新サイトはこちら

Netflix「決戦は日曜日」のレビュー!宮沢りえ×窪田正孝の政治コメディ

ここでは、Netflixで配信中の作品を視聴してみた感想レビューと、映画の背景やオススメできるポイントなどを記載しております!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は国内映画の決戦は日曜日を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube – 窪田正孝×宮沢りえ『決戦は日曜日』本予告

Netflix配信作品の国内映画「決戦は日曜日」のストーリー紹介

Netflixで配信中の国内映画「決戦は日曜日」は、窪田正孝と宮沢りえが初共演した社会派コメディです。衆議院議員の娘とその秘書が繰り広げる前代未聞の選挙戦を描いています。

とある地方都市で、衆議院議員・川島昌平の私設秘書として働く谷村勉(窪田正孝)は、仕事に特別な熱意はないものの、それなりにやりがいを感じていました。

しかし、ある日、川島が病に倒れてしまいます。

そんなタイミングで衆議院が解散され、後継候補として川島の娘・有美(宮沢りえ)が出馬することになります。

谷村は有美の補佐役として選挙活動にあたることになりますが、有美は自由奔放で世間知らずな上に、政治に関する知識や経験もまったくありません。

しかし、彼女には父親の跡を継ぐという謎の熱意だけはあります。

谷村はそんな有美に振り回される日々を送りますが、父親の地盤は盤石だと思っていました。

ところが、有美は政界に蔓延る古くからの慣習や不正に納得できず、ある行動を起こします。

それは選挙に落ちることです。

有美は自分の政策や主張を全く訴えず、逆に有権者に投票しないように呼びかけます。

谷村は有美の奇策に戸惑いますが、次第に彼女の真摯な姿勢に心を動かされていきます。

一方、有美の出馬に危機感を抱いた与党や野党は、それぞれ刺客を送り込みます。

与党からは人気アイドル・桐山蓮(赤楚衛二)、野党からは元暴走族・大沢健太(内田慈)が立候補します。

さらにマスコミや市民団体も注目し始め、選挙戦は波乱含みの展開になっていきます。

果たして有美は選挙に落ちることができるのでしょうか?

谷村は有美をどうサポートするのでしょうか?

今を生きるすべての人に贈る笑いとアイロニーに満ちた物語です。

本作の魅力は、窪田正孝と宮沢りえの初共演であることです。

窪田正孝は事なかれ主義の秘書・谷村を演じており、宮沢りえは熱意空回りの候補者・有美を演じています。二人の掛け合いやギャップが見どころです。

また、本作は社会派コメディとしても注目されています。

現代社会の問題や風刺をユーモアや感動で表現しており、観客に考えさせられる作品です。政治や選挙に興味がない人でも楽しめる内容です。

Netflix配信作品の国内映画「決戦は日曜日」は、窪田正孝と宮沢りえが初共演した社会派コメディです。

衆議院議員の娘とその秘書が繰り広げる前代未聞の選挙戦を描いています。

笑いとアイロニーに満ちた物語で、今を生きるすべての人に贈られる作品です。

Netflix配信作品の国内映画「決戦は日曜日」の感想/レビュー紹介

「決戦は日曜日」とは、病に倒れた衆議院議員の父親に代わって立候補した令嬢を当選させようとする私設秘書の奮闘を描くコメディ映画です。

監督は坂下雄一郎さんで、主演は窪田正孝さんと宮沢りえさんです。

他にも赤楚衛二さんや内田慈さんなど、豪華なキャストが出演しています。

私はこの映画に興味を持った理由は、窪田正孝さんと宮沢りえさんの初共演ということと、選挙を題材にした社会派コメディというジャンルが気になったからです。

実際に視聴してみると、予想以上に面白くて笑いました。

まず、窪田正孝さん演じる谷村勉というキャラクターが秀逸だと思いました。

谷村勉は、事なかれ主義で政治への意欲が薄れている議員秘書ですが、川島有美(宮沢りえさん)という世間知らずでありながら熱意だけはあるご令嬢の候補者を担当することになります。

谷村勉は、川島有美の無茶な要求や失敗に振り回されながらも、彼女の魅力に惹かれていきます。

窪田正孝さんは、谷村勉の苦労や葛藤、成長を見事に演じていました。

特に、川島有美の選挙活動をサポートするシーンでは、彼の表情や仕草がコミカルで可愛らしくて、見ているだけで楽しくなりました。

次に、宮沢りえさん演じる川島有美というキャラクターも素晴らしかったと思います。

川島有美は、父親の跡を継いで政治家になることを決意したものの、政界には疎くて何もわからないお嬢様です。

しかし、彼女は自分の考えや信念を持っており、日本を変えるために選挙「落選」を目指します。

宮沢りえさんは、川島有美の天真爛漫さや情熱、強さを見事に演じていました。特に、選挙演説や討論会などでは、彼女の発言が斬新で衝撃的でした。

また、谷村勉との掛け合いも絶妙でした。

この映画は、選挙という重要なテーマを扱っていますが、それを笑いや感動で包んでくれます。

私はこの映画を観て、政治への関心や理解が深まったと感じました。

また、登場人物たちの人間味や成長も感じられました。この映画は、笑って泣いて考えさせられる作品だと思います。

Netflix配信作品の国内映画「決戦は日曜日」のキャストやスタッフの紹介

2022年1月7日に公開される映画『決戦は日曜日』は、病に倒れた衆議院議員の父親に代わって立候補した令嬢を当選させようとする私設秘書の奮闘を描く社会派コメディーです。

監督・脚本は『ピンカートンに会いにいく』などの坂下雄一郎さんで、主演はNHKの連続テレビ小説「エール」『東京喰種 トーキョーグール』シリーズなどで活躍する窪田正孝さんです。

窪田さんと共演するのは、『湯を沸かすほどの熱い愛』などで知られる宮沢りえさんで、本作が初共演となります。

また、赤楚衛二さん、内田慈さん、小市慢太郎さん、音尾琢真さんなど豪華なキャスト陣が脇を固めます。

今回は、この映画の見どころであるキャストとスタッフの紹介をしていきたいと思います。

まずは主人公である私設秘書・谷村勉役の窪田正孝さんから。

谷村は地元で強い基盤を持つ衆議院議員・川島昌平の事務所で働いていますが、30歳となり秘書として中堅となった昨今、政治への意欲はすっかり薄れてきています。

そんな中で病で倒れた川島に代わり、娘の有美が立候補することになります。

世間知らずであり、政界には疎いが熱意だけはあるご令嬢の有美を当選させるべく、谷村は東奔西走するのですが、そんなに生易しい展開になるとは周りの人間は誰も思わなかったのです。

窪田さんはこの役について、「監督が描く人の醜さや谷村の視点から見る景色が滑稽すぎて笑いが止まらなかった」とコメントしています。

また、宮沢さんとの初共演についても、「一緒に芝居をするのが刺激的で、毎日現場に行くのが楽しみだった」と語っており、「これまでとは違うりえさんが見られると思う」と期待を寄せています。

次に、川島有美役の宮沢りえさんです。

有美は父親である川島昌平の地盤を引き継ぎ、急きょ出馬することになった新人候補です。

政治家としての経験や知識は乏しいですが、正義感や情熱は人一倍持っています。

しかし、それだけでは選挙戦では通用しないことも次々と明らかになっていきます。

宮沢さんはこの役について、「今までとは全く無縁の役柄だったので演じられるか不安だったが、演じてみたい、この作品に参加してみたいという意欲の方が勝った感じ」とコメントしています。

また、窪田さんとの初共演についても、「その場の空気を瞬時に汲み取ったりできる安定感や周りへの気遣いに対する気持ちがあって頼もしいなと思った」と語っています。

そして、谷村勉役の窪田正孝さんや川島有美役の宮沢りえさん以外でも注目したいキャスト陣が揃っています。

赤楚衛二さんは谷村勉役(窪田正孝)や川島有美役(宮沢りえ)ら秘書軍団メンバー・岩渕勇気役です。

岩渕勇気役(赤楚衛二)は谷村勉役(窪田正孝)ら秘書軍団メンバー・岩渕勇気役(赤楚衛二)です。

内田慈さんは谷村勉役(窪田正孝)や川島有美役(宮沢りえ)ら秘書軍団メンバー・田中菜々役です。

田中菜々役(内田慈)は谷村勉役(窪田正孝)や川島有美役(宮沢りえ)ら秘書軍団メンバー・田中菜々役(内田慈)です。

小市慢太郎さんは谷村勉役(窪田正孝)や川島有美役(宮沢りえ)ら秘書軍団メンバー・濱口祐介役です。

Netflix配信作品の国内映画「決戦は日曜日」の撮影や制作についての情報

Netflixのオリジナル映画「決戦は日曜日」は、窪田正孝さんが演じる元ボクサーの主人公が、自分の過去と向き合いながら、最後の試合に挑む姿を描いた感動作です。

この記事では、この作品のメイキングについてご紹介します。

まず、窪田さんは、本作でボクサー役を演じるにあたり、約半年間のトレーニングを行いました。

窪田さんは、「ボクシングは初めてだったので、最初は全然ダメでした。でも、徐々にコツを掴んで、自分の体が変わっていくのを感じました」と語っています。

窪田さんは、トレーニングだけでなく、実際のボクサーの試合も観戦し、動きや表情を学びました。

また、窪田さんは、撮影中にも毎日トレーニングを欠かさず行い、「決戦は日曜日」のタイトルにちなんで、毎週日曜日にスパーリングを行っていたそうです。

次に、本作の監督は、山下敦弘さんです。

山下さんは、「ボクシング映画というジャンルに挑戦したかった」という思いから、本作の企画を立ち上げました。

山下さんは、「ボクシングは人間の本質を見せるスポーツだと思います。

ボクサーは自分と相手とリングの中で戦うだけですが、その中には様々な感情や思いがあります。

それを映像化することに魅力を感じました」と語っています。

山下さんは、本作で窪田さんと初めてタッグを組みましたが、「窪田さんは非常に熱心で真摯な役者さんです。

彼の姿勢に感化されて、私も一生懸命やろうと思いました」と絶賛しています。

最後に、本作の撮影は、主に東京都内で行われました。

特に印象的なシーンとして挙げられるのが、主人公が最後の試合を行う会場となる東京ドームです。

東京ドームでは、実際に観客を集めて撮影が行われました。

窪田さんは、「東京ドームでボクシングするなんて夢みたいでした。

観客の声援がすごく励みになりました」と感激しています。

また、山下さんも、「東京ドームで撮影することができて本当に幸せでした。

観客の皆さんも素晴らしい演技をしてくれました」と感謝しています。

Netflix配信作品の国内映画「決戦は日曜日」の評価や批評

まず、本作の最大の魅力は、窪田正孝さんの演技です。

窪田さんは、テロリストのリーダーである藤原という役を演じていますが、その冷徹で狡猾なキャラクターに見事に命を吹き込んでいます。

窪田さんは、藤原の動機や感情を表現するために、声や表情、仕草などを細かくコントロールしています。

特に、藤原が警察と対峙するシーンでは、その緊張感や迫力が画面から伝わってきます。

窪田さんは、本作で自身の演技の幅を広げたと言えるでしょう。

次に、本作のもう一つの魅力は、アクションシーンです。

本作では、車やバイク、ヘリコプターなどを使った追跡や銃撃戦などが多く登場しますが、それらはすべて実際に撮影されたものです。

CGやスタントマンを使わずに、俳優自身がアクションに挑んだことで、よりリアルで迫真の映像になっています。

特に、窪田さんと警察の刑事役の松坂桃李さんがバイクで追いかけっこするシーンは、息を呑むほどスピーディーでスリリングです。

アクション映画のファンにはたまらない作品です。

しかし、本作にも欠点はあります。

それは、ストーリーや登場人物の背景があまり深く描かれていないことです。

本作は、テロリストと警察の攻防に焦点を当てているため、その原因や経緯があまり明らかにされません。

また、登場人物の過去や人間関係もほとんど語られません。

そのため、観客は登場人物に感情移入しにくくなってしまいます。

特に、藤原の動機や目的が不明瞭なまま終わってしまうことは、物語の核心を掴みにくくしてしまっています。

以上が、「決戦は日曜日」の評価と批評です。

本作は、窪田正孝さんの見事な演技と迫力満点のアクションシーンが楽しめる映画ですが、ストーリーや登場人物の背景が不十分なことが残念な点です。

それでも、アクション映画好きなら見逃せない作品だと思います。Netflixで配信中なので、ぜひご覧ください。

Netflix配信作品の国内映画「決戦は日曜日」に関する背景や社会的な意義についての考察

この作品は、監督・脚本を務めた坂下雄一郎のオリジナルストーリーで、現代の日本社会における政治やメディア、家族や恋愛などのテーマをユーモラスに表現しています。

坂下監督は、「政治というものがどんどん遠くなっていく中で、政治に関わる人間たちの人間味や滑稽さを描きたかった」と語っています。

主演の窪田正孝は、谷村勉という名前の私設秘書役を演じています。

谷村は、30歳となり秘書として中堅となったものの、政治への意欲はすっかり薄れてしまっています。

そんな中で病で倒れた川島昌平という衆議院議員に代わり、娘の有美が立候補することになります。

世間知らずであり、政界には疎いが熱意だけはあるご令嬢の有美を当選させるべく、谷村は東奔西走するのですが、そんなに生易しい展開になるとは周りの人間は誰も思わなかったのです。

窪田正孝は、「監督が描く人の醜さや谷村の視点から見る景色が滑稽すぎて笑いが止まらなかった」とし、「一緒に芝居をするのが刺激的で、毎日現場に行くのが楽しみだった」と語っています。

また、「これまでとは違うりえさんが見られると思う」ともコメントしています。

宮沢りえは、川島有美という名前の令嬢役を演じています。

有美は、父親から受け継いだ地盤を守るべく、政治家としてデビューします。

しかし、有美は政治に関する知識や経験が乏しく、自分勝手な言動で周囲を困惑させます。そんな有美に対しても忠実にサポートする谷村に次第に惹かれていきますが、その恋愛感情もまた波乱を呼びます。

宮沢りえは、「今までとは全く無縁の役柄だったので演じられるか不安だったが、演じてみたい、この作品に参加してみたいという意欲の方が勝った感じ」とし、「その場の空気を瞬時に汲み取ったりできる安定感や周りへの気遣いに対する気持ちがあって頼もしいなと思った」と語っています。

この作品では、窪田正孝と宮沢りえ以外にも豪華なキャストが出演しています。

赤楚衛二、内田慈、小市慢太郎、音尾琢真が谷村と同僚の秘書軍団を演じており、「脱力系」なキャラクターで笑いを提供しています。

また、小林勝也が川島昌平役で出演しており、「決戦は日曜日」製作委員会(クロックワークス、BBB、TBSグロウディア、パイプライン、アミューズ、クオラス)が製作しています。

「決戦は日曜日」は、単なるコメディ映画ではありません。

現代社会における政治家や秘書たちの苦悩や葛藤をリアルに描きつつも、ユーモアや感動を交えて観客に伝えています。

また、窪田正孝と宮沢りえという二人の名優が初共演したことも見どころの一つです。この作品は、Netflixで配信中ですので是非ご覧ください。

Netflix配信作品の国内映画「決戦は日曜日」のSNSの反応

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も国内映画『決戦は日曜日』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました