新サイトはこちら

Netflixで話題沸騰!韓国ドラマ「ブラッドハウンド」の見どころとレビュー

ここでは、Netflixで配信中の作品を視聴してみた感想レビューと、映画の背景やオススメできるポイントなどを記載しております!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は韓国ドラマのブラッドハウンドを視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

Netflix配信作品の韓国ドラマ「ブラッドハウンド」のストーリー

こんにちは、韓国ドラマ好きのあなた!

今回はNetflixで配信されている韓国ドラマ「ブラッドハウンド」のあらすじについてご紹介します。

このドラマは、サラ金業界に飛び込んだ若者たちが、弱者を食い物にする金持ちや権力者たちに立ち向かうノワールアクションドラマです。

主演は、兵役を終えて復帰した人気俳優のウ・ドファンです。

彼が演じるのは、元ボクサーで警備員として働くキム・ゴヌという役です。

ゴヌは、母親の借金を返すためにボクシングを諦めましたが、人情派の貸金業者チェ社長と出会い、サラ金の世界に足を踏み入れます。

そこで、かつてボクシングのライバルだったホン・ウジンと協力しながら、闇金業者や悪徳政治家と戦うことになります。

果たして、ゴヌとウジンは無事に闇金の世界から抜け出せるのでしょうか?

そして、彼らの運命はどうなるのでしょうか?

このドラマは、同名の人気Web漫画が原作です。

Web漫画を原作にした韓国ドラマは多くありますが、この作品も映像化されることで話題になりました。

原作と比べてどんな違いがあるのかも気になりますね。

また、このドラマは全8話という短い話数ですが、その分ストーリーが濃密でスピーディーです。

アクションシーンも見どころの一つで、ウ・ドファンやイ・サンイなどキャスト陣も本格的なアクションに挑戦しています。

特にウ・ドファンは元ボクサー役ということで、鍛え上げられた肉体美や迫力あるパンチも見逃せません。

Netflixでは日本語字幕や吹き替えも用意されていますので、韓国語が苦手な方でも安心して視聴できます。

Netflix配信作品の韓国ドラマ「ブラッドハウンド」を視聴した感想

Netflixで配信されている韓国ドラマ「ブラッドハウンド」を視聴してみた感想を書きたいとおもいます。

主演はウ・ドファンとイ・サンイで、サラ金業界を舞台にしたスリリングなストーリーです。

まず、ウ・ドファンとイ・サンイの演技が素晴らしかったです。

ウ・ドファンはゴヌという正義感あふれる無謀な青年を熱演し、イ・サンイはウジンというゴヌの幼なじみであり恋人でもある女性を演じました。

二人は実の兄弟よりも深い絆で結ばれており、サラ金業界の闇に巻き込まれても互いを信じて助け合っていました。

二人の表情や声色、しぐさなどから伝わる感情がリアルで切なくて胸が締め付けられるようでした。

また、ストーリーもスピーディーで飽きさせませんでした。

ゴヌとウジンはサラ金業者から借金を返すために危険な仕事に手を出しますが、その裏には巨大な組織や政治家の陰謀が隠されていました。

ゴヌとウジンは次々と襲いかかる危機や裏切りに立ち向かっていきますが、その過程で衝撃的な事実や秘密が明らかになっていきます。

最後まで目が離せないハラハラドキドキの展開でした。

「ブラッドハウンド」は人間の欲望や野心、正義や愛などのテーマを描いたドラマです。

ウ・ドファンとイ・サンイの熱い演技とスリリングなストーリーに引き込まれました。

Netflix配信作品の韓国ドラマ「ブラッドハウンド」のキャストやスタッフ

まずは、本作の主人公であるキム・ゴヌ役を演じる「ウ・ドファン」さんからご紹介します。

ウ・ドファンさんは1992年7月生まれで、「君を守りたい~SAVE ME~」「マッド・ドッグ~失われた愛を求めて~」などのドラマで注目されました。

特に、「ザ・キング:永遠の君主」では一人二役を見事に演じ分けて話題となりました。

2020年7月に入隊し、2022年1月に除隊したばかりですが、本作が除隊後初の作品となります。

凶暴で残忍な男キム・ミンギョルに「拳ひとつ」で立ち向かう役柄を熱演しています。

次に、キム・ゴヌと共に戦う青年ホン・ウジン役を演じる「イ・サンイ」さんをご紹介します。

イ・サンイさんは1991年11月生まれで、183cmの高身長が魅力的な俳優さんです。

映画、ドラマ、舞台(ミュージカル)と幅広く活躍しており、「刑務所のルールブック」「第3の魅力~終わらない恋の始まり~」「椿の花咲く頃」「五月の青春」「海街チャチャチャ」などで知られています。

本作では、キム・ゴヌとは対照的な性格の青年を演じています。

そして、本作の悪役である凶暴で冷酷な高利貸しキム・ミンギョル役を演じる「パク・ソンウン」さんをご紹介します。

パク・ソンウンさんは1976年11月生まれで、「太陽の末裔」「トッケビ」「梨泰院クラス」などの人気ドラマに出演してきました。

特に、「梨泰院クラス」では主人公パク・セロイの宿敵ジャン・デヒ役を見事に演じて印象的でした。本作では、その悪役ぶりをさらに発揮しています。

そのほかのキャストとしては、以下の方々が出演しています。

チャ・ヒョンジュ役:「キム・セロン」さん(『アジョシ』『守護教師』『私の少女』などに出演)

チョン・ヒョンチョル役:「ホ・ジュノ」さん(『シルミド/SILMIDO』『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』『モガディシュ 脱出までの14日間』などに出演)

チャ・ミンジェ役:「チェ・シウォン」さん(「オー!マイレディ」「ダーリンは危機一髪!」「彼女はキレイだった」「恋愛なんていらない」などに出演)

キム・ソヒ役:「イ・ヘヨン」さん(「ボイス~112の奇跡~」「十八の瞬間」「ザ・キング:永遠の君主」「君は私の春」などに出演)

キム・ジュンス役:「リュ・スヨン」さん(「明朗少女成功記」「ラストダンスは私と一緒に」「TWO WEEKS」「果てしない愛」「優しい魔女」「クイーンメーカー」などに出演)

以上が、本作の主要なキャストの紹介でした。

では、次にスタッフの紹介をします。

本作の監督は、「チョ・ナムグク」さんです。

チョ・ナムグクさんは、「太陽を抱く月」「夜を歩く士」「トッケビ」などの人気ドラマを手掛けてきた実力派の監督です。

本作では、韓国社会の闇を描きつつも、人間味あふれるキャラクターたちの成長と友情を感動的に描いています。

本作の脚本は、「パク・ジウン」さんです。

パク・ジウンさんは、「太陽を抱く月」「夜を歩く士」などでチョ・ナムグク監督とタッグを組んできた脚本家です。本作では、緊迫感あふれるストーリー展開と鮮やかなアクションシーンを見事に書き上げています。

Netflix韓国ドラマ「ブラッドハウンド」は、ウ・ドファンやイ・サンイら豪華キャストとチョ・ナムグク監督やパク・ジウン脚本家ら実力派スタッフが集結した注目作です。

社会正義に立ち向かう2人の青年の壮絶な戦いと友情に引き込まれること間違いなしです。

以上、「ブラッドハウンド」キャスト&スタッフの紹介でした。

Netflix配信作品の韓国ドラマ「ブラッドハウンド」のメイキング

このドラマのメイキングについて紹介します。撮影現場でのウ・ドファンやイ・サンイなどのキャストたちの様子や、アクションシーンの裏側などを見ていきましょう。

ウ・ドファンとイ・サンイの筋肉がエグすぎると話題に!

主人公のキム・ゴヌ役を演じるウ・ドファンは、元ボクサーという役柄に合わせて、撮影前からトレーニングを積んで体を鍛えました。
彼はインスタグラムで自身の筋肉質な姿を披露し、ファンから絶賛されました。

一方、ゴヌの相棒であるホン・ウジン役を演じるイ・サンイも負けていません。

彼もまたインスタグラムで自慢の肉体美を公開し、ウ・ドファンと並んだ写真では筋肉バトルが繰り広げられました。

2人は撮影現場でも仲が良く、一緒にトレーニングしたり、冗談を言い合ったりしていました。

Netflix公式YouTubeチャンネルでは、2人がカメラに向かって30秒間アクションポーズを決める動画が公開されています。

その動画では、2人の息の合ったコンビネーションや、時折見せる笑顔が可愛らしいです。

2分半アクション動画で見せる圧巻の迫力!

「ブラッドハウンド」はアクションシーンが多く、キャストたちはそのために多くの努力をしました。

特に注目すべきは、Netflix公式YouTubeチャンネルで公開された2分半アクション動画です。

この動画では、ウ・ドファンとイ・サンイが敵と激しい格闘を繰り広げます。

その際に使用される武器は、ナイフや棒だけでなく、バットや鎖やパイプなどさまざまです。

また、敵も多数登場し、一対一だけでなく一対多や二対多などの状況もあります。

この動画は一発撮りで撮影されたもので、カメラワークや演技のタイミングが非常に重要でした。

キャストたちは事前に練習を重ね、本番では完璧にこなしました。その結果、迫力あるアクションシーンが完成しました。

キム・セロンの役がキャスト交代!後任は?

「ブラッドハウンド」には、ウ・ドファンとイ・サンイ以外にも魅力的なキャストが揃っています。

その中でも注目されていたのが、女優キム・セロンでした。彼女はチェ社長の娘であり、ゴヌとウジンの仲間であるユリ役を演じていました。

しかし、彼女は撮影中に飲酒運転事故を起こし、自粛することになりました。そのため、彼女の役は別の女優に交代することになりました。

後任として選ばれたのは、女優チョン・ソミンです。

チョン・ソミンは「ブラッドハウンド」の撮影が終了した後に参加し、ユリ役を再撮影しました。

彼女は「私はこの作品に参加することができて光栄です。

キャストやスタッフの方々が一生懸命作った作品なので、私も全力で演じたいと思います」とコメントしました。

以上、Netflixで配信中の韓国ドラマ「ブラッドハウンド」のメイキングについて紹介しました。

ウ・ドファンやイ・サンイなどのキャストたちが見せる圧倒的なアクションや、キム・セロンの役がキャスト交代した経緯などを知ると、ドラマを見る楽しみが増えますね。

「ブラッドハウンド」は全8話で構成されており、Netflixで毎週水曜日に1話ずつ配信されています。
サラ金業界の闇に立ち向かう2人の若者の壮絶な戦いを見逃さないようにしましょう!

Netflix配信作品の韓国ドラマ「ブラッドハウンド」の評価や批評

このドラマの評価と批評について紹介します。

視聴者や批評家からどのような評価を受けているのか、またその理由や背景について見ていきましょう。

視聴者から高評価を得た理由

「ブラッドハウンド」は、視聴者から高い評価を得ています。

Filmarksでは、4.1点という高得点を獲得しており、多くの感想やレビューが寄せられています。

視聴者から高評価を得た理由としては、以下のような点が挙げられます。

  • ウ・ドファンやイ・サンイなどのキャストたちが見せる圧倒的なアクションや肉体美
  • スピード感や迫力があるストーリー展開や演出
  • 主人公たちの人柄や友情が感動を呼ぶ
  • 悪役のキャラクターや役者が印象的で恐ろしい
  • 原作ファンも満足できる忠実な映像化

批評家から賛否両論となった理由

一方、「ブラッドハウンド」は、批評家からは賛否両論となっています。一部の批評家は、「ブラッドハウンド」を高く評価していますが、他の批評家は、「ブラッドハウンド」に対して批判的な見解を示しています。

批評家から賛否両論となった理由としては、以下のような点が挙げられます。

  • アクションシーンがリアルで洗練されているという評価と、暴力的で過剰だという批判
  • サラ金業界の闇や社会問題を描くことで社会性があるという評価と、現実離れしていて説得力がないという批判
  • キャスト交代や撮影事故などのトラブルが作品に影響しなかったという評価と、作品の質や統一性が低下したという批判
  • 原作に忠実であることで原作ファンを尊重したという評価と、オリジナリティや創造性がないという批判

以上、Netflixで配信中の韓国ドラマ「ブラッドハウンド」の評価と批評について紹介しました。

Netflix配信作品の韓国ドラマ「ブラッドハウンド」に関する背景や社会的意義

「ブラッドハウンド」は、Web漫画の原作を忠実に映像化したドラマです。

Netflixが製作・配信したことで、世界中の視聴者に届けられました。

このドラマは、韓国だけでなく他国でも共感や反響を呼びました。

このドラマが持つ社会的な意義としては、以下のような点が挙げられます。

  • サラ金業界の闇や社会問題を暴露し、視聴者に警鐘を鳴らす
  • 経済的困難に苦しむ若者たちの現実や感情を描き、視聴者に共感や支援を促す
  • 主人公たちの正義感や友情を描き、視聴者に勇気や希望を与える
  • ウ・ドファンやイ・サンイなどのキャストたちが見せる圧倒的なアクションや演技力を評価し、視聴者に感動や興奮を提供する

以上、Netflixで配信中の韓国ドラマ「ブラッドハウンド」の背景や社会的な意義について紹介しました。このドラマがどのような社会状況や問題意識を反映しているのか、またそのメッセージや影響力について見てきました。

Netflix配信作品の韓国ドラマ「ブラッドハウンド」のSNSの反応

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も韓国ドラマ『ブラッドハウンド』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました