新サイトはこちら

国内ドラマ「インフォーマ」のNetflix配信版を視聴してみた:レビュー

Netflix(ネットフリックス)で配信中のドラマ「インフォーマ」を視聴した感想レビューと映画の背景やオススメポイントなどを記載!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は国内ドラマのインフォーマを視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube 【インフォーマ】“情報屋”桐谷健太と“記者”佐野玲於が謎の連続殺人事件を追うクライムサスペンス!特報動画をGENERATIONSツアー最終日に衝撃公開!

Netflix配信作品の国内ドラマ「インフォーマ」のストーリー

「インフォーマ」とは、桐谷健太さんが主演を務めるクライムサスペンスドラマです。

原作は沖田臥竜さんの小説で、裏社会・政治・芸能など、あらゆる情報に精通する“インフォーマ”・木原慶次郎(桐谷健太さん)と週刊誌「タイムズ」記者・三島寛治(佐野玲於さん)が警察・ヤクザ・裏社会の住人たちを巻き込み謎の連続殺人事件を追うストーリーです。

ドラマ『インフォーマ』は、Netflixで全世界配信されている桐谷健太さん主演のクライムサスペンスです。

原作は沖田臥竜さんの同名小説で、裏社会・政治・芸能など、あらゆる情報に精通する“インフォーマ”・木原慶次郎(桐谷健太さん)と週刊誌「タイムズ」記者・三島寛治(佐野玲於さん)が警察・ヤクザ・裏社会の住人たちを巻き込み謎の連続殺人事件を追うストーリーです。

木原は、幼いころに両親を殺された過去を持ち、その復讐のために情報屋として活動しています。

彼は、自分の両親を殺した犯人が元国土交通大臣の石上兼人(石橋蓮司さん)だと知り、彼に近づくために石上の右腕である冴木亮平(森田剛さん)と接触します。

冴木は、木原と同じく幼いころに両親を殺された過去を持ち、その復讐のために石上に仕えています。しかし、実は冴木こそが木原の両親を殺した犯人であり、かつて木原を救った恩人でもありました。

一方、三島は、週刊誌「タイムズ」の新人記者として働いていますが、なかなかスクープを取れずに苦労しています。ある日、彼は木原から情報提供を受けるようになります。

木原は三島に自分の正体や目的を隠しつつも、彼を利用して石上や冴木に関する情報を流します。

三島は木原から得た情報で次々とスクープを取りますが、その過程で警察やヤクザなどの危険な存在とも関わることになります。

やがて、木原と冴木は互いの正体や関係を知り、最後の対決に臨みます。

三島は、木原と冴木の最後の戦いに立ち会い、木原が冴木を刺す瞬間を目撃します。

しかし、木原は自分も重傷を負い、三島に「ありがとう」と言って倒れ、三島は、木原が自分に送ってきたメールを見て、彼が自分に伝えたかったことを理解します。

それは、木原が自分の両親を殺した犯人である冴木に復讐するために、自分を利用していたことでした。

しかし、三島は木原に恨みや憎しみを感じません。むしろ、彼が自分に与えてくれた情報や経験に感謝し、彼の死を惜しみます。

その後、三島は週刊誌「タイムズ」の記者として活躍し続けますが、木原のことは忘れられません。

ある日、彼は木原から受け取ったUSBメモリを見て驚きます。

そこには、木原が集めた石上や冴木に関する情報や証拠が詰まっていました。

それらは、木原が死ぬ前に自分に託したものだったのです。

三島は、木原の遺志を継ぎ、石上や冴木の罪を暴くために動き出します。

一方、木原は実は死んでいませんでした。

彼は冴木との戦いで重傷を負いましたが、なんとか一命を取り留めました。彼は警察やヤクザから逃れるために、自分の死を偽装しました。

そして、三島にUSBメモリを送りつけることで、彼に自分の真意や目的を伝えました。

そして、彼は再び姿を消しました。

しかし、彼は完全に引退したわけではありませんでした。彼は今もどこかで情報屋として活動しています。

そして、彼はまた三島と再会する日を待っています。

ドラマ『インフォーマ』は、桐谷健太さんと佐野玲於さんの熱演や沖田臥竜さんの鮮烈なストーリーで視聴者を魅了しました。

最終回では、木原と冴木の衝撃的な対決や三島の成長が描かれました。

そして、最後には木原の生存と再会への期待が示唆されました。

これは次なるステップへの第一歩なのかもしれません。

ドラマ『インフォーマ』は終わりましたが、物語はまだ終わっていません。

Netflix配信作品の国内ドラマ「インフォーマ」の視聴感想/レビュー紹介

このドラマは、日本で関西テレビで放送されたものと同じ内容ですが、韓国版では桐谷健太さんが韓国語で演技をしています。

桐谷健太さんは韓国語が堪能なことで知られていますが、このドラマではその実力を存分に発揮しています。

木原慶次郎というキャラクターは、情報屋として冷静沈着で頭脳明晰な一方で、幼いころに両親を殺された過去を持ち、復讐心に燃える複雑な人物です。

桐谷健太さんは、その木原慶次郎の内面や感情を韓国語で見事に表現しています。

特に、木原慶次郎が自分の両親を殺した犯人である冴木亮平(森田剛さん)と対峙するシーンでは、木原慶次郎の怒りや悲しみや葛藤が韓国語でも伝わってきます。

佐野玲於さん演じる三島寛治も韓国語で演技をしていますが、彼は桐谷健太さんほど韓国語が得意ではないようです。

しかし、それがかえって三島寛治というキャラクターに合っていると感じました。

三島寛治は、週刊誌「タイムズ」の新人記者として働いていますが、なかなかスクープを取れずに苦労しています。

ある日、彼は木原から情報提供を受けるようになり、木原は三島に自分の正体や目的を隠しつつも、彼を利用して石上や冴木に関する事件を追っていきます。

三島は木原の情報に頼りながらも、自分なりに真実を探ろうと奮闘し、木原の正体や目的を知らない三島は、次第に木原の思惑に巻き込まれていくことになります。

このドラマは、情報屋と記者という異色のコンビが繰り広げるスリリングな展開と、裏社会や政治の闇を暴く衝撃的な内容で、視聴者を引き込んでいきます。

桐谷健太さんと佐野玲於さんの息の合った掛け合いやアクションも見どころです。

また、森田剛さん演じる冴木亮平や、横浜流星さん演じる木原の弟・愛之介など、個性的で魅力的なキャラクターも多く登場します。

特に、森田剛さんは事務所移籍後初のドラマ出演で、木原の宿敵であり恩人でもある冴木亮平という複雑な役柄を見事に演じています。

冴木亮平は、木原の両親を殺した犯人でありながら、幼い木原を助けて育てた男です。

そのため、木原と冴木の関係は単純な敵対ではなく、愛憎入り混じったものになっています。

最終回では、木原と冴木の壮絶な対決が描かれますが、その結末は衝撃的です。

私がこのドラマを視聴してみた感想は、非常に面白かったということです。
桐谷健太さんと佐野玲於さんの韓国語での演技も素晴らしかったですし、ストーリーも引き込まれるものでした。

特に、最終回では木原と冴木の過去や真相が明かされるシーンや、三島が最後に取ったある行動が印象的でした。また、最後には木原の生存と再会への期待が示唆されるシーンもありました。

これは次なるステップへの第一歩なのかもしれません。

ドラマ『インフォーマ』は終わりましたが、物語はまだ終わっていません

このドラマは原作小説やマンガ化もされていますが、それぞれに違った魅力があります。

原作小説は沖田臥竜さんの独自の視点や筆力で書かれており、ドラマでは描かれなかった部分も多くあります。

マンガ化は小学館で始まったばかりですが、ドラマとは違う表現方法で物語を再現しており、どちらも読んでみる価値があると思います。

 

Netflix配信作品の国内ドラマ「インフォーマ」のキャストやスタッフ

主演:桐谷健太

まずは主演の桐谷健太さんですが、桐谷さんは、映画「ヘルタースケルター」「海街diary」などで知られる実力派俳優です。
今回の役柄は、情報屋として裏社会を渡り歩く木原慶次郎で、桐谷さん自身が原作小説を読んでオファーを受けたそうです。
木原は、かつてヤクザだった過去を持ちながらも、人間味あふれるキャラクターで、桐谷さんの魅力が存分に発揮されています。

三島寛治役:佐野玲於

木原の運転手兼相棒となる三島寛治を演じるのは、佐野玲於さんです。
佐野さんは、「仮面ライダーエグゼイド」「3年A組-今から皆さんは、人質です-」などで活躍する若手俳優です。
三島は、ゴシップ記事ばかりを書く週刊誌の記者で、木原と出会ってから次第にジャーナリズム精神に目覚めていきます。
佐野さんは、三島の成長や葛藤を丁寧に演じています。

石田正義役:森田剛

木原と三島が追う情報の中心にいる人物が、大物政治家・石田正義です。
石田を演じるのは、森田剛さんです。
森田さんは、「GTO」「LIAR GAME」などで知られる人気俳優です。
石田は、表向きは清廉潔白なイメージを持つ政治家ですが、裏では暗躍する陰の存在です。
森田さんは、石田の冷徹さやカリスマ性を見事に表現しています。

松本美里役:北香那

石田の秘書であり愛人でもある松本美里を演じるのは、北香那さんです。
北さんは、「恋空」「仮面ライダーウィザード」などで活躍する女優で、美里は、石田に心酔する一方で、木原や三島にも関わっていく複雑な役柄です。

ナナ役:横浜流星

木原と三島の情報源の一人であるナナを演じるのは、横浜流星さんです。
横浜さんは、「チア☆ダン」「恋はつづくよどこまでも」などで人気を博したイケメン俳優です。
ナナは、木原の元部下で、現在はペットショップの店員として働いています。
ナナは、木原に対して忠誠心を持ちながらも、自分の恋心を抑え込んでいる複雑な役柄です。

 

石田正雄役:淵上泰史

木原の元組長であり、現在は六車連合の組長となっている石田正義の兄・石田正雄を演じるのは、淵上泰史さんです。
淵上さんは、「仮面ライダー響鬼」「相棒」などで活躍するベテラン俳優です。
正雄は、木原に対して恩義を感じている一方で、弟・正義の野望に協力している矛盾した役柄です。

ペットショップ店主役:濱津隆之

木原と三島が通うペットショップの店主を演じるのは、濱津隆之さんです。
濱津さんは、「相棒」や「科捜研の女」などで知られるコメディアン兼俳優です。
店主は、木原や三島に情報を提供する一方で、自分のペットたちに愛情を注ぐコミカルな役柄です。

謎の男の仲間:般若・二ノ宮隆太郎・藤井陽人

木原や三島が追う謎の男の仲間を演じるのは、般若さん、二ノ宮隆太郎さん、藤井陽人さんです。
般若さんは、「クローズZERO」「HiGH&LOW」などで活躍するラッパー兼俳優です。
二ノ宮さんは、「仮面ライダーW」「GTO」などで活躍する俳優です。
藤井さんは、「ムショぼけ」「3年A組-今から皆さんは、人質です-」などで活躍する俳優です。
彼らは、木原や三島に敵対する危険な役柄です。

その他のキャスト

その他にも、MEGUMIさんや石橋蓮司さん、西村元貴さん、田島亮さん、一ノ瀬ワタルさんなど豪華なキャストが出演しています。

 

総監督:藤井道人

ドラマ「インフォーマ」の監督は、藤井道人さんが総監督を務め、逢坂元さん、曽根隼人さん、林田浩川さんが各話を担当しています。

藤井さんは、「ムショぼけ」「ヘルドッグス」などで知られるカンテレ深夜ドラマ枠「EDGE」(エッジ)の常連監督です。
逢坂さんは、「3年A組-今から皆さんは、人質です-」「リコカツ」などで活躍しています。

脚本:澤口明宏

ドラマ「インフォーマ」の脚本は、酒井雅秋さんと澤口明宏さんが担当しており、酒井さんは、「ヘルドッグス」「3年A組-今から皆さんは、人質です-」などで知られる脚本家です。
澤口さんは、「ムショぼけ」「リコカツ」などで知られる脚本家です。
彼らは、原作小説を忠実に再現しながらも、ドラマならではの展開やキャラクターの掘り下げを行っています。

音楽:堤裕介

ドラマ「インフォーマ」の音楽は、堤裕介さんが担当しています。
堤さんは、「ムショぼけ」「ヘルドッグス」などで知られる音楽家です。
堤さんは、ドラマの世界観に合わせて、緊迫感やスピード感のあるサウンドを作り出しています。

制作協力:株式会社Lat-Lon

ドラマ「インフォーマ」の制作協力は、株式会社Lat-Lonが行っています。
Lat-Lonは、「ムショぼけ」や「ヘルドッグス」などで知られる制作会社です。
Lat-Lonは、カンテレ深夜ドラマ枠「EDGE」(エッジ)の常連制作会社であり、クオリティの高い映像作品を提供しています。

以上が、Netflix配信作品の韓国ドラマ「インフォーマ」のキャストとスタッフの紹介でした。

このドラマは、裏社会や政治、芸能などあらゆる情報に精通する“インフォーマ”と呼ばれる元ヤクザの木原慶次郎と、週刊誌の記者・三島寛治が繰り広げるスリリングな物語です。

Netflix配信作品の国内ドラマ「インフォーマ」のメイキング

このドラマは、桐谷健太にとって連続ドラマ単独初主演作品となります。

桐谷は「このようなぶっちぎりで攻めている作品で、主演を務めることがすごく誇らしくもあり、本当にうれしいです。連ドラ単独初主演ということで、この作品をむかえられたことは、自分の中でもすごく大きいですし、“桐谷健太覚醒”の作品になったと自負しております」とコメントしています。

桐谷が演じる木原は、世間の常識などものともしない破天荒でエネルギッシュな男です。
桐谷は「今の時代、人の目を気にしたり我慢することが、みんなの中でどんどん大きくなっていると思います。でもそれは自分が選んでいることで、これを打破するか、ずっと我慢し続けるかもすべて自分で決めている。その中で、我慢せずに自らどんどん道を切り開いていく主人公を演じるのは、めちゃくちゃやりがいを感じましたし、すごく好きな役です」と話しています。

木原のバディとなる三島役を演じる佐野玲於は、「桐谷さんとは初共演だったんですけど、すごく気さくな方でした。木原さんと三島さんは対照的なキャラクターなんですけど、それがまたお互いに引き立て合っている感じがします。僕も桐谷さんから刺激を受けましたし、一緒に追いかけていく感覚で楽しかったです。」と話しています。

ドラマ「インフォーマ」は、過激なアクションシーンも見どころのひとつです。

桐谷健太は、「“マジで地上波で放送してくれるんですか? ”と聞きたくなる(笑)」というほどの激しいシーンに挑戦しています。桐谷は「僕自身、アクションが好きなので、楽しくやらせていただきました。スタントマンさんもすごく頼りになる方ばかりでしたし、藤井監督もすごく細かく指示をしてくださったので、安心してやれました」と振り返っています。

桐谷は、木原が持つ特殊な能力についても語っています。
「木原は、相手の動きや呼吸を見て、次に何をするかを予測することができるんです。それで相手の隙をついて攻撃したり、逃げたりするんですね。それがすごくカッコいいと思いました」と話しています。

桐谷は、その能力を表現するために、「目線や表情に気をつけました。相手の動きに合わせて目線を動かしたり、表情を変えたりして、木原の頭の中が見えるようにしました」と明かしています。

ドラマ「インフォーマ」は、桐谷健太の新境地とも言える作品です。

桐谷は、「“俺、こんな表情するんや”と自分でも驚くような新たな部分も引き出していただきました。桐谷健太、覚醒の作品になったと自負しています!」と自信をのぞかせています。

視聴者からも、「桐谷健太の演技がすごい」「木原と三島のコンビが最高」「ストーリーが面白すぎる」「インフォーマ・ロスに陥った」という声が多数寄せられています。

Netflixで配信中の韓国ドラマ「インフォーマ」は、まだまだ見逃せない展開が続きます。

桐谷健太演じる木原慶次郎の運命や、謎の連続殺人事件の真相はどうなるのでしょうか?

ぜひチェックしてみてください。

Netflix配信作品の国内ドラマ「インフォーマ」の評価や批評

このドラマの見どころは、桐谷健太さんの演技です。

桐谷さんは、自身の地元・大阪で、連続ドラマ単独初主演作となるこの作品に挑んでいます。

桐谷さんは、情報屋として冷静沈着に動く一方で、過去のトラウマや復讐心に苦しむ木原慶次郎という複雑な役柄を見事に演じています。

特に、幼い頃に自分を救ってくれた恩人が宿敵だったことを知った時のショックや怒り、そして最後の決着の場面では、桐谷さんの表情や声に強烈な感情が伝わってきます。

桐谷さんは、「劇薬のような刺激的なドラマ」と評していますが、その言葉通り、視聴者も桐谷さんの演技に引き込まれることでしょう。

次に、このドラマの魅力は、ストーリーの展開です。

このドラマは、原作小説を基にしつつも、オリジナル要素も加えています。

例えば、木原慶次郎と対峙する謎の男・冴木(森田剛)は、原作では登場しないキャラクターです。
また、原作では木原慶次郎が三島寛治とコンビを組むことはありませんでしたが、ドラマでは二人が協力して事件を解決する姿が描かれています。

これらの変更は、ドラマならではの見せ方や緊張感を高める効果があります。また、毎回登場する事件や登場人物も多彩で興味深いです。

例えば、元国土交通大臣の石上(田中哲司)や週刊誌「タイムズ」編集長の長澤(MEGUMI)などは、現実社会にも通じるキャラクターです。

さらに、事件や登場人物の背景には、裏社会の掟やしきたり、政治の暗部やスキャンダル、芸能界の裏話やゴシップなどが絡んでいます。

これらの要素は、視聴者の好奇心をくすぐるとともに、現実とフィクションの境界を曖昧にする効果があります。

ドラマは、最終回まで目が離せない展開を繰り広げています。

最後に、このドラマの評価は、高いと言えるでしょう。

このドラマは、関西テレビが新たに展開するドラマ枠『EDGE』の第一弾作品として放送されました。

『EDGE』は、「斬新」「鋭さ」「前衛」といった意味を持つ枠名で、月曜よる10時の全国ネットドラマとは一線を画すエッジの効いたドラマラインナップで勝負するというコンセプトです。

このドラマは、そのコンセプトにぴったりの作品と言えます。

また、Netflixで配信されていることで、日本だけでなく海外の視聴者からも注目されています。

 

Netflix配信作品の国内ドラマ「インフォーマ」に関する背景や社会的な意義

このドラマは、原作となった韓国ドラマとは異なり、日本の大阪を舞台にしています。

また、登場人物や事件の展開も日本版オリジナルのものになっています。

そのため、韓国ドラマを見たことがある方でも、新鮮な驚きや感動が味わえるでしょう。

では、このドラマはどのような背景や社会的な意義を持っているのでしょうか。

まず、このドラマの原作小説は、沖田臥竜さんが自らの経験や知識をもとに書き上げたものです。

沖田臥竜さんは、かつてアウトローだった過去を持ち、現在は作家や企業経営者として活躍しています。

そのため、裏社会や政治の闇に詳しく、リアルな情報や描写を物語に反映させています。

また、沖田臥竜さんは、「人間は立場によってその内面が形成される部分が強い」という考え方を持っており、登場人物たちにもそれぞれの営みや人生があります。

その中で、「自分の周囲だけでよい」という信念を持ち、「自分を通す人間」である木原慶次郎というキャラクターを生み出したのです。

次に、このドラマは、日本社会における情報の価値や影響力について問いかけるものでもあります。

現代社会では、インターネットやSNSなどで情報が氾濫し、真偽や背景が不明確なものも多くあります。
その中で、「情報屋」という存在はどういう役割を果たすのでしょうか。

木原慶次郎は、「情報屋」として、裏社会や政治、芸能などの情報を自在に操り、社会を裏で動かすことができます。

しかし、その情報は必ずしも公正や正義に基づいたものではありません。

木原慶次郎は、自分の利益や目的のために、情報を売ったり買ったりしたり、操作したり隠したりします。

そのため、木原慶次郎は、多くの人々から恐れられたり憎まれたりする存在でもあります。

一方、三島寛治は、週刊誌の記者として、ゴシップ記事を書くことに飽き足らず、真実を追求しようとする人物です。

しかし、三島寛治は、木原慶次郎の情報力に魅了されていきます。

木原慶次郎は、三島寛治にとって、「ポンコツ」と呼ばれるほど不器用で真面目な相棒であり、「覚醒」という言葉を使わせるほどの存在でもあります。

このドラマは、木原慶次郎と三島寛治のバディものとしての魅力だけでなく、情報が持つ力や危険性についても考えさせられる作品です。

情報は、人々の行動や意識に大きな影響を与えますが、その情報がどこから来て、どういう目的で使われているのかは、なかなか分かりません。

そのため、情報に対しては常に疑いの目を持つ必要があります。

しかし、それだけでは不十分です。

情報に惑わされずに自分自身を見失わないようにするには、自分の信念や価値観を持つことが大切です。

木原慶次郎も三島寛治も、それぞれの信念や価値観を持っていますが、それらは必ずしも一致しないこともあります。

そのときには、どういう選択をするのかが重要です。

ドラマ「インフォーマ」は、日本社会における情報の価値や影響力を問いかけるとともに、信念や価値観を持って生きることの難しさや重要さを描く作品です。

桐谷健太さんと佐野玲於さんのダブル主演によるバディものとしての魅力や、森田剛さん演じる謎の男役などの豪華なキャスト陣も見どころです。

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も国内ドラマ『インフォーマ』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました