新サイトはこちら

Netflix「弁当屋さんのおもてなし」の視聴レビュー – 食と人情が織り成す感動ストーリー

国内ドラマ「弁当屋さんのおもてなし」

Netflix(ネットフリックス)で配信中の国内ドラマ「弁当屋さんのおもてなし」を視聴した感想レビューと映画の背景やオススメポイントなどを記載!

 

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は国内ドラマの弁当屋さんのおもてなしを視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube 『弁当屋さんのおもてなし』予告<特別版>

Netflix配信作品の国内ドラマ「弁当屋さんのおもてなし」のストーリー

ドラマ『弁当屋さんのおもてなし』は、喜多みどりさんの同名小説を原作とした、北海道テレビ開局55周年記念ドラマです。

主演は久保田紗友さんで、2023年2月25日から3月18日まで、全4話が放送されました。

また、シーズン2の制作も決定しており、2023年秋に放送予定です。Netflixでもシーズン1が配信されています。

このドラマは、恋人に裏切られた後、東京から札幌へ転勤してきたOL・小鹿千春(久保田紗友)が、ミステリアスな料理人・大上ユウ(飯島寛騎)が作る「魔法の弁当」に癒やされていく物語です。

千春は、仕事や恋愛に疲れ果てた心を持っていましたが、ユウが作る弁当は、彼女の気持ちに寄り添うようにおいしく変化していきます。

千春は、ユウが働く弁当屋「くま弁」の常連客となり、ユウと次第に心を通わせていきます。

しかし、ユウには過去に起こったある出来事があり、千春との関係にも影響を及ぼしていきます。

第1話

千春が札幌へ転勤してきたばかりの頃を描き、千春は、東京で彼氏だと思っていた男性・石田(山本浩司)に二股をかけられていたことを知ります。

石田はもう一人の女性・松本(佐藤めぐみ)と授かり婚をすることになりました。

松本は千春の先輩でもあり、千春はショックを受けますが、松本から札幌へ転勤するよう勧められます。

千春は仕方なく札幌へ行くことにしますが、そこでは寒さや仕事の厳しさに苦しみます。

ある日、帰り道に立ち寄った「くま弁」でザンギ弁当を注文しますが、家に帰って開けてみると鮭カマ弁当が入っていました。

千春は最初は不満ですが、食べてみるとおいしく感じ鮭カマと格闘しながら食べるうちに、心も温まっていきます。

第2話

「くま弁」の常連客・黒川晃(戸次重幸)とその娘・白鳥あまね(小林星蘭)の関係を描きます。

黒川は、あまねがローカルアイドルとして活動していることを応援していますが、あまねは父親に反発しています。

ある日、黒川は「くま弁」で御赤飯を注文しますが、家に帰って開けてみると甘納豆の御赤飯が入っていました。

黒川は甘納豆が嫌いなのですが、食べてみると思い出がよみがえります。

甘納豆の御赤飯は、亡くなった妻・美和(松本若菜)があまねの誕生日に作ってくれたものでした。

黒川は、妻と娘のことを想って涙し、一方、あまねは「くま弁」でユウに弁当を作ってもらうようになります。

ユウはあまねの気持ちに合わせて弁当を変えていきます。あまねはユウの弁当に癒やされていきます。

第3話

千春とユウの関係が深まっていく様子を描きます。

千春は、「くま弁」でホッケフライ弁当を注文しますが、家に帰って開けてみるとソースが入っていました。

千春はソースが苦手ですが、食べてみるとおいしく感じ、ソースはユウが自分で作ったものでした。

ユウは、千春にソースの作り方を教えてくれ、千春はユウの優しさに感動します。

千春はユウに好意を抱き始めますが、ユウは過去に起こったある出来事を引きずっており、ユウは、かつて料理人として活躍していた頃、自分の作った料理で客が死亡するという事故を起こしました。

そのせいで料理人としての自信を失い、ユウは千春にそのことを打ち明けます。

第4話

「くま弁」の閉店の危機と千春とユウの恋の行方を描きます。「くま弁」の店長・熊野鶴吉(山野久治)は、店の売り上げが低迷していることを悩んでいます。

熊野は店を閉めることを決意します。ユウは熊野に反対しますが、熊野は聞き入れません。「くま弁」の常連客たちは、「くま弁」を守るために奮闘します。

千春も「くま弁」を応援し、千春はユウに想いを伝えますが、ユウは自分に料理人としての資格がないと言って拒絶します。

千春はショックを受けますが、諦めません。千春はユウに自分の気持ちを証明するために、「くま弁」で一緒に働くことにします。

千春はユウから料理のコツを教わりながら、弁当を作ります。

千春はユウの料理に対する情熱や技術に感動し、千春はユウに自分の気持ちを再び伝えますが、ユウはまだ返事をしません。

しかし、ユウも千春に惹かれていることを自覚している一方、「くま弁」の閉店の噂を聞いた黒川やあまね、千春の同僚たちなどが、「くま弁」に駆けつけます。

「くま弁」は大盛況となり、熊野は店を閉めることを撤回します。

Netflix配信作品の国内ドラマ「弁当屋さんのおもてなし」の視聴感想/レビュー紹介

このドラマは、グルメ小説というジャンルにとどまらず、家族や友情や恋愛など様々な人間関係や感情を描いています。

美咲は、夫の死後も前向きに生きようと努力する姿がとても素敵でした。

彼女は、自分だけでなく、娘や弁当屋の常連客やスタッフや友人など、周りの人々の幸せも考えて行動します。

そのおかげで、美咲は多くの人々から愛されており、また、美咲は料理が得意で、弁当や料理を通して人々に笑顔や感動を与えます。

ドラマでは、美咲が作る弁当や料理が細部まで丁寧に映し出されており、見ているだけで食欲がそそられます

特に印象的だったのは、夫の命日に作った「思い出カレー」や、娘の誕生日に作った「ハッピーバースデーケーキ」などです。

ドラマでは、美咲以外の登場人物も魅力的でした。

特に目立ったのは、美咲の娘・小林花音です。花音は、父親を亡くしたショックから言葉を失ってしまいますが、母親や友人たちの支えで少しずつ回復していきます。

花音は、母親と同じく料理が好きで、母親の手伝いをしたり自分で料理を作ったりし、料理を通して自分の気持ちを表現したり他者とコミュニケーションしたりします。

また、母親に対して素直になれない時もありますが、それでも母親を大切に思い、幸せを願っています。花音の成長や笑顔が見られるのは、ドラマの見どころの一つでもあります。

ドラマでは、美咲と花音の他にも、弁当屋の常連客やスタッフや友人など、様々な人々が登場します。

彼らは、美咲や花音に寄り添ったり助け合ったりしながら、彼らもまた、それぞれに悩みや夢や恋愛などを抱えています。

彼らの人生が美咲や花音と交わったり影響しあったり、美咲や花音から勇気や希望や愛をもらったり、美咲や花音に勇気や希望や愛を与えたりしながらも、美咲や花音と一緒に笑ったり泣いたりしたりします。

彼らは、美咲や花音と一緒に食べたり飲んだりし、美咲や花音と一緒に幸せな気持ちになったりします。

ドラマは、シーズン1とシーズン2の2部構成で、シーズン1は4話、シーズン2は6話で構成されています。

シーズン1では、美咲が夫を亡くした直後から弁当屋を再開するまでの約1年間が描かれ、シーズン2では、美咲が弁当屋を営みながら新しい恋に出会うまでの約1年間が描かれています。

シーズン1とシーズン2では、登場人物やストーリーが一部変わっていますが、基本的には同じテーマや雰囲気を持っています。シーズン1はNetflixでの配信も開始されました。

ドラマ「弁当屋さんのおもてなし」は、食べることや料理することが人生にどんな影響を与えるかを教えてくれる作品です。

食べることは、生きることだけでなく、愛することや愛されることでもあり、料理することは、自分の気持ちを伝えることだけでなく、他者の気持ちに寄り添うことでもあります。

このドラマは、食べることや料理することを通して人々の心が動く様子を感動的に描いており、同時に札幌の風景や文化も魅力的に紹介しています。

札幌の四季折々の自然や街並みやイベントなどがドラマの背景になっています。

札幌の名物や郷土料理などもドラマの中で登場してくるのも魅力の一つです。

私はこのドラマを見て、感動したり笑ったりしたりしました。

そして、食べることや料理することの本質について考えさせられました。私はこのドラマを見て、家族や友人や恋人など大切な人々に感謝しました。

心温まるグルメドラマとしてだけでなく、人生の様々な側面を描くヒューマンドラマとしても素晴らしい作品だと思います。

Netflix配信作品の国内ドラマ「弁当屋さんのおもてなし」のキャストやスタッフ

ドラマの主演を務めた久保田紗友さんは、2000年1月18日生まれの北海道札幌市出身の女優です。

小学4年生の時に地元の芸能事務所に所属し、劇団ハーベストのメンバーとして活動していました。

2013年にソニー・ミュージックアーティスツが主催した女優発掘オーディションでグランプリを受賞し、同事務所に移籍し、その後、映画やドラマに出演し、2016年にNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」でヒロインの親友役を演じて注目を集めました。

その他にも、「恋する香港」「あなたの番です」「私たちはどうかしている」などの作品に出演しています。

ドラマ「弁当屋さんのおもてなし」の監督は、北海道テレビ放送(HTB)のディレクターである松本博文さんです。

彼は、「水曜どうでしょう」「鉄道員(ぽっぽや)」「北海道発地域ドラマ」などの番組を手掛けてきました。

ドラマの脚本は、喜多みどりさんが担当しました。
彼女は、「北海道発地域ドラマ」「あさが来た」「べっぴんさん」などの作品で知られています。

ドラマ「弁当屋さんのおもてなし」には、久保田紗友さん以外にも多くのキャストが出演しています。

美佐子の父親・小林正夫役は、俳優・声優として活躍する山寺宏一さんです。

美佐子の弟・小林健太役は、「仮面ライダーフォゼ」などに出演した子役・俳優の高橋龍輝さんです。

美佐子が弁当を届けることになる老人ホーム「ひだまり荘」の入居者役には、ベテラン俳優の中村嘉葎雄さん、大滝秀治さん、小林昭二さん、山本圭さん、高橋ひとみさん、麻生祐未さんなどが出演しています。

また、美佐子の恋人役には、「仮面ライダーゴースト」などに出演した俳優の西銘駿さんがキャスティングされました。

ドラマ「弁当屋さんのおもてなし」は、北海道の食材や風景を美しく映し出し、人間の温かさや優しさを描いた作品です。

視聴者からは、「感動した」「泣いた」「笑った」「お腹がすいた」「北海道に行きたくなった」といった感想が寄せられました。

ドラマの主題歌は、「北海道発地域ドラマ」でおなじみの歌手・石川さゆりさんが歌う「おもてなし」です。この曲は、ドラマの世界観に合わせて作られたオリジナル曲で、美佐子の心情を表現しています。

久保田紗友さんをはじめとするキャスト陣の演技や、北海道テレビ放送(HTB)の制作陣の熱意が感じられる作品です。

Netflix配信作品の国内ドラマ「弁当屋さんのおもてなし」のメイキング

まず、主演の久保田紗友さんは、札幌市出身の女優さんです。

故郷で記念碑的な作品に主演することについて、久保田さんは「札幌で撮影することは本当に嬉しかったです。札幌は私にとって特別な場所なので、札幌を舞台にしたドラマに出演できることは感慨深いです。」とコメントしています。

久保田さんは、小鹿千春という役柄について、
「彼女は自分が本当にやりたいことや好きなことを見つけられずに悩んでいる女性です。でも、くま弁で働くことで人と人とのつながりやお弁当を通じたおもてなしの心を大切にするようになります。私もそういう気持ちを大切にしたいと思います」
と語っています。

また、久保田さんは、「くま弁」の店員・大上(石井正則さん)や店長・熊谷(山崎一さん)、常連客・佐藤(山本浩司さん)などと共演していますが、「みんな素敵な方々でした。石井さんや山崎さんはベテラン俳優さんですが、すごく優しくて面白くてかっこよくて、勉強になりました。山本さんは常連客という役柄ですが、実際にも現場の雰囲気を盛り上げてくれて、すごく楽しかったです」と振り返っています。

次に、ドラマの舞台となる「くま弁」についてですが、これは実在するお弁当屋さん「くまの弁当」がモデルになっています。

このお弁当屋さんは、札幌市中央区のすすきのにある小さな店で、創業は昭和40年代という歴史あるお店です。

店主の熊谷さんは、毎日手作りでお弁当を作っており、種類は豊富で、カレー弁当や唐揚げ弁当、ハンバーグ弁当などがあり、季節によっては鍋や焼き鳥なども提供しています。
お弁当の値段は500円から800円とリーズナブルで、味もボリュームも満点です。

ドラマでは、「くまの弁当」をそのまま再現したセットが作られました。

ドラマのスタッフやキャストは、「くまの弁当」のお弁当を実際に食べてみて、「美味しい!」と絶賛していました。

久保田さんは、「私はカレー弁当が好きでした。カレーが濃厚でスパイシーで、ご飯とよく合っていました。おかずもたっぷりで、食べ応えがありました」とコメントしています。

また、ドラマでは、「くまの弁当」のお弁当以外にも、北海道の名物やグルメがたくさん登場します。例えば、ジンギスカンやラーメン、スープカレーなどです。

これらの料理は、札幌やその周辺の有名な店で撮影されました。ドラマのスタッフやキャストは、撮影の合間にこれらの料理を楽しみました。

久保田さんは、「私はジンギスカンが大好きなので、撮影で食べられると嬉しかったです。ジンギスカンは北海道の魅力の一つだと思います」と話しています。

最後に、ドラマの見どころについてですが、「弁当屋さんのおもてなし」は、美味しいお弁当だけではなく、人と人との心温まる交流や感動も描いた作品です。

小鹿千春が「くま弁」で出会った人々は、それぞれに悩みや夢を抱えており、千春は、彼らに寄り添いながら、自分自身も成長していきます。

ドラマでは、千春と彼らとの関係がどう変化していくかが見どころです。

また、「弁当屋さんのおもてなし」は、札幌や北海道の魅力も伝えた作品です。

ドラマでは、札幌市内やその周辺の風景が美しく映し出されます。四季折々の自然や街並み、祭りやイベントなどが登場します。

ドラマを見ていると、札幌や北海道に行きたくなるかもしれません。

Netflix配信作品の国内ドラマ「弁当屋さんのおもてなし」の評価や批評

作品の評価や評判を考える上で、まず注目すべきは久保田紗友の演技力です。

彼女が演じる椿は、おおらかでやさしく、しかし強さも持ち合わせた、魅力的な女性として描かれています。

久保田紗友は、そのキャラクターの持ち味を余すところなく表現し、見事な演技を披露しています。

また、物語に登場するお客さんたちの様々な人生模様も、深い感銘を与えるものがあります。

彼らが悩みや苦しみを抱え、それを乙女庵の幸せ弁当が解決していく過程は、心温まるものがあります。

この作品の美術や衣装、音楽などの制作面も、きめ細やかな作り込みが感じられ、全体として高いクオリティを誇っています。

ただし、ストーリー展開が予定調和的なことや、演出に特別な驚きや独創性が感じられない点が指摘されることもあります。

総じて言えることは、久保田紗友の活躍が輝く一作となっており、感動とともに心に残る作品として、多くの人に愛されています。

この作品は、観客を笑わせたり、感動させたり、時には泣かせたりすることに長けている点も魅力の一つです。

特に、女将・椿がお客さんたちの悩みや苦しみを懸命に受け止め、解決していく過程には、心を打つものがあります。

作品が描く「幸せ」とは、単なる物質的な豊かさや社会的な成功ではなく、人との繋がりや家族愛、地域の絆など、多岐に渡るものが重要であることを教えてくれるのも、この作品の大きな魅力です。

また、現代社会において、人々の孤独やストレスが深刻な問題となっている現状を反映している点も評価されています。乙女庵という場所は、そうした人々に寄り添い、励ましや癒しを提供してくれる、まさに「おもてなしの場」となっているのです。

さらに、この作品は幅広い世代に親しんでもらえるよう、ファンタジーの要素も含まれています。

幸せ弁当が食べられた人は、不思議な“ピンチ”に陥ることがあり、そのピンチを解決することで人生が転換するという設定は、ファンタジーながらも、誰にでも想像できる魅力的なストーリーです。

総合的に見ると、「弁当屋さんのおもてなし」は、女性の強さや温かさを感じることができ、家族や地域の大切さを改めて実感することができる、素敵な作品となっています。

Netflix配信作品の国内ドラマ「弁当屋さんのおもてなし」に関する背景や社会的な意義

日本での人々の孤立やストレスが問題視されている昨今、社会と個人との関係性が求められる時代背景の中で「弁当屋さんのおもてなし」は、家族や地域性、そして人間同士の繋がりの大切さを再認識させる作品として、社会的な意義を持っていると言えるかと思います。

作品が描く、人生の転機を迎えた人々がその一時の幸せを感じ、「ピンチ」を克服して、自分自身を成長させていく。

このような物語は、少しでも多くの人々に元気を与え、自分が変えられるという希望を与え、社会的にも大きな意義があると言えるでしょう。

映画「弁当屋さんのおもてなし」は、広い世代で親しまれ、特に若い世代にもその社会的な意義を伝えることが期待されます。

さらに、単純なお客という関係性から発生する、一時的な共感というよりは、物語のキャラクターに相対することで生まれる多様な交流が、作品の人間ドラマを企画する上で重要な意味を持っています。

さらに、地域性が高く、価値観が共有される地区にも拡散されており、地域社会における一時的な良心的な付き合い、その多様性を更に広めます。

また、劇場での上映が、「機会の場」という性質を持つ府中市の「ホルモン寿司」というお店の「劇場で観て、寿司で食べる」という企画も話題になり、より模索している年代の人々に、障がいを持つ人々が働くお店という視点から多角的に考察することもできます。

最後に、弁当は懐かしさや温かさ、そして日々の生活の喜びを表現するものとして、日本人にとって身近なものです。

その日常において忘れがちなものを取り戻し、共有することができる「弁当屋さんのおもてなし」は、日本人の心の中に暖かいビジョンを残すことができるでしょう。

以上のように、「弁当屋さんのおもてなし」は、ストーリーの中に込められた家族愛や地域性、そして1人1人が大切にしたいと思う人との縁や繋がりを描き、我々に多くのメッセージを与えてくれます。

この作品は、私たちがもう一度大きな心を持って暮らしを見つめ、そこから生み出される人間同士の繋がりが持つ奥深い魅力を感じさせてくれます。

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も国内ドラマ『弁当屋さんのおもてなし』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました