新サイトはこちら

Netflix映画「BLUE / ブルー」の魅力に迫る!感動のストーリーを徹底レビュー

ここでは、Netflixで配信中の作品を視聴してみた感想レビューと、映画の背景やオススメできるポイントなどを記載しております!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回はBLUE / ブルーを視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

Netflix配信作品の「BLUE / ブルー」のストーリー紹介

ボクシングが大好きで何度もリングに上がるも勝てない瓜田(松山ケンイチ)は、自分の才能や運命に悩みながらも諦めずにトレーニングに励んでいます。

彼は同じジムの後輩で日本チャンピオン目前の小川一樹(東出昌大)と仲が良く、彼からボクシングの技術や精神面を教わっています。

しかし、小川は瓜田がひそかに想いを寄せる天野千佳(木村文乃)と交際しており、瓜田はそのことを知りながらも二人を応援しています。

ある日、小川は試合中に倒れてしまいます。

検査の結果、彼は脳腫瘍でありボクシングを続けることができないことが判明します。

小川はショックを受けますが、千佳や瓜田の支えもあり前向きに闘病生活に入ります。

一方、瓜田は小川から引退試合を頼まれます。

それは小川が最後にリングで戦う相手として自分を選んだということです。

最初は断ろうとする瓜田ですが、小川の強い思いや千佳の頼みもあり引き受けることにします。

しかし、ジムや周囲からは反対されます。

小川の命を危険にさらすような試合だからです、それでも二人は決意を変えません。

そして試合当日がやってきます。

リング上では互いに全力でぶつかり合う二人ですが、その裏では小川の体調が悪化しています。

果たして二人は無事に試合を終えることができるのでしょうか?

そしてその先に待つものは何なのでしょうか?

「BLUE / ブルー」はボクシングだけではなく、人間関係や生死や愛情などさまざかなテーマを描いた感動的な作品です。

主演の松山ケンイチと東出昌大は実際にボクシングのトレーニングを受けて役に臨みました。

監督の吉田恵輔は自ら30年以上ボクシングを続けており、その経験や思いが作品に反映されています。

ボクシングファンはもちろん、人間ドラマが好きな方にもおすすめの映画です。

Netflix配信作品の「BLUE / ブルー」の感想/レビュー紹介

映画「BLUE / ブルー」は、ボクシングを題材にした青春ドラマです。

主人公の瓜田は、幼い頃からボクシング一筋で生きてきたが、ある日突然、自分の才能に限界を感じてしまいます。

それでもボクシングを諦められない瓜田は、かつてのライバルであり友人でもある佐藤と再び対戦することを決意します。

しかし、佐藤は瓜田とは違ってプロボクサーとして成功し、世界チャンピオンを目指しています

二人の運命はどうなるのでしょうか。

この映画の見どころは、何と言っても主演の山﨑賢人さんと菅田将暉さんの熱演です。

二人は実際にボクシングのトレーニングを受けて役作りをしましたが、その努力が画面から伝わってきます。

特に試合シーンでは迫力満点で、息もつかせない展開に引き込まれます。

また、二人の友情やライバル意識も感動的で、観客はどちらにも応援したくなります。

この映画はただ単純なスポーツ映画ではありません。

ボクシングという過酷な競技を通して、自分自身と向き合う若者たちの姿が描かれています。

瓜田は自分の才能や夢に悩みますが、それでも前向きに生きようとします。

佐藤はプロボクサーとして成功しますが、それでも瓜田と対戦することで自分の本当の目標や価値観を見つめ直します

二人はそれぞれ成長し、互いに影響しあいます。

この映画は青春時代に悩んだり迷ったりしたことがある人なら誰でも共感できる作品だと思います。

また、ボクシングに興味がない人でも楽しめるストーリーや演技があります。

私はこの映画を観て感動しましたし、勇気や希望ももらいました。

Netflix配信作品の「BLUE / ブルー」のキャストやスタッフの紹介

「BLUE / ブルー」とは、2020年4月9日に公開された日本映画で、「ヒメアノ~ル」「犬猿」などで知られる吉田恵輔監督がオリジナル脚本で手掛けた作品です。

主人公は、プロボクサーを目指すも挫折し、現在は路上で喧嘩ばかりしている瓜田(松山ケンイチ)です。

 

ある日、彼は幼馴染みの夏子(木村文乃)と再会しますが、彼女は結婚間近の幸せな暮らしを送っています。

瓜田は夏子に想いを寄せる一方で、自分の人生に絶望し始めます。

 

そんな中、彼は元ボクサーの鈴木(柄本時生)から再びボクシングを始めるよう誘われますが・・・。

、というのが、映画「BLUE / ブルー」のあらすじです。

この映画は、ボクシングを通して人生の再起を目指す主人公の姿を描いた作品で、ボクシングシーンは本物のプロボクサーが演じています 。

また、主人公と夏子の関係にも注目で、夏子は瓜田に対して複雑な感情を抱いており、結婚式直前に彼と一夜を共にする場面もあります。

この映画は、愛と暴力と希望が交錯する人間ドラマとして評価されています。

映画「BLUE / ブルー」のキャストとスタッフは以下の通りです 。

キャスト: 

瓜田:松山ケンイチ 

夏子:木村文乃 

鈴木:柄本時生 

夏子の婚約者・慎吾:東出昌大 

瓜田の仲間・ヒロシ:守谷周徒 

瓜田の仲間・アユリ:吉永アユリ 

瓜田の仲間・絹也:長瀬絹也 

鈴木の母親・つる子:菱沼つる子 

鈴木のトレーナー・慎一郎:松浦慎一郎

スタッフ: 監督・脚本:吉田恵輔 

製作:岡田真、木村俊樹 

製作総指揮:加藤和夫 

音楽:大友良英

以上が、Netflix配信作品の国内映画「BLUE / ブルー」のキャストとスタッフです。

Netflix配信作品の「BLUE / ブルー」のメイキングについて

この映画の撮影や制作について、興味深いエピソードや裏話がたくさんあります。

ここでは、その一部を紹介します。

まず、この映画はボクシングシーンが多く登場しますが、そのために主演の浦和希さんと海渡翼さんは約半年間もボクシングジムでトレーニングを積みました。

監督の吉田恵輔さんも元ボクサーだったことから、彼らに厳しい指導を行ったそうです。その結果、彼らは見事なボクシング技術と体力を身につけることができました。

また、この映画では兄弟役の浦和希さんと海渡翼さんが実際に同じアパートで同居して役作りをしました。
二人は普段から仲が良かったそうですが、同居することでさらに親密な関係になりました。

その様子はメイキング動画でも見ることができます。

さらに、この映画では音楽も重要な要素です。

主題歌は米津玄師さんの「Pale Blue」で、この曲は本作のために書き下ろされたオリジナル曲です。

米津玄師さんは監督の吉田恵輔さんから直接依頼されたそうです

また、劇中では浦和希さん演じる兄・亮太がギターを弾き歌うシーンもありますが、これも浦和希さん自身が歌っています

Netflix配信作品の「BLUE / ブルー」の評価や批評

この映画の評価や批評について、インターネット上では様々な意見が見られます。ここでは、その一部を紹介します。

この映画はボクシングシーンが迫力あるという声が多くあり、特に、最後の瓜田と小川の対決は圧巻だという感想が多く寄せられているようです。

また、主演の松山ケンイチさんは本格的なトレーニングを積んで役に挑んだそうで、その努力が伝わってくるという評価も。

次に、この映画は登場人物たちの心理描写が深いという声もあります。

特に、瓜田と千佳の関係性や小川への想いは複雑で切ないものだと感じる観客も多いようです。

また、木村文乃さん演じる千佳は瓜田や小川への愛情や苦悩を表情や言動で上手く表現しており、彼女に共感する観客も多いようです。

しかし、一方でこの映画はストーリーや登場人物たちに感情移入しにくいという声もあります。

特に、瓜田や小川が千佳を振り回すような行動を取ることやそれでも千佳が彼らから離れられないことなどに対して不満や不快感を示す観客もいます。

また、ボクシング以外の部分ではテンポが悪かったり展開が予測可能だったりすることも指摘されています。

以上が、「BLUE」の評価や批評について紹介した文章です。「BLUE」はNetflixで配信中なので是非ご覧ください。

Netflix配信作品の「BLUE / ブルー」に関する背景や社会的な意義

この映画の背景や社会的な意義について、考察してみたいと思います。

まず、この映画はボクシングを通して人間の強さや弱さ、勝ち負けや生き方などを問いかける作品だと言えます。

主人公の瓜田は、どれだけ努力しても勝てないボクサーですが、それでもボクシングを愛し続けます。

一方、小川は才能あふれるボクサーですが、それゆえにプレッシャーや孤独に苦しみます。

そして千佳は二人の男性に挟まれて自分自身を見失ってしまいます。

このように、「BLUE」では登場人物たちがそれぞれ悩みや葛藤を抱えながらも前向きに生きようとする姿が描かれており、観る者にも自分自身と向き合うきっかけを与える作品だと言えます。

次に、この映画はNetflixで配信されることで新しい視聴体験や表現方法を提供する作品だと言えます。

Netflixでは多くのジャンルや国籍の作品が視聴可能であり「BLUE」もその一つです。

Netflixでは時間や場所を選ばずに視聴することができるため、「BLUE」もより多くの人々に届く可能性があります。

また、「BLUE」ではリアルタイムCG技術やドローン撮影など最先端の技術を用いており、迫力ある映像美や臨場感を生み出しています。

これらはNetflixならではの表現方法だと言えますね!

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も『BLUE / ブルー』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました