新サイトはこちら

Netflix配信作品「ハケンアニメ!」の視聴レビュー

ここでは、Netflixで配信中の作品を視聴してみた感想とオススメできるポイントなどを記載しております!皆さんの視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は、ハケンアニメ!」を視聴した感想です!

「ハケンアニメ!」のあらすじ

「ハケンアニメ!」は、アニメ業界で奮闘する人々の姿を描いた映画です。主人公は、アニメ制作会社「スタジオ・カノープス」に派遣された新人プロデューサーの藤井美咲(吉岡里帆)。

彼女は、同じく派遣された脚本家の石川(有岡大貴)、監督の吉野(目黒蓮)、キャラクターデザイナーの橋本(菊池日菜子)らと共に、オリジナルアニメ「魔法少女ユイ」の制作に携わります。

しかし、「魔法少女ユイ」は、予算やスケジュールが厳しく、スタッフや声優も不足しているという苦境に陥っていました。

さらに、美咲は自分が派遣された理由が、「魔法少女ユイ」を失敗させるためだったことを知ります。それでも美咲は、仲間たちと協力して、「魔法少女ユイ」を成功させることを目指します。

一方、美咲は幼なじみである人気声優の神谷(松村北斗)と再会します。

神谷は美咲に想いを寄せており、「魔法少女ユイ」の主題歌を歌うことで応援しようとします。

しかし、神谷もまた自分の夢や将来に悩んでいました。

果たして、「魔法少女ユイ」は覇権アニメになれるのか?美咲や仲間たちはどんな成長を遂げるのか?そして、美咲と神谷の恋の行方は?

この映画では、アニメ制作現場の裏側や苦労、喜びなどがリアルに描かれています。

また、CLAMPがキャラクターデザインを担当した「魔法少女ユイ」のカットも見どころです。

この映画は2022年10月15日から全国公開されました。

ビデオ屋さん大賞2022では邦画部門第4位、第44回ヨコハマ映画祭では吉岡里帆が主演女優賞を受賞しました。

「ハケンアニメ!」を視聴してみた感想

私はアニメが好きなので、Netflixで「ハケンアニメ!」を観ることにしました。

この映画は、アニメ制作会社に派遣された女性プロデューサーと、声優を目指す幼なじみの男性との恋愛や友情、そして彼らが関わるオリジナルアニメ「魔法少女ユイ」の制作過程を描いた作品です。

この映画の魅力は、アニメ業界の裏側をリアルに描いていることだと思います。

予算やスケジュールや人材の問題など、アニメ制作には様々な困難がありますが、それに立ち向かう人々の姿が感動的でした。

特に主人公の美咲(吉岡里帆)は、自分が失敗させるために送り込まれたことを知りながらも、「魔法少女ユイ」を成功させようと奮闘します。

美咲は明るくて元気で頑張り屋さんな性格で、周りの人々を巻き込んでいきます。吉岡里帆さんの演技も素晴らしく、美咲のキャラクターを生き生きと表現していました。

もう一つの魅力は、「魔法少女ユイ」自体が面白いアニメだったことです。

「魔法少女ユイ」はCLAMPがキャラクターデザインを担当した可愛くてカッコいいキャラクターが登場するファンタジーアニメです。

ストーリーも独創的で楽しめました。

「ハケンアニメ!」では、「魔法少女ユイ」のカットや声優陣の収録風景なども見ることができます。

私は「魔法少女ユイ」自体も観たくなりました。

そして最後に忘れてはならないのが、美咲と幼なじみで声優志望の神谷(松村北斗)との恋愛です。

神谷は美咲にずっと想いを寄せていますが、自分に自信が持てずに告白できません。

また、「魔法少女ユイ」では神谷も声優として参加しますが、そこでも葛藤や成長を見せます。

松村北斗さんも声優デビュー作だったそうですが 、歌や台詞なども上手くこなしていました。

二人の関係は終始ぎこちなくて微笑ましいですが²³ 、最終的にはお互いに想い合って幸せになれるように応援したくなりました。

「ハケンアニメ!」は、アニメ制作現場のリアルさやドラマチックさだけでなく、「魔法少女ユイ」というオリジナルアニメや主人公たちの恋愛も楽しめる映画の中で、私が一番好きだったシーンは、美咲と神谷が初めて「魔法少女ユイ」の完成版を観るシーンです。

二人は映画館に行きますが、他に観客はいません。それでも二人は「魔法少女ユイ」に夢中になります。

美咲は自分がプロデュースしたアニメに感動し、神谷は自分の声を聞いて恥ずかしがります。

そして、エンディングの歌が流れると、二人は思わず手をつなぎます。

その瞬間、スクリーンに「魔法少女ユイ」のキャラクターたちも手をつないで笑っています。

このシーンは、「魔法少女ユイ」のテーマである「絆」と、「ハケンアニメ!」のテーマである「夢」とが見事に重なったシーンだと思います。

私はこの映画を観て、アニメ制作の大変さや素晴らしさを知りました。また、美咲や神谷のように自分の夢に向かって努力する人々に感動しました。

「ハケンアニメ!」は、アニメファンだけでなく、映画ファンや恋愛ファンも楽しめる作品だと思います。

私はこの映画を★★★★☆(4つ星)と評価したいと思います!

「ハケンアニメ!」のおすすめポイント

私はアニメが大好きですでして、アニメは私の人生の一部であり、私に夢と希望を与えてくれます。

だからこそ、アニメ制作の現場に興味があり、どんな人たちがどんな思いでアニメを作っているのか、その裏側を知りたいと思い鑑賞してみました。

そんな私にとって、Netflix配信作品「ハケンアニメ!」はまさに目からウロコの作品でした。

この作品は、直木賞作家・辻村深月がアニメ業界で奮闘する人々の姿を描いた小説を原作としています。

CLAMPが挿絵を担当し、吉岡里帆や有岡大貴など豪華キャストが出演しています。

この作品のオススメポイントは何と言っても、アニメ制作現場のリアルさです。

主人公の藤井美咲は、派遣社員として様々なアニメ会社に出向きます。彼女は自分の仕事に誇りを持ちつつも、常に不安やプレッシャーにさらされています。

彼女が関わるアニメは、「覇権」と呼ばれる最高峰の成功を目指しています。

しかし、その道のりは決して平坦ではありません。予算やスケジュールやクオリティなど、様々な問題が次々と起こります。

この作品では、そんな問題に対処するために必死に働く人々の姿が描かれています。

監督やプロデューサーや原作者や声優や制作進行や動画チェッカーなど、アニメ制作に関わる多くの職種が登場します。

それぞれが自分の役割を果たそうと努力し、時に衝突し、時に協力し合い、彼らはみんな「好き」だからこそ、「つらぬけ」ようとします。

このように、「ハケンアニメ!」はアニメ制作現場の苦労や喜びをリアルに描いていますが、それだけではありません。

「ハケンアニメ!」はまた、観る者の心を動かす感動的な物語でもあります。

藤井美咲は派遣社員であることから自分自身を見失いそうになりますが 、仲間たちと共に成長していきます。彼女は自分の夢や想いを見つけ出し 、最後にはある重大な決断を下します。

「ハケンアニメ!」では、「覇権」という言葉だけでは測れない価値観も提示されています。

「覇権」という言葉は成功したものだけが得られるものですが、「好き」という言葉は誰でも持てるものです。

「ハケンアニメ!」では、「好き」という言葉こそが最強で最高だと教えてくれます。

「ハケンアニメ!」は、アニメ制作の現場をリアルに描いた作品ですが、それだけではなく、人間の心の動きや成長も描いた作品です。

私は主人公の藤井美咲にすごく共感しました。

彼女は派遣社員として様々なアニメ会社に出向きますが、自分の仕事に誇りを持ちつつも、常に不安やプレッシャーにさらされています。

彼女は自分の夢や想いを見つけ出し、最後にはある重大な決断を下します。

私も派遣社員として働いています。私も自分の仕事に誇りを持っていますが、時々自分の居場所や将来が不安になります。

私も自分の夢や想いを見つけたいと思っています。

だからこそ、「ハケンアニメ!」は私に勇気と希望を与えてくれたのです。

「ハケンアニメ!」は、「好き」という言葉こそが最強で最高だと教えてくれました。

「ハケンアニメ!」では、藤井美咲以外にも魅力的な登場人物がたくさんいます。

例えば、藤井美咲が恋心を抱く監督・矢部智也や、彼女と対立しながらも尊敬するプロデューサー・小林真琴や、彼女と同じ派遣社員でありながら天才的な才能を持つ制作進行・佐伯悠介などです。

彼らはそれぞれ個性的で魅力的であり 、藤井美咲と関わることで物語に深みや色彩を与えており、登場人物たちの感情や思考が丁寧に描かれています。

彼らは喜んだり悲しんだり怒ったり笑ったりと、彼らは迷ったり決断したり後悔したり前向きになったりして、彼らは人間らしく生きており、その人間らしさが見事に表現されています。

この映画は、「覇権」という言葉だけでは測れない価値観も提示されています。

「覇権」という言葉は成功したものだけが得られるものですが、「好き」という言葉は誰でも持てるものです。

「ハケンアニメ!」では、「好き」という言葉こそが最強で最高だと教えてくれます。

リアルで感動的で魅力的な作品でしたし、心を揺さぶってくれる映画でした。

いかがでしたでしょうか。

是非「ハケンアニメ!」をご視聴ください!

タイトルとURLをコピーしました