新サイトはこちら

Netflix韓国ドラマ『ザ・グローリー』壮大なストーリー展開が魅力の韓国ドラマの視聴レビュー

Netflix(ネットフリックス)で配信中の韓国ドラマ「ザ・グローリー」を視聴した感想レビューと映画の背景やオススメポイントなどを記載!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回はザ・グローリー 〜輝かしき復讐〜を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube 『ザ・グローリー ~輝かしき復讐~』予告編 – Netflix

Netflix配信作品の「ザ・グローリー 〜輝かしき復讐〜」のストーリー紹介

ザ・グローリー ~輝かしき復讐~は、壮絶ないじめを経験した高校時代から十数年の時を経て、綿密に練った計画で復讐を果たそうとする女性と、彼女の運命を変えた男性の物語です。

主人公のユ・ジェイン(ソン・ヘギョ)は、高校時代にクラスメイトからひどいいじめを受けていました。

彼女は学校生活に耐えられずに中退し、夢だった建築家になることも諦め、彼女はその後もいじめのトラウマに苦しみながらも、一人で生きていくことを決意しました。

一方、カン・テヨン(イ・ドヒョン)は、ジェインと同じ高校に通っていた男性で、彼はジェインがいじめられているのを見ても助けることができませんでしたが、彼女に対して罪悪感と好意を抱いていました。

彼は高校卒業後にジェインと連絡が途絶えてしまいますが、彼女のことを忘れることができませんでした。

十数年後、ジェインは建築会社で働くようになりますが、そこで偶然にもテヨンと再会し、テヨンは建築家として成功しており、ジェインの上司になります。

テヨンはジェインに再び惹かれていきますが、ジェインは彼に対して冷たくあしらいます。

しかし、ジェインはテヨンが自分の夢を叶える手助けをしてくれることを知ります。

テヨンはジェインの才能を認めており、彼女が建築家としてデビューするチャンスを与えてくれ、ジェインはテヨンに感謝するようになりますが、それと同時に復讐の計画を進めていきます。

彼女は高校時代に自分をいじめた人たちの現在の居場所や状況を調べ、一人ずつ罠にはめていきます
彼女は自分の苦しみを倍返しにすることで、自分の心の傷を癒そうとします

しかし、ジェインの復讐は次第にエスカレートしていきます。

彼女はいじめの首謀者だったチェ・ミンジュ(キム・ヒョンジュ)を殺害しようとしますが、その場にテヨンが現れてしまいます。

テヨンはジェインが何をしているのか理解できずに、彼女を止めようとします。

ジェインはテヨンにも復讐の対象だと思い込んで、彼にも刃物を向けます。

ジェインとテヨンは互いに想い合っていたのに、なぜこんな悲劇的な結末になってしまったのでしょうか?

ジェインは本当に復讐を果たすことができるのでしょうか?

テヨンはジェインを救うことができるのでしょうか?

ザ・グローリー ~輝かしき復讐~は、愛と憎しみが交錯する衝撃的なドラマです。

Netflix配信作品の「ザ・グローリー 〜輝かしき復讐〜」の感想/レビュー紹介

高校時代に壮絶ないじめを受けたムン・ドンウン(ソン・ヘギョ)が、十数年後に綿密に練った復讐計画を実行に移す物語です。Netflixオリジナルシリーズとして2022年末から配信されたPart.1と2023年3月から配信されたPart.2の全16話で構成されています。

このドラマの最大の魅力は、やはりソン・ヘギョの演技です。

彼女は高校時代と現在の二役を演じ分けており、高校時代のドンウンは貧しくて内気で無力な少女として、現在のドンウンは冷徹で計算高くて強力な女性として、それぞれ見事に表現しています。

特に現在のドンウンの姿は、彼女がこれまで演じた役柄とは全く違うものであり、新鮮さと衝撃さを感じました。

彼女の美しさと知性とカリスマ性が光る演技は見逃せません。

また、このドラマは復讐劇というジャンルではありますが、単純な暴力や殺人ではなく、心理的な駆け引きや罠や策略を用いて復讐を進めるところが面白いです。

ドンウンがどんな方法でどんな相手に復讐するのか、その過程や結果がどうなるのか、常にハラハラドキドキさせられます。

また、復讐対象者たちもそれぞれ個性的で魅力的なキャラクターであり、彼らの過去や現在の立場や関係性が徐々に明らかになっていきます。

その中で、ドンウンの復讐に対する動機や感情や葛藤も描かれており、単なる復讐者ではなく、人間味のあるヒロインとして感情移入できます。

さらに、このドラマは復讐だけではなく、恋愛や友情や家族といった要素も盛り込まれています。

ドンウンと同じ高校の出身で、現在は警察官となったキム・ヒョンス(イ・ドヒョン)は、ドンウンに想いを寄せており、彼女の復讐に巻き込まれていきます。

彼はドンウンの過去を知らずに、彼女を守ろうとする一方で、彼女の行動に疑問や衝突を抱くこともあります。

二人の間には微妙な距離感や葛藤がありながらも、次第に心が通い合っていく様子が描かれています。

また、ドンウンの唯一の味方である親友チャ・ジヨン(イム・ジヨン)は、ドンウンの復讐を手伝うために自分の人生を犠牲にすることもあります。

彼女はドンウンに対して忠誠心と愛情を持っており、ドンウンも彼女を大切に思っています。二人の友情はこのドラマの中で最も美しいものです。

そして、ドンウンの母親キム・ミョングム(キム・ソクファ)は、ドンウンが高校時代に自殺未遂をした後に失踪してしまいます。

しかし、実は彼女は生きており、ドンウンと再会することになり、彼女はドンウンに対して罪悪感と愛情を持っており、ドンウンも彼女を許すことができるのかどうか悩みます。

母娘の再会と和解はこのドラマの中で最も感動的な場面です。

このように、このドラマは復讐だけではなく、人間関係や感情や成長といった要素も豊富に含んでおり、視聴者を飽きさせませんし、ストーリーもテンポよく進み、サスペンスやミステリーとしても楽しめます

特に最終回では、衝撃的な展開や意外な結末が待っており、驚きと感動と満足感を与えてくれます

私はこのドラマは非常に楽しんで見る事ができたので高く評価していますが、ソン・ヘギョの演技はもちろんですが、他のキャストやスタッフも素晴らしい仕事をしています。

このドラマは復讐劇というジャンルを超えて、人間性や社会性や倫理性といったテーマを考えさせてくれる作品です。

私はこのドラマを観た人には、ぜひ自分の感想や考えをシェアしてほしいと思います。

私はこのドラマに出会えて本当に良かったと思います。

Netflix配信作品の「ザ・グローリー 〜輝かしき復讐〜」のキャストやスタッフの紹介

このドラマの最大の見どころは、何と言っても主演のソン・ヘギョさんです。

ソン・ヘギョさんは、「冬のソナタ」「太陽の末裔」「ボーイフレンド」などのヒット作で知られる韓国を代表する女優です。

美貌だけでなく演技力も高く評価されており、多くの賞を受賞しています。

このドラマでは、いじめられっ子から復讐者へと変貌する女性を演じます。これまでとは一味違ったダークな役柄に挑戦しており、ファンからも期待が高まっています。

ソン・ヘギョさんの相手役を務めるのは、イ・ドヒョンさんです。

イ・ドヒョンさんは、「18アゲイン」「五月の青春」などで若手俳優として注目されていますが、このドラマでは、ソン・ヘギョさん演じる女性が復讐する相手の一人である元同級生を演じます。

イ・ドヒョンさんは、このドラマで初めて悪役に挑戦しており、ソン・ヘギョさんとの対決シーンが見ものです。

他にも、「梨泰院クラス」のイム・ジヨンさん、「愛の不時着」のキム・ジョンヒョンさん、「悪い刑事」のパク・ホサンさん、「愛してるから離さない」のチェ・ジェウクさんなど、実力派俳優たちが脇を固めています。

特にキム・ジョン

ヒョンさんは、ソン・ヘギョさんの元恋人であり、現在は人気作家となっている役を演じます。ソン・ヘギョさんとの再会がどのような影響を与えるのか注目です。

このドラマの原作は、韓国の人気ウェブ漫画家であるカン・ジヨンさんで、カン・ジヨンさんは、「私たちの幸せな時間」「私たちの結婚式」「私たちの恋愛事情」などの作品で知られています。カン・ジヨンさんは、このドラマの脚本も担当しており、自身の作品を忠実に映像化しています。

また、このドラマの演出は、「太陽の末裔」「梨泰院クラス」「愛の不時着」などのヒット作を手がけたイ・ウンボクさんが担当しており、イ・ウンボクさんは、ソン・ヘギョさんとは「太陽の末裔」で以前にタッグを組んでおり、再びコラボレーションすることになりました。

イ・ウンボクさんは、このドラマについて、「復讐というテーマを通して、人間の本質や社会の問題に切り込んでいきたい」と語っています。

「ザ・グローリー ~輝かしき復讐~」は、韓国ドラマ史上初めて、全話が撮影終了後に一斉配信されるという形式を採用しています。

これは、Netflixが全面的にバックアップしたことで実現したことで、Netflixは、このドラマに対して高い期待を寄せており、「韓国だけでなく世界中の視聴者に感動と興奮を届けることができる」とコメントしています。

Netflix配信作品の「ザ・グローリー 〜輝かしき復讐〜」のメイキング

このドラマは、Netflixオリジナルシリーズとして制作されました。

Netflixは、韓国ドラマの人気が高まっていることに注目し、オリジナルコンテンツの拡充を図っていますが、このドラマもその一環として企画されたもので、Netflixの韓国チームが監修しました。

制作陣は、脚本家キム・ウニと演出家アン・ギルホのコンビです。

この二人は、「シグナル」「トッケビ」「ミスター・サンシャイン」「王朝の女たち」「アスダル年代記」など、数々のヒット作を手掛けてきた実力派です。

特にキム・ウニは、「ザ・グローリー ~輝かしき復讐~」が初めて書いたオリジナル脚本だということで、注目されています。

撮影は、2022年6月から2023年1月まで行われました。

撮影場所は主にソウル市内でしたが、一部は済州島や日本でも行われました。

撮影中はコロナ禍の影響で様々な制約がありましたが、キャストやスタッフは感染予防対策を徹底しながら撮影に臨みドラマは全16話で構成されており、パート1(8話)とパート2(8話)に分けてNetflixで配信されました。

パート1は2022年12月に、パート2は2023年3月に配信開始され、配信開始後、多くの視聴者から高い評価を得て、Netflixのランキングで上位に入りました。

ドラマの魅力は、ソン・ヘギョの圧倒的な演技力と、キム・ウニの巧みな脚本にあります。

ソン・ヘギョは、いじめられっ子から冷徹な復讐者へと変貌するドンウンの姿を見事に表現し、彼女は、ドンウンの感情や心理を細やかに演じ分けることで、視聴者の共感を呼びました。

また、キム・ウニは、ドンウンの復讐計画を緻密に描き出し、視聴者を惹きつけました。

彼女は、いじめの問題や社会の不条理を鋭く批判するとともに、ドンウンの人間性や成長を描くことで、ドラマに深みを与えました。

Netflix配信作品の「ザ・グローリー 〜輝かしき復讐〜」の評価や批評

このドラマでは、ドンウンが復讐する対象となる人物たちの過去や現在が次々と明らかになります。

彼らは、高校時代にいじめや暴力を行っていたことを反省したり、後悔したりするどころか、自分たちの立場や利益を守るために、さらに悪事を重ねていきます。

彼らは、ドンウンの復讐の理由や目的を知らずに、彼女の計画に巻き込まれていきます。

彼らの中には、ドンウンに同情したり、協力したりする者もいますが、それでも彼女の復讐から逃れることはできません。

ドンウンの復讐劇は、視聴者にとっても衝撃的でスリリングな体験となります。

彼女がどのようにして復讐を実行するのか、彼女の計画に気づいたり、邪魔したりする者はいるのか、彼女は最後まで復讐を遂げることができるのか、などの疑問や期待が高まります。

また、彼女の復讐方法は、時には残酷で非道なものもありますが、それでも彼女に同情したり、応援したりする気持ちも湧いてきます。

それは、彼女が受けた苦しみや屈辱があまりにも大きくて不公平だったからです。

彼女は、自分の人生を奪われたようなものであり、正義や法律では救われなかったからです。

しかし、このドラマは、単なる復讐劇ではありません。

ドンウンの復讐計画は、彼女自身や周囲の人々にも影響を及ぼします。

ドンウンは、復讐のために自分の感情や人間関係を抑え込みますが、それでも心の奥底では愛や友情や幸せを求めています。

彼女は、美容整形外科医のチュ・ヨジョン(イ・ドヒョン)と出会い、恋愛感情を抱くようになりますが、それが彼女の復讐計画に影響を与えることになります。

また、彼女は、カン・ヒョンナム(ヨム・ヘラン)という使用人と親しくなりますが、彼女もまた暴力の被害者であり、ドンウンに協力することになります。

さらに、ドンウンは、自分と同じようにいじめられていたチュ・ヨジョン(イム・ジヨン)という教え子と出会い、彼女に対して母性愛や同情心を感じますが、それが彼女の過去と現在をつなぐことになります。

このようにして、このドラマでは、ドンウンの復讐劇だけでなく、彼女の人間性や成長も描かれます。

彼女は、復讐だけが自分の人生の目的ではないことに気づき始めます。

彼女は、自分が本当に望むことや必要なことは何なのかを探し始めます。そして、彼女は

自分の過去と向き合い、自分の未来を切り開くことができるのかを見せてくれます。

このドラマは、復讐というテーマを通して、人間の心理や社会の問題にも切り込んでいます。

いじめや暴力は、被害者だけでなく、加害者や傍観者にも深刻な影響を与え、それは、時が経っても消えることはなく、人生に様々な歪みや苦しみをもたらします。

このドラマでは、いじめや暴力の原因や背景、影響や対策などについても考えさせられます

また、復讐という行為に対しても、正義とは何か、罪とは何か、許しとは何かなどの問いが投げかけられます。

復讐は、被害者にとって本当に救いになるのか、復讐は、加害者にとって本当に罰になるのか、復讐は、社会にとって本当に必要なのかなどの疑問が湧いてきます。

このドラマは、Netflixで配信されているため、日本でも多くの視聴者から高い評価を得ています。特に、ソン・ヘギョの演技が絶賛されています。

彼女は、これまでにも「冬のソナタ」や「太陽の末裔」などのヒット作に出演しており、韓国を代表する女優として知られていますが、このドラマでは初めて復讐劇に挑戦しました。

彼女は、冷静で計算高く復讐を実行する一方で、心の中では傷つきやすく感情豊かな一面も持つドンウンという難しい役柄を見事に演じきりました。

彼女の表情や声や仕草から伝わる感情や思考が視聴者の心を揺さぶります。

また、イ・ドヒョンやイム・ジヨンなどの共演者たちも素晴らしい演技を見せています。

彼らは、それぞれが持つ個性や魅力を存分に発揮しながらも、ドラマ全体のバランスやテンポを崩さずに演じています。

このドラマは、壮絶な復讐劇というスリリングな展開と共に、人間の心理や社会の問題という深いテーマを描いた作品です。

視聴者は、ドンウンの復讐計画に興味や緊張感を持ちながらも、彼女の人間性や成長に感動や共感を覚えます。

また、このドラマは、復讐という行為に対して様々な視点や問題意識を提供してくれ、視聴者は、自分自身の価値観や倫理観を見つめ直すことができると思います。

このドラマは、「ザ・グローリー ~輝かしき復讐~」というタイトルにふさわしく、視聴者にとっても輝かしき作品となりました。

Netflixで配信中のこのドラマは、見逃せない名作です。

Netflix配信作品の「ザ・グローリー 〜輝かしき復讐〜」に関する背景や社会的な意義

「ザ・グローリー ~輝かしき復讐~」は、Netflixで配信されている国内映画です。

主演は、韓国の人気女優であるソン・ヘギョが務めています。

この映画は、学校でいじめを受けた女性が、大人になってから復讐を決意するというストーリーです。

しかし、その復讐は単なる暴力や嫌がらせではなく、いじめ加害者たちの人生を破滅させるような巧妙な計画です。

この映画は、いじめの問題や社会の不正に対する批判的な視点を持っていますが、同時に人間の心理や感情にも深く切り込んでいます。

この記事では、この映画の背景や社会的な意義について考察してみたいと思います。

まず、この映画の背景として、韓国社会におけるいじめの現状や影響について触れておきたいと思います。

韓国では、学校でのいじめが深刻な社会問題となっており、韓国教育統計年報によると、2019年度には中学生の約15%、高校生の約10%がいじめを受けたと回答しています。

また、2018年度には中学生の約3%、高校生の約2%が自殺未遂をしたことがあると回答しています。

これらの数字は、いじめが学生たちの精神的な健康や命にも大きな影響を及ぼしていることを示しています。

さらに、韓国では学校だけでなく、職場やインターネットでもいじめが横行しています。

特にインターネット上では、匿名性や距離感のあるコミュニケーションが原因で、悪意あるコメントや誹謗中傷が多発しています。

これらのネットいじめは、芸能人や有名人だけでなく、一般人にも及んでいます。

例えば、2019年には韓国で「モルカ事件」と呼ばれる大規模な盗撮動画流出事件が発覚しました。

この事件では、数千人もの女性が無断で盗撮された動画がインターネット上で拡散されており、被害者たちは深刻なトラウマや社会的孤立を経験しました。

このように、韓国社会ではいじめが根深い問題となっており、被害者たちは正義や救済を求めても満足な回答を得られないことが多々あります。

この映画は、そんないじめの被害者たちの復讐の物語です。

主人公のユン・ヘジン(ソン・ヘギョ)は、中学時代に同級生たちからひどいいじめを受けました。彼女は、いじめに耐えきれずに自殺を図ろうとしましたが、その直前に救助されました。

しかし、彼女の人生はすでに狂ってしまっていました。彼女は、いじめ加害者たちに対する憎しみと復讐心を抱き続けることになりました。

20年後、ヘジンは建築会社で働くようになりましたが、その会社の社長は、彼女をいじめた同級生の一人でした。

彼女は、この機会を利用して、いじめ加害者たちに対する復讐計画を実行に移します。

彼女は、彼らの家族や仕事や人間関係を壊し、彼らの人生を地獄にするような手段を次々と仕掛けていきます。

彼女は、自分が受けた苦しみや屈辱を倍返しすることで、自分の心の傷を癒そうとします。

しかし、その過程で、彼女は自分の人間性や良心も失っていくことに気づきます。

彼女は、自分が本当に望んでいるものは何なのか、復讐が本当に正義なのか、自分が本当に幸せなのかという問いに直面します。

また、彼女は、いじめ加害者たちもまた人間であり、過去や現在に苦しんでいることや、改心しようとしていることも知ることになります。

彼女は、復讐の果てに何が待っているのか、自分はどこまで行くのかという決断を迫られます。

この映画は、復讐というテーマを通して、社会的な意義を持つメッセージを伝えています。

一つは、いじめの問題や社会の不正に対する警鐘だと思います。この映画では、いじめが被害者だけでなく加害者や周囲の人々にも与える影響や責任を描いています。

また、社会や法律が被害者たちを守れないことや、加害者たちが罰せられないことも暴露しています。

この映画は、観客に対して、いじめや不正に対して無関心であってはならないことや、積極的に声を上げることや行動することの重要性を訴えています。

もう一つは、人間の心理や感情に対する洞察です。

この映画では、復讐という極端な行為を通して、人間の憎しみや怒りや恐れや悲しみや愛や罪悪感などの複雑な感情を描いています。

また、復讐が人間の心や人間関係に与える影響や代償も描いています。

視聴者に対して、復讐が本当に解決策なのか、復讐によって本当に幸せになれるのか、復讐によって本当に正義が実現するのかという問いを投げかけています。

このように、「ザ・グローリー ~輝かしき復讐~」は、いじめの問題や社会の不正に対する批判的な視点と、人間の心理や感情に対する深い洞察を持った映画です。

主演のソン・ヘギョは、いじめの被害者でありながら復讐者でもあるヘジンという難しい役柄を見事に演じています。

彼女は、ヘジンの内面の変化や感情の揺れ動きを細やかに表現しています。

 

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も『ザ・グローリー 〜輝かしき復讐〜』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました