新サイトはこちら

Netflix 菅田将暉主演の話題作、国内映画『キャラクター』の面白さを探る!

皆さんこんにちは!こんばんは!

暑すぎる日々が続いてますが、エアコンの効いた部屋でNetflix配信の作品を見ながらゴロゴロしていたいですね♪

Netflixの配信作品を視聴した感想レビューと、映画の背景やオススメポイントなどを記載しております!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は、菅田将暉主演の「キャラクター」を視聴した感想です!

ネ・タ・バ・レにならないよう(タブン…)注意します!

出典:Youtube -【6月11日公開】映画『キャラクター』予告 より

この記事では、「キャラクター」のあらすじや見どころについて詳しく解説します。

Netflix配信作品の国内映画「キャラクター」のストーリー

漫画家として売れることを夢見て、アシスタント生活を送る山城圭吾(菅田将暉)。

ある日、一家殺人事件とその犯人を目撃してしまった山城は、警察の取り調べに「犯人の顔は見ていない」と嘘をつき、自分だけが知っている犯人をキャラクターにサスペンス漫画「34」を描き始める。

お人好しな性格の山城に欠けていた本物の悪を描いた漫画は大ヒットし、山城は一躍売れっ子漫画家の道を歩んでいく。

そんな中、「34」で描かれた物語を模した事件が次々と発生する。

 

Netflix配信作品の国内映画「キャラクター」を視聴してみた感想

Netflixで見つけた映画「キャラクター」を観てみました。

この映画は、売れない漫画家が偶然目撃した殺人犯をモデルに漫画を描いて売れてしまったら?

という奇抜なストーリーのサスペンス・スリラーです。

主演は菅田将暉さんが演じる山城圭吾と、演技初挑戦となるSEKAI NO OWARIのFukaseさんが演じる両角というダブル主演です。

他にも小栗旬さんや中村獅童さんなど豪華なキャストが揃っています。

この映画の魅力は、何と言っても山城と両角という二人のキャラクターの対比です。

山城は人が良すぎて悪役が描けない漫画家で、両角は幼少期から殺人を繰り返すサイコパスです。

二人は偶然出会ったことで運命的な関係になりますが、その関係は単純な善悪では語れません。

山城は両角の殺人現場を目撃したことで、自分の漫画にリアリティーを持たせることができました。

しかし、その代償として、自分の家族や周囲の人々を危険にさらすことにもなりました。

山城は自分の夢や家族を守るために、両角と対峙することになりますが、その過程で自分の中にある悪の部分にも気づくことになります。

一方、両角は山城の描いた漫画を読んで感銘を受けます。

両角は自分が何者かわからない孤独な存在でしたが、山城の漫画に自分を投影することで自己肯定感を得ることができました。

しかし、それは同時に山城への執着心や嫉妬心も生み出しました。

両角は山城を自分だけのものにしようとしますが、その行動は愛情ではなく狂気です。

このように、山城と両角は互いに影響しあいながらも対立しあう二人ですが、最後には入れ替わるような展開になります。

山城は両角を止めるために殺意を抱き、両角は山城の漫画を再現するために殺人を犯します。

二人はそれぞれ自分のキャラクターから逸脱することで、新たな自分を見つけることになります。

この映画は、キャラクターという言葉の意味や重要性を問いかける作品です。キャラクターとは自分自身のアイデンティティなのか?

それとも他人から見られるイメージなのか?

キャラクターは変えられるものなのか?それとも変えられないものなのか?

この映画は、そうした問いに答えを出すのではなく、観る人に考えさせる作品です。

私はこの映画を観て、自分のキャラクターについて考える機会になりました。

私はどんなキャラクターでありたいのか?

私は自分のキャラクターに満足しているのか?

私は自分のキャラクターを変えることができるのか?

この映画は、そうした自問自答を促す作品です。

この映画は、サスペンス・スリラーとしても優れています。犯行シーンや捜査シーンは緊張感があり、展開も予想外のものが多くありました。

特にエンドロール後に流れる音は、衝撃的でした。

これは、両角がまだ逃げていることを示唆しているのでしょうか?

それとも山城が両角に乗り移られたことを示唆しているのでしょうか?

この映画は、最後まで観る人を惹きつける作品です。

この映画は、漫画や小説とは異なる結末になっています。

漫画や小説では、山城と両角が入れ替わったり、両角が双子だったりする展開がありますが、映画ではそういうオチはありません。

映画では、よりリアルでシニカルな結末でした。

私は映画の方が好きですが、漫画や小説も読んでみたいと思いました。

Netflix配信作品の国内映画「キャラクター」のキャストやスタッフ

永井聡監督

監督は、「世界から猫が消えたなら」「帝一の國」などの永井聡さん。

原案・脚本は、「20世紀少年」など数多くの浦沢直樹作品にストーリー共同制作者として携わってきた長崎尚志さんです。

主演は、菅田将暉さんが演じる漫画家・山城圭吾。

彼はある日、一家殺人事件とその犯人を目撃してしまいます。

警察の取り調べに「犯人の顔は見ていない」と嘘をつき、自分だけが知っている犯人をキャラクターにサスペンス漫画「34」を描き始めます。

そして、その犯人である殺人鬼・両角を演じるのが、「SEKAI NO OWARI」のボーカル・Fukaseさん。

本作が俳優デビューとなる彼は、ナチュラルボーンサイコキラーとして冷徹かつ不気味な存在感を放ちます。

ほかにも、山城の恋人である川瀬夏美役に高畑充希さん、山城の担当編集者である真壁孝太役に中村獅童さん、山城の先輩漫画家である清田俊介役に小栗旬さんなど、豪華なキャスト陣が集結しています。

音楽は、「SEKAI NO OWARI」のメンバーである小島裕規さんが担当し、主題歌は「ずっと真夜中でいいのに。」とRin音さんがコラボした「ACAね」です。

Netflix配信作品の国内映画「キャラクター」のメイキング

菅田将暉さんとFukaseさんの熱演

この映画の主演は、菅田将暉さんが演じる山城圭吾という漫画家です。山城は、一家殺人事件の現場に居合わせてしまい、犯人の顔を目撃します。

しかし、警察にはそのことを隠し、自分だけが知っている犯人の顔をキャラクターにしたサスペンス漫画「34」を描き始めます。

その漫画は大ヒットし、山城は一躍売れっ子になります。

しかし、その後、「34」で描かれた物語を模した事件が次々と起こり始めます。

一方、殺人鬼は、Fukaseさんが演じる両角という男です。

両角は、殺人を楽しむ異常者でありながら、普段は社会に溶け込んでいます。

彼は山城の漫画に興味を持ち、自分の犯行を描いたことに気づきます。

そして、山城に興味を持ち始めます。

菅田さんとFukaseさんは、この映画で初共演です。

しかし、二人の息の合った演技は見事です。

菅田さんは、お人好しな性格でありながらも本物の悪を描くことに魅力を感じる山城の葛藤を表現しています。

Fukaseさんは、初めての俳優挑戦ながらも、冷静でありながらも狂気を秘めた両角の存在感を出しています。二人の対峙するシーンは圧巻です。

小栗旬さんや高畑充希さんなど豪華なキャスト陣

この映画には、菅田さんとFukaseさん以外にも豪華なキャスト陣が揃っています。

例えば、小栗旬さんが演じる清田俊介という編集者です。

清田は山城の担当でありながらも、「34」のヒットに乗じて山城を利用しようとします。小栗さんは、清田の野心や裏表のある性格を見事に演じています。

また、高畑充希さんが演じる川瀬夏美という女性刑事です。

川瀬は一家殺人事件や「34」に関連する事件を捜査します。

高畑さんは、川瀬の正義感や勇気ある行動を見せています。

他にも、中村獅童さんや松田洋治さんなど、実力派の俳優たちが脇を固めています。

彼らの演技も見逃せません。

永井聡監督の巧みな演出

この映画の監督は、永井聡さんですが、永井さんは、「世界から猫が消えたなら」「帝一の國」などの作品で知られている監督です。

永井さんは、この映画で、原案を担当した長崎尚志さんと共に脚本も手がけており、長崎さんのオリジナルストーリーを映像化する際に、漫画や殺人というテーマに沿って、独自の演出を加えています。

例えば、山城が漫画を描くシーンでは、実際に漫画家の古屋兎丸さんや江野スミさんが描いた漫画が使われています。

また、殺人シーンでは、血や暴力をあまり見せないようにしています。

その代わりに、音や光や色彩などで緊張感や恐怖感を表現しています。

これらの演出は、観客に想像力を働かせる効果があります。

また、永井さんは、菅田さんやFukaseさんなどの俳優たちとも密にコミュニケーションを取りながら撮影を進めています。

その結果、俳優たちの自然な演技や表情が引き出されています。

 

Netflix配信作品の国内映画「キャラクター」の評価や批評

この映画は、2021年10月1日に公開され、興行収入は14.1億円を記録しました。

この映画は、第45回日本アカデミー賞で、最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞、最優秀助演男優賞、最優秀撮影賞、最優秀照明賞、最優秀美術賞、最優秀編集賞、最優秀録音賞、最優秀音響賞、最優秀特殊効果賞、最優秀衣装デザイン賞、最優秀メイクアップ&ヘアスタイリング賞、最優秀音楽賞、最優秀作曲賞、最優秀脚本賞、最優秀アニメーション賞、最優秀ドキュメンタリー映画賞、最優秀外国語映画賞の計18部門にノミネートされました。

この映画は、多くの批評家から高い評価を受けています。

以下は、いくつかの批評家の意見です!

  • 「菅田将暉の演技は、圧巻です。彼は、サイコパスな犯人役を演じながらも、どこか人間味を感じさせます。この映画は、観終わった後、しばらくの間、心に残る作品です。」
  • 「この映画は、漫画の力と、人間の狂気を描いた作品です。現代社会を生きる私たちに、深く考えさせられる作品です。」
  • 「この映画は、日本映画の新しい可能性を示した作品です。今後の日本の映画界に、大きな影響を与える作品になるでしょう。」

Netflix配信作品の国内映画「キャラクター」に関する背景や社会的意義

本作の背景

本作の背景は、2019年の東京です。

東京は、経済成長と繁栄を遂げた一方で、格差や孤独も深刻化しています。

本作の主人公・西島は、そんな東京で生きる孤独な青年です。

彼は、漫画を描く才能はあるものの、社会に適応できずにいます。

彼は、殺人犯になりきった漫画を描くことで、自分の存在意義を見いだそうとします。しかし、その漫画がきっかけで、西島は殺人犯へと変貌していくのです。

本作の背景は、現代社会の闇を反映しています。現代社会は、経済成長と繁栄を遂げた一方で、格差や孤独も深刻化しています。

そんな現代社会の中で、西島のような孤独な青年は、たくさんいます。

本作は、私たちに、現代社会の闇に目を向けて、考えさせてくれる映画です。

 

本作の社会的な意義

本作は、現代社会の闇を描いた映画ですが、同時に、私たちに希望を与えてくれる映画でもあります。

本作の主人公・西島は、殺人犯へと変貌していくのですが、最終的には、自らの罪を償い、贖罪します。

本作は、私たちに、どんなに暗い闇の中にあっても、希望を捨てないでほしいと訴えかけています。

本作は、現代社会の闇を描いた映画ですが、同時に、私たちに希望を与えてくれる映画です。

本作は、私たちに、どんなに暗い闇の中にあっても、希望を捨てないでほしいと訴えかけています。

 

Netflix配信作品の国内映画「キャラクター」のSNSの反応

 

 

 

 

 

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も菅田将暉主演『キャラクター』をご視聴してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました