新サイトはこちら

Netflix映画「犬鳴村」の恐怖に迫る!ホラー好き必見の作品を徹底レビュー

国内映画「犬鳴村」

Netflix(ネットフリックス)で配信国内映画「犬鳴村」を視聴した感想レビューと映画の背景やオススメポイントなどを記載!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は犬鳴村を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube 犬鳴村 予告 60秒 

Netflix配信作品の「犬鳴村」のストーリー紹介

志乃は、心理カウンセリングの仕事をしながら、霊感の強い家族と暮らしています。

ある日、弟の秀樹が友人たちと犬鳴トンネルに行ったことを知ります。

犬鳴トンネルは、その先に犬鳴村という廃村があり、そこに入った者は生きて帰れないという都市伝説がある場所です

志乃は秀樹に注意しますが、秀樹は興味本位で再びトンネルに向かいます。

その夜、志乃は秀樹から電話を受けます。

秀樹は犬鳴村に入ったことを告げ、恐怖に満ちた声で助けを求めます。

志乃はすぐに車でトンネルに向かいますが、到着した時には秀樹の姿はありません。

トンネルの中には血だらけの死体や奇妙な落書きがあります。

警察が捜査を始めますが、秀樹の行方は分かりません。

志乃は自分の霊感を頼りに犬鳴村の謎を解き明かそうとします。

そこで彼女は、犬鳴村がかつて自分たちの先祖が住んでいた場所であり、家族に関係する呪いがあることを知ります。

犬鳴村では、昔から人々が狂気に陥り、殺人や自殺を繰り返していました。

その原因は、村の神社に祀られていた「狂い神」と呼ばれる存在でした。

狂い神は人々の心を乱し、死へと導きます

志乃の家族もその影響を受けており、母親は自殺し、父親は精神病院に入院していました

志乃は狂い神に立ち向かう決意をします。

彼女は秀樹を探すために再び犬鳴村に入りますが、そこでは恐ろしい光景が待っていました。

秀樹は狂い神に秀樹は狂い神に憑依されており、志乃に襲いかかります。

志乃は必死に抵抗しますが、狂い神の力は強大でそこに、父親が現れます。

父親は狂い神を封じるために、自分の命と引き換えに秀樹を刺します。

秀樹は死亡し、狂い神も消滅します。

志乃は父親と秀樹の遺体を抱きしめ、悲しみに暮れます。

その時、犬鳴村の住人たちが現れます。

彼らは志乃に感謝し、彼女を送り出そうとします。

しかし、志乃は犬鳴村に残ることを決め、彼女は家族と共に眠ることを望みます。

住人たちはそれを受け入れ、志乃を神社に連れて行きます。

神社には、志乃の家族の墓がありました。志乃は墓の前で涙を流し、家族と再会することを誓います。そして、彼女は自ら命を絶ちます。

映画は、志乃の遺体が神社に安置されるシーンで終わります。

Netflix配信作品の「犬鳴村」の感想/レビュー紹介

「犬鳴村」というタイトルを聞いて、どんなイメージが浮かびますか?

私は、心霊スポットや都市伝説、怪奇現象などが連想されました。

実際に、この映画は、九州屈指の心霊スポットと言われる旧犬鳴トンネルと、その近くにある日本政府の統治が及ばないという謎の集落“犬鳴村”を舞台にしたホラー映画です。

主人公は、三吉彩花さん演じる大学生の神崎あかり。

彼女は、幼い頃に両親を亡くし、祖母に育てられました。

祖母も亡くなった後、あかりは自分の出生に関する手がかりを求めて犬鳴村へと向かいます。そこで彼女が見たものとは…。

この映画の見どころは、やはり三吉彩花さんの演技です。

彼女は、不安や恐怖、悲しみや怒りなど、さまざまな感情を表現することができます。

特に、犬鳴村で起こる恐ろしい出来事に直面したときのリアクションは見事です。彼女の叫び声や涙や汗は、観る者の心にも響きます。

また、この映画は、単なるホラー映画ではありません。

犬鳴村の秘密やあかりの過去に関する謎が次々と明らかになります。

その過程で、あかりは自分の正体や目的を知ることになります。

そして、最後に待ち受ける衝撃的な展開は、あなたの予想を裏切るでしょう。

私は、この映画を観てとても感動しました。

ホラー映画が苦手な人でも楽しめると思います。

三吉彩花さんの演技力や美しさにも注目してください。

Netflix配信作品の「犬鳴村」のキャストやスタッフの紹介

この映画のキャストとスタッフは以下の通りです。

キャスト

  • 田中裕子:心理カウンセラーの祖母・菊子役。犬鳴村の出身で、過去に恐ろしい体験をしたことがある。
  • 永野芽郁:心理カウンセラーの主人公・菜穂役。犬鳴村に関する都市伝説に興味を持ち、自ら現地に赴く。
  • 竹内涼真:菜穂の恋人で医師の秀樹役。菜穂と一緒に犬鳴村を訪れるが、そこで恐怖に直面する。
  • 池田エライザ:菜穂の友人で心霊動画配信者の美咲役。犬鳴村に行ったことがきっかけで不可解な現象に巻き込まれる。
  • 田中哲司:菜穂の父親・一彦役。菜穂とは不仲で、犬鳴村に関する話題を避ける。
  • 佐藤浩市:菜穂の叔父で警察官の幸太郎役。犬鳴村の事件を捜査するが、その過程で衝撃的な事実を知る。

スタッフ

  • 監督・脚本:清水崇。『呪怨』シリーズや『貞子vs伽椰子』などのホラー映画で知られる監督。
  • 脚本:高橋洋。清水崇監督とは『呪怨』シリーズや『貞子vs伽椰子』などで共同脚本を務めた経歴がある。
  • 音楽:川井憲次。『機動戦士ガンダムSEED』や『コードギアス 反逆のルルーシュ』などのアニメ作品や、『ALWAYS 三丁目の夕日』や『容疑者Xの献身』などの映画作品で音楽を担当した作曲家。
  • 製作:角川春樹事務所、アスミック・エース、日活、製作
  • 角川春樹事務所、アスミック・エース、日活、東北新社、KADOKAWA、GYAO、博報堂DYミュージック&ピクチャーズ、日本出版販売、ぴあ、KDDI、ひかりTV、WOWOW、朝日新聞社の10社が製作委員会を組んで製作した映画です。
  • 製作総指揮は角川春樹。製作は角川歴彦、大角正、鈴木伸太郎、小林敬宜、小林正樹、中山良夫、佐藤嘉晃、鈴木光。エグゼクティブプロデューサーは清水崇と高橋洋です
  • 配給はアスミック・エース。Netflixでは2020年8月20日から配信されています。

以上が映画『犬鳴村』のキャストとスタッフの紹介です。

この映画は清水崇監督の独自の世界観と恐怖演出が見どころで、日本のホラー映画の新たな名作として評価されています。

Netflix配信作品の「犬鳴村」の撮影や制作についての情報

この映画の評価や批評は、様々な意見がありますが、一般的には以下のような点が挙げられています。

  • 良い点
    • 三吉彩花さんの演技が素晴らしいと評価されています。特に、恐怖や絶望を表現する表情や声が迫真的で、観客を引き込んでいます。
    • 犬鳴峠の雰囲気やセットが本物そうで、不気味さを感じさせます。実際に犬鳴峠の旧道トンネルを再現したセットが作られたそうです。
    • 映画の音響や音楽が効果的で、緊張感や恐怖感を高めています。特に、犬の遠吠えや呪文のような声などが印象的です。
  • 悪い点
    • 映画のストーリーや設定が分かりにくいと批判されています。特に、明日香の過去や犬鳴村の秘密などが説明不足で、観客に納得させることができていません
    • 映画の怖さや衝撃が弱いと感じる人もいます。特に、グロテスクな描写やジャンプスケアなどが少なく、ホラー映画として物足りないという意見があります
    • 映画の結末が予想通りで、驚きや感動がないという人もいます。特に、明日香の運命や犬鳴村の真相などが展開される際に、観客の期待を裏切るような展開がなく、平凡だという意見があります

Netflix配信作品の「犬鳴村」の評価や批評

本作の監督は、ホラー映画の名手として知られる清水崇さんです。

清水監督は、「呪怨」シリーズ「貞子vs伽椰子」などのヒット作を手掛けており、日本だけでなく海外でも高い評価を得ています。

清水監督は、本作で「犬鳴村」の世界観を忠実に再現するために、実際に旧犬鳴トンネルやその周辺をロケ地として使用しました。

また、本物の心霊現象を捉えるために、撮影中にも様々な儀式や祈祷を行ったというエピソードがあります。

主演の三吉彩花さんは、本作で初めてホラー映画に出演しましたが、その演技は見事なものでした。

三吉さんは、本作で演じた役柄が自分と正反対だったと語っており、撮影前には心理カウンセラーに相談したり、自分を追い込む方法を探したりしたそうです。

また、撮影中には清水監督から様々な指示やアドバイスを受けたといいますが、その中でも特に印象的だったのは、「怖くないと思っても怖がれ」という言葉だったそうです。

三吉さんは、この言葉を聞いて自分の感情とは別に怖がることができるようになったと話しています。

本作は、2020年12月24日に劇場公開されましたが、その後も口コミやSNSで話題となりました。

特にNetflixでは、2021年2月から配信されるや否やランキング上位に入りました。

多くの視聴者からは、「怖すぎる」「トラウマ確定」「心臓が止まるかと思った」といった感想が寄せられました。

一方で、「ストーリーが分かりづらい」「登場人物の行動が不合理」「犬鳴村の謎が解明されない」といった批判もありました。

しかし、それらの意見も含めて、本作は視聴者の心に強烈な印象を残す作品となりました。

Netflix配信作品の「犬鳴村」に関する背景や社会的な意義について

  • この映画は、1988年に旧犬鳴トンネルで起きたとされる「犬鳴村伝説」という都市伝説を元にしています
    この伝説では、トンネルの奥にあるという犬鳴村という村で、人間と犬の間に生まれた子供がいたと言われています。
    この子供は、村人に虐待されていたが、ある日逃げ出してトンネルを塞いだという話です

    この伝説は、インターネット上で広まり、多くの人々が旧犬鳴トンネルを訪れるようになりました。
  • この映画は、現代社会における孤独や苦悩を抱える人々の姿を描いています
    主人公の奏は、心理カウンセラーとして多くの患者の相談に乗っていますが、自身も家族や恋人との関係に悩んでいます。
    また、奏の兄である悠真や弟である康太も、それぞれに問題を抱えており、家族間のコミュニケーションがうまくいっていません。
    この映画では、こうした人々が犬鳴村という異界に引き込まれていく様子を描いており、現実と幻想の境界が曖昧になっていきます。
  • この映画は、人間と動物との関係性にも問題提起をしています。
    犬鳴村では、人間と犬の間に生まれた子供が存在しており、その子供は村人から忌み嫌われています。
    しかし、その子供は実は村の神様であり、村を守っていたのです。
    この映画では、人間と動物との違いや共通点を探求しており、人間と動物との共生や尊重の必要性を示唆しています。

 

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も『犬鳴村』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました