新サイトはこちら

Netflix「護られなかった者たちへ」話題の国内映画を見た人のレビュー

Netflix(ネットフリックス)配信作品の国内映画「護られなかった者たちへ」を視聴した感想とレビュー・ドラマの背景やオススメポイントなどを記載!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は国内映画の「護られなかった者たちへ」を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

Netflix配信作品の国内映画「護られなかった者たちへ」のストーリー紹介

映画『護られなかった者たちへ』は、ベストセラー作家・中山七里の同名ミステリー小説を映画化した作品です。

主演は佐藤健さんで、宮城県警の刑事・笘篠誠一郎を演じています。

共演には阿部寛さん、清原果耶さん、林遣都さん、永山瑛太さん、緒形直人さん、吉岡秀隆さん、倍賞美津子さんなど豪華キャストが揃っています。

監督は『64-ロクヨン-』『海獣の子供』などの瀬々敬久さんです。

物語は、東日本大震災から4年後の仙台を舞台に展開します。

両手を拘束されたうえに四肢や口をガムテープで塞がれ、餓死した状態の遺体が発見された事件をきっかけに、笘篠刑事は連続殺人事件の捜査に巻き込まれていきます。

被害者は福祉保健事務所の職員や県議会議員など、職場や家庭では善人とされている人々でした。

しかし、彼らは生活保護の申請を却下された者たちから恨みを買っていたことが判明します。

笘篠刑事は犯人の動機や目的を探るうちに、日本の生活保護制度の欠陥や社会問題に直面していきます。

映画『護られなかった者たちへ』は、社会派ミステリーとしてだけでなく、人間ドラマとしても見応えがあります。

佐藤健さん演じる笘篠刑事は、震災で家族を失った過去を持ちながらも、正義感と優しさで事件に挑みます。

阿部寛さん演じる元模範囚の利根勝久は、笘篠刑事と対峙することになりますが、彼もまた複雑な過去と感情を抱えています。

清原果耶さん演じる遠島けいは、生活保護受給者でありながらもピアノの才能を持つ少女で、笘篠刑事や利根勝久と関わることで物語に重要な役割を果たします。

林遣都さん演じる笘篠刑事のパートナー・蓮田や永山瑛太さん演じる名簿屋・五代良則なども個性的なキャラクターで印象的です。

映画『護られなかった者たちへ』は、現代社会における福祉や貧困の問題を描きつつも、人間の絆や希望や夢を持つことの大切さを伝える感動作でもあります。

映像や音楽も美しく、仙台の風景やピアノの演奏が印象的です。

主題歌は、遠島けいのピアノ演奏に合わせて、佐藤健さんが歌う「護られなかった者たちへ」で、映画の世界観にぴったりです。

映画『護られなかった者たちへ』は、見る者の心に深く刺さる作品です。

事件の真相や登場人物の運命に目が離せません。

Netflix配信作品の国内映画「護られなかった者たちへ」の感想/レビュー紹介

この映画を視聴してみた感想としては、まず圧倒されたのは、映像の美しさと迫力です。

震災後の荒廃した風景や、雨や泥にまみれた登場人物たちの姿が、鮮やかに描かれています。

特に、佐藤健さん演じる主人公・橘崇史刑事が、犯人とのカーチェイスや格闘シーンで見せるアクションは息をのむほどです。

佐藤健さんは、この役のために体重を10キロ減らしたということで、その痩せこけた姿が彼の苦悩や執念をより強く表現していました。

次に感動したのは、ストーリーの展開とテーマでこの映画は、単なるサスペンスではなく、震災や事件によって傷ついた人々の心の物語でもあります。

橘刑事は、震災で妻と子供を失い、事件の被害者や加害者にも自分と重なるものを感じています。

彼は、犯人を捕まえることで自分の悲しみを癒そうとしますが、やがて事件の真相が明らかになるにつれて、自分の正義や復讐に疑問を抱くようになります。

震災や事件で「護られなかった者たち」に対してどう向き合うべきかという問いを投げかけています。

最後に感心したのは、演技力の高さです。

佐藤健さんだけでなく、阿部寛さん演じる橘刑事の上司・岡部刑事や、清原果耶さん演じる被害者家族・小川美咲も素晴らしい演技でした。

特に清原果耶さんは、初めて大人向けの役柄に挑戦したということで、その成長ぶりに驚きました。

彼女は、事件で家族を失った少女の心情を繊細に表現し、橘刑事と共感しながらも問いかけていく姿が印象的でした。

他にも、緒形直人さんや吉岡秀隆さんなどのベテラン俳優たちも、それぞれの役柄に深みを与えていました。

以上が、映画『護られなかった者たちへ』の視聴感想です。

私は、この映画によって、震災や事件の被害者や加害者に対する思いやりや理解を深めることができました。

この映画は、視聴してみて、我々にとって大切なメッセージを伝えてくれる作品だと思いました!

Netflix配信作品の国内映画「護られなかった者たちへ」のキャストやスタッフの紹介

【キャスト】

笘篠誠一郎(とましのせいいちろう):佐藤健

宮城県警捜査一課の刑事。震災で家族を失ってからは官舎で一人暮らしをしている。
連続殺人事件の捜査を担当するが、犯人の動機や真相に苦悩する。

利根勝久(とねかつひさ):阿部寛

元模範囚で、遠島けいという女性と親しかった。
出所後、三雲忠勝と城之内猛留という二人の男を殺害した容疑で追われる。

遠島けい(とおしまけい):清原果耶

生活保護申請を却下された女性。
利根とは恋人同士だったが、三雲と城之内によって生活保護を打ち切られたことで自殺した。

五代良則(ごだいよしのり):林遣都

名簿屋をやっている男性。
利根の出所後、彼と連絡を取り合っていた。利根が狙っている上崎岳大という男の情報を探す。

蓮田(はすだ):永山瑛太

笘篠のパートナーである捜査一課の刑事。
笘篠に従順について行くが、事件の背景にある生活保護制度の問題に戸惑う。

上崎岳大(うえざきがくだい):緒形直人

厚労省から出向して塩釜福祉事務所に勤務していた男性。
三雲や城之内の上司だったが、現在はフィリピンで暮らしている。

櫛谷貞三(くしたにていぞう):吉岡秀隆

利根の保護司である弁護士。
利根に対して厳しくも温かく接するが、彼が殺人事件に関わっていることを知りショックを受ける。

【スタッフ】

監督:瀬々敬久

「64-ロクヨン-」「海獣の子供」「海獣の子供」「凶悪」「64-ロクヨン-」などの作品で知られる瀬々敬久が監督を務めました。
原作の社会派ミステリーの要素をしっかりと映像化しつつ、登場人物たちの感情や葛藤を丁寧に描き出しています。
特に、佐藤健と阿部寛の演技は見事で、二人の対峙するシーンは圧巻です。

脚本:中山七里

原作の小説を自ら映画用に脚色したのは、中山七里です。
小説では笘篠と利根の二人の視点で物語が進んでいきますが、映画では笘篠の視点に絞ってストーリーを展開しています。
また、小説では震災から4年後という設定ですが、映画では震災から10年後という設定に変更されています。
これは、震災から10年目に公開されることになった映画に合わせたものです。

音楽:菅野祐悟

音楽を担当したのは、菅野祐悟です。
菅野祐悟は、「攻殻機動隊」「PSYCHO-PASS サイコパス」「ジョジョの奇妙な冒険」などのアニメや、「孤狼の血」「新聞記者」「コンフィデンスマンJP」などの映画やドラマで音楽を手掛けてきました。
本作では、緊迫感や感動を高める効果的な音楽を提供しています。

主題歌:「さよなら」(back number)

主題歌を歌っているのは、back numberです。

back numberは、「クリスマスソング」「ハッピーエンド」「瞬き」などのヒット曲で知られる3人組のロックバンドです。

本作では、映画のテーマに合わせて書き下ろした「さよなら」という曲を提供しています。

切なくも美しいメロディと歌詞が、映画の余韻を深めてくれます。

以上が、映画「護られなかった者たちへ」のキャストとスタッフの紹介でした。

生活保護制度や社会正義について考えさせられる作品ですが、それ以上に人間の心や絆について考えさせられる作品でもあります。

Netflix配信作品の国内映画「護られなかった者たちへ」のメイキング

「護られなかった者たちへ」は、佐藤健さんが主演を務めるNetflix配信作品であり、彼の演技力が光る作品として注目されています。

今回は、その映画のメイキングについてご紹介いたします。

川上貴志役:佐藤健

まず、佐藤健さんはこの作品で、刑務所に服役中の元教師・川上貴志という役を演じています。

佐藤さんは、この役になりきるために、普段から髪型やメガネ、服装などを工夫し、役作りに取り組んでいました。

また、佐藤さんは役作りのために、実際に刑務所を訪れ、受刑者たちと話をしたり、その生活や雰囲気を感じ取ることで、役により深く入り込むことができました。

その結果、佐藤さんは、演技力だけでなく、役者としての人間性や考え方にも磨きがかかったと言えます。

映画の撮影現場では、監督やスタッフ、共演者たちと密にコミュニケーションを取り、作品を完成させるために協力し合いました。

特に、佐藤さんと共演する受刑者役の俳優たちは、実際に刑務所で過ごした経験がある人々が多く、役作りにあたって、現場でのアドバイスや指導が欠かせませんでした。

撮影現場での佐藤さんの姿は、熱心に役に取り組む姿勢や、共演者やスタッフに対する気配りが感じられ、現場を和やかな雰囲気にしていました。

また、現場ではストレスを感じることがあった場合でも、そのストレスをぶつけたりすることなく、自分自身で解消する方法を見つけ、良い雰囲気を維持することができました。

最後に、この作品を観る人々に対して、佐藤さんは「この映画を通じて、刑務所での人々の生活や心境を感じ取ってもらえたら嬉しい」とコメントしています。

彼の熱意や真摯な姿勢が、この作品に深い感動を与え、多くの人々に観てもらえることです。

この作品では、佐藤さんのほかにも、豪華なキャストが集結しています。

共演者たちは、それぞれに個性的な役柄を演じ、佐藤さんとの共演シーンでは、彼らの演技力が光っていました。

特に、受刑者役の俳優たちは、自らが経験したことを役に活かすことで、よりリアルな演技を披露し、作品に深みを与えていました。

映画の撮影は、日本国内の刑務所内や周辺地域で行われました。

撮影現場では、刑務所内の再現セットが組まれ、そのリアルな雰囲気が作品に反映されています。

また、周辺地域での撮影では、多くのエキストラや地元の方々が参加し、作品の世界観をより一層深めていました。

作品の撮影が終わった後も、佐藤さんは作品への思い入れを語り続けています。

インタビューで、「この作品は、刑務所で過ごす人々のことを考えるきっかけになれば」と語る彼の姿勢には、真摯さと熱意が感じられます。

以上が、「護られなかった者たちへ」のメイキングについての紹介でした!

佐藤健さんをはじめ、多くの方々が力を合わせて作り上げたこの作品は、彼らの熱意や真摯な姿勢が反映されており、多くの観客に感動を与えることでしょう。

Netflix配信作品の国内映画「護られなかった者たちへ」の評価や批評

本作は、震災から10年後の福島県いわき市を舞台にしています。

そこでは、被災地で暮らす人々がさまざまな問題にいまもなお直面しています。

放射能汚染や復興遅延、風評被害や差別、家族や友人との死別や離別などです。

そんな中で、市内で女性4人が惨殺されるという衝撃的な事件が発生します。事件を担当することになったのは、いわき署の刑事・橋本和也(佐藤健)です。

彼自身も震災で妻子を失っており、深い悲しみと罪悪感に苛まれています。

事件の捜査を進めるうちに、橋本は被害者たちが震災後に起こしたある行動と事件の関連性に気づきます。

そして、その背後に隠された切なく暗い真実に向き合っていくことになります。

本作は、単なるサスペンス映画ではなく、震災後の被災地で生きる人々の苦悩や葛藤、希望や絆を描くヒューマンドラマでもあります。

登場人物たちはみな、震災という大きな出来事によって変わってしまった自分や周囲の人々と向き合いながら、生きる意味や価値を模索しています。

その中で、彼らは様々な選択を迫られます。

正義とは何か、罪とは何か、許すとは何か、生きるとは何かを、それぞれの答えは人によって異なりますが、本作ではそれを否定せずに受け入れる姿勢が見られます。

それは、震災後の日本社会における多様性や寛容性の重要性を示唆していると言えるでしょう。

本作の見どころの一つは、佐藤健の演技です。

彼は、震災で家族を失った刑事・橋本和也を熱演しています 。

橋本は、事件の捜査に没頭することで自分の心の傷を忘れようとしますが、次第に自分の過去や感情と向き合わざるを得なくなります。

その過程で、彼は怒りや悲しみ、絶望や後悔などさまざまな感情を表現します。

佐藤健は、それらの感情を見事に演じ分けており、観る者の心に強く訴えかけます。

特に、雨の中で泥水浸けになりながら叫ぶシーンや、犯人と対峙した時のシーンは圧巻です。

もう一つの見どころは、震災後の被災地のリアルな描写です。

本作では、実際に福島県いわき市でロケーション撮影が行われました。

そのため、画面に映し出される風景や建物は本物です。

放射能汚染された土地や廃墟と化した家屋、仮設住宅や復興工事現場などがリアルタイムで映されます。

これらの映像は、観る者に震災後の被災地の現状を知らしめるだけでなく、登場人物たちの心情や背景をより深く理解させる効果もあります。

本作は、震災後10年目に公開された映画です。

震災から時間が経ってもまだ解決されていない問題や課題が多くあります。

本作は、そんな問題や課題に目を向けさせるだけでなく、被災地で生きる人々の姿や思いを伝えることで、観る者に感動や共感を与える作品です。

Netflix配信作品の国内映画「護られなかった者たちへ」に関する背景や社会的な意義

日本の刑務所に収容される人々は、社会的にも経済的にも困難な状況に置かれていることが多く、その多くは貧困層や社会的弱者と言われています。

そのような背景から、刑務所での暮らしは、人権問題や社会問題と密接に関係しています。

そんな中、映画「護られなかった者たちへ」では、受刑者たちの人間性や苦悩を描きながら、彼らの人権を守るための取り組みを訴えかけています。

特に、劇中で描かれる性的虐待や身体的虐待などは、現代社会においてもまだまだ問題となっているテーマであり、社会的な意義が大きいと言えます。

また、この作品は、受刑者たちが抱える問題をあくまでも人間的な視点から描いているため、観客にとっても受刑者たちに対する偏見や差別をなくすきっかけになることが期待されています。

映画を通じて、受刑者たちの人間性や苦悩を理解することで、社会的な問題に目を向け、解決のための取り組みにつながることが望まれます。

さらに、本作品は、日本の映画作品としては珍しい、刑務所内を舞台にした社会派映画であることから、その評価は高く、多くの賞にも輝いています。

このように、受刑者たちの人権を考えるだけでなく、日本の映画産業にとっても重要な作品となっています。

まとめると、刑務所で過ごす受刑者たちの人権を守るための訴えや、彼らの人間性や苦悩を描くことで、社会問題について考えるきっかけを与えています。

Netflix配信作品の国内映画「護られなかった者たちへ」のSNSの反応

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も国内映画『護られなかった者たちへ』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました