新サイトはこちら

Netflixオリジナル映画「鳩の撃退法」の魅力とは?視聴レビュー

ここでは、Netflixで配信中の作品を視聴してみた感想レビューと、映画の背景やオススメできるポイントなどを記載しております!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は鳩の撃退法を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

Netflix配信作品の「鳩の撃退法」のストーリー紹介

「鳩の撃退法」は、直木賞作家の佐藤正午さんによる同名小説を原作とした映画です。

主演は藤原竜也さんで、彼は天才作家の石川悟という役を演じています。

他にも土屋太鳳さんや風間俊介さん、西野七瀬さんなどが出演しています

ストーリーは、石川悟が自分の書いた小説の登場人物に会いに行くという不思議な展開から始まります。

石川は自分の小説に登場する女性・麻生美咲(土屋太鳳)に恋をしているのですが、彼女は現実にも存在することを知ります。

石川は美咲に会うために、彼女が住む町へと向かいます。

そこで彼は、自分の小説の影響を受けた人々や事件に巻き込まれていきます。

また、石川は自分の小説に登場する殺人鬼・鳩山(豊川悦司)とも対峙することになります。

この映画は、小説と現実の境界が曖昧になるという斬新なアイデアと、藤原竜也さんの独特な演技が見どころです。

また、小説の中で石川が書いた「鳩の撃退法」というテクニックも重要なキーワードになっています。

ブログ記事として書くためには、以下のようなポイントを盛り込むと良いでしょう。

  • 映画のジャンルや原作の紹介
  • 主演や出演者の紹介
  • ストーリーの概要や見どころ
  • 自分の感想や評価
  • 視聴者へのおすすめ度やメッセージ

Netflix配信作品の「鳩の撃退法」の感想/レビュー紹介

この映画は、鳩と人間の関係を通して、人間の孤独や愛や死について考えさせられる作品です。

藤原竜也さんは、天才作家としてのプライドと孤高さを持ちながらも、鳩や美咲と触れ合うことで次第に心を開いていく石田の変化を見事に演じています。

土屋太鳳さんは、美咲という謎めいたキャラクターを可愛らしくも不気味に演じています。

風間俊介さんや西野七瀬さんなどの脇役も個性的で印象的で、

豊川悦司さんは、石田の友人でありライバルでもある作家・佐津川という役で登場し、石田と対比される存在として重要な役割を果たしています。

映画は、小説の難解さや奇抜さをそのまま映像化するのではなく、観客が感情移入できるように工夫されています。

例えば、小説では石田が鳩の撃退法を考える過程が詳細に描かれていますが、映画ではそれが省略されています。

代わりに、石田と美咲が鳩を観察したり追いかけたりするシーンが多くあります。

これは、鳩の撃退法そのものよりも、石田と美咲の関係や鳩への感情が重要であることを示しています。

また、小説では石田が自分の小説に登場するキャラクターと会話したりする幻想的なシーンがありますが、映画ではそれがカットされています。

代わりに、石田が自分の小説を読み返したり書き直したりするシーンがあります。

これは、石田が自分の小説と向き合うことで自分自身と向き合うことになることを示しています。


私は、この映画がとても面白くて感動的だと思いました。特に、ラストシーンは衝撃的でした。

石田が美咲の秘密を知った後、彼はどうするのかと思っていましたが、彼の選択は予想外でした。

彼は美咲を許すことができたのでしょうか?

彼は自分の小説を完成させることができたのでしょうか?

彼は鳩とどう向き合うことになったのでしょうか?

映画は、これらの問いに明確な答えを与えずに観客に考える余地を残します。

私は、この映画が石田の物語だけでなく、私たち自身の物語でもあると感じました。

私たちは、石田と同じように、自分の人生や作品や愛する人に対して、どういう態度を取るべきなのか、どういう意味を見出すべきなのか、常に問われているのだと思いました。

 

この映画は、鳩という普段目にするけれどもあまり気にしない動物を題材にしていますが、それが逆に新鮮で興味深いものになっています。

鳩は、人間と共存しながらも独自の世界を持っている生き物です。

鳩は、石田や美咲や私たちに何を教えてくれるのでしょうか?

この映画は、鳩と人間の関係を通して、人間の本質や存在意義や生き方について深く考えさせられる作品です。

Netflix配信作品の「鳩の撃退法」のキャストやスタッフの紹介

鳩の撃退法は、直木賞作家・佐藤正午の同名小説を映画化した作品です。

原作は「映像化不可能」と言われていましたが、映画監督・脚本家の三木康一郎が挑戦しました。

主演は藤原竜也で、彼が演じるのは、天才作家として名を馳せたが、突然筆を折った男・石田一郎です。

石田は、自宅の屋上に住み着いた鳩を追い払おうとするうちに、鳩と心を通わせるようになります。

その過程で、石田の過去や秘密が明らかになっていきます。

石田の相棒となる鳩は、実際に撮影現場で飼育された本物の鳩を使っています。

鳩の声は、声優の山寺宏一が担当しました。山寺は、鳩の感情や思考を表現するために、様々な声色や言葉遊びを駆使しました。

また、鳩と石田の会話は、字幕ではなく吹き替えで表現されています。

石田の周りには、個性的な人物たちが登場します。

石田の元妻であり、現在は別の男性と再婚している女性・美和子は、土屋太鳳が演じました。

美和子は、石田と離婚した後も彼に想いを寄せており、石田の屋上に通い詰めます。

美和子の再婚相手であり、石田の元親友である小説家・松本は、風間俊介が演じました。

松本は、石田と美和子の関係に嫉妬し、石田に対して敵意を持っています。

その他にも、石田のファンであり、彼に近づこうとする女子高生・桜井は、西野七瀬が演じました。

桜井は、石田の屋上に忍び込んだり、彼に手紙を送ったりします。

また、石田がかつて所属していた出版社の社長・梶原は、豊川悦司が演じました。

梶原は、石田に新作を書くように説得しようとしますが、彼に拒絶されます。

映画の音楽は、ピアニスト・作曲家の大島ミチルが担当しました。大島は、「鳩と人間の心理的な距離感」をテーマにして音楽を作りました。

また、主題歌は、「あいみょん」が歌う「ハルカ」です。

「ハルカ」は「鳩の撃退法」のために「ハルカ」は、「鳩の撃退法」のために書き下ろされたオリジナル曲です。

あいみょんは、映画のストーリーや登場人物の感情に共感し、石田の視点で歌詞を書きました。

曲は、鳩と石田の絆や別れを描いた切なくも美しいバラードに仕上がっています。

Netflix配信作品の「鳩の撃退法」の撮影や制作についての情報

この映画は、結末を決めるのは観客自身という斬新な仕掛けがあります。

映画館では、観客がスマートフォンで投票することで、2つの異なる結末のうちどちらかを選ぶことができます。

Netflixでは、視聴者がリモコンで選択することで、同様に2つの結末を楽しむことができます

このような仕掛けを実現するために、映画の撮影や制作は非常に困難なものでした。

監督の山本透は、「2つの結末を撮ることはもちろんですが、それぞれの結末に至るまでの流れも変えなければならない。

それは登場人物の心理や感情も変わってくるからです。

だから、同じシーンでも微妙に演技やカメラワークを変えています」と語っています。

また、主演の藤原竜也も、「2つの結末を撮ることは初めてでした。自分が演じる津田というキャラクターも、どちらか一方だけではなく、両方を考えながら演じなければなりませんでした。それは非常に難しかったですが、同時に面白かったです」

とコメントしています。

さらに、共演者の土屋太鳳や風間俊介、西野七瀬らも、「2つの結末を撮ることで、自分たちも観客と同じように物語に入り込むことができた。どちらの結末が正しいかはわからないけれど、それぞれに感情移入することができた」

と話しています。

「鳩の撃退法」は、映画史上初めて観客が結末を決めることができる作品です。

その裏側では、監督やキャストたちが苦労しながらも楽しみながら撮影や制作を行っており、観客にとっても制作者にとっても、新しい体験を提供する作品となっています。

Netflix配信作品の「鳩の撃退法」の評価や批評

まず、この映画の評価は、一般的には高くないと言えます。

映画情報サイト「Filmarks」では、5点満点中3.2点という平均点がつけられており、映画.comでは3.3点となっています。

レビューや感想を見てみると、この映画の良い点としては、藤原竜也さんの演技や表情が素晴らしいという意見が多く見られます。

また、現実と小説の世界が入り混じる演出やカメラワークも斬新で面白いという声もあります。

一方で、この映画の悪い点としては、ストーリーが分かりにくいという意見が圧倒的に多いです。

現実と小説の区別がつかなくなることで、観客も混乱してしまうという感想が多く寄せられています。

また、登場人物の感情や動機が不明瞭で、感情移入しにくいという批判もあります。


次に、この映画の批評についてですが、専門家や評論家からの評価はあまり見当たりませんでした。

ただし、一部のメディアでは、この映画を高く評価している記事もありました。

例えば、「Clutch Magazine Japan」では、「鳩の撃退法」を「藤原竜也主演作品史上最高傑作」と紹介しています。

この記事では、この映画が「現実と虚構の境界線を揺さぶる」というテーマを掘り下げており、「観客自身も自分の現実を疑うようになる」という効果を持つと述べています。

また、「藤原竜也さんが演じる編実は自分自身を見失っていく姿が非常にリアルであり、観客も同じように感情移入してしまう」という評価もしています。

Netflix配信作品の「鳩の撃退法」に関する背景や社会的な意義について

映画『鳩の撃退法』は、小説が現実になるというファンタジックな設定を用いながらも、現代社会におけるさまざまな問題やテーマに切り込んでいます

例えば、津田が富山で出会った少女・美咲(横田真悠)は、母親から虐待を受けており、自殺願望を抱いています。

美咲は、津田に自分の死を書いてほしいと頼みますが、津田はそれを拒否します。

しかし、津田は美咲の死を予言するような小説を書いてしまい、それが現実になってしまいます。

このエピソードは、日本社会における子どもの虐待や自殺という深刻な問題を浮き彫りにしています。

また、津田が富山で出会った男・村上(柄本佑)は、自分の妻・美奈子(松岡茉優)が不倫していることを知ります

村上は、津田に自分の妻と不倫相手を殺してほしいと頼みますが、津田はそれも拒否します。

しかし、津田は村上の妻と不倫相手の死を描くような小説を書いてしてしまい、それも現実になってしまいます。

このエピソードは、日本社会における夫婦の不和や不倫という問題を描いています。

さらに、津田が富山で出会った老人・小林(小林薫)は、自分の妻・美代子(岩下志麻)が認知症になってしまったことを悲しんでいます。

小林は、津田に自分と妻の若い頃の姿を書いてほしいと頼みますが、津田はそれも拒否します。

しかし、津田は小林と妻の若い頃の姿を描くような小説を書いてしまい、それが現実になってしまいます。

このエピソードは、日本社会における高齢化や認知症という問題を取り上げています。

映画『鳩の撃退法』は、これらの問題やテーマを通して、人間の欲望や罪悪感、愛情や孤独などの感情を掘り下げています。

津田は、自分の書いた小説が現実になることで、人々の運命を変えてしまうことに責任を感じています。

彼は、自分の力をコントロールできないことに苦しみ、彼は、自分が書いた小説が原因で死んだ美咲や村上の妻と不倫相手に対して罪悪感を抱きます。

彼は、自分が書いた小説が原因で若返った小林と妻に対して羨望や嫉妬を感じ、また、幸せになった鳥飼に対して愛情や憎しみ、自分自身が死ぬことに対して恐怖や覚悟を感じます。

映画『鳩の撃退法』は、タイトルにもなっている鳩という動物にも注目で、鳩は、映画の中でさまざまな意味を持っています。

例えば、津田が富山で出会った人々は、それぞれ鳩に関連した名前を持っています。

美咲は「ハトサクラ」という花屋の看板娘であり、「ハト」と「サクラ」は日本では平和や春の象徴です。

村上は「ハトヤ」という旅館の主人であり、「ハト」と「ヤ」は日本では伝統や家族の象徴です。

小林は「ハトバス」という観光バスの運転手であり、「ハト」と「バス」は日本では旅行や移動の象徴です。

これらの人々は、津田にとって鳩のように平和で美しい存在であり、彼の小説に影響を与えます。

しかし、同時に鳩は、津田にとって迷惑で邪魔な存在でもあり、津田は、自分の書いた小説が現実になることで、これらの人々の人生を破壊してしまいます。

津田は、自分の書いた小説が現実になることで、自分自身も死に追いやられてしまい、鳩のように飛び回ることができなくなってしまいます。

映画『鳩の撃退法』は、最後に津田が死んだ後にも鳩を登場させています。

津田が死んだ場所には、鳩が群れているのですが、これは津田が死んだことで、彼の書いた小説が現実になる力が消えたこと、彼の影響を受けた人々が平和になったことを示しています。

さらに、彼自身も解放されたことも表現されています。

映画『鳩の撃退法』は、鳩を使って津田の物語を見事に締めくくっています

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も『鳩の撃退法』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました