新サイトはこちら

Netflixで見る国内映画「浅草キッド」の視聴後感想と鑑賞ポイント

Netflix(ネットフリックス)で配信中の映画「浅草キッド」を視聴した感想レビューと映画の背景やオススメポイントなどを記載!

 

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は国内映画の浅草キッドを視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube 『浅草キッド』予告編 – Netflix

Netflix配信作品の国内映画「浅草キッド」のストーリー紹介

昭和40年代の浅草。大学を中退したタケシ(柳楽優弥)は、フランス座というストリップとお笑いの劇場でエレベーターボーイとして働き始める。

そこで出会ったのが、深見千三郎(大泉洋)という「幻の浅草芸人」だった。

深見は東八郎萩本欽一などの人気芸人を育てた名コント師だが、自分はテレビに出ることを拒否し、古い舞台で笑いを追求していた。

タケシは深見のコントに惚れ込み、弟子入りを志願する。

深見から厳しくも愛情深く芸ごとを教わりながら、タケシは仲間たちと共に成長していく。

歌手を目指す踊り子の千春(門脇麦)や深見の妻・麻里(鈴木保奈美)にも支えられて、タケシは次第に自分の芸風を確立していく。

しかし、テレビの普及とともにフランス座の客足は減り、経営は悪化していく。

やがてタケシはフランス座の元先輩・キヨシ(土屋伸之)に誘われ、漫才コンビ「ツービート」を結成する。

深見の猛反対を押し切ってフランス座を飛び出したタケシは、テレビで人気を獲得していき、しかし、それは同時に師匠との決別を意味していた。

映画「浅草キッド」は、ビートたけしが自身の師匠・深見千三郎と過ごした青春をつづった自伝を原作にした作品です。

劇団ひとりが監督・脚本を手がけました。

Netflix配信作品の国内映画「浅草キッド」の感想/レビュー紹介

まず、この映画の魅力は、昭和40年代の浅草の雰囲気や演芸場の熱気がリアルに再現されていることです。

当時の衣装や小道具、セットやロケ地などが細かく作り込まれており、まるでタイムスリップしたかのような感覚になります。

特に浅草フランス座の舞台は、実際に撮影に使用されたそうで、ストリップやお笑いなどのショーが繰り広げられる様子は圧巻です。

次に、この映画の見どころは、大泉洋と柳楽優弥の演技力と化学反応です。

大泉洋は、幻の浅草芸人と呼ばれた深見千三郎を演じており、厳しくも愛情深い師匠としてタケシ(柳楽優弥)を導きます。

深見は、東八郎や萩本欽一などの大人気芸人を育てた人物ですが、自身はテレビに出演することがほとんどなく、その謎めいた存在感や芸風が大泉洋の独特な個性とマッチしています。

一方、柳楽優弥は、ビートたけしになる前の北野武(タケシ)を演じており、天才的なセンスや才能を持ちながらも苦悩や葛藤を抱える青年として成長していきます。

柳楽優弥は、カンヌ国際映画祭最優秀主演男優賞を史上最年少で獲得した実力派俳優ですが、この作品では単なるモノマネではなく、「柳楽が演じる北野武」という独自の解釈でたけしの魅力を引き出しています。

二人の間には、特別な師弟の絆があり、笑いや涙、感動や衝突など様々な感情が交錯し、二人の初共演となる大泉洋と柳楽優弥の奇跡のアンサンブルは必見です 。

最後に、この映画のメッセージは、人と人との出会いや繋がりの大切さだと思います。

たけしは、深見と出会うことで芸人としての道を歩み始めますが、その道は決して平坦ではありません。

テレビの普及や演芸場の衰退など時代の変化により、深見や仲間たちとの関係にも変化が訪れます。

しかし、たけしは決して諦めずに自分の芸を磨き続け、やがてビートたけしとして世界に名を轟かせることになります。

この物語は、たけしの原点であり、彼が今あることの理由でもあります。

コロナ禍で人と人との距離が離れていく今、忘れ去られつつある心に沁みる人情の尊さをこの映画で感じてほしいです。

Netflix配信作品の国内映画「浅草キッド」のキャストやスタッフの紹介

キャスト

大泉洋(深見千三郎役)
幻の浅草芸人と呼ばれた伝説の芸人で、タケシの師匠。
東八郎や萩本欽一など多くの人気芸人を育てたが、自身は苦境に立たされる。大泉洋は、深見千三郎の人間味や芸人魂を見事に演じきりました。

柳楽優弥(タケシ役)
深見千三郎の弟子で、後のビートたけし。
浅草で修業しながら、タップダンスや漫才など様々な芸に挑戦する。柳楽優弥は、タケシの成長過程や若き日の姿を本人そっくりに再現しました。また、約50年後の姿も演じています。

門脇麦(ミヤコ役)
深見千三郎の娘で、タケシの恋人。
父親と同じく芸人を目指すが、時代の変化に翻弄される。門脇麦は、ミヤコの明るさや切なさを表現しました。

土屋伸之(キヨシ役)
タケシの相方で、後のビートきよし。
タケシと共にツービートを結成し、浅草から全国区へと飛躍する。土屋伸之は、キヨシのボケやツッコミを巧みにこなしました。

中島歩(東八郎役)
深見千三郎の弟子で、当時最高峰の芸人。
タケシやキヨシに厳しく指導するが、彼らを認める場面もある。中島歩は、東八郎のカリスマ性や威厳を演じました。

古澤裕介(萩本欽一役)
深見千三郎の弟子で、後にお笑い界の重鎮となる芸人。
タケシやキヨシと共に修業するが、次第に才能が開花する。古澤裕介は、萩本欽一の若さや才気を演じました。

小牧那凪(ミツコ役)
タケシやキヨシと同じく深見千三郎の弟子で、女性漫才コンビの一人。タケシに好意を寄せるが、ミヤコとの関係に悩む。小牧那凪は、ミツコの可愛らしさや一途さを演じました。

大島蓉子(サチコ役)
ミツコの相方で、女性漫才コンビのもう一人。
サバサバした性格で、タケシやキヨシとも仲が良い。大島蓉子は、サチコの明るさや気さくさを演じました。

尾上寛之(松岡利勝役)
浅草の劇場の支配人で、深見千三郎やタケシたちの芸に目をかける。
しかし、時代の流れに合わせて変化することもある。尾上寛之は、松岡利勝の温厚さや決断力を演じました。

風間杜夫(深見千三郎の父親役)
深見千三郎の父親で、元浅草芸人。
息子に芸人を続けることを反対するが、その理由は意外なものだった。風間杜夫は、深見千三郎の父親の厳しさや愛情を演じました。

鈴木保奈美(深見千三郎の母親役)
深見千三郎の母親で、息子を心配する優しい女性。
夫とは対照的に、息子に芸人を続けることを応援する。鈴木保奈美は、深見千三郎の母親の優しさや強さを演じました。

スタッフ

劇団ひとり(監督・脚本)
ビートたけしの自叙伝『浅草キッド』を映画化することを7年前から探っていた劇団ひとりが、自ら脚本を書き、監督も務めました。劇団ひとりは、昭和40年代の浅草の雰囲気や芸人たちの生き様を丁寧に描き出しました。

ビートたけし(原作)
日本を代表する芸人であり映画監督でもあるビートたけしは、自身の下積み時代を赤裸々に綴った自叙伝『浅草キッド』を原作として提供しました。ビートたけしは、本作について「自分が死んだ後にでも映画化してくれればいい」と言っていたそうですが、生前に実現することになりました。

松村邦洋(タケシ役指導)
タケシ役の柳楽優弥にタケシの物まねや漫才の指導を行ったのは、ものまねタレントの松村邦洋です。
松村邦洋は、タケシの声や仕草、表情などを細かく教え、柳楽優弥が本人そっくりになるようにサポートしました。

小林武史(音楽)
本作の音楽を担当したのは、数々の映画やドラマの音楽を手がけてきた小林武史です。
小林武史は、昭和40年代の浅草の雰囲気に合わせて、レトロでポップな楽曲を作りました。また、タケシがタップダンスを踊るシーンでは、実際に柳楽優弥が踊った音を録音して使用しました。

山本浩司(撮影)
本作の撮影を担当したのは、『千と千尋の神隠し』や『君の名は。』などのアニメーション映画で美術監督を務めた山本浩司です。
山本浩司は、昭和40年代当時の浅草六区周辺を限りなく再現したセットで、華やかさや懐かしさを感じさせる映像を作りました。

Netflix配信作品の国内映画「浅草キッド」のメイキング

まず、本作の見どころの一つであるVFXによる昭和の浅草の再現についてです。

本作では、たけしと深見が活躍した浅草フランス座や、その周辺の街並みをVFXでよみがえらせました。

VFXスーパーバイザーの松本肇さんは、「まるでつみ木を置くように、絵を描くように甦る」と表現しています。

実際に撮影された現代の浅草と、昭和時代の浅草を合成することで、リアルな雰囲気を作り出しました。

また、浅草フランス座も実物大のセットを建てて撮影しましたが、その外観や内装もVFXで補完されました。

VFXチームは、当時の写真や資料をもとに細部までこだわって制作しました。

次に、本作のもう一つの見どころであるタップダンス・漫才についてです。

本作では、たけしと深見がタップダンスをしながら漫才をするシーンがありますが、これは実際に彼らがやっていた芸です。

大泉洋さんと柳楽優弥さんは、このシーンに挑むためにタップダンスのレッスンを受けました。

監督・脚本の劇団ひとりさんは、「お笑い界の神様の映画を、僕は撮っちゃったわけです」と語っていますが、その重みを感じながらも楽しく撮影した様子が伝わってきます。

また、タップダンス・漫才だけでなく、居酒屋でハイヒールを履いて足を組むシーンや、特殊メイクで老け役になるシーンなどもあります。

大泉洋さんと柳楽優弥さんは、それぞれ役柄に合わせて表情や仕草を変えて演じ分けました。

Netflix配信作品の国内映画「浅草キッド」の評価や批評

まず、私がこの映画に惹かれたのは、ビートたけしという天才芸人の誕生秘話を知ることができるという点です。

ビートたけしは、私が子供の頃からテレビで見ていたお笑いの神様でした。

彼の独特なユーモアや風刺、そして時にはシリアスな表情には、いつも感動させられました。

彼がどんな経験をして、どんな人に影響を受けて、そんな芸風を確立したのか、興味津々でした。

この映画では、彼が大学を中退して浅草フランス座に飛び込み、深見千三郎に弟子入りしたことから始まる物語が展開されます。

深見千三郎という名前は、正直言って初めて聞きました。

彼は、東八郎や萩本欽一といった大人気芸人を育てあげた師匠でありながら、自身はテレビに出演することがほぼ無かったことから「幻の浅草芸人」と呼ばれていたそうです。

彼は、独特な指導で、舞台上だけでなく日常生活においても芸人たる心構えを求めました。

その厳しさと愛情に溢れる師匠との日々が、たけしの芸人としての成長に大きく寄与したことは間違いありません。

この映画では、その師匠役を大泉洋が演じています。

大泉洋は、「水曜どうでしょう」などのバラエティ番組でも国民的人気を博す演技派俳優で彼は、深見千三郎の芸風や言動を研究し、見事に再現しています。

特に舞台上でのパフォーマンスは圧巻でした。深見千三郎の芸に魅せられた観客や弟子たちの気持ちがよく分かります。

一方、ビートたけし役を演じた柳楽優弥も素晴らしかったです。

柳楽優弥は、カンヌ国際映画祭最優秀主演男優賞を史上最年少で獲得し、シリアスからコメディまで幅広い役柄を演じきる俳優です。

彼は、ビートたけしの若き日の姿を単なるモノマネにせず、自分なりの解釈で表現しています。

彼の演じるたけしは、まだ芸人としての自信や確固たる芸風を持っていない、不器用で繊細な青年です。

しかし、深見千三郎や仲間たちとの出会いや別れを通して、徐々に芸人・ビートたけしとしての個性や魅力を開花させていきます。

柳楽優弥の表情や仕草には、たけしの才能や魂が感じられました。

この映画は、ビートたけしと深見千三郎という二人の芸人の物語であると同時に、昭和40年代の浅草芸人たちの物語でもあります。

当時、浅草は“ストリップとお笑いの殿堂”と呼ばれていましたが、テレビの普及と共に演芸場に足を運ぶ人は減っていきました。

この映画では、そんな時代の変化に翻弄されながらも、笑いを追求する浅草芸人たちの姿が描かれています。

彼らは、競争や対立もありながらも、仲間意識や友情で結ばれていました。

彼らの中には、後に大スターになる東八郎や萩本欽一といった実在の芸人も登場します。

彼らもまた、深見千三郎から多くのことを学んだ弟子たちです。

この映画では、彼らがどんな風に深見千三郎やたけしと関わっていったのか、興味深く見ることができます。

私はこの映画を見て、笑いというものについて考えさせられました。

笑いは、人と人との距離を近づけるものであり、心に沁みるものであり、時代を超えるものであると感じました。

この映画では、深見千三郎やたけしを始めとする浅草芸人たちが、目の前の客を笑わせることに全力を尽くす姿が描かれています。

彼らは、テレビやインターネットというメディアではなく、生身の人間として笑いを届けています。

その笑いには、温かさや切なさがあります。

私は、そんな笑いに触れることができて幸せだったと思います。

私の評価は5点満点中4.5点です。

この映画は、ビートたけしファンはもちろん、お笑い好きなら誰でも楽しめる作品だと思います。

劇団ひとり監督が培ってきた全てを注ぎ込んだ作品になっています。大泉洋と柳楽優弥の初共演も見逃せません。

彼らが演じる深見千三郎とビートたけしの師弟関係は、笑いと涙に満ちた感動的なものです。

この映画を見て、ビートたけしの人間性や芸風に対する理解が深まると思います。

また、昭和の浅草芸人たちの世界に触れることで、今のお笑いに対する見方も変わるかもしれません。

この映画は、笑いの本質や人間の尊さを教えてくれる作品だと思います。

Netflix配信作品の国内映画「浅草キッド」に関する背景や社会的な意義

「浅草キッド」~ビートたけしの原点となった師弟の物語~

「浅草キッド」とは、日本を代表する天才芸人・映画監督・北野武ことビートたけしの半生を描いた自伝小説です。この小説は、たけしが若き日に弟子入りした浅草フランス座の芸人・深見千三郎との師弟関係や、仲間たちとの出会いや別れ、そして芸人としての成長を綴ったものです。

この小説を映画化したのが、「浅草キッド」です。監督は、たけしを敬愛する劇団ひとり。主演は、深見千三郎役に大泉洋、ビートたけし役に柳楽優弥が務めました。劇団ひとりは、この作品を「笑いと涙に溢れる青春映画」と表現しています。

では、なぜこの作品が注目されるのでしょうか?その理由は、以下の3点にまとめられると思います。

ビートたけしの原点となった師匠・深見千三郎の存在

ビートたけしは、現在では世界的にも知られる多才な芸術家ですが、その原点となったのが師匠・深見千三郎です。深見は、東八郎や萩本欽一など多くの人気芸人を育てた浅草フランス座の看板芸人でしたが、自身はテレビに出演することがほとんどなく、「幻の浅草芸人」と呼ばれていました。しかし、その芸は独自の世界観とセンスに溢れており、多くのファンや後輩から敬愛されていました。

深見は、大学を中退してフランス座に飛び込んだたけしに、「笑われるな、笑わせろ」という芸人の矜持を叩き込み、「芸人だったらいつでもボケろ」という教えに従って、日常生活でも常に笑いを追求しました。

そのおかげで、たけしは芸の幅を広げ、独自のスタイルを確立していき、深見とたけしの師弟関係は、映画の中でも感動的に描かれています。

昭和の浅草の風景と人情

映画「浅草キッド」は、昭和40年代の東京・浅草を舞台にしています。

当時の浅草は、演芸場や映画館、寄席や劇場などがひしめき合い、多くの人々で賑わっていました。そこには、笑いと涙と夢と希望が溢れる人情味あふれる街でした。

映画では、その浅草の風景や雰囲気が美しく再現されています。フランス座の舞台や楽屋、たけしと深見が住む下宿、千春が働くクラブなどが細部まで忠実に再現されています。

また、当時の衣装や小道具、音楽や言葉遣いなども丁寧に作り込まれています。昭和の浅草を知る人も知らない人も、その魅力に引き込まれることでしょう。

劇団ひとり監督と大泉洋・柳楽優弥のコラボレーション

映画「浅草キッド」を手掛けたのが、劇団ひとり監督ですが、劇団ひとりは、たけしを敬愛する芸人・俳優・作家・演出家として活躍しています。

この作品は、彼が長年温めてきた夢の企画だったそうです。

劇団ひとりは、この作品で初めて映画監督を務めましたが、その才能は折り紙つきです。

彼は、2014年に初めて舞台演出を手掛けた「青天の霹靂」で高い評価を得て、その舞台版「青天の霹靂」で主演したのが大泉洋でした。

大泉洋は、劇団ひとりの演出に感銘を受け、「浅草キッド」でも深見千三郎役に抜擢されました。

一方、ビートたけし役に選ばれたのが柳楽優弥です。

柳楽優弥は、子役時代から数々の作品で実力を発揮してきた俳優で、この作品では、若き日のたけしの姿を見事に演じています。

特に、コントや漫才で笑いを取るシーンでは、たけしの芸風や表情を完璧に再現しています。

劇団ひとり監督と大泉洋・柳楽優弥のコラボレーションは、「浅草キッド」の見どころの一つです。

彼らは、深見とたけしの師弟愛や友情を感動的に表現しています。

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も国内映画『浅草キッド』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました