新サイトはこちら

「マン・オブ・スティール」はネットフリックスで配信中!スーパーマンの誕生秘話をレビュー

ここでは、Netflixで配信中の作品を視聴してみた感想レビューと、映画の背景やオススメできるポイントなどを記載しております!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は海外映画のマン・オブ・スティール/Man of Steelを視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

Netflix配信作品の海外映画「マン・オブ・スティール/Man of Steel」のストーリー紹介

こんにちは、映画好きの皆さん。今回は、Netflixで配信中の海外映画「マン・オブ・スティール」のあらすじをご紹介します。

「マン・オブ・スティール」とは、2013年に公開されたスーパーヒーロー映画で、DCコミックスの人気キャラクター「スーパーマン」のリブート作品です。

監督は「300」や「ウォッチメン」で知られるザック・スナイダー、製作・原案は「ダークナイト」三部作や「インセプション」で名高いクリストファー・ノーラン、脚本は「ダークナイト」三部作や「インターステラー」のデヴィッド・S・ゴイヤーという豪華なスタッフが集結しました。

主演は、「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」や「ウィッチャー」で活躍するヘンリー・カヴィルです。

この映画では、スーパーマンの出生や成長、初めての敵との戦いなどが描かれます。

従来のスーパーマン映画とは異なり、よりダークでリアルな雰囲気が特徴です。

また、CGや3D技術を駆使した迫力あるアクションシーンも見どころの一つです。

物語は、地球から遠く離れた惑星クリプトンから始まります。クリプトンは科学や文明が発達した高度な文化を持つ星ですが、資源の過度な採掘によってエネルギーが枯渇し、崩壊寸前にありました。

そんな中、科学者のジョー=エルとララ・ロー=ヴァンは、この星で数百年ぶりの自然出産で息子カル=エルを産みます。

カル=エルには、クリプトン人の遺伝情報を記録したコデックスが埋め込まれています。

一方で、クリプトン人の将軍ゾッドは、星の危機に対して元老院が無策であるとしてクーデターを起こします。

ゾッドはジョー=エルに協力を求めますが、ジョー=エルは拒否します。

ジョー=エルはコデックスを奪い、カル=エルは地球の軍に引き渡され、ロイス・レインとともにゾッド将軍の宇宙船に連れて行かれます。

そこでゾッド将軍はカル=エルに自分の目的を語ります。

ゾッド将軍はクリプトン人の生き残りとして、コデックスを使って新たなクリプトン人を作ろうとしていました。

そのためには地球をクリプトン人に適した環境に変える必要があり、その過程で地球人は滅びるだろうと言います。

カル=エルはそれに反発し、宇宙船から脱出します。

ロイスもカル=エルの父ジョー=エルのホログラムの助けで逃げ出します。

ゾッド将軍はカル=エルを追って地球に降り立ち、メトロポリスとインド洋にワールド・エンジンという装置を設置します。

これは地球の大気や重力をクリプトン人に適したものに変えるためのもので、作動すると地球は大きな被害を受けます。

カル=エルは自分の力を試すために、父が与えたスーツを着て飛び立ちます。

彼はワールド・エンジンを破壊するためにインド洋に向かいますが、そこでゾッド将軍の部下と戦うことになります。

一方、ロイスは軍と協力してメトロポリスのワールド・エンジンを攻撃しますが、宇宙船から発射されたミサイルが彼女の乗った飛行機に命中し、墜落してしまいます。

カル=エルはインド洋のワールド・エンジンを破壊し、ロイスを救出します。

スーパーマンとゾッド将軍の最終決戦

カル=エルはメトロポリスに戻り、ゾッド将軍と対峙します。

ゾッド将軍は自分の目的が失われたことで激昂し、カル=エルを殺すことを誓います。

二人は激しい戦闘を繰り広げ、街は大破壊を受けます。

カル=エルはゾッド将軍を押さえ込みますが、ゾッド将軍は自分の視線から発する熱線で innocent people を殺そうとします。

カル=エルはそれを防ぐために、やむなくゾッド将軍の首をへし折ります。カル=エルは自分が殺したことに悲しみ、叫びます。

その後、カル=エルは軍に自分は敵ではないことを伝えますが、彼らの信頼を得ることはできカル=エルは自分の正体を隠すために、メガネをかけてデイリー・プラネットの新聞記者クラーク・ケントとして働くことにします。

そこでロイスと再会し、彼女は彼の秘密を守ってくれます。

カル=エルはスーパーマンとして、地球の平和と正義のために活動することを決意します。

以上、ヘンリー・カヴィル主演の「マン・オブ・スティール」のあらすじでした。

この映画は、スーパーマンの誕生から初めての敵との戦いまでを描いた壮大な物語です。

スーパーマンの人間的な葛藤や苦悩、そして強さや優しさが感じられる作品です。

CGや3D技術を駆使した迫力あるアクションシーンも見どころの一つです。

スーパーマンファンはもちろん、アクション映画が好きな方にもおすすめの映画です。

Netflix配信作品の海外映画「マン・オブ・スティール/Man of Steel」の感想

こんにちは、映画好きのBingです。

今回はNetflixで配信されている海外映画「マン・オブ・スティール」を視聴してみましたので、その感想をお伝えしたいと思います。

「マン・オブ・スティール」とは、DCコミックスの人気ヒーロー「スーパーマン」の実写映画作品で、2013年に公開されたものです。

監督はザック・スナイダー、製作・原案はクリストファー・ノーラン、脚本はデヴィッド・S・ゴイヤーという豪華なスタッフが集結しています。

主演はヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケビン・コスナー、ダイアン・レイン、ローレンス・フィッシュバーン、ラッセル・クロウという実力派俳優たちが出演しています。

この映画は、「スーパーマン」の物語を新たに描くリブート作品として制作されており、スーパーマンの出生や成長、初めて地球に現れた敵との戦いなどが描かれています。

また、この映画からDCコミックスのキャラクターたちのシェアード・ワールドが構築されることになります。

映像美とアクションシーンの迫力

まず感じたことは、この映画の映像美とアクションシーンの迫力です。

冒頭から惑星クリプトンの壮大な景色や文明が目に飛び込んできます。

クリプトン人の科学技術や文化も細かく描かれており、見ているだけで圧倒されます。

また、クリプトン人同士の戦闘や宇宙船の飛行も迫力満点です。

地球に移ってからも、スーパーマンの超能力やゾッド将軍らクリプトン人の能力が炸裂するアクションシーンが目白押しです。

スーパーマンの人間性と葛藤

次に感じたことは、この映画のスーパーマンの人間性と葛藤です。

この映画では、スーパーマンは自分の出生や使命を知るまで、普通の人間として育てられています。

そのため、自分の力を隠して生きることや、自分の居場所を探すことに苦悩しています。

また、地球に現れたゾッド将軍らクリプトン人と対峙することで、自分の正義や選択にも迫られます。

スーパーマンは完璧なヒーローではなく、人間らしい感情や葛藤を持っていることが描かれています。

ヘンリー・カヴィルは、このスーパーマンの人間性と葛藤を見事に演じています。

彼はスーパーマンの強さや威厳だけでなく、優しさや悲しみや怒りも表現しています。

特に、最後の決断に至るシーンでは、彼の表情や声にスーパーマンの苦悩が感じられます。

ストーリーとテーマ

最後に感じたことは、この映画のストーリーとテーマです。

この映画は、「スーパーマン」の物語を新たに描くリブート作品として制作されており、スーパーマンの出生や成長、初めて地球に現れた敵との戦いなどが描かれています。

しかし、それだけではなく、この映画は「希望」というテーマを持っています。

スーパーマンは、惑星クリプトンから送られた唯一の生き残りであり、地球で育った唯一のクリプトン人です。

彼は自分の出生や使命を知るまで、普通の人間として育てられています。

そのため、自分の力を隠して生きることや、自分の居場所を探すことに苦悩しています。

しかし、彼は自分の力を使って地球を守ることを決めます。

彼は地球人に希望を与える存在となります。

また、スーパーマンは自分の力を恐れる人々も出てくることを知っています。

しかし、彼は自分の力を見せることで、人々に信頼される存在になろうとします。

彼は人々に希望を求める存在となります。

この映画では、「S」というシンボルが「希望」を意味することが説明されています。

スーパーマンは「S」というシンボルを胸につけて飛び立ちます。

彼は「希望」というシンボルを胸につけて戦います。

このように、「マン・オブ・スティール」は、「希望」というテーマを持った映画です。

Netflix配信作品の海外映画「マン・オブ・スティール / Man of Steel」のキャストやスタッフの紹介

まず、主演のヘンリー・カヴィルは、スーパーマンことクラーク・ケント役を演じています。

カヴィルは、イギリス出身の俳優で、テレビドラマ「チューダー 愛と欲望の王宮」や映画「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」などに出演しています。

彼は、スーパーマン役に抜擢される前にも、「007 カジノ・ロワイヤル」「グリーンランタン」などのオーディションを受けていましたが、いずれも落選していました。

しかし、「マン・オブ・スティール」では、その完璧な顔立ちと肉体美で、まさに生まれながらのスーパーマンという存在感を放っています。

次に、ロイス・レイン役はエイミー・アダムスが演じています。

アダムスは、アメリカ出身の女優で、映画「エンチャント」「アメリカン・ハッスル」などで知られています。

彼女は、デイリー・プラネット新聞社の記者であり、クラークの恋人でもあるロイス・レインを、好奇心旺盛で勇敢な女性として魅力的に演じています。

また、彼女は、「マン・オブ・スティール」以降も、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「ジャスティス・リーグ」などのDCエクステンデッド・ユニバースシリーズにも引き続き出演しています。

そして、ゾッド将軍役はマイケル・シャノンが演じています。

シャノンは、アメリカ出身の俳優で、「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」「シェイプ・オブ・ウォーター」などで高い評価を得ている。

ゾッド将軍は、クリプトンの遺伝子を持つカル=エルを手に入れることで、クリプトン人の再生を目論んでいたのだ。

彼は、地球にあるクリプトン人の宇宙船を利用して、地球をクリプトン化しようとする。

カル=エルは、ジョー=エルの助言に従って、ゾッド将軍とその部下たちと激しい戦闘を繰り広げる。

果たして、カル=エルは地球とクリプトンの運命を左右する決断を下すことができるのか?

「マン・オブ・スティール」のキャストとスタッフについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

この映画は、スーパーマンの誕生と成長、そして地球を救うための戦いを壮大なスケールで描き出しています。

スーパーマン役のヘンリー・カヴィルは、その完璧な顔立ちと肉体美で、まさに生まれながらのスーパーマンという存在感を放っています。

ロイス・レイン役のエイミー・アダムスは、好奇心旺盛で勇敢な女性として魅力的に演じています。

ゾッド将軍役のマイケル・シャノンは、クリプトン人の再生を目指す狂信的な悪役として迫力満点です。

ジョナサンとマーサ・ケント夫妻役のケビン・コスナーとダイアン・レインは、カル=エルに愛情を注ぐ温かい両親として感動を呼びます。

ペリー・ホワイト役のローレンス・フィッシュバーンは、デイリー・プラネット新聞社の編集長として厳しくも優しい上司として演じています。

監督は、「300 スリーハンドレッド」「ウォッチメン」などで知られるザック・スナイダーです。

彼は、スーパーマンの物語を現代的に再構築し、圧倒的な映像美と迫力あるアクションシーンで魅せています。

製作は、「ダークナイト」シリーズや「インセプション」などで名声を得たクリストファー・ノーランです。

彼は、原案も担当し、スーパーマンのキャラクターに深みと複雑さを与えています。

原案と脚本は、「ダークナイト」シリーズや「ブレードランナー 2049」などで活躍したデヴィッド・S・ゴイヤーです。

彼は、スーパーマンの出自や苦悩、そして使命感を巧みに描き出しています。

Netflix配信作品の海外映画「マン・オブ・スティール/Man of Steel」のメイキング

「ヘンリー・カヴィル」が主演を務める「マン・オブ・スティール」は、2013年に公開されたスーパーヒーロー映画です。

DCコミックスの人気キャラクター「スーパーマン」のリブート作品であり、DCエクステンデッド・ユニバースの第一弾でもあります。

ザック・スナイダー監督、クリストファー・ノーラン製作・原案、デヴィッド・S・ゴイヤー原案・脚本によって制作されました。

「マン・オブ・スティール」のメイキングについては、以下のような興味深いエピソードがあります。

  • ヘンリー・カヴィルは、スーパーマン役にオーディションを受けた際、クリストファー・リーヴが着用したコスチュームを着ることになりました。
    しかし、そのコスチュームはあまりにも古臭くて恥ずかしかったと語っています。
  • カヴィルは、スーパーマン役にふさわしい肉体を作るために、6か月間の激しいトレーニングを行いました。
    彼は一日に5,000カロリー以上を摂取し、筋肉量を増やすためにプロテインシェイクやサプリメントを飲みました。
  • カヴィルは、撮影中に自分の肉体を隠すためにバスローブを着ていましたが、ある日そのバスローブがなくなってしまいました。
    その時、彼は自分のコスチュームだけで外に出ることになりましたが、誰も彼に気づかなかったと言います。
  • カヴィルは、撮影中に自分の誕生日を迎えましたが、その日はゾッド将軍との激しい戦闘シーンを撮影していました。
    カヴィルは、「誕生日プレゼントとしてゾッド将軍から殴られるのは最高だった」と冗談めかして語っています。
  • ゾッド将軍役のマイケル・シャノンは、自分のコスチュームが非常に重くて動きづらかったと言います。彼は、「あれは本当に苦痛だった。あれを着ていると自分がロボットみたいだと思った」と振り返っています。
  • シャノンは、カヴィルとの戦闘シーンで実際に殴られたことがあると言います。
    彼は、「カヴィルは本当に強い。彼は私の顔面を殴った時に謝ってくれたけど、それでも痛かった」と語っています。
  • ロイス・レイン役のエイミー・アダムスは、カヴィルとのキスシーンで緊張したと言います。彼女は、「カヴィルはとても素敵な人で、私は彼に恋をしていた。でも、キスシーンはやっぱり難しい。私は彼の顔を見ているだけでドキドキした」と語っています。
  • アダムスは、自分のコスチュームがあまりにも暖かくて汗だくになったと言います。
    彼女は、「私はダウンジャケットみたいなものを着ていた。それは寒い場所で撮影するために必要だったけど、室内では暑すぎた。私は汗をかきまくっていた」と言っています。
  • アダムスは、自分の役柄について「ロイス・レインは強くて賢くて勇敢な女性だ。彼女はスーパーマンに惹かれるけど、それだけじゃない。彼女は自分の仕事にも情熱を持っている。彼女はスーパーマンのパートナーであり、友人でもある」と語っています。

Netflix配信作品の海外映画「マン・オブ・スティール/Man of Steel」の評価や批評

  • 映画.comのレビューでは、全222件の投稿で平均評価は3.4点(5点満点)でした。
    高評価のレビューでは、映像やアクションの迫力や美しさ、スーパーマンの成長や葛藤を描いたストーリーやキャラクター、ヘンリー・カヴィルの演技や魅力などが称賛されていました。低評価のレビューでは、暗くて重苦しい雰囲気やストーリーの展開や設定に対する不満や疑問、戦闘シーンでの被害や殺戮に対する批判や違和感などが指摘されていました。
  • 超映画批評では、100点満点中75点という評価でした。
    このレビューでは、「ダークナイト」シリーズと同様に、スーパーマンの起源や人間性をリアルに描こうとした作品だと評価されています。
    また、ザック・スナイダー監督らしい迫力あるアクションシーンや映像美も高く評価されています。ただし、ストーリーやキャラクターには深みや魅力が足りないという指摘もありました。
  • 映画.comの関連記事では、「マン・オブ・スティール」は世界中で6億6000万ドル以上の興行収入を記録し、大ヒットしたことが報じられています。
    また、「マン・オブ・スティール」は批評家からも一定の評価を得ており、Rotten Tomatoesでは56%の支持率を獲得しています。

Netflix配信作品の海外映画「マン・オブ・スティール/Man of Steel」に関する背景や社会的な意義

まず、この映画はスーパーマンの誕生と成長を描くオリジンストーリーです。

しかし、従来のスーパーマン映画とは異なり、彼の人間性や葛藤に焦点を当てています。

彼は自分の正体や使命を探求しながら、地球人とクリプトン人の間で揺れ動きます。

また、彼は自分の力を恐れる人々や敵対する者たちと対峙しながら、正義とは何かを模索します。

このように、この映画はスーパーマンを現代的かつリアルな視点で描こうとしています。

次に、この映画はDCEUの始まりでもあります。

DCEUとは、DCコミックスのキャラクターたちが同じ世界で活躍するシェアード・ワールドです。

この映画では、スーパーマン以外にもバットマンやワンダーウーマンなどのヒントが隠されています。

また、この映画の続編である「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」では、スーパーマンとバットマンが初めて対決し、ジャスティス・リーグのメンバーが登場します。

このように、この映画はDCEUの基盤を築く重要な作品です。

最後に、この映画は社会的なメッセージも含んでいます。

スーパーマンのロゴであるSは、「hope(希望)」を意味するクリプトン語の文字だということが明かされます。

また、スーパーマンは自分の力を使って地球人を救おうとしますが、その結果多くの犠牲や破壊を招きます。

これは、力には責任が伴うということや、希望と絶望は表裏一体であるということを示しています。

以上のように、「マン・オブ・スティール」は、スーパーマンの新たな解釈やDCEUの展開や社会的なテーマを盛り込んだ作品です。

これらの要素が観観客にとっての見どころは、スーパーマンの圧倒的なアクションシーンや、彼の人間ドラマや、彼とゾッド将軍の対決です。

スーパーマンのアクションシーンは、彼の飛行や超力やレーザーなどの能力を駆使して、地球や宇宙で戦う様子が迫力満点に描かれています。

特に、最後のクライマックスでは、スーパーマンとゾッド将軍がメトロポリスで壮絶な戦闘を繰り広げます。

このシーンは、スーパーマンの力の限界や、彼が地球人を守るためにどこまでやれるかを見せています。

スーパーマンの人間ドラマは、彼が自分の出自や使命を探求する過程で、様々な人々と関わる様子が感動的に描かれています。

特に、彼が育ての両親であるジョナサンとマーサ・ケントとの絆や、彼が恋人であるロイス・レインとの関係や、彼が実父であるジョー=エルとの対話などは、彼の人間性や感情を表現しています。

この映画では、スーパーマンはただのヒーローではなく、一人の人間として描かれています。

スーパーマンとゾッド将軍の対決は、彼らが同じクリプトン人でありながら、異なる価値観や目的を持つことで生じる葛藤です。

ゾッド将軍は、クリプトン人を再生させるために地球を破壊しようとしますが、スーパーマンは地球人を救おうとします。

この対決は、彼らが自分の信念や選択に貫くことで決着がつきます。

この映画では、スーパーマンはただのヒーローではなく、一人のクリプトン人として描かれています。

Netflix配信作品の海外映画「マン・オブ・スティール/Man of Steel」のSNS

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も海外映画『マン・オブ・スティール/Man of Steel』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました