新サイトはこちら

Netflix国内映画「君が落とした青空」の感想とレビュー – 大人になる過程に感じる青春の美しさ

国内映画「君が落とした青空」

Netflix(ネットフリックス)で配信中の国内映画「君が落とした青空」を視聴した感想レビューと映画の背景やオススメポイントなどを記載!

 

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は国内映画の君が落とした青空を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:映画『君が落とした青空』本予告/2022年2月18日(金)全国ロードショー

Netflix配信作品の国内映画「君が落とした青空」のストーリー紹介

「君が落とした青空」は、福本莉子が主演を務める2015年公開の日本映画です。

本作は、高校生の少女、天音が出会った謎の男性と過去にまつわる謎を解き明かす冒険を描いたストーリーです。

物語は、東京下町の谷根千地区を舞台に始まり、主人公の天音は高校生活を送りながら、孤独な日々を過ごしています。

ある日、屋上でバレーボールをしていた時、天音が蹴り出したボールが下の道路樹に引っかかってしまい、ついにはそのまま地上に取り込めずに、空中に浮いたままになってしまいました。

そこに現れたのは、謎の雲画家であるコリンという青年でした。

コリンは、空中に浮かぶボールを見つけて天音に手伝って落とそうと言い、コリンはその後、天音を雲の写真を撮りに連れて行き、天音も彼の美的感覚に魅了されるようになりました。

2人は、彼女自身の美学について話し合います。そこで、彼女は、コリンと過ごす時間を通じて生き方について考えるようになります。

一方、天音は、ホームルームの時間に紫陽花の絵が描かれた謎のカードを受け取り始め、カードには、「ストーリーを変える人」、「優れた色彩の才能」、「過去に会った誰か」といった言葉が書かれています。

天音が過去の記憶を辿り、出会った人々を思い出す過程で、幼い頃の記憶とともに、壊れた家族関係が浮き彫りにされます。

その後、天音は、高校で美術部を始め、1年間かけて紫陽花を制作します。

彼女は、この制作活動を通じて自己表現を深め、自分自身を取り戻していきます。

その過程で、彼女は、自分が誇りを持って作った絵を見て、自信を取り戻すようになりました。

一方、コリンは、彼が過去に残した作品の展示会を開催する計画を立てています。

しかし、その展示会でコリンが出展することになっていた作品が盗まれ、天音はコリンを助けるため、事件を追及するようになります。

2人は、展示会に出展されることになっていた作品を探し出すために、小さな村を訪れることにします。

物語は、天音とコリンが巻き込まれる事件、そして天音が自分自身を見つけ、友情を築き、成長する様子が描かれます。

また、物語の中には、紫陽花が美しいシンボルとして用いられ、観客にとっても美術的に魅了される場面があります。

このように、「君が落とした青空」は、物語を通じて、自己表現、友情、愛情、そして成長といった人生の大切なテーマを掘り下げています。

そして、それらを美しく描写し、観客の心を温かく包みます。

福本莉子演じる天音は、若者の思春期をイメージした感情の変化を優れた演技力で表現しており、映画を盛り上げる要素の一つとなっています。

Netflix配信作品の国内映画「君が落とした青空」の感想/レビュー紹介

この映画はとても感動的な映画でした。

特に、福本莉子さん演じる実結の演技が素晴らしかったです。

彼女は、悠への恋心や自分の過去への苦しみや葛藤を表情や声で上手く表現していました。

特に、ラストシーンでは涙が止まりませんでした。

彼女はこの映画で初主演を務めましたが、その才能を十分に発揮していました。

また、映画のストーリーも引き込まれました。

原作小説は読んでいませんが、映画は原作に忠実に作られていると聞きました。

映画は、実結が自分の過去に関する事実を知った後、タイムリープのような現象に巻き込まれるという展開になっています。

それによって、実結は自分の運命を変えることができるのか、悠との関係はどうなるのか、という疑問が生まれます。

この映画のテーマは「選択」「後悔」だと感じましたが、実結は、自分の選択によって人生が変わることを体験しますが、その選択には必ず代償があります。

そして、その代償に対して後悔することもあります。

しかし、後悔してもやり直すことはできません。だからこそ、自分の選択を大切にしなければならないというメッセージが伝わってきました。

私としては、この映画を5点満点で4点と評価したいと思います。

映画の演技やストーリーは素晴らしかったですが、一部のシーンでは展開が早すぎたり説明不足だったりすると感じました。

特に、タイムリープの仕組みや理由についてはもう少し詳しく知りたかったです。

また、悠の気持ちや行動についてももう少し掘り下げて欲しかったですが、それでも、映画全体としては楽しめましたし、感動する場面も多かったです。

Netflix配信作品の国内映画「君が落とした青空」のキャストやスタッフの紹介

映画『君が落とした青空』は、2022年2月18日に公開された恋愛ファンタジー映画です。

原作は、小説投稿サイト「野いちご」で600万回以上の閲覧数を記録した櫻いいよの人気ケータイ小説で、同じ日を繰り返す中で彼氏を救おうとする女子高生の切なくも感動的な物語です。

この映画の見どころは、何といっても主演の福本莉子と松田元太の熱演です。

福本莉子は、主人公の水野実結役を演じており、彼氏の篠原修弥が交通事故に遭ってしまうシーンでは、本当にパニックになったかのようなリアルな演技を見せています。

また、同じ日を繰り返す中で修弥の隠された事実に気づき、彼を必死に助けようとする姿にも涙が止まりません。

福本莉子は、この映画で初めてタイムリープものに挑戦しており、その難しさや楽しさについてインタビューで語っています。

松田元太は、修弥役を演じており、映画初出演にもかかわらず、サッカーが得意な学校の人気者という役柄を自然に演じています。

修弥は、実結に対してだけは不器用な一面もあり、彼女のことを一途に想っているのですが、何かを隠しているような様子もあります。

その理由は、映画を観るまでのお楽しみですが、松田元太はインタビューで「修弥は自分と似ている部分もあるし違う部分もある」と語っており、その違いをどう表現したかにも注目です。

他にも、実結にひそかな恋心を抱く本山佑人役の板垣瑞生や、修弥に想いを寄せる西村トモカ役の横田真悠など、映画版オリジナルキャラクターも登場します。

また、実結を一番近くで支える親友丸井佐喜子役の莉子や、実結の母親役の松本若菜など、実結の周りの人々も魅力的なキャストで揃っています。

監督はYuki Saitoで、原作小説のファンでもあるそうです。Yuki Saito監督は、「原作小説は切なくも感動的な物語で、読んでいると涙が止まらなかった」と語っており、その感動を映像にするために細部にまでこだわったそうです。

また、キャストとの相性も良く、福本莉子と松田元太は「Yuki Saito監督はとても優しくて、演技のアドバイスも的確でした」と絶賛しています 。

音楽は、富貴晴美が担当しており、映画の世界観に合わせて切なくも美しい曲を作り上げています。

主題歌は、まふまふが歌う「栞」で、映画のテーマである「愛する人との別れ」について歌っています。

まふまふは、「この映画は、愛する人との別れを経験した人にとっては辛いけれど、それでも前に進んでいくことを教えてくれる作品だと思います」とコメントしており、そのメッセージが曲にも込められています。

映画『君が落とした青空』は、同じ日を繰り返す中で彼氏を救おうとする女子高生の切なくも感動的な物語です。

主演の福本莉子と松田元太の熱演や、Yuki Saito監督の丁寧な演出富貴晴美の音楽やまふまふの主題歌など、見どころ満載の作品です。

Netflix配信作品の国内映画「君が落とした青空」のメイキング

この映画は、原作小説「君が落とした青空」(著:岩井俊二)を映像化したもので、監督は岩井俊二さん自身が務めました。

岩井俊二さんは、「Love Letter」「花とアリス」「リリイ・シュシュのすべて」など、青春を描いた作品で知られる映画監督です。

今回の作品では、原作小説の世界観を忠実に再現するとともに、岩井俊二さんならではの繊細で美しい映像表現で物語を彩りました。

メイキングでは、主演の福本莉子さんや共演者たちの撮影風景やインタビューが収録されています。

福本莉子さんは、この映画が初めての主演作品であり、初めてのキスシーンや泣きシーンなどに挑戦しました。

彼女は、「葵という役柄に自分自身を重ねて演じました。悠や海との関係性も自然に感じられました。岩井監督からは、細かい指示ではなく、感情や雰囲気を伝えてくださったので、それに応えようと思って演技しました」と語っています。

また、悠役の松本穂香さんは、「悠は葵に対して素直になれないけれども、本当は大好きなんだという気持ちを表現しようとしました。海役の小関さんとも仲良くなれたので、友情も感じられました」と話しています。

一方、海役の小関裕太さんは、「海は葵と悠の仲を取り持とうとするけれども、自分も葵に惹かれてしまうという複雑な感情を持つという役どころでした。岩井監督からは、海の心情を表すために、目線や表情に気をつけるように言われました。葵役の福本さんとは、初対面のシーンでいきなりキスシーンがあったので、緊張しましたが、打ち解けることができました」とコメントしています。

メイキングでは、撮影現場の様子やキャストたちのオフショットも見ることができます。

撮影は主に東京や神奈川で行われましたが、一部では北海道の美しい風景もロケ地として使われました。

岩井監督は、原作小説の舞台を忠実に再現するだけでなく、自分の感性やイメージに合わせてロケ地を選んだと言います。

また、岩井監督は、キャストたちに対しても自由度の高い演出を行い、例えば、葵と悠が初めて出会ったシーンでは、台本にはなかった「抱き合う」というアクションを岩井監督が急遽追加しました。

福本さんと松本さんは、驚きながらもその場の感情に従って演じました。

メイキングを見ると、この映画は、原作小説の世界観を尊重しつつも、岩井監督の独自の視点やセンスで映像化された作品であることが分かります。

また、キャストたちの熱心な演技や撮影現場の和やかな雰囲気も伝わってきます。

この映画は、青春時代の切ない恋や友情を描いた感動作ですが、メイキングを見ることで、その裏側にある制作過程や人間関係も楽しむことができます

Netflixで配信中の「君が落とした青空」のメイキングは、映画ファンには見逃せない内容です。

Netflix配信作品の国内映画「君が落とした青空」の評価や批評

映画『君が落とした青空』は、原作小説のファンからも高い評価を得ています。

原作小説は、スターツ出版が刊行する4つの”ケータイ小説”文庫レーベルのうち、「切ない」「青春」「涙」をテーマとする“ブルーレーベル”の小説内で2012年の発行から現在に至るまでの9年間、売り上げ数で第一位を記録し続けている人気作品です。

映画化にあたっては、原作者の櫻いいよも監修に参加し、物語やキャラクターの設定を忠実に再現しています。

映画の見どころは、主演の福本莉子と松田元太の演技です。

福本莉子は、病気と闘いながらも明るく前向きに生きる実結を熱演しています。

彼女はこの役を演じるために体重を5キロ減らし髪もショートカットにしてイメージチェンジしました。

松田元太は、実結に想いを寄せる翔太を演じています。

彼はアイドルとして活動する傍ら、俳優としてもデビューしましたが、本作が初主演作品です。

二人は初共演でありながら、息の合った演技で観客を感動させています。

映画のもう一つの見どころは、美しい映像といえます。

物語の舞台は、実結と翔太が住む海辺の町と実結が入院する病院で、海辺の町は、青い空と海、白い砂浜と家々が映えるロケーションになっており、実結と翔太の純真な恋を象徴しています。

病院は、白とグレーの冷たい色調で、実結の苦しみと孤独を表現しています。

映画は、これら二つの対照的な世界を巧みに切り替えて、物語の展開に合わせて観客の感情を揺さぶります。

映画『君が落とした青空』は、切なくも美しい青春ラブストーリーです。

原作小説のファンはもちろん、恋愛映画が好きな人にもおすすめです!

Netflix配信作品の国内映画「君が落とした青空」に関する背景や社会的な意義

原作の特徴と映画化の意義

原作は、スターツ出版が刊行する4つの”ケータイ小説”文庫レーベルのうち、「切ない」「青春」「涙」をテーマとする“ブルーレーベル”の小説で、2012年の発行から現在に至るまでの9年間、売り上げ数で第一位を記録し続けている人気作品です。原作者は、野いちごで活躍する人気作家の「莉子」さんで、本作は彼女のデビュー作でもあります。

このように、原作はケータイ小説という新しい文学ジャンルの代表作として多くの読者に支持されていますが、その一方で、ケータイ小説は文学的な価値や社会的な影響力について批判されることもあります。

例えば、ケータイ小説は文章力や表現力が低く、読者層も若年層に限定されているという見方があります。

また、ケータイ小説は恋愛や友情など個人的な感情や体験に焦点を当てることが多く、社会的な問題や現実に対する視点が欠けているという指摘もあります。

しかし、このような批判に対して、ケータイ小説を映画化することには意義があると考えられます。

まず、映画化することで、ケータイ小説の文学的な価値や社会的な影響力を高めることができます。

映画は、文章だけでは伝えきれない映像や音楽、演技などの要素を加えることで、物語の世界観や感情をより深く表現することができます。

また、映画は、ケータイ小説よりも幅広い層の観客にアピールすることができます。

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も国内映画『君が落とした青空』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました