新サイトはこちら

Netflix「今際の国のアリス シーズン2」!視聴者による評判やレビューを紹介

国内ドラマ「今際の国のアリス シーズン2」

Netflix(ネットフリックス)で配信中の国内ドラマ「今際の国のアリス シーズン2」を視聴した映画の背景やオススメポイントなどを記載!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は国内ドラマの今際の国のアリス シーズン2を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube 『今際の国のアリス シーズン2』スーパーティーザー予告編 – Netflix

Netflix配信作品の国内ドラマ「今際の国のアリス シーズン2」のストーリー

Netflixで大ヒットしたサバイバルドラマ「今際の国のアリス」のシーズン2が、2022年12月22日から全世界独占配信されました。

シーズン1では、漫然と生きていたゲーマーの有栖(アリス)良平(山﨑賢人)とその友人たちが、突然異次元の東京に迷い込み、理不尽なゲームに参加しなければ死んでしまうという“今際の国”と呼ばれる世界に巻き込まれるというストーリーでした。

シーズン2では、アリスとウサギ(土屋太鳳)が“げぇむ”をクリアして元の世界に戻るために奮闘する姿が描かれます。

シーズン2は、シーズン1の最終話で“げぇむ”を終えたアリスとウサギが、ビーチで暮らすプレイヤーたちと出会うところから始まります。

ビーチは“今際の国”の中でも比較的安全な場所であり、王様気取りの男・キューマ(山下智久)が仕切っています。

キューマはアリスとウサギにカード集めに協力するよう強要しますが、その裏では“絵札”と呼ばれるゲームマスターたちと裏取引をしていることが明らかになります。

“絵札”は“げぇむ”を仕掛ける者たちであり、彼らはプレイヤーたちを自分たちの思惑通りに操ろうとしています。

一方、アリスとウサギはビーチでチシヤ(村上虹郎)やクロノ(三吉彩花)など新たな仲間たちと出会います。

チシヤは“今際の国”の真実を知るカギを握っている謎多き男であり、アリスとウサギに現状変革を目指すよう誘います。

チシヤは“今際の国”の国民は元々別の世界から来た者たちであり、記憶を消されていることを明かします。

そして、“今際の国”から脱出する方法は、“ねくすとすてぇじ”と呼ばれる最終ステージにあると言います。

しかし、“ねくすとすてぇじ”に行くには、“絵札”からカードを奪わなければなりません。

そのたためには、ビーチのプレイヤーたちと協力する必要があります。

しかし、その前にビーチが次のゲーム会場に指定されてしまい、全員参加の“魔女狩り”というゲームでは、プレイヤーたちは互いに裏切りや殺意を抱きながら、魔女と呼ばれる人物を探すことになります。

アリスとウサギはこのゲームを生き延びることができるのでしょうか?

シーズン2の後半では、“ねくすとすてぇじ”に到達したアリスとウサギが、最後の難関となる“絵札”たちと対決します。

“絵札”たちはそれぞれ異なる能力や特徴を持ち、アリスたちを苦しめ、中でも最も強力なのが、ミラ(仲里依紗)という女性です。

ミラは“今際の国”の創造者であり、自分の思い通りに世界を変えることができます。

ミラはアリスたちに“今際の国”の真実を告げますが、それは衝撃的なものでした。

シーズン2は、シーズン1よりもさらにスケールアップしたアクションやサスペンスが満載です。

原作漫画のファンも納得するような忠実な映像化でありながら、オリジナルの要素も加えられています。

特に、“絵札”たちのキャラクターや能力は、原作とは異なる設定になっており、新鮮な驚きを与えてくれます。

また、VFXや音楽も素晴らしく、迫力ある映像美を楽しむことができます。

出演者たちの演技も見どころの一つで、主演の山﨑賢人は、アリスという複雑な心境を表現することに成功しています。

彼は、“今際の国”で出会った仲間や敵との関係性を丁寧に描き出し、視聴者に感情移入させます。また、土屋太鳳は、ウサギという明るく元気なキャラクターを好演しています。

彼女は、“今際の国”で成長する姿や、アリスへの想いを魅力的に表現しています。

その他にも、村上虹郎や三吉彩花など新キャストや、“絵札”役の仲里依紗や山下智久など豪華キャストが多数出演しており、それぞれが個性的なキャラクターを演じています。

Netflixシリーズ「今際の国のアリス」シーズン2は、原作ファンもドラマファンも楽しめる作品です。

壮大な物語や感動的な人間ドラマ、息をつかせない展開や驚愕の真実など、見どころです。

Netflix配信作品の国内ドラマ「今際の国のアリス シーズン2」の視聴感想/レビュー紹介

2020年にシーズン1が配信され、大ヒットしたNetflixオリジナルドラマ「今際の国のアリス」。

その続編となるシーズン2が2022年12月22日に配信されました。

原作は麻生羽呂さんの人気漫画で、理不尽な“げぇむ”に巻き込まれた人々が生き残りをかけて戦うデスゲームものです。

主演は山﨑賢人さん演じるアリスと土屋太鳳さん演じるウサギです。

私はシーズン1も見ていたので、シーズン2が配信されると聞いてすぐに見始めました。

結論から言うと、シーズン2はシーズン1よりも面白くて感動的でした。

以下にその理由を詳しく説明します。

映像のクオリティが高い

CGやアクションシーンが多用されていますが、どれも迫力があります。
特にスペードのキング戦では、銃撃戦や爆発などが次々と起こりますが、それらがリアルに描かれています。日本のドラマとは思えないほどです。
また、衣装やメイクも原作に忠実で、キャラクターの雰囲気をよく表現しています。

ストーリーに引き込まれる

シーズン1では数字のカードを集めることが目的でしたが、シーズン2では絵札のカードを集めることになります。
絵札のカードは数字のカードよりも難易度が高く、複数の“げぇむ”に同時に参加する必要があります。
そのため、アリスたちは仲間と分かれて行動することになり、それぞれの“げぇむ”は独自のルールや仕掛けがあり、視聴者も予想できない展開が待っています。
また、“げぇむ”だけでなく、“今際の国”そのものの謎や黒幕の正体にも迫っていきます。

キャラクターが魅力的

主人公のアリスは前向きで正義感が強く、ウサギは明るくて優しくて可愛らしいです。

二人の関係は恋愛よりも友情や家族に近く、心温まる場面もあります。

また、仲間や敵と仲間や敵とのやりとりも見どころです。

特に村上虹郎さん演じるキューマは、カリスマ性がありながらも残忍で狂気的なキャラクターで、アリスとの対決は圧巻です。

キューマはアリスに“げぇむ”を通して生きることの意味を問いかけますが、その答えは視聴者にも考えさせられます。

他にも、三吉彩花さん演じるミラや桜田通さん演じるチョタなど、個性的で魅力的なキャラクターが多く登場します。

感動的な結末

シーズン2の最終回では、アリスたちはすべてのカードを集めて元の世界に戻ることができるのか、そして戻ったらどうなるのかという疑問に答えが出ます。

しかし、その答えは予想外のもので、私は最後のシーンで涙が止まりませんでした。

シーズン1では“今際の国”という言葉の意味が分からなかったのですが、シーズン2ではその意味が明らかになります。

それはアリスたちにとってどういうことだったのか、観ている人にも考えさせられます。

このドラマは日本ドラマ史上でも稀に見る傑作だと思います。

原作ファンはもちろん、デスゲームやSFが好きな人にもおすすめです。

Netflix配信作品の国内ドラマ「今際の国のアリス シーズン2」のキャストやスタッフ

シーズン2に登場するキャストとスタッフを紹介します。

主演は山﨑賢人と土屋太鳳

本作の主人公は、無職でゲーム好きな青年・有栖良平(アリス)と、元看護師でアクション女優として活躍する宇佐木柚葉(ウサギ)です。

彼らは突然、無人となった東京で命を賭けたゲームに参加させられることになります。

アリス役を演じるのは、映画『キングダム』シリーズや日曜劇場「アトムの童(こ)」などで主演を務める山﨑賢人さん。

ウサギ役を演じるのは、映画『銀魂』シリーズやNHK大河ドラマ「青天を衝け」などで活躍する土屋太鳳さんです。

二人はダブル主演として、過酷なゲームに挑みます。

シーズン2では新キャラクターも登場

シーズン1から引き続き登場するキャラクターとしては、元自衛官で武闘派プレイヤーのアグニ役に青柳翔さん、空手の達人でチシヤの相棒のクイナ役に朝比奈彩さん、元ビーチ幹部で鑑識課刑事のアン役に仲里依紗さんなどがいます。

また、シーズン2では新たなキャラクターも登場します。

その中でも注目なのが、「 `& K」を司るプレイヤー・キューマ役に山下智久さん、「 c& K」を司るプレイヤー・ヘイヤ役に恒松祐里さん、「 f& K」を司るプレイヤー・バンダ役に磯村勇斗さん、「 e& K」を司るプレイヤー・エンジ役に井之脇海さん、「 `& Q」を司るプレイヤー・ヤバ役に毎熊克哉さんなどがいます。

これらのキャラクターはそれぞれ絵札のゲームを運営する「国民」と呼ばれる存在であり、アリスたちと対峙することになります。

彼らはどのようなゲームを仕掛けてくるのでしょうか。

監督は佐藤信介

本作の監督は、映画『リアル鬼ごっこ』シリーズやドラマ「SPEC」シリーズなどで知られる佐藤信介さんです。

佐藤監督は原作の漫画を読んだ時から映像化に興味を持っており、Netflixからオファーを受けた際には即座に引き受けたというエピソードがあります。

佐藤監督は原作の世界観やキャラクターを尊重しつつも、ドラマ版独自の展開や演出を加えています。

特にシーズン2では、原作にはないオリジナルのストーリーやキャラクターが登場します。

佐藤監督は「シーズン1よりもさらにスケールアップした作品になっています。原作ファンの方も、ドラマ版ファンの方も、新規の方も楽しんでいただけると思います」とコメントしています。

Netflix配信作品の国内ドラマ「今際の国のアリス シーズン2」のメイキング

シーズン2では、シーズン1よりもさらにスケールアップした“げぇむ”や、新たな登場人物や謎が登場し、観る者を惹きつけます。

そんな「今際の国のアリス」シーズン2の裏側を、フューチャレット映像やメイキング写真を通して紹介します。

まず、目を引くのは、植物化した東京や朽ち果てた渋谷のセットです。

監督の佐藤信介さんは、「シーズン2は、世界が時が経つと共に変貌していくというところを描いている」と語っています。

山﨑賢人さんも、「苔が生えたり、草木が茂って、かなり荒廃した絶対現実ではないようなセットだった」と感想を述べています。作中で突然消えた人類の跡を残すビルや看板などは、誰も見たことのない衝撃的な光景です。その中で、“げぇむ”に挑む登場人物たちの姿は、より一層緊迫感や迫力を増します。

次に、アクションシーンについてです。

本作では、様々なジャンルや難易度の“げぇむ”が登場しますが、それに合わせてキャストたちも様々なアクションに挑戦しています。

特に印象的なのは、ウサギ(土屋太鳳)が見せる格闘技やカーアクションです。

土屋太鳳さんは、「ウサギは運動神経は良いけど、格闘技は習ったことがない」というキャラクター設定に沿って、「素人っぽさ」を意識しながらアクションを演じています。

また、カーアクションでは、「史上最大規模の封鎖をした」という渋谷での撮影が行なわれました。

山﨑賢人さんは、「普段見慣れている景色の中をカーアクションができるっていうのは、『今際の国のアリス』ならではだと思います」とコメントしています。

また、佐藤信介監督は、「生きる死ぬの戦いをやっていますが、その人達は戦士や兵士やヒーローでもなく、本当に東京にいた普通の人達なので、最後に渋谷に集まって来た時に、混乱に終止符を打つために立ち上がるヒーローのような姿に捉えてもらえたら面白い」と語っています。

さらに、シーズン2では、新たなキャストも登場します。

シーズン1でアリスとウサギが出会った“今際の国”の住人たちとは別のグループで、“げぇむ”に挑んでいるキューマ(山下智久)、ヘイヤ(恒松祐里)、バンダ(磯村勇斗)、エンジ(井之脇海)、ヤバ(毎熊克哉)らが加わります。

彼らはどのような役割を果たすのでしょうか。

また、シーズン1で登場したキャラクターたちも、シーズン2ではさらに深みが増します。

特に、アリスとウサギの関係性は、観る者の心を揺さぶります。

山﨑賢人さんは、「アリスとウサギはお互いに必要な存在だと思います」と語り、土屋太鳳さんも、「アリスとウサギは一緒に生きていくことを決めた仲間です」と述べています。

「今際の国のアリス」シーズン2は、シーズン1を遥かに超える規模とクオリティで制作された作品です。

Netflix配信作品の国内ドラマ「今際の国のアリス シーズン2」の評価や批評

「今際の国のアリス シーズン2」は、原作漫画の第3部から第5部までを実写化した作品で、シーズン1では、東京が無人になり、理不尽なゲームに巻き込まれた主人公・アリス(山﨑賢人)と仲間たちのサバイバルストーリーが描かれました。

シーズン2では、絵札のトランプを掲げた飛行船が現れ、新たなゲームや新キャラクターも登場し、物語も佳境を迎えます。

シーズン2では、クラブのキング「すうとり」、ハートのジャック「どくぼう」、スペードのクイーン「ちぇっくめいと」、ダイヤのキング「てんびん」という4つのゲームが行われます。

それぞれが異なる舞台やルールで展開されるゲームは、参加者たちの知能や肉体、心理を試されるものばかりです。

ゲームに勝利する度に手に入るトランプのカードをすべて集めたアリスたちは、元の世界に戻ることができるのか、それとも別の真実が待っているのか…?

私はシーズン2を見終わった後、以下のような感想を持ちました。

まず、演出や映像美に関しては、シーズン1以上に素晴らしかったと思います。

ゲームの舞台となる港や刑務所、プラントや裁判所などは、それぞれが独自の雰囲気や緊張感を持っており、視聴者を引き込みます。

また、ゲーム中に起こるアクションや殺陣も迫力満点でした。

特に、「すうとり」ではコンテナを使った追いかけっこや、「ちぇっくめいと」ではプラント内で繰り広げられる銃撃戦などは見応えがありました。

さらに、「どくぼう」では首輪が爆発するシーンや、「てんびん」では裁判所内で起こる様々な事件などは衝撃的でした。

これらの演出や映像美は、アジアン・アカデミー・クリエイティブ・アワードで監督賞や撮影賞などを受賞したことも納得できるレベルだと思います。

次に、キャストや演技に関しては、シーズン1から引き続き出演しているメインキャラクターたちはもちろんですが、シーズン2から登場した新キャラクターたちもシーズン2から登場した新キャラクターたちも、それぞれが個性的で魅力的に演じられていました。

特に印象的だったのは、クラブのキングであるキューマ役の山下智久さんです。

キューマは、元はバンドのボーカルとして活動していた過去があり、ゲームを勝ち抜くことで生きる喜びを感じるスリル中毒のキャラクターです。

山下さんは、キューマのカリスマ性や狂気を見事に表現しており、アリスに対しても独自の哲学を語るシーンなどは圧巻でした。

また、ハートのジャックであるマツシタ役の井之脇海さんも、物静かだが言葉巧みに参加者を翻弄する悪役として存在感を放っていました。

その他にも、タッタ役の渡辺佑太朗さんやヘイヤ役の恒松祐里さんなど、新キャラクターたちが物語に深みや感動を与えてくれました。

最後に、ストーリーや展開に関しては、シーズン1よりもさらにスピード感やサスペンス感が増していたと思います。

ゲームごとに参加者たちの命が危機にさらされるだけでなく、ゲームの裏側に隠された真実や謎も次々と明かされていきます。

特に、「てんびん」では、今際の国の正体や目的がついに判明し、アリスたちが元の世界に戻ることができるかどうかが決まります。

その結末は、原作漫画とは異なるオリジナルの展開となっており、原作ファンも予想外の衝撃を受けることでしょう。私自身も、最後まで目が離せないほど引き込まれました。

以上が、「今際の国のアリス シーズン2」についての私の評価や批評です。私はこのドラマを見て、生きることや死ぬことについて考えさせられました。

また、アリスやウサギなどのキャラクターたちに感情移入し、彼らの運命に一喜一憂しました。

このドラマは、SFやサスペンスだけでなく、人間ドラマとしても楽しめる作品だと思います。

シーズン2の最後には、シーズン3への伏線も張られていますので、続編が製作されることを期待しています。

Netflix配信作品の国内ドラマ「今際の国のアリス シーズン2」に関する背景や社会的な意義

このドラマの背景や社会的な意義について考察してみましょう。

まず、背景としては、原作の連載が始まった2010年から2016年にかけて、日本では東日本大震災や消費税増税などの社会的な不安や不満が高まっていました。

また、若者の就職難や貧困化、自殺率の高さなども深刻な問題となっていました。

このような状況の中で、やりきれない日常から逃れたいという願望や、生きることの意味を探すというテーマが多くの読者に共感を呼んだと考えられます。

次に、社会的な意義としては、このドラマが描く“げぇむ”は、現実社会における競争や試練のメタファーとも捉えられます。

登場人物たちは、“げぇむ”に勝利することでトランプのカードを手に入れ、元の世界に戻ることを目指しますが、その過程で仲間や敵と出会い、自分自身や他者と向き合います。

また、“げぇむ”は知力・体力・チームワークなど様々な能力や特性を要求されるため、登場人物たちは自分の強みや弱みを認め、成長していきます。

このように、“げぇむ”は、人間関係や自己認識を深める機会でもあります。

さらに、“げぇむ”は、視聴者にも様々な問いかけをします。

例えば、「自分はどんな“げぇむ”に挑戦したいか?」「自分はどんな仲間と協力したいか?」「自分はどんな敵と戦ったら負けるか?」「自分はどんな結末を望むか?」などです。

これらの問いかけは、“げぇむ”だけでなく、現実社会における選択や価値観にも通じるものです。

つまり、“げぇむ”は、視聴者に自分の生き方や生きる意味を考えさせるきっかけともなります。

以上のように、「今際の国のアリス」シーズン2は、シーズン1の続きから始まります。

アリスたちは、数字のカードをすべて集めた後、絵札のカードをクリアするために渋谷へと向かいます。そこで彼らは、新たな“げぇむ”に参加することになりますが、その中には前作よりも難易度やスケールが増したものもあります。

例えば、レーザー光線が降り注ぐ中での銃撃戦や、植物化したビルの上でのバランスゲームなどです。

また、シーズン2では、新たなキャラクターも登場します。

特に注目すべきは、クラブのキングであるキューマ(山下智久)です。

キューマは、“げぇむ”を操る黒幕の一人でありながら、アリス(山﨑賢人)に大きな影響を与える存在となります。

キューマは、“げぇむ”を楽しむことで生きることの意味を見出しており、アリスにもその生き様を問いかけます。アリスは、キューマとの対話や対決を通して、“げぇむ”や“今際の国”の真実に迫っていきます。

シーズン2では、アリスだけでなく、ウサギ(土屋太鳳)やチシヤ(村上虹郎)、ミラ(仲里依紗)などの他のキャラクターたちもそれぞれの過去や感情に直面します。

ウサギは、尊敬する父を死に追いやった元の世界に戻ることに躊躇を感じ始めます。チシヤは、“げぇむ”で出会った少女との関係に苦悩します。

ミラは、“げぇむ”を楽しむことで自分を見失っていくことに気付きます。

これらのキャラクターたちは、“げぇむ”を通して自分自身や他者と向き合い、成長していく姿が描かれます。

シーズン2の最後では、アリスたちはすべてのカードが揃った時に何が起こるかを知ることになります。

“今際の国”から元の世界に戻ることができるのか? それとも別の選択肢があるのか?

そして、“今際の国”は一体誰が作ったものなのか? これらの謎が明らかになると同時に、アリスたちは自分たちの運命を決めることになります。

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も国内ドラマ『今際の国のアリス シーズン2』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました