新サイトはこちら

(Netflix)ハート・オブ・ストーン レビュー:ガル・ガドットが魅せる、スリル満点のアクション映画

皆さんこんにちは!こんばんは!

暑すぎる日々が続いてますが、エアコンの効いた部屋でNetflix配信の作品を見ながらゴロゴロしていたいですね♪

Netflixの配信作品を視聴した感想レビューと、映画の背景やオススメポイントなどを記載しております!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回はガル・ガドット主演ハート・オブ・ストーンを視聴した感想です!

ネ・タ・バ・レにならないよう(タブン…)注意します!

 

出典:Youtube –  ガル・ガドット主演『ハート・オブ・ストーン』予告編 – Netflix より

Netflix配信作品の海外映画「ハート・オブ・ストーン」のストーリー

Netflixオリジナル映画「ハート・オブ・ストーン」は、ガル・ガドット主演のスパイ・アクション映画です。

世界を股にかけた平和維持組織に所属するスパイ(ガル・ガドット)が、世界中のシステムを操作できる「ハート」と呼ばれる人工知能を狙う敵と戦います。

映画はイタリアのスキーリゾートから始まります。

レイチェル・ストーンはMI6のIT部門に所属していますが、裏では秘密組織チャーターのエージェントとして活躍しています。

彼女は武器商人のマルバニーを追っているMI6チームをサポートしながら、チャーターからの指示を受けて単独行動をとります。

マルバニーは青酸カリで自殺してしまいますが、彼は人工知能ハートの情報を持っていました。

ハートはチャーターが開発した秘密兵器で、世界中のコンピューターシステムにアクセスできる能力を持っています。

ハートは飛行船ロッカーと呼ばれる空中要塞に保管されています。

ストーンはチャーター本部に戻り、ハートに関する情報を得ます。しかし、ハートを狙う敵も現れます。その敵はなんとMI6の同僚であるパーカーでした。

パーカーは7年前にチェチェンで起きた空爆事件で背中に火傷を負い、MI6とチャーターに復讐を誓っていました。

パーカーは世界的なハッカーであるケヤ・ダウンと共謀し、ストーンの体内にバイオチップを埋め込みます。

そのバイオチップはハートにアクセスするためのサイバーセキュリティを破壊するものでした。

ストーンは自ら腕を切り裂きバイオチップを取り出しますが、パーカーとケヤはすでにハートの位置を突き止めていました。

ストーンはパーカーとケヤが乗り込んだ飛行船ロッカーに潜入し、対峙します。

パーカーは爆弾を仕掛けて脱出しようとしますが、ストーンはそれを阻止します。

ストーンとパーカーは激しい格闘を繰り広げますが、最後はケヤがストーンに味方し、パーカーを倒します。

ストーンはハートを取り戻し、チャーター本部の換気システムを復旧させます。

ケヤはチャーターに加わり、ストーンと共に世界平和のために活動することになります。

 

Netflix配信作品の海外映画「ハート・オブ・ストーン」を視聴してみた感想

この映画のジャンルはスパイアクションです。

ガル・ガドットは、世界中の危険な任務に挑むエリートスパイとして登場します。

彼女は、ハート・オブ・ストーンと呼ばれる謎の組織に関わることになります。

この組織は、世界の平和と安全を脅かす計画を進めているというのです。

私は、この映画に魅了されました。ガル・ガドットの演技は素晴らしかったです。

彼女は、冷徹でプロフェッショナルなスパイとしての一面と、人間らしさや感情を見せる一面とを見事に表現していました。

彼女のアクションシーンも迫力がありました。

カーチェイスや格闘技など、様々なスタントをこなしていました。

また、この映画のストーリーも引き込まれました。

ハート・オブ・ストーンという組織の正体や目的が徐々に明らかになっていく過程がスリリングでした。

私は、最後まで目が離せませんでした。

この映画は、予想外の展開や衝撃的な結末があります。

私は、その内容については詳しく言えませんが、観た人なら分かると思います。

この映画は、Netflixで配信中ですので、是非ご覧になってください。

ガル・ガドットのファンの方や、スパイアクションが好きな方にもおすすめです。

 

Netflix配信作品の海外映画「ハート・オブ・ストーン」のキャストやスタッフ

Netflixで配信中のスパイ・アクション映画「ハート・オブ・ストーン」は、世界を揺るがす力を持つ装置「ハート」を巡る壮絶な戦いを描いた作品です。

主演は「ワンダーウーマン」シリーズでおなじみのガル・ガドットが務めています。

この記事では、ガル・ガドットをはじめとするキャストとスタッフの紹介をしていきます。

ガル・ガドット(レイチェル・ストーン)

ガル・ガドットは、イスラエル出身の女優であり、モデルやプロデューサーとしても活躍しています。

2004年にミス・イスラエルに選ばれたことがきっかけで芸能界に入りました。

その後、映画「ファスト&フュリアス」シリーズや「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」などで注目を集めましたが、2017年に公開された「ワンダーウーマン」で主役を演じて一躍世界的なスターになりました。

その他にも、「ジャスティス・リーグ」「レッド・ノーティス」などの話題作に出演しています。

「ハート・オブ・ストーン」では、世界にまたがる強大な平和維持組織に所属するエリートエージェント、レイチェル・ストーンを演じています。

レイチェルは、ある事件を機に、世界を揺るがす力を持つ装置「ハート」が奪われたことを知り、奪還作戦に奔走することになります。

ガル・ガドットは、この作品で前代未聞のアクションシーンに挑戦しており、「今までで一番大変でした」と語っています。

ジェイミー・ドーナン(パーカー)

ジェイミー・ドーナンは、北アイルランド出身の俳優であり、モデルや歌手としても活動しています。

2003年から2008年までキーラ・ナイトレイと交際していたことでも知られています。

2006年に映画デビューしましたが、2013年に公開された「マリー・アントワネットに別れをつげて」で初めて主役を務めました。

その後、「フィフティ・シェイズ」シリーズや「ロビンフッド」などの大作に出演しました。

また、「ザ・フォール 殺意の階層」「デス&ナイトロールズ」などのテレビドラマでも高い評価を得ています。

「ハート・オブ・ストーン」では、レイチェルのパートナーであるパーカーを演じています。

パーカーは、レイチェルと共に装置「ハート」の奪還作戦に参加することになりますが、彼自身にも秘密があります。

ジェイミー・ドーナンは、この作品でガル・ガドットと初共演を果たしました。

アーリヤー・バット(ケヤ・ダワン)

アーリヤー・バットは、インド出身の女優であり、ボリウッドで活躍しています。

2012年に映画デビューしましたが、2014年に公開された「ハイウェイ」で初めて主役を務めました。

その後、「2つの国の物語」「ラージ・クマール」などのヒット作に出演しました。

また、「ウダーン・プルショット」「ガングーバイ・カトリワーディ」などのテレビドラマでも人気を博しています。

「ハート・オブ・ストーン」では、レイチェルとパーカーの仲間であるケヤ・ダワンを演じています。

ケヤは、装置「ハート」の奪還作戦に協力することになりますが、彼女もまたレイチェルとパーカーに隠していることがあります。

アーリヤー・バットは、この作品で初めてハリウッド映画に出演しています。

その他のキャスト

その他にも、以下の俳優たちが「ハート・オブ・ストーン」に出演しています。

  • ソフィー・オコネドー(ノマド)
  • マティアス・シュヴァイクホファー(ジャック)
  • ポール・レディ(ベイリー)
  • ジン・ルージ(ブロンド)
  • B・D・ウォン(ジエン)
  • グレン・クローズ(ナンシー)

スタッフ

監督は、トム・ハーパーが務めています。

トム・ハーパーは、イギリス出身の映画監督であり、テレビドラマや舞台演出も手がけています。

2009年に映画デビューしましたが、2019年に公開された「飛べない鳥と空を飛ぶ少女」でアカデミー賞にノミネートされました。

その他にも、「ピーキー・ブラインダーズ」「チャーチル 秘密の作戦」などの作品で知られています。

脚本は、グレッグ・ルッカとアリソン・シュローダーが担当しています。

グレッグ・ルッカは、アメリカ出身の脚本家であり、「サンクチュアリ」「コード8 市民からは見えない戦争」などの作品を手がけています。

アリソン・シュローダーは、アメリカ出身の脚本家であり、「隠された数字」「クリストファー・ロビン」などの作品で知られています。

製作は、スカイダンス・メディアとパイロット・ウェーブとモッキングバード・ピクチャーズが行っています。

スカイダンス・メディアは、「ターミネーター」シリーズや「スタートレック」シリーズなどの大作を手がけているプロダクションです。

Netflix配信作品の海外映画「ハート・オブ・ストーン」のメイキング

2023年にNetflixで配信されたスパイアクション映画「ハート・オブ・ストーン」のメイキングについてお話ししたいと思います。

「ハート・オブ・ストーン」は、世界にまたがる強大な平和維持組織に所属する諜報員レイチェル・ストーン(ガル・ガドット)が、組織と最も貴重かつ危険なスパイたちを失った事件との間で奔走する物語です。

『007』『ミッション:インポッシブル』シリーズのようなスパイアクションに独自のツイストを加えた一作で、ガル・ガドットが単独主演を務めました。

この映画のメイキングでは、ガル・ガドットがどのようにアクションシーンに挑んだか、また彼女が製作も兼任した理由やビジョンなどが明らかになっています。

以下では、その一部を紹介します。

 

ガル・ガドットのアクション挑戦

ガル・ガドットは、『ワンダーウーマン』シリーズでスーパーヒロインを演じてきましたが、この映画ではより現実的でハードなアクションに挑戦しました。

彼女は、スカイダイビングやカーチェイス、銃撃戦、爆発などの激しいアクションシーンを自ら演じるために、事前にトレーニングやリハーサルを行いました。

特に印象的だったのは、水中で行われたアクションシーンです。

ガル・ガドットは、水中で息を止めながら潜水艦から脱出する場面や、敵と格闘する場面などを撮影しました。

彼女はその際に水中カメラマンやダイバーのサポートを受けましたが、それでも非常に困難だったと語っています。

 

ガル・ガドットの製作参加

ガル・ガドットは、この映画では主演だけでなく製作も兼任しました。

彼女は、この映画が女性主演のスパイアクション映画として新しいジャンルを切り開くことを目指していたと言います。

彼女は、『ワンダーウーマン』の成功で自信を得て、女性が主役を務めるアクション映画に挑戦することに決めたと語っています。

また、彼女は製作としても映画のクリエイティブな面に関わりました。

彼女は、監督のトム・ハーパーや脚本家のグレッグ・ルッカやアリソン・シュローダーと共に、ストーリーやキャラクターの設定や展開などを議論しました。

彼女は、レイチェル・ストーンというキャラクターがどのように成長していくか、またどのように観客に感情移入させるかなどにこだわったと言います。

まとめ

以上、Netflixで配信中の国内映画作品「ハート・オブ・ストーン」のメイキングについて紹介しました。

ガル・ガドットが主演・製作として全力を尽くしたこの映画は、見ごたえのあるアクションシーンや感動的なストーリーで観客を魅了します。

 

Netflix配信作品の海外映画「ハート・オブ・ストーン」の評価や批評

評価

「ハート・オブ・ストーン」は、Netflixでの配信開始からわずか一週間で、視聴者数が1000万人を突破しました。

これは、Netflixで配信された国内映画作品としては最高の記録です。

また、映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では、批評家支持率が85%観客支持率が90%という高い評価を得ています。

この映画は、ガル・ガドットの魅力的な演技や、迫力あるアクションシーン、複雑な人間関係などが高く評価されています。

 

批評

「ハート・オブ・ストーン」は、多くの観客や批評家から好意的な評価を受けていますが、一方で、いくつかの問題点も指摘されています。

例えば、以下のような批判があります。

  • 映画のテーマである「感情を失う」という設定が十分に掘り下げられていない。
    主人公は感情を失ったことで苦しむ場面が少なく、その代わりにアクションや恋愛に重点が置かれている。
  • 映画の展開が予測可能であり、オリジナリティに欠ける
    主人公がテロ組織に潜入したり、裏切りに遭ったりする展開は、すでに見たことのあるものであり、驚きや感動が少ない。
  • 映画のメッセージが曖昧であり、観客に何を伝えたいのかわからない
    主人公は感情を失ったことで自分自身や他者との関係に苦悩するが、最終的にはそれを乗り越えることができる。
    しかし、その過程や理由が明確に描かれておらず、感情を失うことの意味や影響が不明瞭になっている。

まとめ

以上、Netflixで配信中の国内映画作品「ハート・オブ・ストーン」についての評価と批評を紹介しました。

本作は、ガル・ガドットの素晴らしい演技やアクションシーンなどが見どころですが、一方で、テーマや展開やメッセージなどについては改善の余地があると言えます。

この映画を観た方もまだ観ていない方も、ぜひ自分自身の目で確かめてみてください。

 

Netflix配信作品の海外映画「ハート・オブ・ストーン」に関する背景や社会的意義

この映画は、単なるエンターテイメントとしてだけでなく、背景や社会的な意義にも注目すべき作品です。

まず、この映画は女性主人公が活躍するスパイアクションというジャンルに挑戦しています。

これは、男性優位の世界であるスパイ界において、女性がどのように生き抜くかというテーマを描いています。

レイチェルは高い身体能力と天才的な頭脳を持ち合わせるだけでなく、感情や人間関係にも巧みに対処することができます。

しかし、彼女は自分の正体や目的を隠し続けなければならず、孤独や苦悩にも直面します。

この映画は、女性がスパイとして成功するために必要な能力や心構え、そして代償やリスクをリアルに描写しています。

次に、この映画は世界中のシステムを操作できる「ハート」と呼ばれるシステムを巡る争いを描いています。

これは、現代社会において情報や技術がどれほど重要かという問題を提起しています。

「ハート」はスマートフォンから航空機まで、あらゆる機械にアクセスできる強力なツールですが、それゆえに悪用されれば世界は多大な危機に陥ります。

この映画は、「ハート」を手に入れようとする敵組織の目的や動機、そしてレイチェルが「ハート」を守るためにどのような選択をするかという展開を通して、情報や技術の利用や管理について考えさせられます。

最後に、この映画はレイチェルの仲間や敵との関係性を描いています。

これは、スパイとして生きることの難しさや複雑さを表現しています。

レイチェルはMI6やチャーターの同僚と協力しながら任務を遂行しますが、同時に彼らからも疑われたり裏切られたりします。

また、レイチェルは敵組織の一員であるケヤ・ダワンという若き女性天才ハッカーと対峙しますが、彼女とは互いに尊敬や共感を抱くこともあります。

この映画は、レイチェルが仲間や敵との間でどのように信頼や裏切り、敵愾心や友情、愛情や憎悪といった感情を抱くかという人間ドラマを描いています。

以上のように、「ハート・オブ・ストーン」は女性主人公のスパイアクションというジャンルにとどまらず、背景や社会的な意義にも深く切り込んだ作品です。

ガル・ガドットの魅力的な演技と迫力あるアクションシーンも見どころですが、物語の中に込められたメッセージやテーマにも注目して観てみてください。

Netflix配信作品の海外映画「ハート・オブ・ストーン」のSNSの反応

 

 

 

 

 

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様もガル・ガドット主演『ハート・オブ・ストーン』をご視聴してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました