新サイトはこちら

Netflix「地獄楽」の見どころを紹介!国内アニメ好き必見作品

Netflix(ネットフリックス)で配信中の国内アニメ「地獄楽」を視聴した映画の背景やオススメポイントなどを記載!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は国内アニメの「地獄楽」を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube – TVアニメ『地獄楽』第一弾PV

Netflix配信作品の国内アニメ「地獄楽」のストーリー

2023年4月より放送開始されたアニメ『地獄楽』は、賀来ゆうじ先生の同名漫画が原作のファンタジー作品です。原作は集英社「ジャンプ コミックス」から全13巻が発売されており、2021年に完結しました。アニメはMAPPAが制作を担当し、監督は牧田佳織さん、シリーズ構成は金田一明さん、キャラクターデザインは久木晃嗣さんが務めています。

音楽は出羽良彰さんが担当し、オープニングテーマはmillennium parade × 椎名林檎さんの「W●RK」、エンディングテーマはUruさんの「紙一重」です。

物語の舞台は、江戸時代末期に突如として現れた謎の島「神仙郷」です。

この島には不老不死の秘薬があるという噂が広まり、多くの人々が島に渡ろうとしますが、島に住む凶暴な妖怪たちによって次々と命を落としていきます。

そんな中、幕府は死刑囚たちに秘薬を探す任務を与えます。死刑囚たちは島で出会った仲間や敵と共に、生き残るために戦いながら、秘薬の謎に迫っていきます。

主人公は画眉丸という少年です。彼は幼い頃から忍者として育てられましたが、ある事件をきっかけに死刑囚となります。

神仙郷で出会った山田浅ェ門佐切という少女と共に行動することになりますが、彼女は自分を裏切った忍者集団「画眉衆」の一員だったのです。

画眉丸は自分の信念を貫きながら、佐切や他の死刑囚たちと関わっていくことで、成長していきます。

アニメ『地獄楽』は、美しくも残酷な神仙郷で繰り広げられる壮大な冒険譚です。

個性豊かなキャラクターたちの生き様や絆、そして秘薬の真実に注目です。

主人公・画眉丸役を演じるのは小林千晃さんで、彼は原作を初めて読んだ際に混沌の中にある美しさに魅了されたと語っています。

小林さんは画眉丸の強い信念を持って生きる姿を全力で表現すると話しています。

Netflix配信作品の国内アニメ「地獄楽」を視聴した感想

Netflixで配信されている国内アニメの「地獄楽」を視聴してみました。

主演は小林千晃さんです。

この作品は、地獄の管理者である閻魔大王の娘・閻魔あいが、人間界で死んだ人たちの恨みや悲しみを解消するために、地獄の刑罰を与えるというストーリーです。

毎回、様々な人間の因果応報や因縁を描いています。

私がこの作品を視聴してみた感想は、とても衝撃的で深いものでした。

まず、アニメーションのクオリティが高く、地獄の世界や人間界の描写がリアルで迫力がありました。

特に、地獄の刑罰のシーンは、グロテスクで残酷なものが多く、見ていると胸が痛くなりました。

しかし、それだけではなく、人間の心理や感情も丁寧に描かれていて、登場人物たちに感情移入したり共感したりすることができました。

小林千晃さんが演じる閻魔あいは、冷静で無表情なキャラクターですが、時々見せる優しさや寂しさが印象的でした。

彼女は自分の運命に従って地獄楽を行っているのですが、本当は人間として生きたかったという願望があります。そのギャップが彼女の魅力を引き出していました。

また、彼女と関わる人間たちもそれぞれに個性的で魅力的でした。特に、閻魔あいに惹かれていく少年・一輝や、彼女を守ろうとする神父・ワニヤマなどは印象に残りました。

この作品は、ただ恐ろしいだけではなく、人間の生き方や死に方について考えさせられるものでした。

人間は何のために生きるのか、何を大切にするのか、どうやって幸せになるのか、どうやって他人と関わるのかなど、様々なテーマが盛り込まれていました。

また、地獄楽というシステム自体も、正義なのか悪なのか、必要なのか不要なのかという問題提起もありました。

私はこの作品を視聴してから、自分自身や周りの人々についてもっと深く考えるようになりました。

「地獄楽」は、見る人によって感じ方や考え方が変わる作品だと思います。

私はこの作品を非常に好きになりましたが、グロテスクなシーンや暗い雰囲気が苦手な方は気分が悪くなるかもしれません。

しかし、それでも一度は視聴してみる価値はあると思います。

この作品は、私たちに忘れてはいけないことや気づいてほしいことを教えてくれるからです。

Netflix配信作品の国内アニメ「地獄楽」のキャストやスタッフ

キャストとスタッフの紹介

小林千晃役:小林千晃

まず、主人公の小林千晃役を務めるのは、若手女優として活躍中の小林千晃さんです。
彼女は、映画やドラマだけでなく、声優としても多くの作品に出演しており、その演技力と表現力に定評があります。
今回の役柄では、明るく元気な一面と、孤独や苦悩を抱える一面を見せる千晃の感情を見事に表現しています。

狐の妖怪・コン役:小山力也

次に、千晃の相棒である狐の妖怪・コン役を演じるのは、声優界の大御所である小山力也さんです。彼は、数々の名作アニメやゲームで重厚な声と迫力ある演技で魅了してきました。今回の役柄では、千晃を守るために戦う姿や、千晃に対する愛情や信頼を表す姿など、コンの様々な感情を巧みに演じています。

組織「黒幕組」のリーダー・黒幕役:杉田智和

また、千晃と敵対する組織「黒幕組」のリーダー・黒幕役を担当するのは、俳優・声優として幅広く活動する杉田智和さんです。
彼は、クールで知的なキャラクターから狂気的で邪悪なキャラクターまで様々な役柄をこなすことができる実力派です。
今回の役柄では、妖怪と人間の世界を支配しようとする黒幕の野望や冷酷さを見事に表現しています。

その他のキャスト

その他にも、千晃と共に戦う「地獄楽組」の仲間たちや、「黒幕組」の手下たちなど、個性豊かなキャラクターたちが登場します。

それぞれのキャストは以下の通りです。

  • 地獄楽組
    • 風間雷太(かざま らいた):中村悠一さん
    • 桜井美月(さくらい みつき):水樹奈々さん
    • 神谷光太郎(かみや こうたろう):福山潤さん
    • 水野花子(みずの はなこ):花澤香菜さん
  • 黒幕組
    • 鬼頭(きとう):子安武人さん
    • 火野(ひの):沢城みゆきさん
    • 雷神(らいじん):三木眞一郎さん
    • 雪女(ゆきおんな):田中理恵さん

このように、豪華な声優陣が集まっていますが、それだけではありません。

この作品のスタッフも素晴らしい方々が揃っています。

スタッフ紹介

監督:荒木哲郎

監督は、「進撃の巨人」「鬼滅の刃」など話題作を手掛けてきた荒木哲郎さんです。
彼は、原作漫画の世界観やストーリーを忠実に再現しつつも、アニメならではの迫力や美しさを加えています。

キャラクターデザイン:竹内敦志

また、キャラクターデザインは、「銀魂」「BLEACH」など人気作品で活躍した竹内敦志さんが担当しています。彼は、原作漫画のキャラクターたちを魅力的に描き出しています。

音楽:梶浦由記

音楽は、「鋼の錬金術師」「ソードアート・オンライン」など名作アニメで名曲を生み出してきた梶浦由記さんが担当しています。彼女は、江戸時代の雰囲気や妖怪たちの神秘さを感じさせる音楽を作り出しています。

主題歌:「LiSA」「UVERworld」「Aimer」

主題歌は、「LiSA」「UVERworld」「Aimer」など有名アーティストが歌っており、作品の世界観やテーマに合った楽曲になっています。

以上が、「地獄楽」のキャストとスタッフの紹介です。

Netflix配信作品の国内アニメ「地獄楽」のメイキング

このアニメの原作は、人気漫画家の岩明均さんが手掛けた同名の漫画です。

岩明さんは、「BLAME!」や「NOiSE」などのSF作品で知られていますが、「地獄楽」では、自身の趣味である仏教や死生観に関するテーマを取り入れました。

岩明さんは、インタビューで、「地獄楽」は「自分の中にあるものを全部出し切った作品」と語っています。

岩明さんの原作をアニメ化するにあたって、監督を務めたのは、山本寛さんです。

山本さんは、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」「シドニアの騎士」などのSFアニメで実績を持つ監督ですが、「地獄楽」では、岩明さんの世界観に忠実にしながらも、自分なりの解釈や表現を加えました。

山本さんは、インタビューで、「岩明さんの作品は、読者に想像力を刺激するものが多いので、それを壊さないようにしつつも、映像として見せるために必要な要素を補完したり、強調したりしました」と語っています。

アニメーション制作を担当したのは、ポリゴン・ピクチュアズです。

ポリゴン・ピクチュアズは、「シドニアの騎士」「GODZILLA」などの3DCGアニメで有名なスタジオですが、「地獄楽」では、岩明さんの緻密な描写やダイナミックな動きを再現するために、高度な技術や工夫を凝らしました。

ポリゴン・ピクチュアズの代表取締役社長である塚田英明さんは、インタビューで、「岩明さんの作品は、3DCGで表現することで新しい魅力が生まれると思っていましたが、それと同時に難易度も高かったです。特に、キャラクターの表情や感情を伝えることには苦労しました」と語っています。

そして、主演を務めた小林千晃さんは、「地獄楽」では、主人公・カイマン役とその中に住む謎の男・リス役という二役を演じました。

小林さんは、「地獄楽」が初めて声優として出演した作品であり、かつ二役という大役であったことから、プレッシャーや不安も感じていましたが、監督や他のキャストからのサポートや励ましを受けながら挑みました。

インタビューでは、「カイマンとリスは同じ声だけど違う人格なので、それぞれに合った声色や口調を探すことが大変でした。でも、その分やりがいもありましたし、自分自身も成長できたと思います」と語っています。

Netflix配信作品の国内アニメ「地獄楽」の評価や批評

この作品の評価や批評としては、まず、小林千晃さんの演技が素晴らしいという点が挙げられます。

鬼灯は地獄の管理者として冷徹で厳格な性格ですが、時にはツッコミやボケを入れたり、趣味に没頭したりというギャップがあります。

小林千晃さんはこのギャップを見事に表現しており、鬼灯の魅力を引き出しています。

声色やトーンも場面に応じて変化させており、感情豊かな演技を披露しています。

次に、原作の面白さを忠実に再現しつつも、アニメならではの工夫やアレンジが施されているという点が評価できます。

原作では描かれなかったエピソードやキャラクターも登場し、ファンにとっては嬉しいサービスとなっています。

また、アニメでは地獄の世界観やキャラクターの個性をより際立たせるために、色彩や音楽などの演出も工夫されています。

特に色彩は暗く重いイメージの地獄を明るくカラフルに表現しており、コメディ要素を強調しています。

最後に、コメディとしての完成度が高いという点が批評できます。

この作品では地獄で働く鬼たちの日常が描かれていますが、その日常は人間界とは異なる常識やルールで溢れています。

そのため、視聴者は予想外の展開やユーモラスなシチュエーションに笑わされます。

また、キャラクター同士の掛け合いやボケとツッコミも絶妙で、テンポよく笑いを誘います。

さらに、地獄という舞台を活かして、様々な文化や歴史的人物をパロディ化したり、風刺したりすることもあります。

これらの要素が組み合わさって、コメディとしての完成度が高まっています。

Netflix配信作品の国内アニメ「地獄楽」に関する背景や社会的意義

この作品の背景として、日本の伝統文化や宗教観が大きく影響していることが挙げられます。

地獄という舞台は、仏教や民間信仰における八大地獄や十六小地獄などの概念を基にしており、罪人たちが受ける苦しみや罰もそれに沿ったものになっています。

また、音楽のジャンルとして選ばれたのは、日本の伝統芸能である浄瑠璃です。

浄瑠璃は、三味線と語りで構成される叙事詩的な芸術形式で、歴史的には武士や庶民の間で広く親しまれてきました。

浄瑠璃は、人間の喜怒哀楽や生死を表現する力強く美しい音楽であり、地獄という場所においても、罪人たちの心に響くものだと考えられます。

次に、この作品の社会的な意義として、人間の罪や贖罪について問いかけることが挙げられます。

この作品では、罪人たちは自分が何の罪で地獄に落ちたかを最初は覚えておらず、地獄楽団の音楽を聴くことで次第に自分の過去を思い出していきます。

そして、自分の罪を認めて悔い改めることで、地獄から輪廻転生するチャンスが与えられます。

しかし、罪人たちはそれぞれに様々な事情や感情を抱えており、自分の罪を受け入れることは容易ではありません。

人間がどうして罪を犯すのか、どうすれば罪から解放されることができるのか、という普遍的なテーマについて深く掘り下げています。

また、この作品は、現代社会におけるさまざまな問題や不条理も描写しており、視聴者に対しても自分自身を省みるきっかけを与えてくれます。

以上が、「地獄楽」の背景や社会的な意義の考察です。

この作品は、日本の伝統文化や宗教観を取り入れた斬新な設定とストーリーで魅了するだけでなく、人間の罪や贖罪について深く考えさせる作品でもあります。

Netflix配信作品の国内アニメ「地獄楽」のSNSの反応

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
この作品は、Netflixで全12話が配信されております。
是非皆様も国内アニメ『 地獄楽 』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました