新サイトはこちら

ハロウィン KILLS/Halloween Kills」海外映画のNetflixレビュー:心を揺さぶる恐怖が再び

皆さんこんにちは!こんばんは!

暑すぎる日々が続いてますが、エアコンの効いた部屋でNetflix配信の作品を見ながらゴロゴロしていたいですね♪

ネットフリックスで視聴した感想レビューと、映画の背景やオススメポイントなどを記載していければと思います!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回はジェイミー・リー主演「ハロウィン KILLS/Halloween Kills」を視聴した感想です!

ネ・タ・バ・レにならないよう(タブン…)注意します!

 

Netflix配信作品の国内「ハロウィン KILLS / Halloween Kills」のストーリー

映画「ハロウィン KILLS」は、40年前に無差別殺人を繰り返したマイケル・マイヤーズが再び蘇り、街を恐怖に陥れる様子を描いたホラー映画です。

主人公のローリー・ストロードは、娘や孫とともにマイケルに立ち向かいますが、彼は人間離れした強さと残虐さで次々と犠牲者を増やしていきます。

果たしてローリーはマイケルを倒すことができるのでしょうか?

 

映画「ハロウィン KILLS」のストーリー

映画は1978年の回想シーンから始まります。

当時高校生だったローリーは、マイケルに襲われて重傷を負いますが、サミュエル・ルーミス医師やフランク・ホーキンス保安官の助けで一命を取り留めます。

マイケルは警察に捕まり、精神病院に送られます。

40年後の2018年、マイケルは精神病院から脱走し、再びハドンフィールドに現れます。

ローリーは娘のカレンや孫娘のアリソンと協力してマイケルを罠にかけ、家に火をつけて焼き殺そうとします。

しかし、消防隊が到着して火災を消し止めると、マイケルは無傷で生きており、消防隊員たちを皆殺しにします。

ローリーたちは病院に運ばれますが、マイケルは街中で殺戮を続けます。

40年前にマイケルに襲われたことがあるトミー・ドイルやリンジー・ウォレスらは、住民たちを集めて自警団を結成し、マイケルを追跡します。

しかし、彼らはマイケルの正体や居場所を誤ってしまい、無関係な精神病患者を追い詰めて自殺させてしまいます。

一方、カレンはアリソンやその恋人キャメロンとともに、マイケルがかつて住んでいた家に向かいます。

そこで彼らはマイケルに襲われ、キャメロンやその父親ロニーは殺されてしまいます。

カレンはマイケルのマスクを奪って自警団のもとに誘い出し、皆で力を合わせてマイケルを倒したかに見えますが、マイケルは再び立ち上がり、自警団のメンバーを次々と殺していきます。

最後に、カレンはマイケルの家に戻り、窓から外を眺めます。

その背後からマイケルが現れてカレンを刺殺します。

ローリーは病室から同じく窓の外を見ており、マイケルと視線が交差するのでした。

映画「ハロウィン KILLS」の感想

映画「ハロウィン KILLS」は、前作「ハロウィン」の直接的な続編として、マイケル・マイヤーズの恐怖とローリー・ストロードの闘志を描いた作品です。

ジェイミー・リー・カーティスは、40年前のトラウマを乗り越えてマイケルに立ち向かうローリーを見事に演じています。

また、1978年のオリジナル作品に登場したキャラクターや俳優たちも再登場し、ファンには嬉しいサプライズもあります。

一方で、本作はマイケルの残虐さや無敵さを強調するあまり、ストーリーやキャラクターの深みや論理性が犠牲になっているように感じました。

マイケルは人間離れした力で次々と人々を殺していきますが、その動機や目的は不明確です。また、自警団や警察などの対応も非現実的で、マイケルに対抗する術がないように描かれています。

さらに、カレンやアリソンなどの重要なキャラクターが突然死んでしまうこともあり、観客の感情移入や共感が難しいです。

映画「ハロウィン KILLS」は、ホラー映画としては迫力やスリルがありますが、ドラマとしては物足りなさや不満が残る作品です。

シリーズの完結編となる「ハロウィン THE END」では、より納得できる結末やメッセージがあることを期待します。

Netflix配信作品の国内「ハロウィン KILLS / Halloween Kills」を視聴してみた感想

鬼才ジョン・カーペンターが1978年に手がけた同名傑作ホラーの40年後を描いた2018年の「ハロウィン」の続編で、殺人鬼マイケル・マイヤーズとその因縁の相手ローリー・ストロード(ジェイミー・リー・カーティス)との戦いがさらに激化する物語です。

私は前作も観ていましたが、今作はそれ以上に衝撃的でスリリングな作品でした。

以下にその理由を詳しく説明します。

マイケル・マイヤーズの無敵ぶりが凄まじい

前作では、ローリーとその娘カレン、孫娘アリソンが協力してマイケルを家の地下に閉じ込めて火を放ちましたが、今作ではその火事から生き延びたマイケルが再び殺戮を始めます。

マイケルは消防隊や警察や住民たちと次々に対峙しますが、どんな攻撃も受け付けずに容赦なく殺しまくります。

人体破壊描写(ゴア)も前作よりも多くて血みどろでした。

マイケルはもはや人間というよりは怪物と言っても過言ではなく、彼の目的や動機も不明で謎めいています。

彼は何を求めて何に怒っているのか、誰も分かりません。彼はただ殺すことだけが生き甲斐の存在です。

 

ローリー・ストロードの苦悩と決意が感動的

一方、ローリーは重傷を負って病院に運ばれますが、マイケルがまだ生きていることを知ってショックを受けます。

ローリーは40年間もマイケルに怯えながら生きてきましたが、それでも彼を倒せなかったことに絶望します。しかし、彼女は諦めません。

彼女は娘や孫娘や町の人々を守るために、再びマイケルに立ち向かうことを決意します。

ジェイミー・リー・カーティスは、ローリーのトラウマや怒りや勇気を見事に演じています。

彼女はこのシリーズの象徴的なヒロインであり、今作でもその存在感を発揮しています。

 

町の人々のパニックと暴動がリアル

今作では、マイケルの脅威に対して、町の人々がさまざまな反応を見せます。

中にはマイケルを追い詰めようとする者もいますが、多くは恐怖にかられてパニックに陥ります。

特に印象的だったのは、病院で起こった暴動のシーンです。

マイケルと間違えて別の精神病患者を追いかける群衆が、彼を窓から飛び降りさせてしまいます。

このシーンは、マスメディアやSNSが煽ることで、人々が暴力や偏見に走ってしまう現代社会の問題を暗示しているように感じました。

 

まとめ

「ハロウィン KILLS / Halloween Kills」は、殺人鬼マイケル・マイヤーズとその因縁の相手ローリー・ストロードとの戦いがさらに激化する映画です。

マイケルの無敵ぶりやローリーの苦悩と決意や町の人々のパニックと暴動など、衝撃的でスリリングな展開が目白押しです。

この映画はホラー映画のファンやハロウィンの雰囲気を楽しみたい人におすすめです。

ただし、人体破壊描写(ゴア)が多いので、苦手な人は注意してください。

私はこの映画を観て、ハロウィンの気分を盛り上げることができました。

次回作「ハロウィン エンズ / Halloween Ends」も楽しみですね!

Netflix配信作品の国内「ハロウィン KILLS / Halloween Kills」のキャストやスタッフ

主人公のローリー・ストロード役を演じるジェイミー・リー・カーティスです。

彼女は、1978年の「ハロウィン」でデビューし、以来シリーズに欠かせない存在となっています。

40年以上にわたってローリーを演じ続ける彼女は、マイケルとの因縁に苦しみながらも強く生きる女性の姿を見事に表現しています。

また、本作では製作総指揮も務めており、シリーズへの愛情と責任感が感じられます。

次に、ローリーの娘カレン役を演じるジュディ・グリアです。

彼女は、「13歳の私から届いた手紙」や「27ドレス」などのコメディ映画で知られる女優ですが、本作では母親譲りの勇気と知恵を発揮します。幼少期からマイケルへの恐怖にさらされたカレンは、普通の家庭を築こうとするものの、再び危機に直面することになります。グリアは、その葛藤と決意を感情豊かに演じています。

そして、カレンの娘でありローリーの孫娘アリソン役を演じるアンディ・マティチャックです。

彼女は、「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」や「アサシネーション・ネイション」などのテレビドラマや映画で活躍する若手女優です。

本作では、祖母や母親と同じくマイケルと対峙することになりますが、その際に見せる勇敢さと成長が印象的です。

マティチャックは、新世代のヒロインとして期待されています。

もちろん、この映画のもう一人の主役であるマイケル・マイヤーズ役も忘れてはいけません。

マイケルは、1978年の「ハロウィン」で初登場した際に演じたニック・キャッスルと、2018年の「ハロウィン」で演じたジェームズ・ジュード・コートニーの二人が交代で演じています。

また、1978年の回想シーンでは、アイロン・アームストロングが演じています。

マイケルは、ほとんど喋らず、マスクを被っているため表情も読み取れませんが、その分身振りや殺気を感じさせる動きで恐怖を煽ります。

キャッスルとコートニーは、マイケルの特徴的な歩き方や首傾げなどを忠実に再現しています。

この映画の監督は、デヴィッド・ゴードン・グリーンです。

彼は、「パインアップル・エクスプレス/おかしなガンマンにご用心」や「ストロング」などのコメディやドラマを手掛けた多才な監督ですが、2018年の「ハロウィン」でシリーズに参加しました。

彼は、「ハロウィン」シリーズの原点に立ち返りながらも、現代的な視点やテーマを取り入れています。

本作では、マイケルの残虐さやローリーたちの闘志をより強調しています。

脚本は、グリーン監督と共に「パインアップル・エクスプレス/おかしなガンマンにご用心」「イーストバウンド&ダウン 栄光への軌跡」などでコンビを組んだダニー・マクブライドと、テレビドラマ「レクティファイ 〜裁かれるべき者〜」や映画「ファイアーフライ」などで知られるスコット・ティームズが担当しています。

彼らは、「ハロウィン」シリーズのファンであり、オリジナル作品への敬意と新しい展開への挑戦を両立させています。

音楽は、「ハロウィン」シリーズの生みの親であり製作総指揮も務めるジョン・カーペンターが担当しています。

彼は、息子のコーディ・カーペンターとダニエル・デイヴィスと共にサウンドトラックを制作しています。

カーペンターは、「ハロウィン」シリーズの象徴的なテーマ曲を始めとする音楽で、映画の雰囲気や緊張感を高めています。

Netflix配信作品の国内「ハロウィン KILLS / Halloween Kills」のメイキング

今年10月29日に日本で公開される映画『ハロウィン KILLS』は、2018年の大ヒット作『ハロウィン』の続編であり、「ハロウィンシリーズ」の第12作目です。

この映画では、殺人鬼マイケル・マイヤーズが再び蘇り、ローリー・ストロードとその家族や町の住民たちと壮絶な死闘を繰り広げます。

ジェイミー・リー・カーティスがローリー役で再び主演し、デヴィッド・ゴードン・グリーンが監督を務めました。

この記事では、この映画のメイキングについて紹介します。

どのようにしてマイケル・マイヤーズの恐怖を再現したのか、どのような撮影秘話があるのか、どのようなキャストやスタッフが関わったのかなど、興味深い情報をお伝えします。

まず、この映画はコロナ禍の中で製作されました。

当初は2020年10月16日に全米公開予定だったのですが、新型コロナウイルスの流行の影響で2021年10月15日に延期されました。

そのため、撮影や編集などにも様々な制約や困難がありました。

監督のグリーンは、「コロナ禍で映画を作ることは非常に難しく、ストレスフルだった」と語っています。

しかし、彼は「この映画はコロナ禍で生まれたものではなく、コロナ禍を乗り越えたものだ」とも言っています。

彼は「この映画は人々に希望や勇気や力を与えることができると信じている」とも述べています。

次に、この映画では1978年のオリジナル作品『ハロウィン』から登場するキャラクターや俳優が多数復活します。

トミー・ドイルやリンジー・ウォレスなど、マイケル・マイヤーズに襲われた子供たちが大人になって再登場します。

トミー役はアンソニー・マイケル・ホールが演じますが、リンジー役はオリジナルと同じカイル・リチャーズが演じます。

また、ローリーの友人マリオン・チェンバースや元保安官リー・ブラケットもオリジナルと同じナンシー・スティーヴンスとチャールズ・サイファーズが演じます。

さらに、マイケル・マイヤーズのマスクを被る俳優もオリジナルと同じニック・キャッスルが担当します。

彼はジェームズ・ジュード・コートニーと交代でマイケル役を演じました。

そして、マイケルの精神科医だったサミュエル・ルーミス医師も登場しますが、彼は故ドナルド・プレザンスのそっくりさんであるトム・ジョーンズ・ジュニアが演じました。

彼はプレザンスの顔を再現するために特殊メイクを施しました 。

このように、この映画ではオリジナル作品へのオマージュやリスペクトが随所に見られます。

しかし、それだけではなく、新たな恐怖や衝撃も用意されています。

この映画では、マイケル・マイヤーズの殺人衝動や暴力性が過去最高に描かれます。

彼は消防士や隣人や病院の患者など、誰にでも容赦なく襲いかかります。

その殺し方も非常に凄惨で、目をえぐったり頭を潰したり首を切断したりします。

監督のグリーンは、「この映画ではマイケルがどれだけ邪悪で無慈悲で無敵な存在なのかを見せることができた」と語っています。

また、彼は「この映画では人間の暴力性や怒りや復讐心も描かれる」とも言っています。

実際、この映画ではトミーらがマイケルに対抗するために暴徒化し、誤って無関係な人間を殺してしまう場面があります。

グリーンは、「この映画は暴力の連鎖や悪循環をテーマにしている」と述べています。

最後に、この映画ではメイキング映像やインタビュー映像なども公開されています。

YouTubeでは、「Making Of HALLOWEEN KILLS – Best Of Behind The Scenes, On Set Bloopers & Talk With Jamie Lee Curtis」というタイトルで約8分間のメイキング映像が見られます。

この映像では、ジェイミー・リー・カーティスやアンソニー・マイケル・ホールなどのキャストや監督のグリーンが撮影現場でのエピソードや感想を語っています。

また、マイケル・マイヤーズとのアクションシーンやメイクアップシーンなども見ることができます。
さらに、公式サイトでは、「ハロウィン KILLS」の予告編やポスターやキャスト紹介なども見ることができます。

Netflix配信作品の国内「ハロウィン KILLS / Halloween Kills」の評価や批評

この映画はどう評価されているのでしょうか?

批評家や観客からの評価は、賛否両論といったところでしょうか。

以下は、いくつかのレビューサイトやブログから引用した感想です。

シネマンドレイク:映画感想&レビューでは、「一度描き切ったテーマは繰り返さず、前作から一歩踏み込んだテーマを描いたパニックホラー」と評価しています。

また、「新時代のタイムラインになってからは2作目なので「ハロウィン2」と言えるけど、初代から物語接続性の流れで数えると3作目ですし、シリーズ全部を集計すればフランチャイズの第12作目にあたります。やっぱりややこしい…。」とも述べています。

IGN Japanでは、「前作から一歩踏み込んだテーマを描いたパニックホラー」と評価しています。

また、「本作は、そうした安易な道を選びとらなかった。一度描き切ったテーマは繰り返さず、舞台となる町ハドンフィールド、そして、そこで暮らす人々とブギーマンの関係に焦点を当ててみせた。それにより、ローリーを主体とする物語は遠景へと遠のき、閉塞した町を舞台とするパニックホラーを誕生させた」と述べています。

Wikipediaでは、「第1作は批評家から絶賛され、2018年の作品はほぼ肯定的な評価を受けている。しかし、他の作品は批評家から賛否両論の評価を受けている」と紹介しています。

映画.comでは、「映画レビュー全82件。評価3.1」という数字が示されています。

また、「残念ながら興を削がれた」「残酷な暴力描写満載だけど」「怖さが足りない」「マイケルが強すぎる」「ローリーが活躍しない」「住民の反撃が熱い」「マイケルの正体に迫る」「前作よりも面白い」「シリーズファンにはたまらない」など、様々な意見が寄せられています。

そこで、この映画を観るべきかどうかを判断するために、以下のチェックリストを参考にしてみてください。

  • 『ハロウィン』シリーズのファンである
  • ホラー映画が好きである
  • 残酷な暴力描写に耐性がある
  • ローリーとマイケルの因縁にこだわらない
  • ハドンフィールドの町とマイケルの関係に興味がある
  • 町の住民たちの反撃に応援したい
  • 次回作への期待感を持ちたい

もし、これらの項目のうち、半数以上に当てはまるなら、この映画はあなたにとって楽しめる作品かもしれません。

逆に、当てはまらない項目が多いなら、この映画はあなたにとって不向きな作品かもしれません。

 

Netflix配信作品の国内「ハロウィン KILLS / Halloween Kills」に関する背景や社会的意義

「ハロウィン KILLS / Halloween Kills」は、2021年に公開されたアメリカのスラッシャー映画で、1978年の「ハロウィン」の続編として製作された2018年の「ハロウィン」の続編です。

主演はジェイミー・リー・カーティスで、彼女は40年前に殺人鬼マイケル・マイヤーズに襲われた女性ローリー・ストロードを演じています。

この映画の背景や社会的な意義について考察してみましょう。

まず、この映画はコロナ禍の影響で公開が延期されたことがあります。

当初は2020年10月に全米公開予定でしたが、2021年10月に延期されました。

日本では2021年10月29日に公開されました。このように、この映画はコロナ禍の中で観客を恐怖と興奮に導く作品となりました。

次に、この映画は「ハロウィン」シリーズの中でも特に暴力的で血まみれな描写が多いことが特徴です。

マイケル・マイヤーズは消防士や隣人、子守をしていた子どもたちや保安官など、次々と人々を殺していきます。

また、町の住民たちもマイケルを追い詰めて殺そうとする暴徒と化し、病院を襲撃したり、間違った人物を窓から飛び降りさせたりします。

このように、この映画は暴力の連鎖と憎悪の渦を描いています。

さらに、この映画はマイケル・マイヤーズの存在そのものに言及する場面があります。

ローリーはマイケルがただの人間ではなく、「悪」と呼ぶべき存在であると語ります。

彼女はマイケルが生き続ける理由や目的を問いかけますが、答えはありません。

このように、この映画はマイケル・マイヤーズを社会の闇や恐怖の象徴として描いています。

以上のことから、この映画は「ハロウィン KILLS / Halloween Kills」というタイトル通り、ハロウィンの夜に命を奪う恐ろしい物語です。

しかし、それだけではなく、暴力や憎悪がもたらす悲劇や混沌を通して、現代社会における「悪」の存在や意味を問いかける作品でもあります。

 

Netflix配信作品の国内「ハロウィン KILLS / Halloween Kills」のSNSの反応

 

 

 

 

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様もジェイミー・リー主演『 ハロウィン KILLS / Halloween Kills 』をご視聴してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました