに協力して暗殺を試みるように促します。

しかし、クラスEの生徒たちは、学校内で最下位の成績や素行であり、他のクラスからも見下されている存在です。

彼らは自信や希望もなく、暗殺など無理だと思っおり、そんな彼らに対して、殺せんせーは優しくも厳しく指導していきます。

彼は自分を倒す方法やコツを教える一方で、勉強や運動などでも成長させていき、また、彼は生徒たち一人一人の個性や悩みにも目を向けてくれます。

映画では、原作に登場する様々なキャラクターやエピソードが描かれます。

例えば、クラスEのリーダー的存在である茅野カエデ(新垣結衣)や、暗殺技術に長けた転校生の赤羽業(菅田将暉)などです。

また、毒入りプリンやボールペン型銃器などの暗殺道具やトラップも登場します。

さらに、国防省から派遣された特別教育指導官・神崎有希子(桐谷美玲)やプロの暗殺者・イリーナ・イェラビッチ(岡本玲)なども登場し、クラスEの生徒たちと対決します。

映画は、コメディとアクションを交えたエンターテイメント作品として展開されます。

しかし、それだけではなく、生徒たちの成長や友情、恋愛などの人間ドラマも描かれます。

また、殺せんせーの正体や過去、地球を破壊する理由などの謎も少しずつ明らかになっていきます。

映画は、原作の第7巻である「修学旅行編」でクライマックスを迎えます

クラスEの生徒たちは、京都に修学旅行に行きますが、そこで国防省からの刺客やプロの暗殺者集団・赤眼(レッドアイ)と対峙します。

彼らは殺せんせーを倒すために様々な策略を仕掛けてきますが、クラスEの生徒たちはそれに立ち向かっていき、そして、彼らは自分たちの力と絆で暗殺に挑むことになります。

山田涼介は、殺せんせーとの関係を通して変化していく浅野渚を見事に演じています

また、殺せんせーはCGで表現されており、声は福山雅治が担当しています。

彼は殺せんせーの奇妙な魅力や人間味を上手く表現しています。

その他のキャストも原作のキャラクターに忠実であり、豪華な顔ぶれとなっています。

映画「暗殺教室」は、笑いあり涙ありの感動作品となっており、原作ファンはもちろん、未読者でも楽しめる作品です。

暗殺というシリアスなテーマを持ちながらも、ユーモアや感動が溢れるストーリーです。

Netflix配信作品の「映画 暗殺教室」の感想/レビュー紹介

この映画は、原作ファンにも満足できる内容だと思います。

特に、殺せんせーのCGや声優(神谷浩史)は見事でした。彼の表情や動きは非常に自然で、感情豊かに描かれていました。

また、声優の演技も素晴らしく、殺せんせーのキャラクターをよく表現していました。

彼のユーモアや優しさ、厳しさや悲しみなど、さまざまな感情が伝わってきました。

また、生徒たちのキャスティングも良かったと思います。

特に主演の山田涼介は渚という役柄にぴったりで、彼は最初は内気で引っ込み思案な少年ですが、次第に自信や勇気を持つようになります。

山田涼介はその変化を上手く演じていました。

彼の目や表情からは渚の成長が感じられ、また、他の生徒たちもそれぞれ個性的で魅力的です。

彼らが協力して暗殺計画を立てたり、失敗したり、成功したりする姿は見ていて楽しかったです。

この映画は、ただ暗殺するだけではなく、生徒たちが学ぶことや成長することも重要なテーマです。

殺せんせーは彼らに暗殺技術だけではなく、勉強やスポーツや恋愛など様々なことを教えます。

彼は彼らに自分の夢や目標を持つことや努力することや仲間と協力することなどを教えます。

彼は彼らに自分の価値を認めることや自分らしく生きることを教えます。この映画は、そうした教育的な側面もしっかりと描いています。

そして、この映画は、原作ファンだけでなく一般観客にもおすすめできる作品だと思います。

この映画はコメディ要素もありますが、アクション要素もありますし、ドラマ要素もあります。

コメディ要素的には、殺せんせーの奇抜な姿や言動や生徒たちのボケやツッコミが笑いを誘い、アクション要素的には、殺せんせーの超高速移動や生徒たちの暗殺道具や技術が迫力を与えます。

また、ドラマ要素では、殺せんせーと生徒たちの絆や葛藤や感動が涙を誘い、これらの要素をバランスよく組み合わせています。

殺せんせーのCGはもちろんですが、撮影場所やセットも視覚的に美しく描かれており、特に、E組の教室は原作の雰囲気をよく再現されています。

また、音楽もこの映画の魅力の一つで、主題歌はHey! Say! JUMP(山田涼介が所属するグループ)が歌う「青春紀行」で、この映画にぴったりな爽やかで元気な曲です。

挿入歌も原作のアニメで使われた曲が多く、ファンには嬉しいサービスです。

総評としましては、「映画 暗殺教室」は、原作の魅力を忠実に再現しつつも、実写映画としても楽しめる作品でした。

キャストやCGや音楽など、すべてが高いクオリティで揃っているのでバランスがよく、笑いあり涙ありアクションありというエンターテイメント性の高さと、生徒たちの成長物語という感動性の高さを兼ね備えています。

この映画を見れば、おそらくあなたもE組の一員になった気分になれるでしょう!

Netflix配信作品の「映画 暗殺教室」のキャストやスタッフの紹介

山田涼介(Hey! Say! JUMP):潮田渚 役

本作の主人公である潮田渚は、3年E組の生徒で、暗殺に向いた才能を持っています。
しかし、内気で控えめな性格で、自分に自信がありません。
殺せんせーからは「渚くん」と呼ばれており、彼から多くのことを学びます。
山田涼介は、本作が映画初主演となりました。
彼は、「暗殺教室」の原作ファンであり、オーディションでは渚以外の役も受けましたが、渚役に決まりました。
山田涼介は、渚の成長や感情を丁寧に演じることにこだわりました。
また、アクションシーンではワイヤーやスタントなどに挑戦しました。

菅田将暉:赤羽業 役

赤羽業は、3年E組の生徒で、元不良で喧嘩っ早い性格です。
しかし、仲間思いで正義感も強く、暗殺ではナイフや銃などを使って戦います。
菅田将暉は、「共喰い」や「アウトレイジ」などで注目された俳優です。
彼は、「暗殺教室」の原作ファンでもあり、赤羽業役に興味を持ちました。
菅田将暉は、赤羽業の魅力を「自分の信念を持っているところ」と語り、彼の感情や動機を表現することに努めました。
また、アクションシーンではナイフや銃の扱いにも挑戦しました。

橋本環奈:自律思考固定砲台(律) 役

自律思考固定砲台(律)は、3年E組の生徒で、天才的な頭脳と暗殺技術を持っています。
しかし、感情が希薄で、他人とのコミュニケーションが苦手です。
殺せんせーからは「律ちゃん」と呼ばれており、彼から人間らしさを教わります。
橋本環奈は、「セーラー服と機関銃 -卒業-」や「カラダ探し」などで活躍する女優です。
彼女は、「暗殺教室」の原作ファンでもあり、律役に興味を持ちました。
橋本環奈は、律のクールな表情や口調を再現することにこだわりました。
また、アクションシーンでは銃や爆弾などを使って戦いました。

知英:イリーナ・イェラビッチ 役

イリーナ・イェラビッチは、英語教師の名目で3年E組に赴任したプロの暗殺者です。
美貌と色気で男性を惑わすことが得意で、殺せんせーにも色仕掛けを試みますが、失敗に終わります。
その後、殺せんせーから「ビッチ先生」と呼ばれるようになりますが、生徒たちとも次第に打ち解けていきます。
知英は、「ハングル講座」や「ハングルスタジアム」などで知られる韓国出身のタレントです。
彼女は、「暗殺教室」の原作ファンでもあり、イリーナ役に応募しました。
知英は、イリーナのセクシーさやコミカルさを演じることに挑戦しました。
また、日本語と英語だけでなく、韓国語やロシア語なども話す多言語キャラクターでもあります。

椎名桔平:烏間惟臣 役

烏間惟臣は、防衛省から3年E組に派遣された監視員です。
殺せんせーの暗殺計画の進捗状況や生徒たちの安全確保などを担当しています。
最初は殺せんせーに対して敵対的な態度を取っていましたが、次第に彼の教育方針や人間性に理解を示すようになります。
椎名桔平は、「アウトレイジ」や「64-ロクヨン-」などで知られる実力派俳優です。
彼は、烏間の冷静さや厳しさ、そして生徒たちへの思いを表現することに挑戦しました。
また、殺せんせーとの対話シーンでは、CGキャラクターとの掛け合いに苦労しました。

斎藤綾香:岡野ひなた 役

岡野ひなたは、3年E組の生徒で、明るく元気な女の子です。
友達思いで、茅野カエデと仲が良いです。
殺せんせーに対しても好意的で、彼のことを「先生」と呼びます。
斎藤綾香は、「仮面ライダーウィザード」や「仮面ライダードライブ」などで活躍する女優です。
彼女は、「暗殺教室」の原作ファンでもあり、ひなた役に応募しました。
斎藤綾香は、ひなたの明るさや元気さを演じることにこだわりました。また、アクションシーンではナイフや銃などを使って戦いました。

竹富聖花:神崎有希子 役

神崎有希子は、3年E組の生徒で、おっとりとした雰囲気の女の子です。
しかし、実は暗殺技術に長けており、特に毒物や薬品の扱いに優れています。
殺せんせーに対しても冷静に暗殺を試みますが、彼からは「ゆきちゃん」と呼ばれています。
竹富聖花は、「ハナミズキ」や「ホットロード」などで活躍する女優です。
彼女は、「暗殺教室」の原作ファンでもあり、有希子役に応募しました。
竹富聖花は、有希子のクールな表情や口調を再現することにこだわりました。また、アクションシーンでは毒物や薬品などを使って戦いました。

橋本環奈:自律思考固定砲台(律) 役

自律思考固定砲台(りつ)は、殺せんせーの暗殺を目的として開発された人工知能搭載のロボットです。
殺せんせーの弱点を分析し、高威力のレーザー砲で攻撃しますが、殺せんせーによって改造されてしまいます。
その後はE組の生徒として授業に参加し、殺せんせーに対する感情や友情を学びます。
橋本環奈は、「映画 暗殺教室」で律の声を担当しました。
彼女は、「暗殺教室」の原作ファンでもあり、律役に応募しました。
橋本環奈は、律の感情の変化や成長を表現することにこだわりました。また、アクションシーンではレーザー砲などを使って戦いました。

高嶋政伸:鷹岡明 役

鷹岡明は、防衛省の特殊部隊「暗殺者集団」のリーダーです。
殺せんせーの暗殺を目的としてE組に潜入し、生徒たちに協力を求めますが、その真意は殺せんせーだけでなくE組の生徒たちも抹殺することでした。
しかし、E組の生徒たちと殺せんせーによって敗北し、逮捕されます。高嶋政伸は、「映画 暗殺教室」で鷹岡明を演じました。
彼は、「暗殺教室」の原作ファンでもあり、鷹岡明役に応募しました。高嶋政伸は、鷹岡明の冷酷さや執念さを演じることにこだわりました。
また、アクションシーンでは銃やナイフなどを使って戦いました。

 

Netflix配信作品の「映画 暗殺教室」の撮影や制作

主演は、人気アイドルグループHey! Say! JUMPのメンバーであり、俳優としても活躍する山田涼介さんですが、山田さんは、クラス3-Eのリーダー的存在でありながら、自分に自信が持てない少年・潮田渚を熱演しました。

また、殺せんせーの声は、日本を代表する俳優・岩田剛典さんが担当しました。

岩田さんは、殺せんせーの多彩な表情や感情を声だけで表現する難しい役柄に挑戦しました。

この映画の撮影や制作には、多くの工夫や苦労がありました。

特に、殺せんせーというCGキャラクターと実写の俳優たちとの共演は、大きな課題でした。

殺せんせーは、全身が黄色で触手が10本ある不思議な生き物であり、マッハ20で動くことができます。

そのため、撮影現場では、殺せんせーの動きや位置を把握するために、スタッフが黄色いボールや棒を持って動き回ったり、俳優たちが空中に向かって話しかけたりするなど、大変な努力が必要でした。

また、殺せんせーと俳優たちとの絆や感情移入を深めるためにも、様々な工夫がされました。

例えば、第1弾では、岩田さんが殺せんせーの声を収録する際には、山田さんや他の生徒役の俳優たちも一緒にスタジオに入り、アフレコを行いました。

これにより、岩田さんは殺せんせーの声により多くの感情を込めることができましたし、山田さんや他の俳優たちも、殺せんせーとの会話により臨場感を感じることができました。

また、第2弾では、殺せんせーのぬいぐるみが作られ、撮影現場に持ち込まれ、これにより、俳優たちは殺せんせーに触れたり抱きしめたりすることができ、殺せんせーとの距離感を縮めることができました。

さらに、この映画の撮影や制作には、漫画の世界観を忠実に再現するということも重要でした。そのため、漫画の原作者・松井さんは、映画の脚本やキャスティングにも深く関わりました。

松井さんは、自分の描いたキャラクターを実写化することに対して、最初は不安や抵抗を感じていたそうですが、監督やプロデューサーとの打ち合わせを重ねるうちに、映画の方向性やビジョンに納得し、協力的な姿勢を見せました。

松井さんは、特に山田さんが演じる潮田渚については、「原作以上に魅力的なキャラクターになった」と絶賛しました。

このように、「映画 暗殺教室」の撮影や制作には、多くの人々の情熱や努力が注がれました。

Netflix配信作品の「映画 暗殺教室」の評価や批評

映画 暗殺教室は、高い評価を得ている一方で、批判的な意見もあり、批判的な意見としては、以下の点が挙げられます。

原作漫画の内容を省略したり変更したりした点
山田涼介さんの演じる渚カルマのキャラクターが原作と異なる点
殺せんせーの声優が原作と異なる点
暗殺というテーマに対する倫理的な問題

これらの批判的な意見に対しては、以下のように反論もあります。

原作漫画の内容をすべて映像化することは不可能であり、映画というメディアに合わせた編集やアレンジは必要である。

山田涼介さんの演じる渚カルマは、原作よりも人間味や感情表現が豊かであり、観客に感情移入しやすい。

殺せんせーの声優は、原作の声優である福山潤さんではなく、俳優の岡田准一さんであるが、岡田准一さんは殺せんせーのキャラクターに合った声色や表現力を持っている。

暗殺というテーマは、現実とは異なるファンタジーの世界で展開されており、暴力や殺戮を美化するものではなく、生徒たちの成長や人間性を描くものである。

私個人の「映画 暗殺教室」の感想と評価としては、この映画は非常に楽しめる作品だと思いました。

原作漫画を読んだことがある人も、読んだことがない人も、この映画には魅力が溢れています。

特に、山田涼介さんの演技は見事であり、渚カルマというキャラクターに深みや魅力を与えています。

また、殺せんせーと生徒たちとの関係や絆は感動的であり、笑いあり涙ありのストーリーに引き込まれます。

映像技術も素晴らしく、殺せんせーのCGやアクションシーンなどは迫力があります

映画 暗殺教室は、コメディとシリアスのバランスが良く、エンターテイメント性が高い作品です。

Netflix配信作品の「映画 暗殺教室」に関する背景や社会的な意義

「映画 暗殺教室」とは、松井優征原作の人気漫画を実写化した作品です。

2015年と2016年に前後編で公開され、興行収入は約50億円を記録しました。

主人公の殺せんせー役はCGで表現され、声は福山雅治が担当しました。

生徒役には山田涼介や渡辺直美など多数の若手俳優が起用されました。

この作品は、地球を滅ぼすと宣言した謎の生命体・殺せんせーが担任となったE組の生徒たちが、卒業までに彼を暗殺するという奇想天外なストーリーです。

しかし、殺せんせーは超高速移動や変身能力など様々な特技を持ち、生徒たちに学問や人生の教えを伝える優秀な教師でもあります。

生徒たちは殺せんせーとの日々を通して成長し、友情や恋愛、夢や希望などを見つけていきます。

この作品の背景としては、日本社会の教育問題や格差問題が挙げられます

E組は学力や素行が劣る生徒が集められたクラスであり、校舎から離れた山小屋で授業を受けています。

他のクラスからは見下され、虐げられています。

このように、E組は日本社会のマイノリティや弱者を象徴しています。

一方、殺せんせーは、地球を滅ぼすという目的とは裏腹に、生徒たちに寄り添い、彼らの可能性を引き出そうとします。
このように、殺せんせーは日本社会のオルタナティブやカウンターを象徴しています。

この作品の社会的な意義としては、教育の本質や人間の尊厳について問いかけることが挙げられますが、E組の生徒たちは、殺せんせーから学力だけでなく、思考力や判断力、コミュニケーション力などの能力を身につけます。

また、自分の個性や価値を認められ、自信や自尊心を高めます。

これは、現代の日本社会で求められる教育のあり方と一致しています。

一方、殺せんせーは、生徒たちに対して暗殺という極限的な状況を与えることで、彼らの人間性や生命観を深めさせます。

また、自分の過去や理由を明かさずに、最後まで生徒たちに選択肢を与えることで、彼らの自由意志や責任感を尊重します。

これは、現代の日本社会で軽視されがちな人間の尊厳について問いかけることになり、考えさせられます。

この作品は、コメディやアクションだけでなく、深いメッセージや感動も含んだ作品です。

山田涼介は、E組のリーダー的存在である潮田渚役を見事に演じました。

彼は、殺せんせーとの葛藤や仲間との絆を表現することで、観客に感情移入させました。

 

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も『映画 暗殺教室』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました