新サイトはこちら

Netflix「かぐや様は告らせたい-ファーストキッスは終わらない-」の魅力と感想を語る

国内アニメ映画「かぐや様は告らせたい-ファーストキッスは終わらない-」

Netflix(ネットフリックス)で配信中の映画「かぐや様は告らせたい-ファーストキッスは終わらない-」を視聴した感想レビューと映画の背景やオススメポイントなどを記載!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は国内映画のかぐや様は告らせたい-ファーストキッスは終わらない-を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube 【本予告】「かぐや様は告らせたい-ファーストキッスは終わらない-」12.17公開

Netflix配信作品の国内映画「かぐや様は告らせたい-ファーストキッスは終わらない-」のストーリー紹介

「かぐや様は告らせたい-ファーストキッスは終わらない-」は、赤坂アカの人気ラブコメディ漫画「かぐや様は告らせたい-天才たちの恋愛頭脳戦-」を原作としたアニメ映画です。

2022年12月17日に特別上映された本作は、テレビアニメ第3期「かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-」のその後を描く物語で、主演は古賀葵さんが演じる四宮かぐや、古川慎さんが演じる白銀御行です。

ストーリーは、秀知院学園生徒会の副会長・四宮かぐやと生徒会長・白銀御行が、長きにわたる恋愛頭脳戦のすえにお互いの気持ちを伝えあい、奉心祭(文化祭)で初めてのキスをしたところから始まります。

しかし、いまだに明確な告白には至っておらず、恋人同士になるかと思われた2人の関係性は曖昧なまま。お互いをより強く意識しながら、クリスマスを迎えることになった2人だったが……。

本作は、かぐやと御行の恋愛関係の進展を中心に展開されるラブコメディで、テレビシリーズでおなじみのキャラクターたちも登場します。

藤原千花(小原好美さん)、石神優(鈴木崚汰さん)、伊井野ミコ(富田美憂さん)、早坂愛(花守ゆみりさん)、柏木渚(麻倉ももさん)、大仏こばち(日高里菜さん)、田沼翼(八代拓さん)、四条眞妃(市ノ瀬加那さん)、子安つばめ(福原遥さん)などが、かぐやと御行の恋愛を応援したり邪魔したりしながら、学園生活を楽しんでいます。

本作では、かぐやと御行の初めてのキスから始まり、クリスマスパーティーでのサプライズプレゼントや新年初詣での出会いなど、2人の距離が縮まったり離れたりするシーンが多く描かれます。

また、かぐやと御行がお互いに想い合っていることを知っている千花や優が、2人をくっつけようと奮闘するシーンも見どころのひとつです。

特に、千花がかぐやにクリスマスプレゼントを渡すように仕向けたり、優が御行にかぐやの好みを教えたりする場面は、2人の友情と応援ぶりが微笑ましいです。

一方で、かぐやと御行の関係に影響を与えるキャラクターも登場します。

かぐやの兄である四宮圭介(杉田智和さん)は、かぐやの恋愛を認めない態度を見せたり、御行に対して威圧的な態度をとったりします12。また、御行の幼なじみである大仏あい(日高里菜さん)は、御行に想いを寄せており、かぐやと御行の関係に嫉妬したり、御行にアプローチしたりします。

これらのキャラクターは、かぐやと御行の恋愛に波乱を巻き起こす要素となっています。本作は、かぐやと御行の恋愛が一歩前進するかと思えば、また一歩後退するかと思える展開が繰り返されます。

しかし、最後には2人がお互いに真剣な気持ちを伝え合う感動的なシーンがあります。

そのシーンでは、鈴木愛理さんが歌うエンディングテーマ「君だけ」が流れます。
この曲は、かぐやと御行の恋心を表現した切なくも美しいバラードで、映画の雰囲気にぴったりです。

「かぐや様は告らせたい-ファーストキッスは終わらない-」は、ラブコメディとして笑いあり涙ありの作品です。

テレビシリーズのファンはもちろん、初めて見る人でも楽しめる内容になっています。

かぐやと御行の恋愛模様を見て、胸キュンしたい方はぜひチェックしてみてください。

Netflix配信作品の国内映画「かぐや様は告らせたい-ファーストキッスは終わらない-」の感想/レビュー紹介

この映画では、奉心祭で初めてのキスをしたかぐやと白銀ですが、まだ明確な告白には至っておらず、関係性は曖昧なままクリスマスを迎えます。

そこで白銀はかぐやにデートに誘うのですが、かぐやは自分が完璧でないと白銀に嫌われるのではないかと不安になります。

一方、白銀もかぐやに自分の過去を打ち明けるべきか悩みます。

二人の距離は近づくのか、それとも離れるのか…。

私はこの映画を観て、とても感動しました。

テレビアニメではコメディ要素が強かったですが、この映画ではシリアスな展開が多くありました。

特に白銀の過去に関するシーンは涙なしには観られませんでした。

また、かぐやの不安や葛藤もリアルに感じられました。

二人の恋愛は天才同士という設定ですが、普通の高校生と変わらない悩みや迷いを抱えていることがわかりました。

もちろん、コメディ要素もあります。

生徒会メンバーや石上優などのサブキャラクターたちが場を和ませて、特に石上優は白銀とかぐやの仲を取り持とうとするも失敗するシーンが多くて笑えました。

また、冒頭のSEXパートや老医者の劇画調なども面白かったです。

音楽も素晴らしかったです。

主題歌は鈴木雅之さんと高城れにさんが歌う「恋する季節」で、挿入歌は鈴木愛理さんが歌う「君だけを見つめてる」でした。

白銀の過去に関するシーンで流れるhalcaさんの「ハルカ」が切なくて心に響きましたし、どの曲も映画の雰囲気にぴったりでした。

声優陣も素晴らしかったです。

主演の古賀葵さんと古川慎さんはもちろん、小原好美さんや鈴木崚汰さんなどもテレビアニメと変わらずにキャラクターを演じていました。
特に古賀葵さんはかぐやの感情の変化を上手に表現していて、感情移入しやすかったです。

この映画はテレビアニメのファンはもちろん、原作未読の方でも楽しめ、恋愛映画としても十分に面白いですし、キャラクターたちの魅力も伝わってきます。

ただ、テレビアニメを観ていない方は、登場人物の関係性や設定などを把握するのに少し時間がかかるかもしれません。

Netflix配信作品の国内映画「かぐや様は告らせたい-ファーストキッスは終わらない-」のキャストやスタッフの紹介

主人公の四宮かぐやと白銀御行は、秀知院学園の生徒会で出会った天才同士

長い恋愛頭脳戦の末、お互いに気持ちを伝え合ったものの、明確な告白には至らなかった。

恋人同士になったと思われたふたりは、曖昧な関係のままクリスマスを迎えることになってしまいます。

そんなふたりのクリスマスの様子を描くこの作品は、日常の小さな幸せに気付ける作品であり、人生のバイブルにもなり得るという声もあります。

この作品で四宮かぐや役を演じたのは、古賀葵さんです。

古賀さんは、「プリンセス・プリンシパル Crown Handler」シリーズでアンジェ役、「荒野のコトブキ飛行隊 完全版」でキリエ役、「あにめたまご2017」「マイナス・カケル・マイナス」のヒロイン・ミツキ役など、多くのアニメ作品で活躍しています。

古賀さんは、「かぐや様は告らせたい-ファーストキッスは終わらない-」について、「かぐやちゃんが初めて白銀くんと手を繋いだり、初めて白銀くんとデートしたりするシーンがあって、すごく幸せそうで可愛らしいです」とコメントしています。

また、「かぐやちゃんが白銀くんに対してどう思っているかがすごく伝わってくる作品だと思います」とも語っています。

白銀御行役を演じたのは、古川慎さんです。

古川さんは、「僕だけがいない街」で藤沼悟役、「ワールドトリガー」でヒュース役、「僕のヒーローアカデミア」で切島鋭児郎役、「ワールドトリガー」で冬島慎次役 など、クールで頼れるキャラクターから熱血で情熱的なキャラクターまで幅広く演じています。

古川さんは、「かぐや様は告らせたい-ファーストキッスは終わらない-」について、「白銀くんがかぐやちゃんに対してどう思っているかがすごく伝わってくる作品だと思います」とコメントしています。

また、「白銀くんが初めてかぐやちゃんと手を繋いだり、初めてかぐやちゃんとデートしたりするシーンがあって、すごく照れくさそうで可愛らしいです」とも語っています。

ふたりの仲間である生徒会メンバーも、個性豊かなキャラクターと声優陣で魅力的です。

藤原千花役は小原好美さん、石上優役は鈴木崚汰さん、伊井野ミコ役は富田美憂さん、早坂愛役は花守ゆみりさん、柏木渚役は麻倉ももさん、大仏こばち役は日高里菜さん、田沼翼役は八代拓さん、四条眞妃役は市ノ瀬加那さん、子安つばめ役は福原遥さんが演じています。

監督は畠山守さんで、アニメ第1期から引き続き担当しています。

畠山さんは、「かぐや様は告らせたい-ファーストキッスは終わらない-」について、「かぐや様と白銀くんの関係が変化する物語です。恋愛頭脳戦の要素もありますが、それ以上にふたりの心の動きに注目してください」とコメントしています。

原作の赤坂アカさんも、「かぐや様は告らせたい-ファーストキッスは終わらない-」について、「アニメ第3期のその後を描く物語ですが、原作未読でも楽しめるように作っています。アニメオリジナルのシーンもありますので、原作読者の方もお楽しみに」とコメントしています。

この作品のエンディングテーマは「君と僕の歌」で、歌手デビューしたばかりの鈴木愛理さんが担当しています。挿入歌は「恋する乙女」で、halcaさんが担当しています。

Netflix配信作品の国内映画「かぐや様は告らせたい-ファーストキッスは終わらない-」のメイキング

この映画では、白銀とかぐやが初めてキスをするシーンがありますが、その撮影は非常に難航したそうです。

監督の河合勇人さんは、「キスシーンは一番大変でした。平野さんと橋本さんがキスするときに、どういう気持ちでどういう表情でどういうタイミングでキスするのか、それを決めるのがすごく難しかったです」と語っています。

また、平野さんと橋本さんも、「キスシーンは緊張しました。何回も撮り直しました。でも、お互いに信頼しあって頑張りました」とコメントしています。

一方、アニメ版の声優である古賀さんは、映画館スタッフとして出演する際に、自分の役を演じる橋本さんと対面しました。

古賀さんは、「橋本さんに会えてすごく嬉しかったです。橋本さんはかぐや様そのものでした。私もかぐや様を演じているので、共感する部分が多くて話しやすかったです」と感想を述べています。

映画館スタッフとして出演するシーンの撮影では、実際に映画館で働くスタッフの方々から指導を受けたそうです。

古賀さんは、「映画館スタッフの方々はすごく優しくて丁寧に教えてくれました。チケットを切った
り、ポップコーンを作ったり、掃除をしたりするのは意外と難しかったです」
と振り返っています。

また、映画館で働くことについて、「映画が好きな人が集まる場所で働けるのは素敵だなと思いました。映画館スタッフの方々には頭が下がります」と感謝の気持ちを表しています。

また、橋本さんも、「古賀さんに会えて感動しました。古賀さんの声が聞こえると、かぐや様がそこにいるような気がしました。古賀さんから色々なアドバイスをもらって勉強になりました」と話しています。

このように、「かぐや様は告らせたい-ファーストキッスは終わらない-」のメイキングでは、実写版とアニメ版のキャストが交流したり、難易度の高いシーンに挑戦したりするなど、見どころがたくさんあります。

Netflix配信作品の国内映画「かぐや様は告らせたい-ファーストキッスは終わらない-」の評価や批評

物語は、秀知院学園の副会長・四宮かぐや(古賀葵)と生徒会長・白銀御行(古川慎)が、長い恋愛頭脳戦の末に気持ちを伝え合ったものの、明確な告白には至らなかったところから始まります。

恋人同士になったと思われたふたりは、曖昧な関係のままクリスマスを迎えることになってしまいます。

この作品は、原作漫画のファンにとっては待望の続編であり、アニメ第3期の放送前に劇場で先行上映されたことも話題になりました。

原作の魅力を忠実に再現しながらも、アニメならではの演出や音楽で盛り上げることに成功しています。

特に注目すべきは、主人公ふたりの声優である古賀葵と古川慎の演技で、古賀葵は、かぐやの高飛車でプライドの高い一面と、恋する乙女で素直になれない一面を見事に表現しています。

古川慎は、白銀のクールで優秀な一面と、かぐやに対する純真で熱情的な一面を感情豊かに表現しています。

ふたりの掛け合いや心理描写は、観る者を笑わせたりドキドキさせたりします。

また、エンディングテーマ「Love is Show」を歌う鈴木雅之と高城れにも注目です。鈴木雅之は、「かぐや様」シリーズの主題歌「DADDY! DADDY! DO!」を歌っており、今回もかぐやと白銀の恋愛を華やかに彩っています。

高城れには、本作で白銀の幼なじみである四条眞妃(市ノ瀬加那)の声も担当しており、歌手としても声優としても活躍しています。

本作は、かぐやと白銀の恋愛が一歩進展するかと思わせては、また元に戻ってしまうという展開が繰り返されます。

しかし、それは決して退屈ではなく、むしろふたりの関係が深まっていく過程を楽しむことができます

ふたりが初めてキスをするシーンは、感動的で美しいです。

本作は、恋愛頭脳戦だけではなく、日常の小さな幸せに気付ける作品でもあります。

かぐやと白銀は、生徒会の仲間や友人たちとの交流を通じて、自分たちの気持ちや立場を見つめ直すことがあります。

特に、かぐやが自分の誕生日を祝ってもらえることに感動するシーンは、涙なしには見られません

本作は、原作ファンはもちろん、初めて見る人でも楽しめる作品です。

かぐやと白銀の恋愛模様に笑いあり涙ありの感情移入ができます。

また、アニメ第3期の放送前に見ることで、より深く物語に入り込むことができます。

Netflix配信作品の国内映画「かぐや様は告らせたい-ファーストキッスは終わらない-」に関する背景や社会的な意義

この映画は、テレビアニメ第3期「かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-」のその後を描く物語で、長きにわたる恋愛頭脳戦のすえにお互いの気持ちを伝えあい、奉心祭(文化祭)で初めてのキスをしたかぐやと白銀の関係がどうなるのかという展開が見どころです。

しかし、未だ明確な告白には至っておらず、恋人同士になるかと思われた2人の関係性は曖昧なまま、お互いをより強く意識しながら、クリスマスを迎えることになります。

この映画の背景としては、原作漫画やテレビアニメの人気が高く、ファンからの期待が大きかったことが挙げられます。

原作漫画は2015年から週刊ヤングジャンプで連載されており、2023年1月時点で既刊24巻が発売されています。

テレビアニメは2019年から2022年まで3期が放送されており、第1期と第2期は各12話、第3期は13話で構成されています。

また、2020年には実写映画版も公開されており、古賀葵さんと平野紫耀さんが主演を務めました。

この映画の社会的な意義としては、若者たちの恋愛観や価値観に影響を与える可能性があることが挙げられます。

この映画では、「完璧でありたい」というプライドを持つ白銀と、「完璧じゃない」所こそを求めるかぐやという対照的なキャラクターが登場します。

彼らは自分から告白することを避けて相手に告白させようとする恋愛頭脳戦を繰り広げますが、その裏には自分の本心や感情を素直に表現できない自分の本心や感情を素直に表現できない理由としては、彼らの家庭環境や社会的立場が関係しています。

かぐやは、四宮財閥の令嬢として育てられ、愛情を受けることができなかったことで、自分の価値を他人からの評価に求めるようになりました。

白銀は、白銀財閥の御曹司として育てられ、常に完璧であることを求められたことで、自分の欠点や弱さを隠すようになりました。

彼らは秀知院学園というエリート校に通い、生徒会のトップとして活躍していますが、その中で自分の本当の気持ちを誰にも打ち明けられない孤独を感じています。

そんな彼らが出会ったことで、初めて自分の心に火がつき、その火は恋愛感情だけではなく、ライバル意識や対抗心も含んでいます。

彼らは自分から告白することを恥ずかしいと感じるだけではなく、相手に告白させることで自分の優位性や価値を証明しようとするのです。

そのため、彼らの恋愛頭脳戦は様々な策略や駆け引きが繰り広げられますが、その中で彼らはお互いに惹かれ合っていくのです。

この映画では、そんな彼らが初めてキスをした後の物語が描かれます。

キスをしたことでお互いの気持ちが確かめ合えたはずですが、彼らはまだ恋人同士になっていません。それは、彼らがまだ自分のプライドや完璧主義を捨てられないからです。

彼らは相手に対して素直になりたいと思いながらも、自分から告白することを躊躇してしまいその結果、彼らの関係は曖昧なままで停滞してしまいます。

しかし、クリスマスを迎えることで、彼らの関係に変化が訪れます。

クリスマスパーティーで白銀はかぐやにプレゼントを渡そうとしますが、かぐやはそれを拒否します。

それは、かぐやが白銀からプレゼントではなく告白を望んでいるからです。

かぐやは白銀に対して「私はあなたから何も欲しくありません」と言ってしまいますが、それは本心ではありません。

かぐやは白銀に対して「私はあなたから何も欲しくありません」と言ってしまったことで、白銀を傷つけてしまいます。

白銀はかぐやに対して「私はあなたから何でも欲しい」と言いたいのですが、それを言えないでいます。

彼らはお互いに相反する言葉を口にしながらも、心の中では同じ気持ちを抱いており、このギャップが彼らの恋愛頭脳戦の醍醐味であり、苦しみでもあります。

しかし、このシーンで彼らはそれぞれに自分の本心に気づきます

かぐやは白銀からプレゼントを受け取らなかったことを後悔し、白銀に対して「私はあなたから何でも欲しい」という気持ちを認めます。

白銀はかぐやが自分から離れていくことを恐れ、かぐやに対して「私はあなたから何でも欲しい」という気持ちを強くします。

彼らはお互いに自分の気持ちを素直に伝えることができれば、恋人同士になれるという可能性を感じます。

このシーンは、この映画のメッセージとも言えるシーンです。

恋愛頭脳戦というコメディ的な要素だけではなく、恋愛感情という真剣な要素も含んでいます。

この映画は、恋愛感情を持つことの喜びや苦しみ、勇気や葛藤、成長や変化を描いています。

この映画は、恋愛感情を素直に表現することの大切さや難しさを伝えています

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も国内映画『かぐや様は告らせたい-ファーストキッスは終わらない-』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました