新サイトはこちら

Netflixオリジナル韓国ドラマ「悪霊狩猟団: カウンターズ」の中毒性と驚きに満ちた魅力

皆さんこんにちは! こんばんは!

暑すぎる日々が続いてますが、エアコンの効いた部屋でNetflix配信の作品を見ながらゴロゴロしていたいですね♪

ネットフリックスで視聴した感想レビューと、映画の背景やオススメポイントなどを記載していければと思います!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回はチョ・ビョンギュ主演「悪霊狩猟団: カウンターズ」を視聴した感想です!

ネ・タ・バ・レにならないよう(タブン…)注意します!

出典:Youtube – 『悪霊狩猟団: カウンターズ シーズン2』 オフィシャル予告編 – Netflix より

Netflix配信作品の韓国ドラマ「悪霊狩猟団: カウンターズ」のストーリー

チュンジン市では、人間に寄生して殺人を犯させ、被害者の魂を食らう悪霊がはびこっている。

そこでは、「カウンター」と呼ばれる悪霊狩猟集団が、死後の世界から逃げ出した悪霊を探し出して召喚するという任務を担っている。

カウンターたちはいずれも昏睡状態から目覚めた者で、カウンターになる対価として、現世と死後の境目「窿(ユン)」に存在する「あの世のパートナー」から命と特殊能力を授けられている。

そのうちカ・モタク(ユ・ジュンサン)、ト・ハナ(キム・セジョン)、チュ・メオク(ヨム・ヘラン)の3人は、ククス屋「姉貴麺屋」をアジトに従業員として働いている。

ある日、カウンターの一員であるチャン・チョルジュン(ソン・ジル)が「レベル3」の強い悪霊との戦いで殉職する。

チョルジュンのあの世のパートナーであったウィゲン(ムン・スク)は、後任を探していたところ、なぜか健康な高校生のソ・ムン(チョ・ビョンギュ)に取り憑いてしまう。

取り憑かれたムンは自分の体に起こる奇妙な変化に気付き始め、夢の中でウィゲンに出会う。

やがてチョルジュンの後任となったムンは、悪霊を捕まえながらチュンジン市の闇を暴いていく。

Netflix配信作品の韓国ドラマ「悪霊狩猟団: カウンターズ」を視聴してみた感想

このドラマの魅力は、スリリングなアクションシーンとユーモラスな日常シーンのバランスが絶妙なところです。

カウンターたちは、昼にはククス屋の従業員として働きながら、夜には悪霊と戦うという二重生活を送っています。

そのため、ドラマではカウンターたちの仲間意識や家族愛、友情や恋愛などの人間ドラマも描かれています。

また、カウンターたちが持つ特殊能力もそれぞれ個性的で、見ていて飽きません。

例えば、モタクは怪力を持ち、ハナは悪霊を感知したり過去を読んだりできます。

メオクは治癒能力を持ち、ムンはスピードとジャンプが得意です。

では、このドラマのあらすじを簡単にご紹介しましょう。

チュンジン市では、人間に寄生して殺人を犯させ、被害者の魂を食らう悪霊がはびこっている。

そこでは、「カウンター」と呼ばれる悪霊狩猟集団が、死後の世界から逃げ出した悪霊を探し出して召喚するという任務を担っている。

カウンターたちはいずれも昏睡状態から目覚めた者で、カウンターになる対価として、現世と死後の境目「窿(ユン)」に存在する「あの世のパートナー」から命と特殊能力を授けられている。

そのうちカ・モタク(ユ・ジュンサン)、ト・ハナ(キム・セジョン)、チュ・メオク(ヨム・ヘラン)の3人は、ククス屋「姉貴麺屋」をアジトに従業員として働いている。

ある日、カウンターの一員であるチャン・チョルジュン(ソン・ジル)が「レベル3」の強い悪霊との戦いで殉職する。

チョルジュンのあの世のパートナーであったウィゲン(ムン・スク)は、後任を探していたところ、なぜか健康な高校生のソ・ムン(チョ・ビョンギュ)に取り憑いてしまう。

取り憑かれたムンは自分の体に起こる奇妙な変化に気付き始め、夢の中でウィゲンに出会う。

やがてチョルジュンの後任となったムンは、悪霊を捕まえながらチュンジン市の闇を暴いていく。

ムンは、7年前に交通事故で両親を亡くし、片足に障害を負っている。

その事故の真相を知るために、カウンターとしての任務にも熱心に取り組む。

しかし、その背後にはチュンジン市の権力者たちが関わる巨大な陰謀が隠されていた。

ムンはカウンター仲間やクラスメイト、祖父母などの支えを受けながら、悪霊との戦いや自分の過去との向き合いに挑んでいく。

一方、悪霊たちはカウンターたちを脅かすためにさまざまな策略を巡らせる。

中でも最も強力な悪霊であるチ・チョンシン(イ・ホンネ)は、ムンの両親の死にも関与していることが判明する。

チョンシンは自分の目的のために人間を利用し、殺害し、魂を食らってきた。

彼はムンやカウンターたちだけでなく、チュンジン市全体に恐怖と混乱をもたらす。

果たして、ムンとカウンターたちは悪霊たちに立ち向かい、チュンジン市の平和を守ることができるのか?

そして、ムンは両親の死の真相を知り、自分の運命に打ち勝つことができるのか?

「悪霊狩猟団: カウンターズ」は、そんなスリリングで感動的な物語を描いています。

Netflix配信作品の韓国ドラマ「悪霊狩猟団: カウンターズ」のキャストやスタッフ

このドラマの主演は、チョ・ビョンギュさんです。

彼はカウンターの一員となった高校生のソ・ムン役を演じています。

チョ・ビョンギュさんは1996年4月生まれで、2015年からドラマに出演し始めました。

「SKYキャッスル~上流階級の妻たち~」「ストーブリーグ」などで注目を浴びました。

他にもカウンターのメンバーとして、ユ・ジュンサンさん、キム・セジョンさん、ヨム・ヘランさんが出演しています。

ユ・ジュンサンさんは元刑事で記憶喪失のカ・モタク役、キム・セジョンさんは悪霊感知能力とサイコメトリー能力を持つト・ハナ役、ヨム・ヘランさんは治癒能力者でカウンターのリーダーのチュ・メオク役をそれぞれ演じています。

キム・セジョンさんは元アイドルグループ「I.O.I」「gugudan」のメンバーで、歌手としても活動しています。

また、カウンターの経理担当でありトップ企業の会長でもあるチェ・ジャンムル役にはアン・ソクファンさんが、現世と死後の世界の境目である窿(ユン)にいるソ・ムンのパートナーであるウィゲン役にはムン・スクさんがキャスティングされています。

アン・ソクファンさんは「花より男子~Boys Over Flowers」で主人公の父親を演じたことでも知られています。

ムン・スクさんは1974年に映画デビューし、「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」「最高の離婚~Sweet Love~」などに出演しています。

悪霊に寄生されて殺人を繰り返すチ・チョンシン役にはイ・ホンネさんが、チュンジン市長でありさまざまな事件の元凶であるシン・ミョンフィ役にはチェ・グァンイルさんがそれぞれ演じています。

イ・ホンネさんはBTS(防弾少年団)のミュージックビデオ「Come Back Home」や、「君のハートを捕まえろ~Catch the Ghost」などに出演しています。

チェ・グァンイルさんは舞台俳優として活躍し、「刑務所のルールブック」や「ハンムラビ法廷~初恋はツンデレ判事!?~」などに出演しています。

彼は映画『オールド・ボーイ』『悪魔を見た』などで知られるチェ・ミンシクさんの弟です。

そのほかにも、ソ・ムンの両親や祖父母、親友、いじめっ子、警察官、悪霊に寄生された女性など、多くのキャラクターが登場します。

特別出演として、カウンターの一員だったチャン・チョルジュン役でソン・ジルさんが、カウンターのドンパル役でイム・チギュさんが、カウンターのオ・ジョング役でソン・ホジュンさんがそれぞれ出演しています。

このように、「悪霊狩猟団: カウンターズ」は、魅力的なキャストとスタッフが揃った作品です。

 

Netflix配信作品の韓国ドラマ「悪霊狩猟団: カウンターズ」のメイキング

ドラマの制作過程や撮影現場の雰囲気を紹介するメイキング動画が公式サイトやYouTubeでも公開されています。

メイキング動画では、チョ・ビョンギュや他の出演者たちの素顔やオフショット、アクションシーンの裏側などが見られます。

ドラマのキャストやスタッフは、メイキング動画やインタビューでドラマに対する思いや役作りについて語っています。

チョ・ビョンギュは、主人公のソムン役を演じるにあたって、自分と似た部分が多いと感じたと言っています。

また、カウンターとして悪霊と戦うアクションシーンでは、自分の体力や技術の限界に挑戦したと話しています。

ドラマの制作陣は、原作のウェブ漫画とドラマの違いや共通点についても言及しています。

ドラマは原作の設定やストーリーを尊重しつつも、ドラマならではの魅力を出すために一部変更や追加がされているということです。

例えば、ドラマではカウンターたちが働くククス屋「姉貴麺屋」が重要な舞台となっていますが、原作では登場しません。

以上のように、「悪霊狩猟団: カウンターズ」のメイキングに関する情報は多くあります。

Netflix配信作品の韓国ドラマ「悪霊狩猟団: カウンターズ」の評価や批評

このドラマの魅力は何といってもカウンターたちの個性的で魅力的なキャラクターとその成長です。

カウンターになる前にそれぞれに辛い過去を持つ彼らは、悪霊との戦いを通して仲間として絆を深め、自分自身や家族や友人との関係を見つめ直し、自分の居場所や生き方を見つけていきます。

特に主人公のソ・ムン(チョ・ビョンギュ)は、両親を亡くした交通事故で障害を負った高校生からカウンターになり、悪霊だけでなく人間の悪にも立ち向かっていく姿が感動的です。

チョ・ビョンギュはムンの純真さや勇気や成長を見事に演じており、視聴者から高い評価を得ています。

また、このドラマは単なるファンタジーやアクションではなく、社会的な問題やメッセージも盛り込んでいます。

悪霊が寄生する人間は、殺人や暴力や腐敗などの罪を犯した者たちであり、彼らは権力や金や地位に囚われて人間性を失っていきます。

一方、カウンターたちは正義感や愛情や友情などの感情に導かれて行動します。

この対比は、現代社会における善と悪のあり方や選択肢を考えさせられるものです。

特に最終回では、ムンが市長の息子であるシン・ヒョグ(チョン・ウォンチャン)に対して語った言葉が印象的でした。

「あなたは悪霊に取り憑かれたわけではありません。あなた自身が悪霊になったのです」

この言葉は、人間が自分の選択で悪に堕ちることもできるということを示しています。

さらに、このドラマは笑いや感動もたっぷりと用意しています。

カウンターたちの日常や仲間へのからかいや愛情表現は、視聴者の笑いを誘います。

特にユ・ジュンサン演じるカ・モタクのツンデレぶりやヨム・ヘラン演じるチュ・メオクの母性溢れるキャラクターは、カウンターたちのムードメーカーとして活躍します。

一方、カウンターたちの過去や家族や友人との関係は、視聴者の涙を誘います。

特にムンの祖母であるチャン・チュノク(イ・ジュシル)の認知症やムンの両親であるソ・グォン(チョン・ソクホ)とハ・ムニョン(ソン・ヨウン)の死に関するエピソードは、胸を打つものがありました。

このように、「悪霊狩猟団: カウンターズ」は、ファンタジーやアクションだけでなく、人間ドラマや社会派ドラマとしても優れた作品です。

最終回の視聴率は11.9%を記録し、OCNチャンネルのオリジナルドラマ史上最高視聴率を記録しました。

また、Netflixでも世界中で高い人気を得ており、日本でも多くのファンがいます。

このドラマはシーズン2の制作が決定しており、2023年7月29日から放送がスタートする予定です。

カウンターたちの新たな冒険と成長に期待しましょう。

Netflix配信作品の韓国ドラマ「悪霊狩猟団: カウンターズ」に関する背景や社会的意義

このドラマは悪霊と戦うカウンターたちの活躍を描きながらも、彼らが抱える過去や苦悩、家族や友情などの人間ドラマにも重点を置いています。

カウンターたちはそれぞれに特殊な能力を持っていますが、その代償として昏睡状態や記憶喪失などの障害を負っており、普通の人生を送れないという葛藤があります。

また、彼らは自分たちの正義感と法律や社会のルールとの間で葛藤しながらも、悪霊によって苦しめられる人々を救おうとします。

このように、このドラマはカウンターたちの成長や変化、仲間や家族との絆を描くことで、視聴者に感動や共感を与えるとともに、正義や人間性といった普遍的なテーマについて考えさせる作品です。

次に、このドラマは韓国社会における様々な問題や現象にも言及しています。

例えば、主人公のソ・ムンは学校でいじめに遭っており、その背景には教育現場の問題や親の影響力などがあります。

また、カウンターたちが対峙する悪霊たちは殺人や暴力などの犯罪を犯しており、その中には市長や企業家などの権力者も含まれています。

このように、このドラマは社会的弱者や被害者の立場から権力や不正に対抗する姿勢を示すことで、視聴者に正義感や希望を与えるとともに、社会的問題への関心や批判意識を高める作品です。

以上のように、このドラマはファンタジーとアクションというエンターテイメント性の高い要素と、人間ドラマや社会的意義という深みのある要素をバランスよく組み合わせた作品です。

このドラマを通して、視聴者はカウンターたちの活躍にワクワクしながらも、彼らの感情や思いに共感し、また、自分たちの社会や人生について考える機会を得ることができるでしょう。

 

Netflix配信作品の韓国ドラマ「悪霊狩猟団: カウンターズ」のSNSの反応

 

 

 

 

 

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様もチョ・ビョンギュが主演『悪霊狩猟団: カウンターズ』をご視聴してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました