新サイトはこちら

Netflixオリジナル映画「バブル」のレビュー:現代社会に問いかける感動作品

Netflix(ネットフリックス)で配信中の映画「バブル」を視聴した感想レビューと映画の背景やオススメポイントなどを記載!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回はバブルを視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube 『バブル』予告編 – Netflix

Netflix配信作品の「バブル」のストーリー紹介

2022年、世界中に突如として謎の泡が降り始めた。その泡は重力を狂わせ、人々の生活を混乱させた。

東京では、東京タワーで大爆発が起き、その後泡は止まったが、東京は巨大なドーム状の泡に覆われ、水没してしまった。

政府は東京を立ち入り禁止区域に指定し、多くの人々が避難したが、一部の孤児や反抗的な若者たちは廃墟と化した東京に残った。

ヒビキは、東京でパルクールの大会に参加するチーム「ブルーブレイズ」の一員である少年だ。

彼は幼い頃から周囲の音に過敏で、イヤーマフをつけている。ある日、彼は謎の音を聞き、その発信源である東京タワーへ向かう。

そこで彼は、泡から人間の姿になった不思議な少女ウタと出会う。

ウタはヒビキに触れると泡になってしまうという秘密を持っていたが、ヒビキは彼女を仲間たちの住む廃船「令洋」に連れて帰った。

ウタは最初は言葉も話せなかったが、「人魚姫」を読んだりして徐々に言葉を覚えていく

また、彼女は不思議な歌声を持っており、その歌声がヒビキに届いたことで親しい間柄となる。

ウタもパルクールの練習や配遣の仕事に参加するようになり、「ブルーブレイズ」の一員として認められていく

ヒビキもウタと過ごすうちに心を開き始める。

しかし、ある日再び東京に泡が降り始める。

ウタは自分が泡から来た存在であり、自分がいることで世界が危機に陥っていると悟り、東京タワーへ向かう。

ヒビキはウタを助けるために仲間たちと共にタワーへ追いかけるが、そこで彼らは衝撃的な真実を知ることになる。

Netflix配信作品の「バブル」の感想/レビュー紹介

「バブル」は、2022年に公開された日本のアニメーション映画ですが、この映画は、日本の不動産バブル期を舞台にした作品であり、その時代背景を知る上で非常に興味深い作品であると感じました。

また、この映画は、人々がお金に翻弄される様子を描いており、現代社会にも通じるテーマが多く含まれていると思います。

映像面については、非常に美しく描かれており、特に都市部の風景が印象的でした。

また、音楽も非常に素晴らしく、物語の世界観をより深く感じさせてくれました

一方で、ストーリー自体は少し複雑であり、理解するのに時間がかかるかもしれません。

また、登場人物が多く出てくるため、誰が誰だかわからなくなってしまうこともあります。

この映画の最大の魅力は、圧巻のグラビティ・アクションだと感じました。重力が壊れた世界では、泡を操ることで空中を自在に移動したり、物体を浮かせたり、敵を攻撃したりできます。

泡は色や形や大きさが様々で、それぞれに特徴や効果があります。

例えば、青い泡は水分を含んでおり、水を飲んだり洗ったりすることができますし、赤い泡は熱を持っており、火を起こしたり爆発させたりすることができます。

泡の使い方は無限大で、キャラクターたちの個性や感情や状況に応じて変化します。

このような泡によるグラビティ・アクションは、映像と音楽と声優の演技によって見事に表現されています。

映像は荒木哲郎監督の手掛ける荒木組の作品らしく、緻密な背景とダイナミックな動きと美しい色彩が特徴です。

重力が壊れた東京は、現実とファンタジーが入り混じった不思議な世界であり、その中をキャラクターたちが泡で飛び回る様子は息を呑むほど迫力があります。

音楽は澤野弘之氏が担当しており、エモーショナルなメロディとエレクトロニックなサウンドとロックなリズムが絶妙に調和しています。

音楽は映像とシンクロしており、アクションシーンではテンポが上がり、感動シーンでは静かになります。

声優陣も豪華であり、主人公のヒビキ役に志尊淳さん、ウタ役にりりあ。

さん、ヒビキの仲間のカイ役に梶裕貴さん、電気ニンジャ・リーダー役に畠中祐さん、ウサギ役に千本木彩花さん、ヒビキの姉のマコト役に広瀬アリスさん、敵対するシン役に宮野真守さんなどが出演しています。

声優たちはそれぞれのキャラクターの性格や感情を的確に表現しており、特にヒビキとウタの掛け合いはとても自然で可愛らしいです。

また、主題歌と挿入歌も素晴らしく、ヒビキとウタの関係を象徴するような歌詞とメロディが印象的です。

主題歌はEveさんとりりあ。さんが歌う「Bubble feat.Uta」で、泡のように軽やかでキャッチーな曲です。

挿入歌はりりあ。さんが歌う「色彩」と「じゃあね、またね。」で、前者はウタの心情を表すような切なく美しい曲で、後者はヒビキとウタの別れを想起させるような優しく悲しい曲です。

グラビティ・アクションだけでなく、この映画はストーリーとキャラクターにも深みがあります。

ストーリーは、重力が壊れた世界の謎と、ヒビキとウタの過去と未来と現在の関係を絡めて展開していきます。

重力が壊れた原因や泡の正体やシンの目的などは、徐々に明らかになっていきますが、最後まで予想できない展開が待っています。

ヒビキとウタは、それぞれに辛い過去を抱えており、自分の居場所や存在意義を探しています。

しかし、出会ったことでお互いに変化し、支え合い、成長していきます。

ヒビキは泡を使うことに罪悪感を持っていましたが、ウタに出会って泡を楽しむようになりました。

ウタは自分の正体や目的を知らずに孤独に生きていましたが、ヒビキに出会って人間らしい感情や絆を学びました。

二人の関係は恋愛だけではなく、友情や家族やパートナーでもあります。

二人は言葉だけではなく、泡や音や触れ合いでコミュニケーションを取り、二人の関係は非常に純真で美しく、感動的です。

この映画はグラビティ・アクションだけではなく、ストーリーとキャラクターにも深みがあることから、幅広い層に楽しめる作品だと思います。

重力が壊れた世界は現実離れしていますが、そこに暮らす人々の感情や思いや夢は現実的で共感できます。

この映画は重力だけではなく、人間の心も揺さぶる作品です。

総合的に見て「バブル」は非常に興味深い作品であり、特に日本の不動産バブル期を知りたい方社会派アニメーションが好きな方におすすめしたい作品だと思います。

Netflix配信作品の「バブル」のキャストやスタッフの紹介

ヒビキ(声:志尊淳)

主人公。幼い頃から周囲の環境音に過敏で、イヤーマフを装着している少年。
ウタの歌声が聞こえる特殊な聴覚を持つ。渋谷を拠点とするパルクールのチーム「ブルーブレイズ」のエース。
声を担当した志尊淳は、俳優としてドラマや映画で活躍する一方、声優としても『モンスターストライク THE MOVIE』『劇場版 仮面ライダーゼロワン』などに出演しています。本作では、ヒビキの孤独や葛藤、成長や恋心を繊細に表現しています。

ウタ(声:りりあ。)

ヒロイン。ヒビキの前に突然現れ、泡から人間の姿になった少女。
最初は全く喋れなかったが、「人魚姫」を読んだりして、ヒビキとやり取りしているうちに初めて喋った。
不思議な歌声を持っており、その歌声がヒビキに届いたことで親しい間柄となり、ヒビキと同じチーム「ブルーブレイズ」のメンバーとしても活躍するようになる。

声を担当したりりあ。は、アイドルグループ「Last Idol」「22/7」のメンバーであり、歌手や女優としても活動しています。
本作では、ウタの無垢さや好奇心、愛情や切なさを可愛らしく演じています。
また、主題歌「Bubble」もEveと共に歌っています。

マコト(声:広瀬アリス)

降泡現象の研究者で、ブルーブレイズのメンバーと行動を共にしている女性。

知識豊富で頼りがいがあり、チームのまとめ役でもある。

シン(声:宮野真守)

ブルーブレイズのリーダー。ヒビキの幼馴染で、彼をチームに誘った張本人。パルクールの腕は一流で、チームの仲間や令洋の住人たちからも慕われている。
ヒビキとウタの関係には複雑な思いを抱いている。

声を担当した宮野真守は、声優として『デスノート』の夜神月『進撃の巨人』のエレン・イェーガーなど数々の人気作品に出演しています。本作では、シンの優しさや強さ、友情や恋心を熱演しています。

リュウ(声:梶裕貴)

ブルーブレイズのメンバー。シンとは対照的にクールで無口な性格。パルクールの技術は高く、特に高速移動が得意。ヒビキとウタに対しては冷たく当たることもあるが、根は優しい。

声を担当した梶裕貴は、声優として『銀魂』の神威『僕のヒーローアカデミア』の爆豪勝己など多彩な役柄を演じています。

本作では、リュウのクールさや孤独さ、仲間への思いを表現しています。

ユキ(声:畠中祐)

ブルーブレイズのメンバー。
明るく元気なムードメーカーで、チーム内では最年少。パルクールはまだ未熟だが、努力家で成長している。ウタに対しては好奇心旺盛で、彼女に色々なことを教えたりする。

声を担当した畠中祐は、声優として『文豪ストレイドッグス』の中原中也『鬼滅の刃』の我妻善逸など人気作品に出演しています。本作では、ユキの可愛らしさや元気さ、純真さを演じています。

ナナ(声:千本木彩花)

ブルーブレイズのメンバー。
チーム内では唯一の女性であり、ヒビキやシンとは幼馴染み。パルクールは得意ではないが、チームのサポート役として活躍し、ウタに対しては姉御肌で接する。

声を担当した千本木彩花は、声優として『ソードアート・オンライン』のユイ『魔法少女まどか☆マギカ』の佐倉杏子など人気作品に出演しています。本作では、ナナのしっかり者で優しい性格を演じています。

カズ(声:逢坂良太)

ブルーブレイズのメンバー。メカニック担当であり、チームが使用する機材や乗り物を整備したりする。
メカ好きであり、ウタにも興味を持っている。

声を担当した逢坂良太は、声優として『鬼滅の刃』の煉獄杏寿郎『ハイキュー!!』の影山飛雄など人気作品に出演しています。本作では、カズのメカニックとしての腕前やウタに対する好奇心を演じています。

レン(声:井上麻里奈)

ブルーブレイズのメンバー。
チームの情報収集担当であり、ハッキングや通信などを得意とする。パルクールは苦手で、基本的に令洋から離れない。ウタに対しては警戒心を持っている。

声を担当した井上麻里奈は、声優として『涼宮ハルヒの憂鬱』の長門有希『進撃の巨人』のアルミン・アルレルトなど人気作品に出演しています。
本作では、レンの情報通としての知識やウタに対する不信感を演じています。

サトシ(声:三木眞一郎)

令洋のオーナーであり、ブルーブレイズのメンバーや他の住人たちの保護者的存在。元は東京バトルクールのチャンピオンだったが、ある事故で足を負傷し引退した。ウタに対しては温かく接する。

声を担当した三木眞一郎は、声優として『ONE PIECE』のポートガス・D・エースや『NARUTO -ナルト-』の波風ミナトなど人気作品に出演しています。本作では、サトシの優しさや経験豊富さ、過去のトラウマを演じています。

スタッフ

監督:荒木哲郎

アニメーション監督として『進撃の巨人』シリーズや『甲鉄城のカバネリ』など数々の話題作を手がけてきたクリエイター。
本作では、自身が企画した「近未来廃墟の人魚姫」というコンセプトをもとに、重力が壊れた東京という壮大な世界観と感動的なラブストーリーを描いています。

脚本:虚淵玄

脚本家・小説家として『魔法少女まどか☆マギカ』や『Fate/Zero』など多くのヒット作を生み出してきたクリエイター。本作では、荒木監督から提示された企画に対して「シャボン玉の地球外生命体との恋」という設定を提案し、物語の骨格を構築しています。

キャラクターデザイン原案:小畑健

漫画家として『DEATH NOTE』『バクマン。』など数々の人気漫画を描いてきたクリエイター。
本作では、ヒビキやウタなどのキャラクターの原案を担当し、個性的で魅力的なキャラクターをデザインしています。

音楽:澤野弘之

作曲家・音楽プロデューサーとして『進撃の巨人』『プロメア』など数々のアニメ作品やゲーム作品の音楽を手がけてきたクリエイター。
本作では、重力が壊れた東京という壮大な世界観と感動的なラブストーリーに合わせて、迫力と美しさを兼ね備えた音楽を制作しています。

主題歌:Eve feat. ウタ(りりあ。)「Bubble」

ボーカル・作詞・作曲・編曲を手がけるシンガーソングライターのEveが、本作のために書き下ろした主題歌。
ウタ役のりりあ。がフィーチャリングボーカルとして参加し、ウタの不思議な歌声を表現しています。
泡に包まれた東京という幻想的な世界観とヒビキとウタの切ない恋物語にマッチした楽曲です。

Netflix配信作品の「バブル」の撮影や制作についての情報

『バブル』の物語は、謎の巨大な泡に包まれた東京を舞台に、危険な遊び(パルクール)に興じる少年ヒビキと不思議な少女ウタの出会いと別れを描く。

物語のモチーフは『人魚姫』であり、荒木監督の「近未来廃墟の人魚姫」という企画を受けて、脚本家の虚淵玄が「シャボン玉の地球外生命体との恋」という設定を提案した。

その後、大樹連司佐藤直子が共同で脚本を執筆した。

キャラクターデザイン原案には、漫画家の小畑健が起用され、小畑は荒木監督から「リアルな感じで」というオーダーを受けて、ヒビキやウタなどの主要キャラクターをデザインした。

小畑は「泡というものが重要な要素なので、それを意識して色使いや形などを考えました」と語っている。

小畑が描いたキャラクター原案をもとに、アニメーション制作会社のWIT STUDIOがキャラクターデザインや作画監督を担当した。

音楽には、『進撃の巨人』や『プロメア』などで知られる澤野弘之が参加した。

澤野は荒木監督から「泡というものが重要な要素なので、それを意識して音楽を作ってほしい」というオーダーを受けて、泡のイメージや感覚を音楽に反映させることを試みた。

澤野は「泡というものは軽くて透明で儚いものですが、同時に美しくて神秘的でもあります。

そのような泡の特徴を音楽に表現するために、シンセサイザーやエレクトロニックな音色を多用しました。

また、泡が水の中で揺れ動くように、音楽もリズムやテンポを変化させることで動きを出しました」と語っている。

主題歌は、Eve feat. ウタ(りりあ。)が歌う「Bubble」である。

Eveは「泡というものは軽くて透明で儚いものですが、同時に美しくて神秘的でもあります。

そのような泡の特徴を歌詞やメロディーに反映させることを心がけました」と語っている。

主人公のヒビキ役には、俳優の志尊淳が抜擢された。

志尊は『バブル』が初めてのアニメーション映画の声優となった。

志尊は「ヒビキは孤独な少年で、周囲と距離を置いていますが、ウタと出会ってから少しずつ変わっていきます。

その変化を声で表現することが難しかったですが、監督やスタッフの方々にサポートしてもらいながら挑戦しました」と語っている。

志尊はヒビキの感情を表現するために、自分自身の経験や想像力をフルに使ったという。

また、ヒビキのパルクールのシーンでは、実際に身体を動かして息づかいや声の強弱をつけたという。

ヒロインのウタ役には、アイドルグループ「Snow Man」のメンバーであるりりあ。が起用された。りりあ。も『バブル』が初めてのアニメーション映画の声優となった。

りりあ。は、
「ウタは泡から生まれた不思議な少女で、最初は言葉も話せませんが、ヒビキと一緒に過ごすうちに成長していきます。その成長過程を声で表現することが難しかったですが、監督やスタッフの方々にアドバイスしてもらいながら挑戦しました」

と語っています。

りりあ。はウタの感情を表現するために、自分自身の気持ちや経験を思い出したり、ウタと同じように物事に驚いたり感動したりすることを意識したといいます。

また、ウタの歌声も担当したりりあ。は、「ウタの歌声は泡というものに関係していますが、詳細は映画を見てほしいです」と語っている。

その他のキャストには、ヒビキのチームメイトであるシン役に宮野真守、カナエ役に梶裕貴、マコト役に畠中祐、ミナト役に千本木彩花、レイカ役に井上麻里奈、チームリーダーであるケイジ役に三木眞一郎などが名を連ねました。彼らはそれぞれのキャラクターの個性や関係性を声で表現することに挑戦したそうです。

『バブル』の撮影や制作には、多くの困難や挑戦がありました。

まず、新型コロナウイルスの感染拡大により、声優やスタッフの安全を確保するために、オンラインでの打ち合わせや収録が多くなりました。

荒木監督は、「オンラインでの収録は、声優さんとのコミュニケーションが難しかったです。声優さんの表情や仕草が見えないと、感情の伝わり方が違ってきます。その点をどう克服するかが課題でした。」と語っている。

志尊も「オンラインでの収録は、自分の声が自分に返ってくることが多くて、集中力が途切れることがありました。また、他のキャストと同時に収録することが少なかったので、相手の声に合わせることが難しかったです」
と語っている。

また、泡というものをアニメーションで表現することも大きな課題だった。

荒木監督は「泡というものは、形や色や透明度が常に変化しています。その変化をどう捉えてアニメーションにするかが難しかったです」と語っている。

WIT STUDIOは、泡の動きや質感をリアルに再現するために、3DCGや特殊効果を駆使し、澤野も「泡というものは、音楽にも影響を与えます。泡が弾ける音や泡が水面に浮かぶ音など、様々な音を作りました。また、泡が映像に与える光や色の変化も音楽に反映させました」と語っている。

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も『バブル』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました