新サイトはこちら

「デキる猫は今日も憂鬱」のNetflix視聴レビュー – 国内アニメ作品を徹底解説!

皆さんこんにちは!こんばんは!

暑すぎる日々が続いてますが、エアコンの効いた部屋でNetflix配信の作品を見ながらゴロゴロしていたいですね♪

ネットフリックスで視聴した感想レビューと、映画の背景やオススメポイントなどを記載していければと思います!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は安元洋貴の「デキる猫は今日も憂鬱」を視聴した感想です!

ネ・タ・バ・レにならないよう(タブン…)注意します!

 

Netflix配信作品の国内「デキる猫は今日も憂鬱」のストーリー

「デキる猫は今日も憂鬱」は、Netflixで配信中の日常系コメディ漫画作品である国内アニメです。主演は人気声優の安元洋貴さんが務めています。

原作は山田ヒツジさんによる同名の漫画で、講談社の「水曜日のシリウス」「月刊少年シリウス」で連載中です。

このアニメは、生活能力が壊滅的なOL・福澤幸来(ふくざわさく)と、彼女に代わって完璧に家事をこなす、ちょっと大きめなデキる猫・諭吉(ゆきち)のまったりのんびり同居ライフを描いています。

幸来は仕事を嫌がりながらも、諭吉特製の美味しいご飯と肴つきの晩酌を楽しみに毎日を乗り切っています。

諭吉は幸来のことを内心で「ダメ人間」と呼びますが、ネコ缶のために家出をせずに暮らしています。

二人の周りには、幸来の部下である柴咲ゆり(しばさきゆり)、幸来の上司である織塚薫(おりづかかおる)、薫の姪である優芽(ゆめ)、諭吉がよく行くスーパーの店員である仁科理央(にしなりお)など、個性豊かなキャラクターたちが登場します。

彼らとの交流やトラブルを通して、幸来と諭吉の関係は少しずつ変化していきます。

このアニメは、日常の些細な出来事や感情を丁寧に描き出し、視聴者に癒しや笑いを提供してくれます。

安元洋貴さんが演じる諭吉のツッコミや表情がとても魅力的で、猫好きならずとも楽しめる作品です。

また、幸来や他のキャラクターたちもそれぞれに魅力的で、共感や感動を呼びます。

日常生活に疲れた人や癒しを求める人におすすめのアニメです。

 

Netflix配信作品の国内「デキる猫は今日も憂鬱」を視聴してみた感想

このアニメは、日常系というジャンルに分類されますが、実はただのほのぼのとした作品ではありません。

諭吉や住人たちが抱える悩みや葛藤は、現代社会に生きる私たちにとっても共感できるものばかりです。

例えば、諭吉が相談相手になる住人たちの中には、仕事でパワハラやセクハラに悩む女性や、恋愛で失敗続きの男性、家族との関係に苦しむ老人などがいます。

それぞれのエピソードは、諭吉の視点から描かれているため、人間の愚かさや滑稽さが浮き彫りになりますが、同時に人間の温かさや優しさも感じられます。

諭吉は自分が猫であることを隠して人間とコミュニケーションを取っていますが、そのことがバレてしまう危険や困難もあります。

しかし、諭吉はそれでも人間と関わり続けることを選びます。

それは、諭吉自身が人間に対して愛情や興味を持っているからです。

このアニメは、コメディとしても優れています。

諭吉のツッコミや皮肉は的確で笑えますし、住人たちのキャラクターも個性的で魅力的です。

特に安元洋貴さんの声優としての演技力は素晴らしく、諭吉の感情や思考を表現する声色やトーンが豊かで多彩です。

安元洋貴さんは、「デキる猫」という役柄にぴったり合っています。

このアニメは、日常系コメディとしてだけでなく、社会風刺や人間ドラマとしても楽しめる作品です。

私はこのアニメを観て、笑ったり泣いたり考えさせられたりしました。

諭吉や住人たちの物語は、私たち自身の物語でもあります。

私たちは皆、「デキる猫」になりたいと思っているのかもしれません。

 

Netflix配信作品の国内「デキる猫は今日も憂鬱」のキャストやスタッフ

この作品は、山田ヒツジ先生による人気4コマ漫画が原作で、生活能力が壊滅的なOL・福澤幸来と、彼女に代わって完璧に家事をこなす、ちょっと大きめなデキる猫・諭吉のまったりのんびり同居ライフを描いたコメディです。

この作品の魅力は、何と言っても主人公の諭吉です。

諭吉は、2本足歩行し、熊に見えるほど身体が大きく、人語をしゃべることはできないが理解しており、家事万端をこなすという不思議な猫です。

彼は、幸来のことを内心で「ダメ人間」と呼ぶが、ネコ缶のため家出をせずに暮らしています。

諭吉のデキるぶりや幸来との掛け合いは笑いを誘うだけでなく、時にはほっこりさせてくれます。

そんな諭吉を演じるのは、声優界でもトップクラスの人気を誇る安元洋貴さんです。

安元さんは、「鬼灯の冷徹」(鬼灯役)「BLEACH」(茶渡泰虎役)「ヘタリア Axis Powers」(ドイツ役)など数々のアニメ作品で活躍してきたベテラン声優です。

「超重低音ボイス」「重厚な低音ボイス」が特徴で、ナレーションやラジオパーソナリティなどでも人気があります。

安元さんは、「デキる猫は今日も憂鬱」でテレビアニメ作品の初主演を務めています。

安元さんは、諭吉役について「このべらぼうに低い声に意味があるんだろう」と考え、高めの声を作るようなことはせず、「そのままやってみよう」とオーディションに臨んだそうです。

その結果、諭吉のキャラクターにぴったりの声を披露してくれています。

安元さんの声は、諭吉のデキるさやクールさを表現するだけでなく、幸来に対する愛情や嫉妬、不満なども感じさせてくれます。

安元さんの演技は、諭吉の魅力を引き出しており、視聴者からも高い評価を得ています。

安元さん以外にも、「デキる猫は今日も憂鬱」には豪華なキャストとスタッフが集結しています。

幸来役には、石川由依さんが抜擢されました。

石川さんは、「進撃の巨人」(ミカサ・アッカーマン役)「ソードアート・オンライン」(アリス・ツーベルク役)などで知られる人気声優です。

石川さんは、幸来のダメさや可愛らしさを上手に表現しており、諭吉との掛け合いも見どころです。

その他のキャストとしては、幸来の部下・柴咲ゆり役に加隈亜衣さん、幸来の上司・織塚薫役に小西克幸さん、薫の姪・優芽役に竹達彩奈さん、諭吉がよく行くスーパーの店員・仁科理央役にM・A・Oさんなどが名を連ねています。

また、スタッフとしては、総監督に工藤進さん、監督に横峯克昌さん、シリーズ構成と制作会社にGoHandsさん、キャラクターデザインと総作画監督に内田孝行さん、音楽にRyosuke Kojimaさんなどが参加しています。

「デキる猫は今日も憂鬱」は、2023年7月より毎日放送・TBS『アニメイズム』B2枠ほかにて放送中です。

Netflix配信作品の国内「デキる猫は今日も憂鬱」のメイキング

このアニメは、山田ヒツジ先生の人気漫画が原作で、仕事以外の生活能力が壊滅的な28歳のOL福澤幸来(サク)と、彼女に代わって完璧に家事をこなす、ちょっと大きめなデキる猫・諭吉(ゆきち)のまったりのんびり同居ライフを描いた作品です

このアニメの制作を担当したのは、GoHandsというアニメーション制作会社です。

GoHandsは、「K」「ハンドシェイカー」「W’z(ウィズ)」などのオリジナルアニメや、「プリンセスラバー!」「コップクラフト」「プロジェクトSCARD」などの原作付きアニメを手掛けてきた実力派のスタジオです。

GoHandsの代表的な特徴として、独自の色彩表現やカメラワークが挙げられます。

特に色彩表現では、鮮やかな色彩や光と影のコントラストを駆使して、美しい映像を作り出しています。

また、カメラワークでは、迫力ある動きや視点の変化を多用して、臨場感やスピード感を演出しています。

「デキる猫は今日も憂鬱」では、これらの特徴を生かしつつ、原作の雰囲気やテイストに忠実にアニメ化することを目指しました。

そのために、原作漫画家の山田ヒツジ先生とも密に連携し、キャラクターデザインや背景美術などの細部までこだわり抜きました。

例えば、主人公のサクと諭吉のキャラクターデザインでは、原作で描かれた可愛らしさや個性を損なわないように、細かい表情や仕草にも気を配りました。

また、諭吉が2本足歩行するシーンでは、猫らしい動きやバランス感覚を再現するために、実際に猫を参考にした動画素材を用意しました。

背景美術では、サクと諭吉の暮らすマンションや職場などの舞台を、原作に忠実に再現するとともに、GoHandsの色彩表現を活かして、日常の中にある美しさや温かみを感じられるようにしました。

特に、サクと諭吉の部屋では、彼らの生活感や仲の良さが伝わるように、家具や小物などの配置にも工夫しました。

音楽では、Ryosuke Kojimaという若手の作曲家が担当しました。

彼は、「デキる猫は今日も憂鬱」が初めてのアニメ音楽の仕事でしたが、原作の世界観やキャラクターの感情に合わせて、さまざまなジャンルやテイストの楽曲を作り上げました。

特に、オープニングテーマ「憂う門には福来たる」とエンディングテーマ「破壊前夜のこと」は、それぞれsomeiとasmiという新進気鋭のアーティストが歌っており、アニメの魅力を引き立てる楽曲に仕上がっています。

以上が、「デキる猫は今日も憂鬱」のメイキングについてのご紹介でした。このアニメは、まだ放送中ですので、ぜひご覧ください。

サクと諭吉の幸せな日常をお楽しみください。

 

Netflix配信作品の国内「デキる猫は今日も憂鬱」の評価や批評

「デキる猫は今日も憂鬱」という作品は、山田ヒツジによる日常系コメディ漫画で、2018年から講談社の「水曜日のシリウス」にて連載中です。

2023年7月からは、安元洋貴さんが主人公のデキる猫・諭吉の声を担当するテレビアニメが放送されています。

この作品は、生活能力が壊滅的なOL・福澤幸来と、彼女に代わって完璧に家事をこなす、ちょっと大きめなデキる猫・諭吉のまったりのんびり同居ライフを描いています。

幸来と諭吉のほかにも、幸来の部下や上司、諭吉が行きつけのスーパーの店員や近所の人々など、個性豊かなキャラクターたちが登場し、笑いと癒しを提供してくれます。

この作品の評価と批評については、以下のようにまとめられます。

  • 作品の魅力は、諭吉のデキるぶりと幸来のダメさ加減のギャップや掛け合いです。
    諭吉は人語を理解しており、幸来のことを内心で「ダメ人間」と呼びながらも、ネコ缶やビールのために家出せずに面倒を見ています。
    幸来は諭吉に助けられながらも、仕事や恋愛などで悩んだり失敗したりする普通の女性です。
    二人の関係は主従でも恋人でもなく、家族や友人というよりもパートナーという感じで描かれています。
  • 作品の特徴は、4コマ漫画でありながらストーリー性が高いことです。
  • 各話は基本的に4コマで構成されていますが、連続したエピソードが多くあります。また、登場人物たちの過去や背景も少しずつ明かされていきます。
    そのため、読者はキャラクターたちに感情移入しやすくなっています。
  • 作品の評判は、非常に高いです。
  • 漫画は「全国書店員が選んだおすすめコミック2020」で11位、「次にくるマンガ大賞2020」でWebマンガ部門18位にランクインしました。
    また、2023年6月時点で電子版を含む累計部数は130万部を突破しています。
    アニメも放送開始前から注目されており、安元洋貴さんが主役を務めることや豪華な声優陣が出演することが話題になっています。

Netflix配信作品の国内「デキる猫は今日も憂鬱」に関する背景や社会的意義

本作は、生活能力が壊滅的なOL・福澤幸来と、彼女に代わって完璧に家事をこなす、ちょっと大きめなデキる猫・諭吉のまったりのんびり同居ライフを描いた作品である。

幸来と諭吉のやりとりや、周囲の人々との交流を通じて、日常の中にあるささやかな幸せや悩み、夢や希望などを描き出していく。

本作の背景としては、作者の山田ヒツジが自身の飼っている猫をモデルにしたことが挙げられる。

山田ヒツジはインタビューで、「自分が飼っている猫がすごくデキる猫だったらどうなるだろうか」という発想から本作を描き始めたと語っている。

また、作者は自身もOLとして働いており、幸来のキャラクターにも自分の経験や感情を反映させているという。

本作の社会的な意義としては、現代社会における働く女性やペットとの関係性を描くことで、多くの読者や視聴者に共感や癒しを与えていることが挙げられる。

幸来は仕事に嫌気がさしており、自分の人生に不満や不安を抱えているが、諭吉と一緒に暮らすことで少しずつ前向きになっていく。

諭吉は幸来に代わって家事をするだけでなく、彼女の心の支えや相談相手にもなっている。

このように、本作はペットと人間の絆や助け合いを描くことで、現代社会における孤独やストレスを感じている人々に寄り添っていると言える。

また、本作はコメディ作品であると同時に、人間のさまざまな感情や葛藤をリアルに描くことで、読者や視聴者に感動や考察を与えていることも社会的な意義として挙げられる。

例えば、幸来は自分の仕事にやりがいを感じていないが、諭吉の励ましや周囲の人々との交流を通じて、自分の夢や目標を見つけようとする。

諭吉は幸来に対して愛情や尊敬を持っているが、彼女のダメな部分にも辛口なツッコミを入れる。

このように、本作は笑いと涙のバランスが絶妙であり、読者や視聴者に深い感情移入を促していると言える。

さらに、本作は安元洋貴が主演を務めることで、彼の声優としての魅力や実力を存分に発揮していることも社会的な意義として挙げられる。

安元洋貴は、重厚な低音ボイスが特徴的な声優であり、これまでさまざまなアニメキャラクターを演じてきた。

本作では、デキる猫・諭吉役として、彼の声質に合ったキャラクターを見事に演じている。

諭吉のクールで知的な一面や、幸来に対する優しくも厳しい一面など、安元洋貴の声で表現されることで、より魅力的に映っている。

また、安元洋貴は本作以外にもナレーションや歌唱など多方面で活躍しており、声優としての幅広い才能を見せている。

Netflix配信作品の国内「デキる猫は今日も憂鬱」のSNSの反応

 

 

 

 

 

 

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も安元洋貴の『デキる猫は今日も憂鬱』をご視聴してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました