新サイトはこちら

【必見!】Netflix「ホムンクルス」の感想・評価・レビュー!ストーリーの核心に迫る

Netflix(ネットフリックス)で配信映画「ホムンクルス」を視聴した感想レビューと映画の背景やオススメポイントなどを記載!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は国内映画のホムンクルスを視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:シネマトゥデイ 映画『ホムンクルス』予告編より

Netflix配信作品の国内映画「ホムンクルス」のストーリー紹介

記憶喪失のホームレス・名越進(綾野剛)は、一流ホテルとホームレスが溢れる公園の狭間で車上生活を送っていた。

そこに突然、奇抜なファッションに身を包んだ研修医・伊藤学(成田凌)が現れる。

伊藤は名越に「頭蓋骨に穴を空けさせて欲しい」と頼み込む。

その手術はトレパネーションと呼ばれ、第六感が芽生えるという伝説があるという。

名越は「生きる理由」を与えるという伊藤の言葉に動かされ、渋々承諾する。

手術後、名越は右目を手で覆い、左目だけで見ると、人間が異様な姿に変貌した世界が広がっていた。

その現象は「他人の深層心理が視覚化されて見えている」と伊藤は説明する。彼はその異形をホムンクルスと名付ける。

ホムンクルスとは、錬金術師が人工的に作り出した小人のことである。

名越は伊藤の助手として、ホムンクルスと化した人々の心の闇と対峙していくことになる。

やがて名越は、自分の過去や記憶を思い出すようになる。

彼はかつて妻子を持ち、成功したビジネスマンだったことが判明する。

しかし、ある日突然家族を捨てて姿を消し、ホームレスになっていたのだ。

その理由は何だったのか?

そして、名越が見てしまったものは真実なのか、それとも脳が作り出した虚像なのか?

取り戻した記憶に隠された衝撃の結末とは?

映画『ホムンクルス』は、『殺し屋1』などで知られる山本英夫による同名漫画シリーズを原作としたサイコミステリーである。

監督は『呪怨』シリーズや『犬鳴村』などのジャパニーズホラーの巨匠・清水崇。

主演は『日本で一番悪い奴ら』や『孤狼の血』などで存在感を放つ綾野剛。

共演には『紙の月』や『凪待ち』などで注目される成田凌や『ショッカーズ』や『海街diary』などで活躍する岸井ゆきのらが名を連ねる。

人間の心理や社会の闇を描く原作の世界観を忠実に再現しつつ、映像的にもインパクトのある作品に仕上げたのが、本作の監督・清水崇である。

『呪怨』シリーズや『犬鳴村』などでジャパニーズホラーの旗手となった清水監督は、本作でも人間の恐怖や不安を巧みに表現している。

特に、ホムンクルスと化した人々の姿は、CGや特殊メイクを駆使してリアルかつグロテスクに描かれており、観る者の心に強烈な印象を残す。

また、名越が見る世界と普通の世界とのギャップや、名越と伊藤の関係性なども、カメラワークや編集で効果的に表現されている。

主演の綾野剛は、記憶喪失で感情も希薄な名越進という難役に挑戦している。

綾野は、名越が手術を受けてから次第に変化していく様子や、自分の過去や真実に直面する姿を、表情や仕草で丁寧に演じている。

特に、ホムンクルスと対話するシーンでは、相手の心理を読み取りながら自分自身も変化していく名越の内面を見事に表現している。

また、伊藤学役の成田凌も、名越に手術を施す奇妙な研修医という役柄を好演している。

成田は、伊藤が持つ秘密や動機などを隠しながらも、名越に興味や好意を抱く様子を微妙なニュアンスで演じている。二人の掛け合いは、本作の見どころの一つである。

さらに、岸井ゆきのや石井杏奈など実力派のキャスト陣も本作を彩っている。

岸井は、名越がホムンクルスとして見た女性・中村祐美子役で登場する。

岸井は、祐美子が抱えるトラウマや葛藤を感情豊かに演じており、名越との関係も重要な役割を果たしている。

石井は、名越が出会った謎の女子高生・ナナコ役で登場する。

石井は、ナナコが持つ不思議な魅力や存在意義を鮮やかに演じており、物語に大きな影響を与えている。

映画『ホムンクルス』は、人間の心理や社会の闇を描く原作の世界観を忠実に再現しつつ、映像的にもインパクトのある作品に仕上げたのが、本作の監督・清水崇である。

主演の綾野剛は、記憶喪失で感情も希薄な名越進という難役に挑戦しており、名越が手術を受けてから次第に変化していく様子や、自分の過去や真実に直面する姿を見事に演じている。

また、伊藤学役の成田凌や、名越がホムンクルスとして見た女性・中村祐美子役の岸井ゆきの、謎の女子高生・ナナコ役の石井杏奈など実力派のキャスト陣も本作を彩っている。

本作は、人間が持つ深層心理やトラウマを視覚化するという斬新な発想と、それを映像化する技術力が見事に融合したサイコミステリーである。

人間の心の闇と対峙することで、自分自身や他者を理解しようとする名越進の物語は、観る者にもさまざまな問いかけを投げかける。

自分は本当に自分らしく生きているのか?

他人は本当に見たままの姿なのか?

真実とは何なのか?

本作は、そうした人間存在の根源的なテーマに挑んだ作品であると言えるだろう。

Netflix配信作品の国内映画「ホムンクルス」の感想/レビュー紹介

この映画は、原作漫画の15巻分を115分に凝縮したため、かなり省略された部分やオリジナルの展開が多くあります。

原作ファンからすると、登場人物やエピソードのカットや変更は残念なところもあるかもしれませんが、映画としては必要な要素を抽出し、効果的にまとめていると思います。

特に、綾野剛と成田凌の演技は見事で、名越と伊藤の関係性や心理描写を見事に表現しています。

綾野剛は記憶喪失から自我を取り戻していく過程で、表情や声色、仕草などでさまざまな感情を表現し、観客に感情移入させます。

成田凌は伊藤の不気味さや狂気さを際立たせつつも、彼の孤独や苦悩も伝えています。

二人の掛け合いや対立は映画の見どころの一つで、映像面でも優れています。

ホムンクルスのデザインやCGは原作のイメージを忠実に再現しつつも、リアルで迫力あるものになっています。

特に名越が初めてホムンクルスを見たシーンや、終盤のクライマックスシーンは圧巻です。

音楽も映像とマッチしており、ermhoiと江崎文武による劇伴やmillennium paradeによるメインテーマ「Trepanation」は不安や緊張感を高めます。

一方で、映画の欠点として挙げられるのは、ストーリーの展開が早すぎることや、登場人物の背景や動機が十分に説明されないことです。

原作では名越がホムンクルスと交流するエピソードが多くありますが、映画ではほとんどカットされています。

そのため、名越の心の成長やホムンクルスの意味が伝わりにくくなっています。

また、伊藤の過去や動機も原作よりも曖昧になっており、彼の行動の理由が分かりにくいです。

映画は原作のエッセンスを抽出したものと考えれば納得できますが、原作を知らない人にとっては物足りなさや疑問点が残るかもしれません。

映画「ホムンクルス」は、原作漫画の魅力を映像化した作品ですが、同時に映画としての独自性も持っています。

綾野剛と成田凌の名演技や清水崇監督の映像センスは見逃せません。

人間の心の闇や深層心理に興味がある人にはおすすめの作品です。

Netflix配信作品の国内映画「ホムンクルス」のキャストやスタッフの紹介

原作は、「殺し屋1」「のぞき屋」などで知られる漫画家・山本英夫の同名コミックで、人間の深層心理を視覚化する能力を得たホームレスと医学生の物語を描いています。

監督は、「呪怨」「犬鳴村」などのホラー映画を手掛けた清水崇で、独特の世界観やグロテスクな描写に挑戦しています。

主演は、綾野剛成田凌の二人です。
綾野剛は、記憶と感情を失って車上生活を送る名越進という役で、頭蓋骨に穴を開けるトレパネーション手術を受けて第六感が芽生えるという難役に挑んでいます。

綾野剛は、「日本で一番悪い奴ら」「ヤクザと家族 The Family」などでカメレオン俳優としての実力を発揮しており、今作でもその演技力が光っています。

成田凌は、医学生の伊藤学という役で、名越に手術を持ち掛ける謎めいた存在です。

成田凌は、「カツベン!」「愛がなんだ」などで幅広い役柄に挑戦しており、今作でも冷静沈着なキャラクターを見事に演じています。

ほかにも、名越が見る異形の人間たちやその関係者として、岸井ゆきのや石井杏奈、内野聖陽などの実力派俳優たちが出演しています。

岸井ゆきのは、名越が最初に出会う謎の女という役で、不気味な雰囲気を醸し出しています。

石井杏奈は、女子高生1775という役で、名越が見る異形の一つです。内野聖陽は、組長という役で、名越が見る異形の一つです。

音楽は、ermhoiと江崎文武が担当しています。
ermhoiは、「ドクター・デスの遺産 -BLACK FILE-」「空飛ぶ広報室」などで音楽を手掛けており、トラックメーカー兼シンガーとして活躍しています。

江崎文武は、WONKやmillennium paradeでキーボードを務めるほか、King GnuやFriday Night Plansなど様々なアーティスト作品のレコーディングやプロデュースを手がけています。

Netflix配信作品の国内映画「ホムンクルス」のメイキングについて

  • 映画の撮影は、2020年2月から3月にかけて行われました。
    新型コロナウイルスの影響で、撮影期間が短くなりましたが、監督やキャストは感染対策を徹底しながら撮影に臨みました。
  • 映画では、主人公・中島(綾野剛)が脳に穴を開けられるシーンがありますが、これは特殊メイクやCGではなく、実際に頭に穴を開けたプロテーゼを装着して撮影しました。
    綾野剛はこのプロテーゼを「すごくリアルで気持ち悪かった」と語っています。
  • 映画では、中島が見る幻覚の世界や、ホムルンクスと呼ばれる存在が登場しますが、これらはCGやVFXで表現されました。
    特にホムルンクスは、人間と動物の特徴を組み合わせた不気味なデザインで、観客に衝撃を与えました。
  • 映画の音楽は、作曲家・佐藤直紀が担当しました。
    佐藤直紀は、「ホムルンクス」という言葉にインスピレーションを受けて、人間と動物の音を混ぜ合わせたり、電子音と生楽器の音を重ねたりするなど、映画の世界観に合わせた音楽を作りました。

Netflix配信作品の国内映画「ホムンクルス」の評価や批評

映画「ホムルンクス」は、『のぞき屋』『殺し屋1』の山本英夫によるコミックが原作のミステリー作品です。

監督は『貞子』『呪怨』シリーズの清水崇、主演は『ヤクザと家族 The Family』『日本で一番悪い奴ら』などで活躍する綾野剛、共演に『コンフィデンスマンJP』シリーズの成田凌、『シグナル 長期未解決事件捜査班』の岸井ゆきの、『銀魂』シリーズの石井杏奈など豪華キャストが揃っています。

物語は、一流ホテルとホームレスが溢れる公園の狭間で車上生活を送る名越進(綾野剛)が、医学生・伊藤学(成田凌)によって第六感が芽生えるという頭蓋骨に穴を開けるトレパネーション手術を受けることから始まります。

術後、名越は右目を瞑って左目で見ると、人間が異様な形に見えるようになります。
その現象は、「他人の深層心理が、視覚化されて見えている」と言う伊藤からの説明によります。
名越は自分や他人の心の闇に直面しながらも、次第に自分自身を取り戻していく過程を描きます。

この映画は、人間の本質や心理を視覚化するという斬新な発想と映像表現によって、観る者に強烈な印象を与えます。
特に、名越が見るホムンクルスと呼ばれる異形の姿は、原作コミックのイメージを忠実に再現しつつも、リアルでグロテスクな造形とCG技術で表現されており、目を見張るものがあります。
また、名越がホムンクルスと対話するシーンでは、その人物のトラウマやコンプレックスが浮かび上がります。
これらのシーンは、人間だれしもが抱える心の傷や欲望を暴き出すものであり、観る者にも自己反省や共感を促します。

一方で、この映画は原作コミックの15巻分のストーリーを2時間弱に凝縮するという難題に挑戦しています。

そのため、登場人物の背景や心理の描写が十分になされていない部分もあります。

特に、後半に登場する謎の女子高生・ナナ(石井杏奈)との出会いやその正体に関する展開は、原作を知らない観客にとっては理解しにくいものかもしれません。

また、ラストシーンも、名越の選択やその意味については視聴者に解釈を委ねる形になっており、納得感や感動が薄いと感じる人もいるでしょう。

しかし、この映画の最大の見どころは、綾野剛と成田凌の演技力の高さです。

綾野剛は、記憶喪失で自分を見失っている名越を、表情や仕草で丁寧に演じています。

名越がホムンクルスと対峙するシーンでは、恐怖や嫌悪、憐憫や怒りなどの感情を見事に表現しています。

また、名越が自分の過去や本当の自分に気づいていく過程では、綾野剛の演技が名越の成長を感じさせてくれます。成田凌は、伊藤学という複雑なキャラクターを見事に演じきっています。

伊藤学は、名越にトレパネーション手術を施すことで自分の研究を進めようとする冷徹な医学生ですが、同時に名越に興味や友情を抱く一面もあります。

成田凌は、伊藤学の二面性や心の動きを細かく表現しており、観る者を惹きつけます。

映画「ホムルンクス」は、人間の本質や心理を視覚化するという斬新な発想と映像表現によって、観る者に強烈な印象を与える作品です。

原作コミックのファンはもちろん、綾野剛や成田凌の演技力を堪能したい人にもおすすめです。

ただし、グロテスクなシーンや難解な展開に耐えられる覚悟は必要です。

 

Netflix配信作品の国内映画「ホムンクルス」に関する背景や社会的な意義についての考察

物語は、車上生活を送る記憶喪失の男・名越進(綾野剛)と、医学生であり大病院の御曹司でもある伊藤学(成田凌)との出会いから始まります。

伊藤は名越に対して、期限7日間、報酬70万円を条件にある手術を受けてほしいと持ちかけます。

それは、頭蓋骨に穴を開けるトレパネーション手術というもので、第六感が芽生えるという効果があるというのです。

名越はその申し出に応じて手術を受けますが、その後彼は右目をつむって左目で見ると、人間が異様な形に見えるようになります。

伊藤はその現象を「他人の深層心理が視覚化されて見えている」と言い、その異形をホムンクルスと名付けます。

名越はその能力を用いて、心の闇を抱える人たちと交流していく中で、自らの失った記憶と向き合うことになります。

この作品は、目に見える世界が全てではないということを示唆するサイコミステリーです。

名越が見るホムンクルスは、人間の本質やトラウマや欲望や苦悩などを表現したものであり、それらに触れていくことで名越自身も変化していきます。

この作品の背景や社会的な意義について考察してみたいと思います。

まず、この作品の背景として挙げられるのは、原作が連載された時期です。

原作は2003年から2005年まで小学館のビッグコミックスピリッツで連載されました。

この時期は、日本ではバブル崩壊後の不況や就職難や自殺者増加など社会的な問題が多く発生していました 。

また、世界ではアメリカ同時多発テロやイラク戦争などの衝撃的な事件が起こりました。

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も国内映画『ホムンクルス』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました