新サイトはこちら

Netflix配信作品「ラ・ラ・ランド」の視聴レビュー

ここでは、Netflixで配信中の作品を視聴してみた感想とオススメできるポイントなどを記載しております!皆さんの視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は、ラ・ラ・ランドを視聴した感想です!

出典:Youtube「ラ・ラ・ランド」本予告 より

Netflix配信映画「ラ・ラ・ランド」のあらすじ

『ラ・ラ・ランド』は、ハリウッドで夢を追う若者たちの恋と成長を描いたミュージカル映画です。

主人公は、俳優志望のミアとジャズピアニストのセバスチャンです。

二人は偶然にも何度も出会い、やがて惹かれ合って恋に落ちます。

しかし、それぞれの夢を叶えるためには、多くの困難や選択をしなければなりません。

二人は夢と恋の間で揺れ動きながら、自分たちの道を探していきます。

映画は四季に分かれて物語が展開され、冬に初めて出会ったミアとセバスチャンは、春にデートを重ねて仲を深めます。

夏には同棲を始めるものの、セバスチャンがジャズから離れたポップバンドに加入したことで関係にひびが入ります。

秋にはミアが自作の舞台で主演するチャンスを得るものの、観客は少なく失敗に終わります。

セバスチャンはミアを励まし、パリで行われるオーディションに参加するよう勧めます。

ミアはオーディションに合格し、パリへ行くことになりますが、二人は別れることを決意します。

五年後、ミアは有名な女優となっています。

彼女は夫と子供と一緒にロサンゼルスへ帰ってきます。

ある日、偶然入ったジャズクラブでセバスチャンと再会します。セバスチャンは自分の店を開いて成功しています。

二人は互いに目配せし、セバスチャンはピアノで「シティ・オブ・スターズ」という曲を弾き始めます。

この曲は二人が一緒だった頃の思い出の曲です。曲に乗せて、二人が別れなかったらどんな未来が待っていたかを想像する場面が映し出されます。

しかし現実では二人は別々の道を歩んでいます。曲が終わると、二人は微笑みあって別れます。

この映画では様々な音楽やダンスシーンが登場します。

「Another Day of Sun」では渋滞中の高速道路で車から降りて歌う場面、「A Lovely Night」では丘から街並みや星空を眺めながら踊る場面、「Someone in the Crowd」ではパーティー会場で華やかなダンスナンバー、「Audition (The Fools Who Dream)」ではオーディションで感動的な歌声を披露する場面などです。

この映画は2016年12月9日から米国で限定公開されました。

2017年2月24日から日本でも公開され第89回アカデミー賞では14部門(作品賞・監督賞・主演男優賞・主演女優賞などにノミネートされました。

しかし、作品賞の発表で前代未聞のミスが起こりました。

『ラ・ラ・ランド』が受賞したと発表された後、実は『ムーンライト』が受賞したと訂正されるという事態になりました。

この衝撃的な出来事は世界中に話題となりました。

この映画は、夢を追いかける若者たちのリアルな姿や葛藤を美しい映像や音楽で表現しています。

観客は二人の恋や夢に共感したり、感動したり、考えさせられたり、また、映画の最後では二人が別れた後の幻想的なシーンが印象的です。

二人は本当に幸せになったのでしょうか?

それとも別れてしまったことを後悔しているのでしょうか?

観客は自分ならどうするかを想像することができます。

『ラ・ラ・ランド』は、現代社会に生きる人々に夢や希望を与えるだけでなく、恋や人生について深く考えさせる作品です。

ミュージカル映画としても傑作と言えるでしょう。

「ラ・ラ・ランド」を視聴した感想

『ラ・ラ・ランド』の物語は、女優志望のミアとジャズピアニストのセバスチャンがロサンゼルスで出会い、恋に落ちるところから始まります。

二人はお互いに夢を応援しあいながらも、現実の壁にぶつかっていきます。果たして二人は夢と恋を両立させることができるのでしょうか?

この映画の魅力は、まず映像美です。色彩豊かな衣装やセット、美しいロサンゼルスの風景、幻想的な空間演出など、目を見張るシーンが満載です。

特にオープニングの高速道路での大合唱や星空のプラネタリウムでのダンスなどは圧巻です。

次に音楽です。ジャズやポップスを取り入れたオリジナル曲が劇中に散りばめられています。中でも「City of Stars」や「Another Day of Sun」、「Audition」などは名曲として記憶に残ります。

音楽は物語の感情を高めるだけでなく、登場人物の心情や夢への想いを表現しています。

そして何よりも素晴らしいのが、主演二人の演技です。ライアン・ゴズリングはジャズに情熱を注ぐセバスチャンを熱演しています。

彼は本作のためにピアノを習得し、すべて自分で弾いています。エマ・ストーンはオーディションに挑み続けるミアを魅力的に演じています。彼女は本作でアカデミー賞主演女優賞を受賞しました。

二人の掛け合いや歌唱力も素晴らしく、観客を引き込みます。

特に最後の幻想的なシークエンスでは、二人が別れた後もお互いに想っていることが伝わってきます。

『ラ・ラ・ランド』は夢と恋と現実という普遍的なテーマを扱っていますが、それを新鮮かつ感動的に描き出しています。

この映画はただ楽しくて華やかなだけではなく、自分自身や人生について考えさせるメッセージ性も持っていました。

私はこの映画を観て心から感動しましたのですが、音楽やダンスだけではなく、登場人物たちの夢や恋に共感したり涙したりしました。

「City of Stars」が流れる度に胸が熱くなりました。

「Another Day of Sun」が流れる度に元気が出ました。「Audition」が流れる度に勇気づけらられました。この映画はミュージカル映画の新たな可能性を示してくれたと思います。

しかし、この映画には賛否両論があり、一部の人は「素晴らしい」と絶賛する一方で、一部の人は「つまらない」と酷評するのです。

その理由としては、以下のようなものが挙げられるかと思います。

・ミュージカル映画が好きではない人にとっては、歌やダンスが多すぎると感じる。

・物語が現実的すぎて夢見心地になれない人や、逆に非現実的すぎて感情移入できない。

・主演二人の歌唱力やダンス力がプロレベルではないという批判。

・最後のエンディングがハッピーエンドではなくて悲しい。

私的にはこれらの批判に対して、次のように考えています。

・ミュージカル映画が好きではない人でも、音楽やダンスを楽しめるように工夫されています。例えば、オープニングやプラネタリウムでのシークエンスはワンカットで撮影されており、迫力や臨場感を感じられます。

・物語は現実的でありながらも非現実的でもあります。それは夢と恋と現実というテーマを表しています。夢を追うことや恋することは美しくもあり苦しくもあります。その葛藤や選択を描くことで、観客に共感や考察を促します。

・主演二人の歌唱力やダンス力はプロレベルではありませんが、それだからこそリアルさや愛らしさが出ています。彼らは本作のために猛練習したそうです。彼らの努力や情熱が伝わってきます。

・最後のエンディングはハッピーエンドではありませんが、それでも美しいと思います。二人は別々の道を歩むことになりましたが、お互いに想っています。そしてお互いの想い出がフラッシュバックします。それは彼らが別れても、お互いに影響を与えたことや、夢を叶えるために励まし合ったことを示しています。それは悲しいけれども美しい別れです。

以上が私の『ラ・ラ・ランド』を視聴した感想です。

この映画はミュージカル映画の新しい形を作り出したと思いますし、音楽やダンスはもちろん、物語や演技も素晴らしく、感動的でした。

この映画は夢と恋と現実という普遍的なテーマを扱っており、多くの人に共感できると思います。

私はこの映画を観て、自分の夢について考えさせられ、夢を追うことは簡単ではありませんが、諦めなければ必ず叶うと信じています。

そして、夢を追う人たちにエールを送りたいです。

最後に、この映画のタイトル『ラ・ラ・ランド』は、「現実から逃避するような空想的な世界」という意味だそうです。

しかし、私はこの映画が現実から逃避するような映画ではなく、むしろ現実に向き合うような映画だと思います。

現実は厳しくて辛いこともありますが、それでも夢や恋や希望がある限り、生きていくことができます。

そしてその夢や恋や希望を表現する方法の一つがミュージカルだと思います。

『ラ・ラ・ランド』はそんなミュージカルの魅力を伝えてくれる素晴らしい作品だと思います。

「ラ・ラ・ランド」のおすすめポイント

女優志望のミアとジャズピアニストのセバスチャンがロサンゼルスで出会い、恋に落ちながらそれぞれの夢を追う物語です。

この映画は多くの人々を魅了し、アカデミー賞6部門を受賞しましたが、この映画のオススメポイントは何でしょうか?

私は以下の3つを挙げたいと思います。

1. 音楽とダンス

この映画はミュージカル映画として、音楽とダンスが素晴らしいです。
オープニングから始まる高速道路での大規模なダンスシーンや、星空の下で踊る恋人たちのシーンなどは圧巻です。

音楽もジャズやポップスなど様々なジャンルが織り交ざり、キャッチーで心に残るメロディーが満載ですでした。

特に主題歌「City of Stars」は美しく切ない曲で、アカデミー賞歌曲賞を受賞しました。

2. 物語と演技

この映画はミュージカル映画としてだけではなく、物語と演技も秀逸です。

夢を追う若者たちの喜びや苦しみ、恋する気持ちや別れる切なさなどがリアルに描かれています。

主演のエマ・ストーンとライアン・ゴズリングは見事に役柄に合った演技を見せており、特にエマ・ストーンはアカデミー賞主演女優賞を受賞しました。

二人の掛け合いや表情や仕草も魅力的で、観客を引き込みます。

3. ロサンゼルス

この映画はロサンゼルスが舞台となっており、その街の魅力も伝えています。

ロサンゼルスは夢を叶える場所でもあり、現実に打ちひしがれる場所でもあります。

そのコントラストがこの映画のテーマでもあります。ロサンゼルスの風景や建物や文化も美しく描かれており、観光案内みたいな面白さもあります。

以上が私の『ラ・ラ・ランド』に対するオススメポイントです。

この映画は現実から逃避するような空想的な世界ではなく、現実に向き合うような作品だと思います。

夢や恋や希望がある限り生きていくことができることを教えてくれる素晴らしい作品だと思います。

いかがでしたでしょうか。

是非『ラ・ラ・ランドをご視聴ください!

タイトルとURLをコピーしました