新サイトはこちら

【Netflix映画】「糸」の見どころと感想を紹介!必見作品の魅力とは?

Netflix(ネットフリックス)で配信中の映画「糸」を視聴した感想レビューと映画の背景やオススメポイントなどを記載!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回はを視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube 映画『糸』予告【8月21日(金)公開】

Netflix配信作品の「糸」のストーリー紹介

映画『糸』は、中島みゆきさんが1998年に発表した名曲『糸』をモチーフにしたラブストーリーです。

主演は菅田将暉さんと小松菜奈さんで、平成元年生まれの男女が約30年間の時代を通して繰り広げる恋愛模様を描きます。

 

ストーリーは、平成元年(1989年)に北海道で生まれた高橋漣(菅田将暉)と園田葵(小松菜奈)が13歳の夏に美瑛で出会ったことから始まります。

二人は同じ日に生まれたことや好きなものが似ていることなどで意気投合し、一緒に花火大会を見たり、自転車で走り回ったりします。

しかし、漣は父親の仕事の都合で美瑛を離れることになり、別れ際に二人はお互いの名前を刺繍したハンカチを交換し、再会を約束します。

それから10年後、漣は東京で音楽プロデューサーとして働いています。

ある日、彼は偶然テレビで葵が女優として活躍していることを知り、漣は葵への想いを再び募らせますが、彼女は既婚者だったことも知ります。

一方、葵も夫や周囲から理解されない孤独感や不安感を抱えていて、そんな中、彼女もまたテレビで漣が音楽番組に出演する姿を見て驚きます。

二人はそれぞれ自分の道を歩みながらも時々思い出す相手がいます。

そして平成31年(2019年)、新元号「令和」が発表される日、偶然再会した二人は互いの気持ちを確かめ合います。

しかし、現実や過去から逃れられない二人は再び別れる決断をします。

映画『糸』は、「平成」という時代背景や中島みゆきさんの名曲『糸』の歌詞やメロディーが物語や登場人物の感情に深く関わっています。

「あなたと私 つながって どこまでも行ける」というフレーズ通り、「糸」で結ばれた二人が運命的な恋愛をする姿や、「この世界 何処かで あなただけ笑顔」というフレーズ通り、「この世界」では幸せになれなかった二人が「何処か」では笑顔になって欲しいという願望や葛藤が描かれています。

また、映画では中島みゆきさんの他の楽曲も効果的に使用されており、音楽と映像が見事に調和しています。

映画『糸』は、平成という時代を生きた男女の切ない恋愛物語です。

菅田将暉さんと小松菜奈さんの演技も素晴らしく、二人の感情移入できる姿に涙する観客も多いでしょう。

名曲『糸』を聴きながら、平成という時代を振り返ってみるのも良いかもしれません。

Netflix配信作品の「糸」の感想/レビュー紹介

私はこの映画をNetflixで視聴しましたが、正直な感想としては期待外れでした

それは、映画のタイトルや宣伝文句から想像していたよりも、物語や登場人物に感情移入できなかったからです。

まず、物語についてですが、平成という時代背景や中島みゆきさんの名曲『糸』の歌詞やメロディーが物語や登場人物の感情に深く関わっているというコンセプトは面白いと思います。

しかし、実際に見てみると、そのコンセプトがうまく映像化されていないように感じました。

例えば、「あなたと私 つながって どこまでも行ける」というフレーズ通り、「糸」で結ばれた二人が運命的な恋愛をする姿や、「この世界 何処かで あなただけ笑顔」というフレーズ通り、「この世界」では幸せになれなかった二人が「何処か」では笑顔になって欲しいという願望や葛藤が描かれています。
しかし、その描写はあまりにも単純化されており、深みや複雑さが感じられませんでした

そして、「糸」で結ばれた二人が運命的な恋愛をする姿ですが、13歳の夏に美瑛で出会ったこと以外に二人の特別な思い出や共通点はほとんど描かれておらず、二人がなぜ惹かれ合うのか、なぜ別れるのか、なぜ再会するのかという理由付けが不十分でした。

また、「この世界」では幸せになれなかった二人が「何処か」では笑顔になって欲しいという願望や葛藤が描かれていますが、その「この世界」と「何処か」の対比もあまりにも単純化されており、現実と理想の間にあるはずの葛藤や苦悩が感じられませんでした

「この世界」では幸せになれない理由として、二人はそれぞれ別のパートナーと結婚してしまったことや、仕事や家庭で問題を抱えていることが挙げられます。
しかし、そのパートナーや問題はあまりにも陳腐であり、二人の心情に深く関わっているように見えませんでした

また、「何処か」では笑顔になる理由として、二人は美瑛で再会して思い出を語り合ったことや、「糸」を聴いて感動したことが挙げられます。
しかし、その再会や感動もあまりにも偶然であり、二人の運命を変えるような衝撃的な出来事ではありませんでした

つまり、物語は平成という時代や中島みゆきさんの名曲『糸』を背景にしていますが、その背景が物語や登場人物の感情に深く関わっているように見せかけておきながら、実際にはそれらを活用しきれておらず、表面的で単調な恋愛物語に終始してしまっているという印象を受けました。

Netflix配信作品の「糸」のキャストやスタッフの紹介

・菅田将暉(すだ まさき):主人公・樹(いつき)役
1993年2月21日生まれ、大阪府出身の俳優・歌手です。子役時代から活躍し、数々の映画やドラマに出演しています。代表作は「帝一の國」「あゝ、荒野」「火花」「コンフィデンスマンJP」などです。歌手としても活動しており、「さよならエレジー」「ロングホープ・フィリア」「呼吸」などがヒットしています。

樹は、幼い頃に母親を亡くし、父親と二人暮らしをしている高校生です。ある日、電車で見かけた女性・美咲(みさき)に一目惚れし、声をかけます。その後も何度も偶然に出会うことで、美咲と交際するようになりますが、美咲には秘密がありました。

 

・小松菜奈(こまつ なな):ヒロイン・美咲役
1996年2月16日生まれ、東京都出身の女優です。2009年に雑誌「ニコラ」で専属モデルとしてデビューしました。2010年に映画「告白」で女優デビューしました。その後も「ちはやふる」「海街diary」「バクマン。」「銀魂」など多くの映画やドラマに出演しています。

美咲は、樹が電車で見かけた女性です。樹から声をかけられて最初は戸惑いますが、次第に惹かれていきます。しかし、美咲は結婚間近の恋人がいることを隠していました。

 

・山本美月(やまもと みづき):真理子(まりこ)役
1989年7月18日生まれ、神奈川県出身の女優・ファッションモデルです。「CanCam」や「Ray」などの雑誌で活躍した後、「リーガルハイ」「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」など多くのドラマや映画に出演しています。

真理子は、樹の幼馴染みであり親友でもある女性です。樹と同じ高校に通っており、「糸」というバンドを組んでいます。「糸」というバンド名は中島みゆきの楽曲から取ったものです。

・有村架純(ありむら かすみ):樹の母親・美和子(みわこ)役
1993年2月13日生まれ、兵庫県出身の女優です。2010年に「第33回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを受賞しました。2013年にNHK連続テレビ小説「あまちゃん」でヒロインを演じてブレイクしました。その後も「海月姫」「ビリギャル」「昼顔」「中学聖日記」など多くの作品に出演しています。

美和子は、樹の母親です。樹が幼い頃に亡くなっていますが、樹にとっては大切な存在です。樹は美咲と出会ったことで、母親との思い出を思い起こします。

 

・清原果耶(きよはら かや):葵(あおい)役
2000年10月30日生まれ、大阪府出身の女優です。2015年に映画「海街diary」でデビューしました。その後も「ちはやふる」「君の膵臓をたべたい」「銀魂2」「コーヒーが冷めないうちに」など多くの映画やドラマに出演しています。

葵は、美咲の妹です。美咲と同じく北海道で育ちましたが、美咲が東京へ行った後は一人暮らしをしています。美咲とは仲が良く、姉の恋愛事情にも関心を持っています。

 

・細田佳央太(ほそだ よしおた):真理子の恋人・健太郎(けんたろう)役
1989年6月15日生まれ、埼玉県出身の俳優です。「劇団EXILE」のメンバーでもあります。「HiGH&LOW THE MOVIEシリーズ」「CROW’S BLOOD」「GIVER 復讐の贈与者」など多くの作品に出演しています。

健太郎は、真理子の恋人です。真理子と同じ高校に通っており、「糸」というバンドでも活動しています。真理子とは幼馴染みであり、樹とも仲が良いです。

Netflix配信作品の「糸」の撮影や制作について

この映画の撮影や制作には、さまざまなエピソードがあります。

例えば、

  • 菅田将暉は本作で初めて本格的な父親役に挑戦しました。子役との絡みでは、自然な笑顔や優しい表情を見せました。
  • 小松菜奈はシンガポールでの撮影では現地の言葉や文化に触れることができました2。また、中島みゆきさんから直接お話を聞く機会もありました
  • 中島みゆきさんは本作に協力的で、主題歌「糸」を新たにレコーディングしたり、メイキング映像に登場したりしました。菅田将暉と小松菜奈も中島みゆきさんから感想やアドバイスをもらいました。

撮影班は日本だけでなくシンガポールでもロケーションを行いました

シンガポールではマリーナベイサンズやチャイナタウンなどの有名なスポットだけでなく、地元の人々と交流する場面もありました

Netflix配信作品の「糸」の評価や批評について

「糸」は、菅田将暉さんと小松菜奈さんが主演を務めるラブストーリーで、2020年8月21日に公開されました。

原作は中島みゆきさんの同名の楽曲で、歌詞に登場する「赤い糸」をテーマにした物語です。

監督は永井聡さんで、斎藤工さんや榮倉奈々さんなど豪華なキャストも出演しています

この映画の評価は、
Yahoo!映画では5段階評価で3.54点
映画.comでは5段階評価で3.4
というスコアを得ています。
Netflixでは4.2点という高い評価を受けています。


一方で、興行収入は約10億円という低迷ぶりでしたので、
この映画の評価や批評を見てみると、賛否両論があることがわかります。

好意的なレビューでは、「菅田将暉さんと小松菜奈さんの演技が素晴らしい」「中島みゆきさんの楽曲が感動的に響く」「赤い糸の運命的な恋愛が切なく美しい」「人生の様々な局面を描いた群像劇が深みがある」というようなコメントが見られます。

一方で、否定的なレビューでは、「ストーリーが散漫で退屈」「登場人物の感情移入ができない」「赤い糸の設定が強引すぎる」「原作の歌詞に忠実すぎて映画として成立しない」というようなコメントもあります。

私、個人としては、「糸」は原作の歌詞に忠実に作られた映画ですが、感情移入は出来なかったと感じています。

そのため、中島みゆきさんのファンや菅田将暉さんや小松菜奈さんのファンには魅力的な作品かもしれません。

しかし、それ以外の視聴者にとっては、物語や登場人物に感情移入することが難しく、単調で長く感じる可能性もあります。

Netflix配信作品の「糸」に関する背景や社会的な意義について

この映画の背景や社会的な意義の考察をするには、以下の点に注目しました。

  • この映画は、コロナ禍で苦しむ人々に希望や癒しを届けることを目的としています。監督の永井聡さんは、「今だからこそ、人間の絆や愛情を描きたい」と語っています。
  • この映画は、出会いや別れ、再会や運命など、人生のさまざまな局面で結ばれる「糸」の存在を描いています。主人公たちは、「糸」に導かれて幾度も出会い、離れていく様子が描かれます。
  • この映画は、中島みゆきさんの「糸」がテーマ曲として使用されています。「糸」は、「あなたと私つなぐもの」という歌詞が印象的な曲であり、この映画のテーマにぴったりです。
  • この映画は、観客の感想や評価が分かれています。一部の人は、映画のストーリーや登場人物の感情に深みがなく、薄っぺらいと感じたようです。
    また、テーマ曲の「糸」が何度も流れることにしつこさを感じた人もいました
  • しかし、他の人は、映画のメッセージや演技に感動したという声も多くありました。
  • この映画は、人間の絆や愛情をテーマにした作品であり、コロナ禍の中で観るとより感慨深いものがあります。人と人とのつながりや運命を考えさせられる映画です。

 

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
私にとってこの映画は酷評をつけてしまいましたが、
皆様も『』をご視聴してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました