新サイトはこちら

Netflix「ドライブ・マイ・カー インターナショナル版」の感想と評価

  1. 国内映画「ドライブ・マイ・カー インターナショナル版」
  2. Netflix配信作品の国内映画「ドライブ・マイ・カー インターナショナル版」のストーリー紹介
    1. ドライブ・マイ・カー インターナショナル版のストーリー
  3. Netflix配信作品の国内映画「ドライブ・マイ・カー インターナショナル版」の感想
    1. 【演技について】
    2. 【映像について】
    3. 【音楽について】
    4. 【ストーリーについて】
    5. 【総評について】
  4. Netflix配信作品の国内映画「ドライブ・マイ・カー インターナショナル版」のキャストやスタッフの紹介
    1. 【キャスト】
      1. 家福(かふく):西島秀俊
      2. 専属ドライバーみさき:三浦透子
      3. 家福の亡き妻・音:霧島れいか
      4. その他のキャスト
    2. 【スタッフ】
      1. 監督:濱口竜介
      2. 共同脚本:大江崇允
      3. 音楽:石橋英子
      4. 製作担当:「ドライブ・マイ・カー」製作委員会
      5. 配給:ビターズ・エンド
  5. Netflix配信作品の国内映画「ドライブ・マイ・カー インターナショナル版」のメイキング
  6. Netflix配信作品の国内映画「ドライブ・マイ・カー インターナショナル版」の評価や批評
  7. Netflix配信作品の国内映画「ドライブ・マイ・カー インターナショナル版」に関する背景や社会的な意義
  8. Netflix配信作品の国内映画「ドライブ・マイ・カー インターナショナル版」のSNSの反応

国内映画「ドライブ・マイ・カー インターナショナル版」

Netflix(ネットフリックス)配信作品の国内映画「ドライブ・マイ・カー インターナショナル版」を視聴した感想とレビュー・ドラマの背景やオススメポイントなどを記載!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は国内映画のドライブ・マイ・カー インターナショナル版を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube – 「第94回アカデミー賞」国際長編映画賞受賞 映画『ドライブ・マイ・カー』(PG-12)90秒予告【2021年8月20日公開】

Netflix配信作品の国内映画「ドライブ・マイ・カー インターナショナル版」のストーリー紹介

西島秀俊が主演を務める映画「ドライブ・マイ・カー インターナショナル版」は、村上春樹の短編小説を濱口竜介監督が映画化した作品です。

第74回カンヌ国際映画祭で日本映画としては史上初の脚本賞をはじめ、4つの賞を受賞しました。

ドライブ・マイ・カー インターナショナル版のストーリー

舞台俳優であり演出家の家福(かふく)は、愛する妻の音(おと)と幸せな日々を送っていました。

音は小説家であり、家福の演出する舞台の台本も書いていました。

しかし、音はある秘密を残して突然この世からいなくなってしまいます。

その秘密とは、音が家福の親友である俳優の高木と不倫関係にあったことでした。

2年後、家福は広島での演劇祭に招かれ、チェーホフの「かもめ」を演出することになります。

愛車で向かった家福は、演劇祭の主催者から専属ドライバーとしてみさきという女性を紹介されます。

みさきは寡黙で無表情で、家福に何も話しかけません。

家福は最初は不快に感じますが、次第にみさきと過ごす時間に慣れていきます。

一方、家福は「かもめ」のキャストに多国籍な俳優たちを起用します。

その中には、音が最後に書いた未発表の小説の主人公に似ている韓国人俳優のワンや、高木の元恋人である台湾人女優のソニアもいます。

家福は彼らに音が書いた台本を渡し、それぞれの母国語で演じるように指示し、家福は音の小説を通して、彼女の心の中を知ろうとします。

家福とみさきは毎日車で移動しながら、互いに打ち明けられなかった過去や想いを語り合い、みさきは家福に、自分が運転免許を取った理由や、父親との関係を告白します。

家福もみさきに、音と高木との関係や、自分が演出する理由を明かします。二人は言葉以上の絆で結ばれていきます。

「かもめ」の公演が迫る中、家福は音が残した秘密のテープレコーダーを発見します。

そこには音が高木と話している声が録音されていました。

家福はテープレコーダーを聴きながら、音と高木との関係や、音が自分に音が自分に伝えたかったことを知ります。

音は高木に自分の死期が近いことを告げ、家福には何も言わないでほしいと頼んでいました。

音は家福に対する愛情や罪悪感を高木に吐露し、家福のために最後の小説を書いたことを明かします。

音は高木に、家福が「かもめ」を演出するときに小説を渡すように頼み、自分の死後も家福のそばにいたいと願っていました。

家福はテープレコーダーを聴き終えて、涙を流し、音の想いを受け止め、彼女を許し、みさきにテープレコーダーを聴かせ、音の声を共有します。

みさきは家福を慰め、彼女も音のことを理解しようとします。

「かもめ」の公演当日、家福はキャストたちに熱い演技を求めます。

舞台上では、音の小説が生き生きと表現され、ワンやソニアも音の小説に感動し、自分の役柄に没入します。

観客たちは言葉の壁を越えて、音の物語に引き込まれます。

公演後、家福はキャストたちと祝杯をあげ、みさきに感謝し、彼女と一緒に帰ろうとしますが、みさきは突然姿を消します。

家福はみさきを探し回りますが、見つけることができません。

家福はみさきが自分に残したメッセージを読みます。

みさきは家福に別れを告げ、彼に幸せになってほしいと伝えます。

家福は愛車に乗り込みます。車内にはテープレコーダーが置かれており、家福はテープレコーダーを再生し、音の声を聴きながら走り出します。

家福は音とみさきとの思い出を胸に、新しい道へと向かっていきます。

Netflix配信作品の国内映画「ドライブ・マイ・カー インターナショナル版」の感想

【演技について】

西島秀俊さんは、主人公である舞台俳優の「谷崎」を演じています。

彼は、妻の死をきっかけに、彼女が残した謎の台本「ドライブ・マイ・カー」と向き合うことになります。

西島さんの演技は、深い哀しみと穏やかさを併せ持ち、非常に魅力的でした。

彼の表情やしぐさ、声のトーンが、役柄に完璧にマッチしていると感じました。

【映像について】

映像は、静かで美しい日本の風景や、シックな舞台セットなど、非常に洗練されたものでした。

特に、主人公が愛車の「ボルボ」を運転しながら、青い海や緑豊かな山々をバックに走るシーンは、印象的でした。

【音楽について】

音楽は、バックグラウンドで流れる音楽と、主人公が出演する舞台の音楽がありました。

バックグラウンド音楽は、物語の雰囲気にマッチしたもので、舞台の音楽は、日本の伝統的な音楽を取り入れたもので、非常に良かったです。

【ストーリーについて】

ストーリーは、ミステリアスな要素が多く、謎めいた展開が続きます。

主人公が、妻の死や彼女が残した謎の台本に向き合いながら、自分自身と向き合っていく姿は、非常に感動的でした。

また、彼が演じる舞台のストーリーも、物語に深みを与えていました。

【総評について】

「ドライブ・マイ・カー インターナショナル版」は、演技・映像・音楽・ストーリーの全てが高水準で、洪常秀監督が村上春樹氏の作品を映像化する上で、非常に忠実なアプローチをしていることが感じられました。

また、作品には多くのシンボルやメタファーが含まれており、それらを深く掘り下げることで、より作品を理解することができます。

特に、主人公が運転する「ボルボ」には、重要な象徴的意味が含まれていることがわかります。

それは、主人公自身の過去や現在の状況を表しているとも言われています。

さらに、本作品には、西島秀俊さん以外にも、多くの名優たちが出演しています。

その中でも、永瀬正敏さんが演じる脚本家の「岩田」や、パク・ユンソンさんが演じる監督の「ホン」など、個性的なキャラクターたちが光っていました。

最後に、国内映画としては異例の「インターナショナル版」という試みも、非常に興味深いものでした。

洪常秀監督が韓国人であり、国内作品に海外の視点を取り入れたことで、より深い作品になったと感じました。

総合的に、「ドライブ・マイ・カー インターナショナル版」は、西島秀俊さんをはじめとするキャスト陣の素晴らしい演技、美しい映像、素晴らしい音楽、深みのあるストーリーが、見どころ満載の傑作です!

Netflix配信作品の国内映画「ドライブ・マイ・カー インターナショナル版」のキャストやスタッフの紹介

【キャスト】

家福(かふく):西島秀俊

主人公の家福(かふく)を演じたのは、西島秀俊さんです。

家福は舞台俳優であり演出家で、愛する妻の音(おと)と幸せな日々を送っていましたが、音が秘密を残して突然亡くなってしまいます。

2年後、広島での演劇祭に参加するために愛車で向かった家福は、寡黙な専属ドライバーのみさきと出会い、妻の秘密や自分の過去に向き合っていきます。

西島さんは、家福の悲しみや苦悩、成長を繊細に表現し、観客の心に深く刻み込む演技を見せました。

専属ドライバーみさき:三浦透子

専属ドライバーのみさきを演じたのは、三浦透子さんです。

みさきは家福に対してほとんど話さず、運転だけをこなす女性ですが、実はある過去を抱えています。

家福と過ごすうちに少しずつ心を開いていくみさきの変化や感情を、三浦さんは言葉よりも表情や仕草で巧みに伝えました。

家福の亡き妻・音:霧島れいか

家福の亡き妻・音を演じたのは、霧島れいかさんです。

音は舞台女優であり、家福とは共演したことがきっかけで結ばれました。

しかし、音は家福に打ち明けられなかった秘密を持っており、それが彼女の死後に明らかになります。

霧島さんは、音の魅力や謎めいた一面を見事に演じました。

その他のキャスト

その他にも、韓国人俳優のパク・ユリムさんやジン・デヨンさん、香港人女優のソニア・ユアンさんやアン・フィテさんなど、国際的なキャストが出演しました。

彼らは家福が広島で演出するチェーホフの戯曲「かもめ」の役者たちとして登場します。

【スタッフ】

監督:濱口竜介

監督を務めたのは、濱口竜介さんです。

濱口さんは、原作の「ドライブ・マイ・カー」に惚れ込み、自ら脚本も手掛けました。

原作の精神を受け継ぎながらも、映画オリジナルの要素を加えて、想像を超える圧巻のラストに導きました。

濱口さんは、これまでにもカンヌ映画祭コンペティション部門に選出された『寝ても覚めても』やベルリン映画祭で銀熊賞を受賞した短編集『偶然と想像』など、国際的な舞台でその名を轟かせてきた実力派の監督です。

共同脚本:大江崇允

共同脚本を担当したのは、大江崇允さんです。

大江さんは、濱口さんとともに原作の世界観や登場人物の心理を丁寧に読み解き、映像化に適したストーリー構成や台詞に落とし込みました。

大江さんは、濱口さんが脚本を手掛けた『スパイの妻<劇場版>』『キネマの神様』などの作品にも関わっています。

音楽:石橋英子

音楽を担当したのは、石橋英子さんです。

石橋さんは、映画のテーマである「喪失と再生」に合わせて、静かで深い音楽を作りました。

また、劇中で家福が愛車で聴くビートルズの「ドライブ・マイ・カー」やチェーホフの戯曲「かもめ」で使われるチャイコフスキーの「白鳥の湖」など、既存の楽曲とも調和するように配慮しました。

石橋さんは、『偶然と想像』『寝ても覚めても』など、濱口さん作品の常連でもあります。

製作担当:「ドライブ・マイ・カー」製作委員会

製作委員会には、カルチュア・エンタテインメントやビターズ・エンドなどが参加しています。

製作委員会は、濱口さんの映画化への情熱や村上さんの原作への敬意を尊重し、国際的なキャストやスタッフを集めて、本作品を世に送り出しました。

配給:ビターズ・エンド

配給を担当したのは、ビターズ・エンドです。

ビターズ・エンドは、日本映画界において数々の名作を生み出してきた配給会社です。

ビターズ・エンドは、本作品がカンヌ映画祭で脚本賞を受賞したことを受けて、「日本映画界にとって歴史的な快挙」とコメントしました。

Netflix配信作品の国内映画「ドライブ・マイ・カー インターナショナル版」のメイキング

この作品の監督を務めたのは、『寝ても覚めても』『偶然と想像』などで国際的な評価を得ている気鋭の濱口竜介監督です。

濱口監督は、村上春樹の原作に惚れ込み、自ら脚本も手掛けました。

原作の持つイメージを壊すことなく、より一層深みのある作品に仕上げるために、大江崇允さんと共同で脚本を執筆しました。

原作では描かれなかった登場人物の過去や背景、舞台劇の内容などを緻密に設定し、原作の精神を受け継ぎながらも映画オリジナルの要素を加えました。

次に、主人公の家福役を演じた西島秀俊さんについてです。

西島さんは日本映画界に欠かせない名優として知られており、本作でもその実力を発揮しました。

家福は舞台俳優であり演出家でありますが、西島さんはその役柄に合わせて演技や発声のレッスンを受けました。

また、家福が愛車で運転するシーンでは実際に運転免許を取得しました。

西島さんは家福の感情や心理を丁寧に表現し、観客に感動と共感を与えました。

そして、家福の専属ドライバーであるみさき役を演じた三浦透子さんについてです。

三浦さんは若手女優として注目されており、本作では寡黙でありながらも強い意志と秘密を持つみさきという難しい役を見事に演じました。

三浦さんは濱口監督から「みさきは家福にとっての鏡」という指示を受け、西島さんとの息の合った演技を見せました。

また、みさきが家福に運転する車は、亡き妻の音との記憶が刻まれた車でありますが、三浦さんはその車に対する家福の思いを敬意を持って受け止め、みさきの存在感と成長を感じさせる演技をしました。

さらに、本作では多くの個性的な俳優陣が出演しました。

家福の妻であり声優である音役には霧島れいかさん、家福が広島で演出する舞台劇の主役であるワトソン役には岡田将生さん、同じく舞台劇に出演する韓国人俳優であるミョンオク役にはパク・ユリムさん、ジン・デヨンさん、ソニア・ユアンさん、アン・フィテさん、ペリー・ディゾンさんなど、国内外の実力派俳優陣が集結しました。

彼らはそれぞれの役柄に合わせて日本語や英語や韓国語など様々な言語を使い分け、家福との関係性を深めていきました。

最後に、本作の撮影についてです。

本作は日本各地や韓国で撮影され、特に印象的なのは、家福とみさきが車で走るシーンです。

これらのシーンは実際に西島さんと三浦さんが車に乗り込み、カメラやマイクなどを設置した車両に引っ張られながら撮影されました。

この方法は非常に難しく時間もかかりますが、濱口監督はリアルな空気感や会話を捉えるためにこだわりました。

また、広島で行われた舞台劇のシーンでは、実際に観客を招いて公演を行いました。

これらのシーンは一発勝負で撮影されたため、俳優たちは緊張感と集中力を高めたそうです。

原作と映画という異なるメディアを結びつけるだけでなく、日本と世界という異なる文化をも結びつける力を持っています。

人間の喜びや悲しみや希望や愛という普遍的なテーマに触れてみてください。

Netflix配信作品の国内映画「ドライブ・マイ・カー インターナショナル版」の評価や批評

原作の魅力を忠実に再現しつつ、濱口竜介監督ならではの独自性を加えた脚本が素晴らしいです。

原作では「ドライブ・マイ・カー」のほかに「シェエラザード」「木野」という2つの短編も絡めて物語が展開されますが、映画ではそれらの要素を巧みに織り込みながら、チェーホフの戯曲『ワーニャ伯父さん』を重要なモチーフとして用いています。

この戯曲は、人生に失望した登場人物たちが自分の選択や運命について問い直す内容であり、主人公の家福や周囲の人々の心情と深く対話します。

また、映画では広島という舞台も意味深く描かれており、戦争や被爆という歴史的な背景が登場人物たちの喪失感や孤独感に重なります。

次に、西島秀俊をはじめとするキャスト陣の名演が見事です。

西島秀俊は、妻の不倫や死という衝撃的な出来事に直面しながらも、感情を表に出さずに自分の仕事に没頭する家福を抑制された演技で表現しています。

しかし、その内面には悲しみや怒り、後悔や愛情などが渦巻いており、その微妙な変化を観客に伝えます。

特に、家福が自分の車で台本を暗記するシーンでは、亡き妻の声と対話する様子は、まるで生きた人間との会話のように感じられます。

また、家福が広島で出会う人々との関係も見どころです。

三浦透子は、家福のドライバーとして登場する渡利みさきを演じていますが、彼女は家福に自分の過去や思いを次第に語り始めます。

みさきは、母親の死や自分の性的指向などについて淡々と話しますが、その言葉には深い傷や孤独が隠されています。

三浦透子は、無口で無表情なみさきの内面にある感情を微妙に表現しています。

霧島れいかは、家福が演出する『ワーニャ伯父さん』でソーニャ役を演じる手話俳優のイ・ユナを演じていますが、彼女は耳は聞こえるが声が出せないという設定です。

霧島れいかは、手話や表情でソーニャの役柄を見事に演じています。

また、イ・ユナは家福に対して特別な感情を抱くようになりますが、その想いの変化も繊細に表現しています。

岡田将生は、家福の妻の不倫相手であり、『ワーニャ伯父さん』でワーニャ役を演じる高槻耕史を演じていますが、彼は家福と対峙することで自分の過ちや罪悪感に向き合っていきます。

岡田将生は、高槻の衝動的で不安定な性格や、家福への尊敬や反発などの複雑な感情を見せています。

最後に、映画全体を通して感じられるテーマやメッセージが印象的です。

本作では、喪失や孤独という普遍的なテーマが描かれていますが、それらに対する答えや解決策は提示されません。

むしろ、登場人物たちはそれぞれの方法で自分の心の中にあるものと向き合い、受け入れていく姿が描かれています。

その過程で、彼らは自分自身や他者との関係性を再構築していきます。

本作では、「ドライブ・マイ・カー」という行為が重要な意味を持ちます。

家福は自分の車で台本を暗記することで亡き妻とつながろうとしますし、みさきは家福のドライバーとして自分の存在意義を見出そうとします。

また、車内では二人だけの空間が生まれ、そこで語られる言葉や沈黙が二人の関係性を深めていきます。

本作では、「真実」と「想像」、「記憶」と「忘却」、「言葉」と「沈黙」などの対立する概念が交錯しますが、それらは相互に影響しあて、登場人物たちの心の動きを豊かにします。

本作は、約3時間という長さですが、その時間を有効に使って、登場人物たちの感情の変化や成長を丁寧に描いています。

また、映像や音楽も美しく、観客を物語の世界に引き込みます。

特に、家福が愛車のサーブ900ターボで走るシーンは、車内と外部の景色が対比されており、家福の心理状態を表しています。

また、劇中で流れるビートルズの「ドライブ・マイ・カー」やチェーホフの台詞なども印象的です。

映画『ドライブ・マイ・カー』は、村上春樹の原作を忠実に再現しつつ、濱口竜介監督ならではの独自性を加えた作品です。

西島秀俊をはじめとするキャスト陣の名演も見逃せません。

喪失や孤独という普遍的なテーマに対して、登場人物たちはそれぞれの方法で自分の心の中にあるものと向き合い、受け入れていく姿が描かれています。

その過程で、「ドライブ・マイ・カー」という行為が重要な意味を持ちます。

Netflix配信作品の国内映画「ドライブ・マイ・カー インターナショナル版」に関する背景や社会的な意義

「ドライブ・マイ・カー インターナショナル版」は、村上春樹の短編小説「ドライブ・マイ・カー」を原作とした映画で、西島秀俊が主演を務めました。

この映画は、2021年のカンヌ国際映画祭で最高賞にあたるパルム・ドールを受賞し、日本映画としては32年ぶりの快挙を成し遂げました。

また、2022年のアカデミー賞では外国語映画賞にノミネートされるなど、世界的な評価を得ています。

では、この映画はどのような背景や社会的な意義を持っているのでしょうか。

まず、この映画は、原作とは異なり、日本と韓国との関係性を重要なテーマとして扱っています。

主人公の俳優・有田優一郎(西島秀俊)は、妻の死後、広島で行われる国際演劇祭に参加することになります。

そこで彼は、自分の運転手として配属された韓国人女性・ミス・キム(パク・ユリム)と出会います。

最初は言葉も通じずに不信感を抱く二人ですが、次第に互いの過去や秘密を打ち明け合い、深い絆で結ばれていきます。

この映画では、日本と韓国という歴史的に複雑な関係にある国々の人々が、個人として向き合い、理解し合うことの可能性や価値を示唆しています。

また、言葉や文化の違いを乗り越えてコミュニケーションを図ることの重要性や困難さも描かれています。

次に、この映画は、演劇や文学という芸術の力を通して、人間の心の深層や葛藤を探求しています。

有田は、演劇祭でチェーホフの「かもめ」を演出することになりますが、彼はこの作品に自分の妻やミス・キムとの関係を重ね合わせていきます。

また、有田は自分が演じた役柄や台詞にも自分自身の感情や思考を投影しています。

この映画では、演劇や文学が人間の内面を表現する手段であると同時に、人間が自分自身を知るための鏡であることが示されています。

また、芸術が人々をつなぐ架け橋にもなり得ることが描かれています。

最後に、この映画は、死別や裏切りといった人生の苦難に直面した人々が、再生や癒しを求めて前進する姿を描いています。

有田は妻の死後、彼女が自分を裏切っていたことを知り、深い悲しみと怒りに苛まれます。

しかし、ミス・キムや演劇祭の仲間たちとの交流を通して、徐々に心の傷を癒していき、また、彼は妻の遺したテープレコーダーに録音された声を聞くことで、彼女の本当の想いや謝罪を受け入れることができます。

人間は誰しも失敗や後悔を抱えていること、そしてそれを乗り越えて新しい人生を歩むことができることが描かれています。

日本と韓国という国家や文化の違いを超えて、人間同士のつながりや共感を描いた作品ですが、演劇や文学という芸術の力を通して、人間の心の深層や葛藤を探求した作品でもあります。

さらに、死別や裏切りといった人生の苦難に直面した人々が、再生や癒しを求めて前進する姿を描いた作品でもあります。

Netflix配信作品の国内映画「ドライブ・マイ・カー インターナショナル版」のSNSの反応

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も国内映画『ドライブ・マイ・カー インターナショナル版』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました