新サイトはこちら

Netflixで見るべき「BLEACH」:原作ファンも唸るアクションの傑作映画

ここでは、Netflixで配信中の作品を視聴してみた感想レビューと、映画の背景やオススメできるポイントなどを記載しております!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回はBLEACHを視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube 映画『BLEACH』本予告【HD】2018年7月20日(金)公開

Netflix配信作品の「BLEACH」のストーリー紹介

高校生・黒崎一護は、死者の魂を導く死神と呼ばれる存在を見ることができる特殊な能力を持っていた。

ある日、一護の家に悪霊・虚(ホロウ)が襲来する。

一護は家族を守ろうとするが、力及ばずに追い詰められてしまう。

そこに現れたのは、真っ白な着物姿の少女・朽木ルキアだった。

ルキアは死神であり、虚を退治するためにやってきたのだが、自分の力では虚に敵わないと判断し、一護に自分の力を分け与えることを提案する。

一護はルキアの力を受け取り、虚を倒すことに成功するが、ルキアは予想以上に力を失ってしまう。

ルキアは自分の力が戻るまで一護の家に居候することにし、一護に死神代行として虚退治を続けるよう命じる。

やがて、一護は同じ高校に通う石田雨竜や朽木白哉と出会う。

石田は滅却師(クインシー)という死神と敵対する存在であり、白哉はルキアの兄である尸魂界(ソウル・ソサエティ)の貴族だった。

石田は死神への復讐心から虚を大量に呼び寄せる事件を起こし、白哉はルキアが人間界で死神の力を使った罪で捕らえられることになる。

一護はルキアを助けるために尸魂界へ向かう決意をする。

同じくルキアと友情を育んだ黒崎夏梨や阿散井恋次も一護に同行する。

尸魂界では、死神達が統治する階級社会が存在していた。

一護達は尸魂界最強の13隊から成る護廷十三隊と対峙し、次々と戦闘に巻き込まれていく。

その中で一護は自身の父親・黒崎破面も元死神だったことや、自分が持つ剣・斬魄刀(ざんぱくとう)が霊王宮から盗まれたものだったことなど、衝撃的な事実を知ることになる。

また、尸魂界では裏切り者・藍染惣右介が暗躍しており、彼は尸魂界最高権力者である霊王を倒す野望を

持っていたことを明らかにする。一護は藍染の野望を阻止するために、尸魂界の死神達と協力して戦うことになる。

一方、人間界では、虚の王・ウルキオラが率いる破面(アランカル)と呼ばれる強化された虚が襲来する。破面は一護の仲間である井上織姫を拉致し、虚圏(ウェコムンド)へ連れ去る。

一護は織姫を救出するために、虚圏へ乗り込む。そこで一護はウルキオラと対決し、自身の中に眠る虚の力に目覚める。

しかし、その力は一護の心を侵食し、彼を凶暴化させてしまう。

一護はウルキオラを倒すが、自分の手で殺したことに絶望していたその時、尸魂界からやってきた恋次が一護を正気に戻す。

一護は織姫と共に人間界へ帰還するが、そこで新たな敵・滅却師(クインシー)の軍団・ヴァンデンライヒと遭遇する。

ヴァンデンライヒは死神を滅ぼすことを目的としており、その首領・ユーハバッハは霊王の子供であった。

ユーハバッハは霊王宮へ侵攻し、霊王を殺害し、一護は霊王宮へ向かい、ユーハバッハと最終決戦を繰り広げる。

その中で一護は自分の出生の秘密や斬魄刀の真実など、さらなる衝撃的な事実を知ることになる。

最後に一護は仲間達の力を借りてユーハバッハを倒し、尸魂界と人間界の平和を取り戻す。

映画「BLEACH」はこのストーリーのうち、「死神代行篇」から「尸魂界篇」までを描いている。

Netflix配信作品の「BLEACH」の感想/レビュー紹介

主演は福士蒼汰で、死神の朽木ルキア役に杉咲花、一護の仲間である石田雨竜役に吉沢亮、井上織姫役に真野恵里菜がそれぞれ抜擢された。

監督は「GANTZ」「いぬやしき」などの佐藤信介が務めた。

私は原作もアニメも見たことがなく、この映画を観る前にはBLEACHという作品に対する知識はほとんどなかった。

しかし、予告編やポスターなどで見かけた斬魄刀(ざんぱくとう)という大剣や死神の白い着物姿に興味を惹かれて観てみることにした。

結果的には、私はこの映画を楽しむことができたが、同時に不満や違和感も感じる部分も多かった。

まず良かった点としては、アクションシーンの迫力だ。

CGやワイヤーアクションを駆使して描かれる一護やルキアの剣戟は圧巻であり、特に一護が虚(ホロウ)と呼ばれる巨大な悪霊と戦う場面ではスクリーンから飛び出してくるような臨場感があった。

また、斬魄刀のデザインや効果音もカッコよくて魅力的だった。

斬魄刀は死神の心や性格を反映する個性的な剣であり、それぞれに固有の名前や能力を持つ。

一護の斬魄刀・斬月(ざんげつ)は黒い刃で巨大な月を模した柄頭が特徴的であり、ルキアの斬魄刀・袖白雪(そでしらゆき)は白い刃で氷を操る能力を持つ。

この二つの斬魄刀が交錯する場面は美しくも壮絶だった。

次に良かった点としては、キャスト陣の演技だ。

主演の福士蒼汰は一護という役柄に合っていて、幽霊が見えること以外は普通の高校生という設定を自然に表現していた。

また、死神代行として戦う場面では勇敢さや強さも見せていた。

Netflix配信作品の「BLEACH」のキャストやスタッフの紹介

キャスト

主人公・黒崎一護役は、福士蒼汰さんが演じました。
福士さんは、「仮面ライダーフォーゼ」「恋空」「図書館戦争」など、多くの映画やドラマに出演しています。
一護のクールで強気な性格や、仲間を守るために奮闘する姿を見事に表現しました。

一護に死神の力を与えた死神・朽木ルキア役は、杉咲花さんが演じました。
杉咲さんは、「あまちゃん」「海月姫」「ハロー張りネズミ」など、さまざまなジャンルの作品に出演しています。
ルキアのツンデレな魅力や、一護との絆を感じさせる演技を見せました。

一護の同級生であり、超能力者でもある石田雨竜役は、吉沢亮さんが演じました。
吉沢さんは、「銀魂」「リバース」「ちはやふる」など、人気作品に多数出演しており、石田の冷静で知的な雰囲気や、一護との友情を描きました。

一護の幼馴染であり、空手家でもある井上織姫役は、真野恵里菜さんが演じました。
真野さんは、「おかしな刑事」「恋する香港」「サムライせんせい」など、ドラマや映画だけでなく、歌手としても活躍しています。
織姫の優しくて明るい性格や、一護への想いを表現しました。

一護の親友であり、サッカー部員でもある茶渡泰虎役は、小柳友さんが演じました。
小柳さんは、「仮面ライダーオーズ/OOO」「GTO」「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」などに出演しています。
茶渡の豪快で熱血な性格や、仲間を助ける勇気を見せました。

一護たちを追ってきた死神・阿散井恋次役は、田辺誠一さんが演じました。田辺さんは、「仮面ライダー電王」「相棒」「るろうに剣心」などに出演しています。
恋次の真面目で厳格な性格や、ルキアに対する忠誠心を表現しました。

一護たちの前に立ちはだかった死神・朽木白哉役は、早乙女太一さんが演じました。
早乙女さんは、「舞台『刀剣乱舞』」「映画『刀剣乱舞』」「銀魂2 掟は破るためにこそある」などに出演しています。
白哉の冷徹で威圧的な雰囲気や、ルキアとの複雑な関係を描きました。

一護の父親であり、元死神でもある黒崎一心役は、MIYAVIさんが演じました。MIYAVIさんは、ギタリストとして世界的に活躍するほか、「アンブロークン」「孤狼の血 LEVEL2」「男はつらいよ お帰り 寅さん」などに出演しています。
一心のひょうきんで愛情深い性格や、一護との親子関係を見せました。

一護の母親であり、故人でもある黒崎真咲役は、長澤まさみさんが演じました。
長澤さんは、「世界の中心で、愛をさけぶ」「花より男子」「コンフィデンスマンJP」などに出演しています。
真咲の優しくて美しい容姿や、一護への深い愛情を表現しました。

死神たちの上司であり、隊長でもある浦原喜助役は、江口洋介さんが演じました。
江口さんは、「GTO」「HERO」「SPECシリーズ」などに出演しています。
浦原の陽気で謎めいた性格や、一護たちに協力する理由を見せました。

Netflix配信作品の「BLEACH」の撮影や制作について

主人公・黒崎一護役には、『イン・ザ・ヒーロー』などで知られる若手俳優の福士蒼汰が抜擢されました。

福士は原作ファンでもあり、役作りに熱心に取り組んだといいます。

特にアクションシーンでは、自らスタントをこなし、剣術やワイヤーなどを駆使して迫力ある演技を見せました。

福士と共演したのは、ルキア役に杉咲花、石田雨竜役に吉沢亮、浦原喜助役に早乙女太一、白哉役にMIYAVIなど豪華キャストが揃っています。

彼らもまた原作へのリスペクトを持ちながら、それぞれのキャラクターに命を吹き込みました。

映画化するにあたって最大の課題だったのは、原作の世界観やビジュアルをどう再現するかという点でした。

監督を務めた佐藤信介は、「原作ファンも納得できるような映像表現を目指した」と語っています。

そのために、CGやVFXなど最先端の技術を駆使しましたが、それだけではなく、実際にセットや小道具を作ったり、ロケ地を探したりすることも重要だったといいます。

例えば、死神たちが集まる尸魂界(ソウル・ソサエティ)は、日本各地の寺院や神社などを巡ってロケ地探しを行いました。

そして見つけた場所は京都府南部にある貴船神社でした。

この神社は山間にあり、周囲に建物が少なく、古かった雰囲気が尸魂界にぴったりだと感じたそうです。

また、黒崎一護の家は、実際にセットを組んで作りました。

原作のイメージに忠実に再現するために、細部までこだわって作られたそうです。

映画『BLEACH』は、原作の「死神代行篇」を中心にストーリーが展開されていますが、原作のエッセンスを損なわないように脚本も工夫されています。

佐藤監督は、「原作のファンにも新鮮に感じてもらえるように、登場人物の関係性やキャラクター性を大切にしながら、オリジナルの要素も加えた」と語っています。

その結果、原作と映画との間には相互補完的な関係が生まれました。

Netflixで配信されている映画『BLEACH』は、原作ファンはもちろん、アクションやファンタジーが好きな方にもおすすめです。

福士蒼汰を始めとするキャスト陣の熱演や、佐藤信介監督の映像センスが光る作品です。

Netflix配信作品の「BLEACH」の評価や批評

  • 映画「BLEACH」は原作ファンだけでなく一般観客にも楽しめる作品である。
    原作の世界観や設定を忠実に再現しつつも、実写化に適したアレンジや省略も上手く行っています。
  • 福士蒼汰は一護役として見事な演技を披露しています。特にアクションシーンでは身体能力や表情豊かさが光ります。
    また斬魄刀(ざんぱくとう)と呼ばれる死神の刀もリアルで迫力があります。
  • 杉咲花もルキア役として可愛らしさとクールさを併せ持った魅力的なキャラクターを演じています。
    一護とルキアの掛け合いも原作通りで笑いどころも多くあります。
  • その他のキャストも原作のイメージに近く配役されており、個性的な死神や虚<ホロウ>たちとの戦闘も迫力があります。
  • 映画「BLEACH」は原作ファンだけでなく一般観客にも楽しめる作品だと思いました。
    原作の世界観や設定を忠実に再現しつつも、実写化に適したアレンジや省略も上手く行っています。
  • 福士蒼汰は一護役として見事な演技を披露しています。
    特にアクションシーンでは身体能力や表情豊かさが光る。また斬魄刀(ざんぱくとう)と呼ばれる死神の刀もリアルで迫力があります。
  • 杉咲花もルキア役として可愛らしさとクールさを併せ持った魅力的なキャラクターを演じている。一護とルキアの掛け合いも原作通りで笑いどころも多い。
  • その他のキャストも原作のイメージに近く配役されており、個性的な死神や虚<ホロウ>たちとの戦闘シーンは迫力満点です。
    特にMIYAVI演じる朽木白哉は圧倒的な存在感を放っています。
  • VFXやワイヤーアクションも見事に仕上がっており、コミックの世界を忠実に再現しています。グランドフィッシャーとの対決は圧巻である。
  • しかし、映画「BLEACH」は原作ファンからは不評な部分も多いです。原作に沿っていない部分や省略された部分、改悪された部分が目立つからでしょう。
  • 例えば、一護の髪色は茶髪ではなくオレンジ色であるべきだったり、石田雨竜や茶渡や織姫の出番が少なかったり、卍解(ばんかい)のシーンが無かったりします。
  • また、演技力に難があるキャストも多く、特にMIYAVIは白哉役として不向きだったという声もありました。白哉の口元や目線が気持ち悪かったり、ピアスをしていたりします。
  • さらに、終わり方も中途半端であり、続編ありきの展開でしたが、興行収入が低迷したために続編は製作されませんでした。
    そのため物語に決着がつかず、結果、観客を不満足にさせてしまいました。

 

Netflix配信作品の「BLEACH」に関する背景や社会的な意義について

原作は、幽霊が見える高校生・黒崎一護が、死神と呼ばれる魂の導き手・朽木ルキアと出会い、死神代行として人間界と死神界を行き来しながら様々な敵と戦う物語です。

2001年から2016年まで連載され、累計発行部数は1億2000万部を超えました。アニメ化やゲーム化もされ、世界中にファンを持つ人気作品である。

映画版は、原作の第一部にあたる死神代行篇をベースにしつつ、オリジナル要素も加えている。
監督は、「アイアムアヒーロー」「いぬやしき」などの佐藤信介です。

佐藤監督は、「原作者としてできる限り協力して、BLEACHを知らない人にも楽しんで貰えBLEACHの読者にも満足して貰えるような映画にしたい」という久保帯人の言葉に応えるべく、原作のエッセンスを尊重しつつも実写映画として成立するように工夫したと語っています。

キャストは、主人公・黒崎一護役に福士蒼汰、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花がルキア役、「ママレード・ボーイ」の吉沢亮が一護のクラスメイト・石田雨竜役、「仮面ライダーアマゾンズ」シリーズの真野恵里菜が一護の幼馴染・井上織姫役、「仮面ライダーフォーゼ」の小柳友が一護の親友・茶渡泰虎役、「孤独のグルメ」シリーズの田辺誠一が死神界最高機関・護廷十三隊隊長・山本元柳斎重國役、「仮面ライダー電王」シリーズの早乙女太一が死神界最強剣士・白哉兄様こと朽木白哉役、「GACKT×IKEDA 2020カレンダー」などで活躍するMIYAVIが死神界最悪役・阿散井恋次役などが務めました。

映画「BLEACH」の背景や社会的な意義を考察するにあたって、以下の三つの観点から分析してみたい。

一つ目は、原作の人気と影響力である。原作は、少年ジャンプの看板作品として長期連載され、多くのファンを獲得した。

特に海外では、日本の漫画文化を代表する作品として高い評価を受けた

例えば、アメリカではニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーリストにランクインし、フランスでは日本政府から芸術文化勲章シュヴァリエを授与され、原作の登場人物や用語は、他のメディアや創作物にも影響を与えました。

例えば、「死神」や「虚」、「斬魄刀」などは、漫画やアニメだけでなく、ゲームや小説などでも使われるようになりましたが、このように、原作は日本だけでなく世界にも広く浸透した作品であり、日本のポップカルチャーの発信源として重要な役割を果たしたと言えるでしょう。

二つ目は、実写映画化の難易度と挑戦である。

原作は、幽霊や死神といった超常的な存在や現象が登場するファンタジー作品であり、その世界観やキャラクター設定は実写映画化に向いていないと言われていました。

特に、原作の魅力の一つである派手なアクションシーンや斬魄刀の変形などは、実写映画では再現が困難であると考えられていました。

しかし、佐藤監督は、「BLEACH」が実写映画化されること自体が奇跡だと思って挑んだという。

佐藤監督は、「BLEACH」が持つ独自性や個性を失わずに実写映画として成立させることを目指し、VFX技術やアクション監督などの協力を得て、原作の世界観やキャラクターを忠実に再現しようと努めたとのことです。

その結果、映画版は原作ファンからも高い評価を受けた。

このように、「BLEACH」は実写映画化が困難とされていた作品であったが、それだけに挑戦したスタッフやキャストの情熱や技術が詰まった作品であると言える。

三つ目は、映画版が持つメッセージやテーマである。

映画版は原作から一部オリジナル要素を加えており、その中でも特に注目すべきは、一護の成長と選択です。

映画版では、一護は死神代行として戦うことによって、自分の力や使命について悩む場面が多く描かれています。

一護は、自分の力が何のためにあるのか、自分は誰のために戦うのか、自分は人間なのか死神なのか、といった問いに直面し、最終的には、自分の力を受け入れて自分らしく生きることを決意しますが、この一護の成長と選択は、映画版が持つメッセージやテーマを象徴していると言えるでしょう。

それは、「自分を信じて自分らしく生きること」です。

映画版では、一護だけでなく、ルキアや石田や井上も同じように自分を信じて自分らしく生きることを選択します。

彼らは、それぞれの立場や境遇に関係なく、仲間や家族や大切な人を守るために戦います。

彼らは、自分の力や存在に誇りを持ち、自分の道を歩む。

このように、「自分を信じて自分らしく生きること」を伝える作品であり、観客にも同じように勇気や希望を与える作品であると言えると思います。

原作の人気と影響力、実写映画化の難易度と挑戦、映画版が持つメッセージやテーマなどから見ても注目すべき作品です。

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も『BLEACH』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました