新サイトはこちら

Netflix韓国映画「キル・ボクスン」が話題沸騰中!視聴感想レビュー

韓国映画「キル・ボクスン」

Netflix(ネットフリックス)で配信中の韓国映画「キル・ボクスン」を視聴した感想レビューと映画の背景やオススメポイントなどを記載!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は韓国映画の「キル・ボクスン」を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

Netflix配信作品の国内映画「キル・ボクスン」のストーリー紹介

「キル・ボクスン」の主演は、2007年のカンヌ国際映画祭で女優賞に輝いたチョン・ドヨンさんです。

監督は、ピョン・ソンヒョンさんで、復讐をテーマにしたアクションサスペンスを描いています。

ストーリーは、暗殺業界にその名をとどろかす伝説的な殺し屋でありながら、家に帰れば10代の娘をもつシングルマザーであるキル・ボクスンの1週間を追っていきます。

彼女は、一流の暗殺請負企業MKエンターテインメントとの契約更新を考え直すことになりますが、そのことがきっかけで、自分の命を狙われることになります。

一方、彼女の娘キル・ジェヨンは、母親の仕事を知らずに、反抗期真っ只中で、学校でもトラブルを起こしています。

そんな母娘の関係は、ますますこじれていきます。

この映画の見どころは、チョン・ドヨンさんの本格的なアクションシーンと、母娘の感動的なドラマシーンです。

チョン・ドヨンさんは、アクション映画初挑戦ということで、撮影前から激しいトレーニングを行いました。

その甲斐あって、銃やナイフを使った戦闘やカーチェイスなど、迫力満点のアクションを見せてくれます。

また、彼女は、殺し屋と母親という二面性を持つキャラクターを見事に演じ分けています。

殺し屋としては冷徹で無表情ながらもプロフェッショナルな姿勢を貫きますが、母親としては愛情深くも不器用で不安定な姿勢を見せます。

そのギャップが、彼女の魅力を引き出しています。

母娘の感動的なドラマシーンでは、娘役のキム・シアさんも素晴らしい演技を見せています。

彼女は、母親の仕事や過去を知らずに育ったために、孤独感や不安感に苛まれています。

しかし、母親への愛情や尊敬も持っており、その葛藤が彼女の心情を複雑にしています。

そんな娘に対して、母親は自分の仕事や過去を隠しながらも、必死に子育てをしようとしますが、それがかえって娘との溝を深めてしまいます。

そんな母娘の関係は、母親が命を狙われることになったことで、大きな変化を迎え、母親の仕事や過去を知った娘は、ショックを受けますが、同時に母親の本当の姿を理解しようとします。

母親も、娘に自分の全てを打ち明けることで、娘との信頼関係を築こうとしますが、そんな中、母娘は敵の襲撃から逃れるために、協力して戦うことになります。

その過程で、母娘は互いに愛情や尊敬を深めていき、最後には母娘は自分たちの人生を取り戻すために、最後の戦いに挑みます。

この映画は、暗殺業界や復讐という現実離れした設定を使いながらも、母娘の普遍的な愛情や成長を描いています。

アクションシーンとドラマシーンのバランスが絶妙で、観客を飽きさせず、チョン・ドヨンさんとキム・シアさんの演技も見事で、母娘の感情移入ができます。

この映画は、アクション映画が好きな人だけでなく、家族愛や人間ドラマが好きな人にもおすすめです。

Netflix配信作品の国内映画「キル・ボクスン」の感想/レビュー紹介

チョン・ドヨンといえば、最近ではラブコメドラマ「イルタ・スキャンダル」で可愛らしい役柄を演じていましたが、本作ではまったく違う顔を見せてくれます。

彼女の圧倒的な存在感と迫力あるアクションシーンに目が離せませんでした。

本作は、暗殺者という職業に対する様々な視点を描いており、キル・ボクスンは、自分の仕事に誇りを持ちながらも、娘との関係や自分の将来に悩んでいます。

彼女は殺し屋としてのルールや倫理観を持っていますが、それが時に彼女を苦しめることもあります。

一方、彼女が所属する暗殺会社MKは、資本主義社会の象徴とも言える組織です。

MKは暗殺者たちをサラリーマンのように扱い、業界を独占しようとします。

MKの代表チャ・ミンギュ(ソル・ギョング)は、キル・ボクスンに恋心を抱いていますが、彼女を自分のものにするためには手段を選びません。

彼は自分の利益や欲望のために暗殺者たちを利用し、裏切ります。

このように、本作は暗殺者という職業に対する様々な視点を描いていますが、それだけではありません。本作はまた、シングルマザーと娘の葛藤と愛というテーマも扱っています。

キル・ボクスンは娘ジェヨン(キム・シア)に対して愛情を持っていますが、自分が殺し屋であることや過去の出来事を隠しています。

ジェヨンもまた、母親に対して愛情を持っていますが、自分が同性愛者であることを隠しています。

二人はお互いに心を開くことができず、距離を感じています。

しかし、キル・ボクスンが暗殺会社からの脱退をめぐって命を狙われることになり、二人は危機に直面し、その過程で、二人はお互いの秘密を知り、理解し合うようになります。

キル・ボクスンは娘のために戦い、ジェヨンは母親のために勇気を出します。二人は親子の絆を深め、自分らしい人生を見つけていきます。

本作は、アクション映画としても見ごたえがありました。

チョン・ドヨンのアクションシーンは圧巻で、彼女は銃やナイフ、素手など様々な武器や方法で敵と戦います。

彼女の動きは素早くて正確で、敵を一瞬で仕留めます。

彼女のアクションシーンはカメラワークや音楽も素晴らしく、スタイリッシュで迫力があります。特に、最後の屋上での決戦シーンは息を飲むほどです。

チョン・ドヨンはアクションだけでなく、感情表現も見事でした。

彼女は殺し屋としての冷徹さやプロ意識、母親としての優しさや不安、女性としての孤独や恋心など様々な感情を表現します。彼女の演技に引き込まれました。

Netflix配信作品の国内映画「キル・ボクスン」のキャストやスタッフの紹介

主演は、カンヌ国際映画祭女優賞を受賞したチョン・ドヨン。

彼女が殺し屋と母親の両方の顔を見せる姿に注目です。

共演者には、ソル・ギョング、イ・ソム、ク・ギョファンなど韓国映画界の実力派が揃っています。

監督は、ビョン・ソンヒョン。
彼は【名もなき野良犬の輪舞】や【キングメーカー 大統領を作った男】などで社会派の作風で知られています。

それでは、この映画のキャストとスタッフについて詳しく紹介していきます。

ギル・ボクスン役:チョン・ドヨン

まずは主人公のギル・ボクスン役を演じたチョン・ドヨンから。
彼女は1973年生まれの50歳(2023年3月時点)。身長は165cmです。彼女は1997年に映画【コンタクト】でデビューしました。
その後、【シークレット・サンシャイン】でカンヌ国際映画祭女優賞を受賞するなど、韓国だけでなく世界的にも高い評価を得ています。
他にも【ハウスメイド】【男と女】など多数の映画に出演しており、ドラマでは【グッドワイフ】【人間失格】などに出演しました。

最近では【イルタ・スキャンダル ~恋は特訓コースで~】でシングルマザーの惣菜店社長を好演しました。

今回の映画では、暗殺請負企業「MKエンターテインメント(MK. ENT)」所属の伝説級な腕前を持つ殺し屋という役柄に挑戦しています。

業界関係者からは尊敬を込めて「キル・ボクスン」と呼ばれていますが、子育てに日々悩む生活を送っています。

高校生の頃に、ミンギュ代表と出会ったことで、殺し屋の世界へと足を踏み入れました。

チャ・ミンギュ役:ソル・ギョング

チョン・ドヨンと共演するのは、ソル・ギョング、イ・ソム、ク・ギョファンなどの人気俳優たちです。

ソル・ギョングは、ギル・ボクスンが所属する暗殺請負会社MKエンターテイメントの代表であり、彼女の先輩でもあるチャ・ミンギュを演じています。

ソル・ギョングは、「ペパーミント・キャンディ」「オアシス」「夜叉~容赦なき工作戦~」などの映画や、「力道山」「1987、ある闘いの真実」「キングメーカー 大統領を作った男」などの歴史的人物を演じたことで知られています。

チョン・ドヨンとは、「私にも妻がいたらいいのに」「君の誕生日」と3度目の共演です。

チャ・ミンヒ役:イ・ソム

イ・ソムは、チャ・ミンギュの妹であり、MKエンターテイメントの理事でもあるチャ・ミンヒを演じています。

彼女は兄に対して異常な執着を見せます。

イ・ソムは、「この恋は初めてだから」「第3の魅力」「模範タクシー」などの韓国ドラマや、「愛のタリオ」「サムジンカンパニー」などの映画に出演しています。

ハン・ヒソン役:ク・ギョファン

ク・ギョファンは、MKエンターテイメント所属の殺し屋であり、ギル・ボクスンとは仕事の同僚以上の関係を築いているハン・ヒソンを演じています。

ク・ギョファンは、「キム秘書はいったい、なぜ?」「悪魔の法則」「梨泰院クラス」などの韓国ドラマや、「ミッドナイト・ランナー」「狂気の愛」などの映画に出演しています。

ギル・ジェヨン役:キム・シア

ギル・ボクスンの娘であり、母親の職業について何も知らないギル・ジェヨンを演じるのは、キム・シアです。

彼女は母親との関係が悪く、反抗的な態度をとります。

キム・シアは、「キングダム」「キングダム:アシン伝説」などのNetflixオリジナル作品に出演しています。

その他にも、MKエンターテイメントの新人殺し屋であり、ギル・ボクスンに憧れているキム・ヨンジ役にイ・ヨン、チャ・ミンギュやギル・ボクスンと因縁がある謎の人物役にキム・ソンオやチェ・ビョンモなどが出演しています。

また、特別出演としてファン・ジョンミンやチャン・ヒョンソンが登場します。

この映画の監督と脚本を担当したのは、ビョン・ソンヒョンです。

彼は、「名もなき野良犬の輪舞」「キングメーカー 大統領を作った男」などの作品で知られています。

本作では、暗殺請負業界という非現実的な世界を描きながらも、母親と娘という現実的な関係に焦点を当てています。

また、チョン・ドヨンやソル・ギョングなどの実力派俳優たちが見せる迫力あるアクションシーンも見どころです。

以上が、Netflix配信作品の韓国映画「キル・ボクスン」のキャストとスタッフの紹介でした。

Netflix配信作品の国内映画「キル・ボクスン」のメイキングについての情報

Netflix配信作品である韓国映画「キル・ボクスン」は、主演のチョン・ドヨンをはじめ、実力派俳優陣が集結した注目作品です。

その舞台裏に迫ってみたいと思います。

まず、キャスト陣の熱演が生まれる秘訣のひとつは、リハーサルの徹底にあるようです。

本作でも、撮影前には演出家との打ち合わせや、キャスト間での台詞や動作の確認を繰り返し行い、キャスト陣が役に入り込めるような環境を整えていました。

特に、主演のチョン・ドヨンは役作りに熱心で、役柄に合わせて髪型やメイク、身体的特徴まで細かく設定し、自分自身が役に近づけるように日々努力していたそうです。

また、撮影現場では、キャスト陣の結束力も見逃せません

特に、本作で共演するイ・ジュンヨン、キム・ジェヒョン、キム・ウォンヒ、チョン・ジニョンら若手実力派俳優たちは、撮影現場での緊張感を和らげるために、お互いの個性や趣味について語り合ったり、共通の話題で盛り上がったりと、楽しい雰囲気を作り出していました。

また、撮影現場には、本作のテーマにあった設定や小道具にも注目が集まりました。

例えば、本作ではキルボクサーという職業を描いているため、スタッフはキルボクサーが実際に使用するトレーニング用品やリングなどを取り揃え、リアルなシーン作りに力を注いでいました。

また、チョン・ドヨン演じる主人公が所有するマンションのセットも、高級感のある家具やインテリアにこだわりが見られました。

撮影自体も、迫力のあるアクションシーンや切ないドラマシーンなど、様々な場面での撮影が行われました。

特に、本作ではキルボクシーンの撮影が多く、キャスト陣が本物のキルボクサーから指導を受け、リアルな演技を見せており、その中でも、チョン・ドヨンが演じる主人公の試合シーンは、息を飲むほどの迫力で、観る者を圧倒しました。

また、本作の撮影には、CGやVFXなどの技術も多用されており、例えば、主人公がキルボクサーとして試合をするシーンでは、リングや観客席などをCGで再現し、臨場感あふれるシーンが作り出されていました。

また、主人公が愛用する車の追跡シーンでは、VFXを使って迫力ある追跡シーンを演出しました。

撮影現場には、さまざまなエピソードもあります。

例えば、チョン・ドヨンが演じる主人公が使用する車のシーンで、現場で使用する車が故障してしまったため、急遽スタッフが代車を手配する事態に陥ったり、キャスト陣が食べるオヤツの差し入れに、現地のファンから送られたりと、撮影現場でも多くのドラマが生まれていたようです。

以上、Netflix配信作品である韓国映画「キル・ボクスン」のメイキングについてご紹介しました。

キャスト陣の熱演、撮影現場での結束力、細やかな設定や技術の使用など、本作の魅力が詰まった舞台裏を垣間見ることができました。

この作品の完成度の高さは、制作陣の熱意と努力の賜物であることが感じられます。

Netflix配信作品の国内映画「キル・ボクスン」の評価や批評

この映画のもう一つの見どころは、ソル・ギョングが演じるキル・ボクスンの相棒であるイルタです。

イルタは、キル・ボクスンと同じく殺し屋として活動しているが、彼女に対して恋心を抱いているキャラクターです。

ソル・ギョングは、イルタのコミカルで愛らしい魅力と、キル・ボクスンに対する真摯で熱い想いを巧みに演じています。

二人の掛け合いやアクションシーンは、映画のテンポを上げてくれます。

また、この映画では、チョン・ドヨンとソル・ギョング以外にも、イ・ソムやク・ギョファンなどの実力派俳優たちが脇を固めています。

彼らはそれぞれ個性的な役柄を演じており、映画の世界観を豊かにしています。

『キル・ボクスン』は、殺し屋という過酷な環境に置かれた人間たちの生き様や愛情を描いた作品です。

チョン・ドヨンやソル・ギョングなどの豪華キャスト陣が繰り広げる迫力あるアクションと感動的なドラマが楽しめる映画です。

Netflixで配信中なので、ぜひご覧ください。

Netflix配信作品の国内映画「キル・ボクスン」に関する背景や社会的な意義

資本主義社会への批判

映画では、暗殺請負業者MKエンターテインメントが、政治家や企業家などの権力者から依頼を受けて、自分たちに都合の悪い人物を抹殺する様子が描かれます。

このことは、資本主義社会における金や権力の暴走や不正を暴露するものと言えます。

また、ボクスンは、娘の教育費や生活費を稼ぐために殺し屋という仕事を選んでおり、社会的に弱い立場にある女性や母親が、経済的な理由で非道徳的な行為に追い込まれる現実を示しています。

娘を育てるためには暗殺もいとわない母

映画では、ボクスンが娘のジェヨンとの関係に苦悩する姿が描かれます。

ジェヨンは、母親が殺し屋であることを知らずに、普通の家庭に憧れており、ボクスンに反抗的な態度をとります。

ボクスンは、ジェヨンに愛情を示そうとしますが、自分の仕事や過去の秘密を隠すことで嘘をつき続けることに苦しんでいます。

しかし、ボクスンは、娘のために自分の命や幸せを犠牲にする覚悟を持っており、最後まで母親としての役割を果たそうとします。

このことは、母性愛の強さや尊さを表現するものと言えます。

自己肯定感の重要性

映画では、ボクスンが自分の人生に対する自己肯定感を取り戻す過程が描かれます。

ボクスンは、幼い頃から暴力的な父親に虐待されて育ち、自分に価値がないと思い込んでいます。

そのため、殺し屋という仕事にもプライドや情熱を持っておらず、ただ命令に従って機械的に人を殺しています。

しかし、娘や同僚たちとの交流や衝突を通して、自分の感情や意志を表現するようになります。

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も国内映画『キル・ボクスン』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました