新サイトはこちら

「生きろ 島田叡 戦中最後の沖縄県知事」の視聴レビュー – Netflixで観る国内映画の見どころを解説

Netflix(ネットフリックス)で配信中の映画「生きろ 島田叡 戦中最後の沖縄県知事」を視聴した感想レビューと映画の背景やオススメポイントなどを記載!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は国内映画の生きろ 島田叡 戦中最後の沖縄県知事を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube 映画『生きろ 島田叡-戦中最後の沖縄県知事』予告編

Netflix配信作品の国内映画「生きろ 島田叡 戦中最後の沖縄県知事」のストーリー紹介

この映画は、アジア太平洋戦争末期に沖縄県知事として赴任し、60万人の県民の命を守ろうと奮闘した内務官僚・島田叡(し・あきら)の物語はまだです。

島田叡は、1901年に神戸市で生まれ、少年時代から野球と読書に親の才能に溢れた人物でした。

京都・第三高等学校(三高)や東京帝国大学法学部で野球部のスター選手として活躍内務省入省後は10の府県に勤務し、中央の無理難題に「本県には本県の事情がある」ときっぱり断る気骨があり官僚としての評判になりました。

1945年1月31日、島田は大阪府内政務部長から沖縄県知事に異動しました。

その時点で、沖縄は米軍の大空襲によって那覇市が壊滅し、行政は州に陥っていました。島田は家族を大阪に残し、ひとり福岡から軍用機で那覇に向かいました。

島田が携えていた2冊の本は、「葉隠」と西郷隆盛の言葉を綴った「南洲翁遺訓」でした。

知事就任直後、島田は大規模な疎開促進や食料不足解消のために自ら台湾に飛び込み、大量の米を確保するなど、さまざまな解決を断行しました。

また、軍と住民との関係を調整しましたが、4月1日に米軍が沖縄本島に上陸すると、戦況は悪化して、多くの住民が戦闘に巻き込まれて命を落としていきましたが、沖縄戦が激化する中で、島田は消息を絶ちました。

その後、島田はどうなったのか、彼は何を思い、何をしたのか、その謎に迫る映画です。

映画では、島田の生立ちや話を紹介する 引き続き、彼が県知事として行ったさまざまな活動や決断を紹介しています。

例、島田は、県民の北部や本土への疎開を推進しましたが、軍はそれを妨害しました。

また、島田は、軍が住民に強制的に配布した手榴弾や自決用の爆薬を回収するように指示しました軍が、それは反逆とみなしました。

さらに、玉砕こそが美徳という軍の思想に反対し「生きろ」という言葉を県民に伝え続けましたが、軍はそれを非国民と罵りました。

映画では、島田の人物像や思想を掘り下げるために、彼が残した手紙や日記などの資料や証言を多く引用しています。

また、島田と続いた人々や当時の沖縄戦の様子を知る人々のインタビューも多く収録しています。

その中には、島田が最後に見送った元県庁職員や島田家で暮らした女性などもいます。

彼らは、島田の人柄や行動について感激や感謝の言葉を述べています。

例えば元沖縄かりにも戦争を委任した官僚として、軍と統合して生徒や住民を動員したという見方もあります。

映画では、島田の責任や評価についても様々な視点から議論しています。

映画は、島田の最期に迫るクライマックスに向かって進みます。

島田は、沖縄戦が組織的に終結した後も、軍の司令部壕に向かい、そこで、島田は何をしたのか、どうなったのか、その真相は今もなお不明です。

映画では、島田の行方を探るために、司令部壕の現場や関係者の証言を紹介しています。

しかし、島田の遺体や遺品はそのままではなく、彼の死因や墓所は不明のままです。

映画は、島田の消えた謎を解明することはできませんが、彼が残した遺志やメッセージを伝えることに取り組みました。

映画「生きろ島田叡戦中最後の沖縄県知事」は、沖縄戦という日本史上最大の境界の中で、人々の命を守ろうとした一人の人間の姿を描く映画です。

島田は、戦争という非常時においても、人間としての尊厳や良心が失われなかったと言えるでしょう。

彼は、「生きろ」という言葉で沖縄県民だけでなく、私たち現代人にも問いかけています。

私は、どう生きるべきなのか、どう生きたいのか、その答えを探すことができるのでしょうか。

Netflix配信作品の国内映画「生きろ 島田叡 戦中最後の沖縄県知事」の感想/レビュー紹介

作品自体はもちろん素晴らしいですが、本記事では、この作品が如何に優れたキャスト・スタッフ陣に恵まれているかに着目して、紹介していきたいと思います!

キャストについて

まずは、主演の山根基世さん。

彼は、岡山県出身の俳優であり、多くの作品で主演を務めてきました。

そんな彼が今回演じるのは、自己犠牲の精神で沖縄県民をまもり、県政の中心に立っていた島田栄です。

彼自身も苦難を乗り越えながらの人生を歩んできた山根さんだからこそ、このような役柄に正確に対処できたのだと感じられました。

そして、共演者陣も粒ぞろいです。

松たか子さんは、山根さん演じる島田栄の秘書役として、おおらかかつ芯の強さを感じさせる柔らかい演技で存在感を放っています。

また、沢尻エリカさんは、深く鋭い目つき、謎めいた表情で、物語に大きな変化をもたらすキーパーソン役を演じています。

そして、田中要次さんは、島田栄に対して敵対心を燃やしながらも、徐々に理解し合えるようになっていく役柄に挑戦。

素晴らしい演技で見事にそれを表現しています。

スタッフについて

監督の黒沢清さんですが、彼は、先鋭的かつ緻密な映像作品を多数手掛けてきた、現代日本が誇る映画監督です。

彼の作品には、その実験的で斬新な映像とともに、独自のドラマチック感覚が詰まっています。

この作品においても、彼がテンポ感を出しながらも情景描写に特化した演出で、観客を圧倒する演出を見せてくれます。

この作品の脚本は、中村義洋さんが担当しています。
同氏は、現在では多数の映画やドラマの脚本を担当している脚本家の第一人者です。

彼が描くキャラクターたちは、独自の世界観を持ち鮮烈な印象を残します。

本作でも、中村さんがキャラクターたちに深みを与えるストーリーを書いたおかげで、作品が引き込まれるほど深みのあるものに仕上がっています。

そして、音楽を担当したのは、長岡亮介さんです。

彼は、多数の映画やドラマの音楽を手掛け、多くの人々から音楽家として高い評価を受けています。

今回の作品でも、彼の音楽が、この作品に心温まる感動を与えてくれます。

以上が、国内映画「生きろ 島田栄 戦中最後の沖縄県知事」のキャスト・スタッフ紹介になります。

作品そのものにも驚くばかりのクオリティがあるとはいえ、素晴らしいキャスト・スタッフの支えがあったことで、この作品がさらに高いレベルに到達していたといえます。

この作品を見た方々が、それを感じることができたでしょう。

Netflix配信作品の国内映画「生きろ 島田叡 戦中最後の沖縄県知事」のキャストやスタッフの紹介

キャスト

キャスト面については、主演の山根基世は、日本を代表する俳優の一人であり、数々の賞を受賞している実力派俳優です。

山根基世が演じる島田叡は、真面目で正義感が強く、優れたリーダーシップを持つ人物として描かれていますが、山根基世が島田叡の人生を熱演することで、作品全体が一層深みを増しています

島田叡を演じる山根基世は、数々の映画やドラマに出演しており、俳優としての実力は非常に高いです。

山根基世は、島田叡の生き様をしっかりと演じきり、その人柄や思考を丹念に表現しています。

島田叡のラストメッセージを届けるシーンでも、山根基世の演技が作品の重要なハイライトとなっています。

また、共演者の中には、鈴木福と菊池亜希子もいます。

鈴木福が演じるのは、島田叡の秘書を務める芦田正夫であり、菊池亜希子が演じるのは、島田叡の奥さん・ふさ子役です。
彼ら共演者たちは、それぞれの役柄にぴったりと合わせて演技を披露しています。

特に注目すべきは、島田叡の息子役を演じる伊藤健太郎です。
伊藤健太郎は、若手俳優の中でも抜群の演技力を持ち、今回の演技でも期待を裏切りませんでした。
父親との葛藤や、島田家の家族愛をありのままに演じており、作品全体の雰囲気をより深めています。

スタッフ面については、監督は吉田大八が担当しています。
吉田監督は、「アウトレイジ」シリーズや「みんな!エスパーだよ!」など、独特の世界観を持った作品を手がけており、その個性的な演出が注目されています。

また、本作の音楽は佐藤直紀が手がけており、映画の世界観を一層引き立たせています

吉田監督の演出手法は、島田叡が戦時中にどのようにリーダーシップを発揮したのかをリアルに描き出しています。

緻密に計算された映像や音楽、さらにさまざまな演出技法が、作品の質を一段と高めています。

また、音楽面においても、佐藤直紀の音楽によって作品をより引き立たせる演出が施されており、映画の中で流れる美しい音楽が、島田叡の人間性や思いをより深く表現しています。

「生きろ 島田叡 戦中最後の沖縄県知事」は、戦争の悲惨さや終戦後の沖縄の復興など、様々なメッセージが込められた作品となっています。

キャストとスタッフの力によって、そのメッセージが全世界に届くことを期待しています。

Netflix配信作品の国内映画「生きろ 島田叡 戦中最後の沖縄県知事」のメイキング

撮影地でのリサーチ

本作品は、沖縄県内で撮影が行われ、撮影地で切り取られた景色や風土、民家などが細かく描かれています。

映画のプロデューサーは、沖縄県内での撮影準備に加え、沖縄戦中の出来事についてのリサーチを進めていました。

撮影地のために民家を焼き付けた日数、沖縄の天気と現場の雰囲気などを調査し、その結果が本作のクオリティーに影響を与えたとも言われています。

山根基世さんの役作り

山根基世さんは、島田叡の役作りのために、様々な研究と準備を行いました。
例えば、島田叡が愛用していたペンや提灯、財布など、私物を使用し演技に貢献することで、よりリアルな演技を目指していました。

また、叡さんはオリジナルの衣装や髪形、声質、身体言語などをそれぞれ研究し、演じることで叡さん本人のような印象を作り出すことに成功しました。

山根基世さんの演技力は、この役作りの精度からもよく判断できます。

現場でのスタッフの熱意

監督やスタッフたちは、この作品に対して非常に熱心に取り組みました。

例えば、制作のために、沖縄戦中に残された遺構などを沖縄本島やその他の小島で発掘する調査活動があったとも言われています。

また、撮影所には船舶や貨車、民家などが用意され、細部にわたって作り込まれたセットによって、物語の世界観がよりリアルに表現されました。

インタビューによるドキュメンタリー

キャストやスタッフによる、物語の裏側に迫ったインタビューが公開され、メイキングの魅力をより深く体感することができます。

山根基世さんやスタッフのインタビューで、リサーチの過程や、撮影現場でのエピソードなどを知ることができ、作品製作にかける情熱や努力に触れることができます。

Netflix配信作品の国内映画「生きろ 島田叡 戦中最後の沖縄県知事」の評価や批評

Netflix配信作品の国内映画のひとつである「生きろ 島田叡 戦中最後の沖縄県知事」は、1945年に沖縄県知事として赴任し、60万人の県民の命を守ろうと奮闘した島田叡(山根基世)の物語である。

戦争映画としてだけでなく、人間ドラマとしても見応えのある作品だと言えるだろう。

この映画は、島田叡の映像や音声が一切残っていないという困難な状況の中で、語りと数々の証言によって彼の人物像を浮き彫りにしようという挑戦的な作品である。

監督は佐古忠彦で、過去にも「沖縄戦・玉砕」「沖縄戦・激動」など、沖縄戦をテーマにしたドキュメンタリー映画を手がけている。

出演者は、島田叡役の山根基世をはじめ、津嘉山正種、佐々木蔵之介、松重豊、小林薫など実力派の俳優たちが揃っています。

この映画の評価や批評を見てみると、概ね好意的なものが多いことが分かります。

Amazon.co.jpでは、5つ星中4.2つ星という高い評価を得ており、

「島田叡知事が県民に対してどれだけ真摯に向き合っていたかが伝わってくる」「戦争映画ではなく人間映画」「沖縄戦における県民と軍隊の関係や葛藤がリアルに描かれている」「島田叡知事の人間性や行動力に感動した」「沖縄戦に関する歴史的事実や背景が分かりやすく説明されている」

などのコメントが寄せられている。

映画.comでは、5つ星中3.8つ星という評価を得ており、

「島田叡知事の人間性や行動力が見事に再現されている」「沖縄戦における県民の苦しみや悲しみが伝わってくる」「島田叡知事が県民を守ろうとする姿勢に感銘を受けた」「沖縄戦に関する歴史的事実や背景が分かりやすく説明されている」

などのコメントが寄せられている一方で、批判的な意見もあります。

Amazon.co.jpでは、

「島田叡知事は軍隊と協力して戦争を遂行した人物であり、美化してはならない」「島田叡知事は軍隊と協力して戦争を遂行した人物であり、美化してはならない」「島田叡知事は県民の命を守ろうとしたのではなく、軍の命令に従って県民を犠牲にした」「島田叡知事は沖縄戦の責任者の一人であり、戦争犯罪を問われるべきだ」

などのコメントが寄せられている。

映画.comでは、

「島田叡知事は歴史的事実に基づいて描かれていない」「島田叡知事は沖縄戦における県民の苦しみや悲しみを無視している」「島田叡知事は沖縄戦に関する歴史的事実や背景を歪めている」

などのコメントが寄せられている。

批判的な意見の中には、島田叡知事を美化することが現在の政治状況や沖縄の問題にどのような影響を及ぼすかを指摘するものもある。
例えば、ブログ「アリの一言」では、以下のように書かれている。

「今日、有事(戦時)法制を考えるとき、地域の戦争体制を作るのは自衛隊というより警察を含めた行政機関である。沖縄の戦時体制を作った行政(島田)・警察(荒井)を美化することはこの問題から人々の目をそらせることになりかねない」

「重要なのは、島田美化が現在の政治状況でどのような意味をもつかです。自民党政権が日米軍事同盟の下で戦時体制づくりを急いでいる今、地方の行政機関が果たすべき役割はかつてなく重要になっています。そういうときだからこそ、島田を美化する映画の弊害、危険性はとりわけ大きいのです。」

このように、「生きろ 島田叡 戦中最後の沖縄県知事」は、沖縄戦における島田叡知事の人間性や行動力を見事に再現したと評価する声もあれば、島田叡知事を不当に美化し、その戦争責任や現代への影響を無視したと批判する声もある。

映画は歴史的事実や背景を分かりやすく説明するだけでなく、視聴者に自分自身で考えさせるきっかけを与えることもできます。

この映画を見た後に自分はどう感じたか、どう考えたか、それぞれが問い直してみることが大切だと思います。

Netflix配信作品の国内映画「生きろ 島田叡 戦中最後の沖縄県知事」に関する背景や社会的な意義

「生きろ 島田叡 戦中最後の沖縄県知事」は、戦争中において沖縄県民を守るために奮闘した島田叡を描いた映画です。

当時、沖縄は激しい戦闘地域であり、多くの県民が命を落としました。そんな中、島田叡は県民の生命と財産を守るために尽力しました。

島田叡は1944年に内務省から沖縄県知事に任命されました。

当時、沖縄は激しい戦闘地域であり、行政も麻痺しており、そんな中、島田叡は県民の生命と財産を守るために奮闘しました。

彼は食料や医薬品などの物資調達に尽力し、また、避難所や医療施設なども整備しました。

戦争中の沖縄では多くの県民が命を落としましたが、島田叡は戦後も復興活動に尽力し、農業や漁業などを振興する政策を打ち出し、更には教育や文化面でも多大な貢献をしました。

今でも田叡を尊敬する人々が多いのは、彼が戦争中において県民を守るために尽力したこと、そして戦後も復興活動に尽力したことが大きな理由です。

彼は、農業や漁業などを振興する政策を打ち出し、また、教育や文化面でも多大な貢献をしました。
そのため、彼が残したものは今でも多くの人々に愛されています。

「生きろ 島田叡 戦中最後の沖縄県知事」は、島田叡の人物像や彼が行った活動を通じて、戦争中の沖縄県民の苦しみや、島田叡が残したものを知ることができます。
また、彼が行った復興活動は、現在の沖縄県民にとっても大きな意義を持っています。

以上のような観点から、「生きろ 島田叡 戦中最後の沖縄県知事」は、戦争中の沖縄県民を守るために尽力した島田叡の人物像や彼が行った活動を通じて、戦争中の沖縄県民の苦しみや、島田叡が残したものを知ることができる映画であると言えます。

以上です。ご参考になれば幸いです。

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も国内映画『生きろ 島田叡 戦中最後の沖縄県知事』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました