新サイトはこちら

ネトフリ『マッシュル-MASHLE-』の見どころ:国産アニメファン必見の作品!

ここでは、Netflixで配信中の作品を視聴してみた感想レビューと、映画の背景やオススメできるポイントなどを記載しております!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は国内アニメのマッシュル-MASHLE-を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube – 【本PV】TVアニメ「マッシュル-MASHLE-」2023年4月7日(金)24時~放送開始

Netflix配信作品の国内アニメ「マッシュル-MASHLE-」のあらすじ

今回は、Netflixで配信中の国内アニメの「小林千晃」が主演を行う「マッシュル-MASHLE-」のあらすじについてご紹介します。

「マッシュル-MASHLE-」は、週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画が原作のアニメで、魔法が全ての世界で魔法が使えない少年マッシュ・バーンデッドが、魔法学校に潜入して魔法帝になるという物語です。

小林千晃さんは、主人公のマッシュ・バーンデッド役を務めています。

魔法が全ての世界で、魔法が使えないことは重大な犯罪とされています。

しかし、魔法が使えない少年マッシュ・バーンデッドは、父親と二人で森の中で平和に暮らしていました。

マッシュは魔法が使えない代わりに、筋肉を鍛えて超人的な身体能力を身につけていました。

ある日、マッシュの家に魔法省の職員が現れます。

彼らはマッシュが魔法が使えないことを知り、彼を連行しようとします。

しかし、マッシュは彼らを圧倒的な力で返り討ちにします。

その様子を見ていた魔法省の長官ランス・クラウンは、マッシュに対してある提案をします。

それは、魔法学校に潜入して魔法帝になることです。

魔法帝とは、世界最強の魔法使いであり、その地位に就くためには学校で7つのバッジを集める必要があります。

ランスは、マッシュが魔法帝になれば、彼の犯罪は見逃してやると言います。

マッシュは父親と自分の命を守るために、ランスの提案を受け入れます。

そして、東堂院東堂院(とうどういんとうどういん)という偽名で魔法学校イーストンに入学します。

そこで彼は、同じクラスのレイヴ・ウォルフ役(声:花江夏樹)、フィン・エイミス役(声:島﨑信長)、ドット・バロット役(声:村瀬歩)などの仲間やライバルと出会います。

また、イーストン以外にもノースンやウェストンなど他校とも競争や協力をしながら成長していきます。

マッシュは自分の力だけでバッジを集めていくことができるのでしょうか?

そして、彼は本当に魔法帝になれるのでしょうか?

さらに、彼の正体や過去に隠された秘密とは何なのでしょうか?

「マッシュル-MASHLE-」は、笑いあり涙ありアクションありのエキサイティングな物語です。

小林千晃さん演じるマッシュ・バーンデッドの活躍にご注目ください。

Netflix配信作品の国内アニメ「マッシュル-MASHLE-」を視聴した感想

「マッシュル-MASHLE-」とは、魔法がすべての世界で、魔法が使えない少年マッシュ・バーンデッドが、魔法学校に潜入して魔法師としての地位を目指す物語です。

原作は、週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画で、小林千晃さんがマッシュの声を担当しています。

私は、原作漫画も読んでいるファンなのですが、アニメ版もとても面白かったです。

まず、小林千晃さんの声がマッシュにぴったりでした。

マッシュは、魔法が使えない代わりに筋肉と頭脳を鍛えており、無表情で無愛想な性格ですが、時々可愛らしい一面も見せます。

小林千晃さんは、そのギャップを上手に表現しており、マッシュの魅力を引き出していました。

また、アニメ版では、原作漫画にはないオリジナルエピソードやキャラクターも登場しました。

特に印象的だったのは、マッシュの幼馴染であるミナ・ハーバートとの関係を描いた回です。

ミナは、マッシュと同じく魔法が使えない少女で、マッシュに想いを寄せています。

アニメでは、ミナがマッシュに告白する場面や、二人がデートする場面などが追加されました。

これらの場面は、原作漫画では見られなかったもので、ファンとしては嬉しいサービスでした。

さらに、アニメ版では、原作漫画よりもアクションシーンやコメディシーンが強調されていました。

マッシュは、魔法学校で様々なライバルや敵と戦いますが、その戦闘方法は非常に斬新でユーモラスです。

例えば、相手の魔法を筋肉で受け止めたり、パンケーキを食べながら戦ったりします。

そのような場面が動きや音楽とともに表現されており、迫力や笑いを感じることができました。

総合的に見て、「マッシュル-MASHLE-」は、原作漫画の良さを生かしつつもアニメならではの工夫や追加要素もある作品でした。

小林千晃さんの声優としての実力も光っており、彼女のファンにもおすすめです!

Netflix配信作品の国内アニメ「マッシュル-MASHLE-」のキャストやスタッフ

スタッフ

  • 原作:甲本一
  • 監督:山本裕介
  • シリーズ構成:高橋奈津子
  • キャラクターデザイン:山下明彦
  • 美術監督:松本浩樹
  • 色彩設計:佐藤美由紀
  • 撮影監督:中村雄太
  • 編集:坂本久美子
  • 音響監督:明田川仁
  • 音楽:横山克

キャスト

  • マッシュ:小林千晃
  • ラブ・キュート:佐倉綾音
  • ディアブロ:石川界人
  • ジョーイ・ファットチャンス:内田雄馬
  • ハイドラ:小野友樹

Netflix配信作品の国内アニメ「マッシュル-MASHLE-」のメイキング

このアニメのメイキングについて、小林千晃さんのインタビューをもとに紹介したいと思います。

小林千晃さんは、マッシュの役を演じるにあたって、どのような準備や工夫をしたのでしょうか?

まず、小林千晃さんは、原作の漫画を読んで、マッシュのキャラクターを理解しようとしました。

マッシュは、魔法が使えないことを隠すために無表情でクールに振る舞っていますが、実は純真で優しくて面白い人物です。

小林千晃さんは、そのギャップを表現するために、声のトーンや抑揚を工夫しました。

例えば、マッシュが筋肉自慢をするときや、クリームパンを食べるときは、声に明るさや弾ける感じを出しました。

一方、マッシュが敵と対峙するときや、友人を守るときは、声に力強さや冷静さを出しました。

また、小林千晃さんは、マッシュの身体能力に合わせて、自分の体力も鍛えました。マッシュは、魔法が使えない代わりに、筋肉を鍛え上げています。

小林千晃さんは、そのイメージに近づくために、ジムに通ったり、ランニングや筋トレをしたりしました。その結果、声だけでなく、呼吸や発声もスムーズになりました。

小林千晃さんは、「マッシュの役をやっていると、自分も元気になれます」と話しています。

さらに、小林千晃さんは、他のキャストとの掛け合いも楽しみました。マッシュは、魔法学校で様々な人物と出会い、友情やライバル関係を築きます。

小林千晃さんは、「みんな個性的で素敵なキャラクターなので、一緒に演じるのがとても楽しいです」と語っています。

特に、マッシュの親友であるドット・ノヴァ役の榎木淳弥さんとは、「息が合っていて、会話が自然に弾みます」と言っています。

以上が、「マッシュル-MASHLE-」のメイキングについての紹介でした。

小林千晃さんは、「マッシュル-MASHLE-」を通して、「魔法が使えなくても夢を諦めないこと」「筋肉と頭脳で困難に立ち向かうこと」「友人と助け合うこと」などのメッセージを伝えたいと言っています。

このアニメは、笑いあり涙ありアクションありのエンターテイメント作品です。

Netflix配信作品の国内アニメ「マッシュル-MASHLE-」の評価や批評

本作の特徴は、魔法界というファンタジーな世界観と、魔法が使えない主人公マッシュの超人的な肉体能力というコントラストです。

マッシュは、魔法不全者として社会から排除される運命にあったが、養父レグロに育てられて筋トレに励みました。

その結果、マッシュは圧倒的なパワーとスピードを身につけ、魔法警察のブラッド・コールマンに追われることになります。

ブラッドは、マッシュに魔法学校に入学して神覚者になることを要求し、マッシュはその提案を受け入れます。

魔法学校では、魔法のエリートたちが集まり、級硬貨という成績によって与えられる硬貨でランク付けされます。

級硬貨を多く持つ者は社会的地位や特権を得られますが、逆に少ない者は落ちこぼれ扱いされます。

マッシュは、魔法が使えないことを隠しながらも、その肉体能力で級硬貨を獲得し、他の生徒たちと交流や対立を繰り広げます。

また、マッシュは自分の正体を知る者や敵対する者からも狙われることになります。

本作の見どころは、マッシュの圧倒的な肉体能力とそれに伴うシュール・ギャグです。

マッシュは、魔法使いたちの攻撃を素手で弾き返したり、壁や天井を突き破ったり、空中で回転したりします。

また、マッシュは自分の能力に無自覚であり、周囲の驚きや恐怖を無視して平然と振る舞います。

その様子は笑いを誘うだけでなく、時に感動や熱さも感じさせます。

本作の評価は高く、2022年1月には第67回小学館漫画賞少年向け部門で最終候補に選ばれました。

また、2023年4月時点で累計発行部数が500万部を突破しました。

日本だけでなく海外でも人気があり、2020年には日本財団の英語で読める推奨漫画5作品の中の1つに選ばれました。

本作は、「ハリー・ポッターシリーズ」のオマージュや、「アブノーマル・ファンタジー」というキャッチフレーズなどからも分かるように、「魔法界」というファンタジー要素と、「筋肉」という現実要素という相反するものを組み合わせた作品です。

その結果、「魔法界」という世界観や設定がしっかりと描かれている一方で、「筋肉」という要素がそれらをぶち壊すような衝撃的な展開や笑いを生み出しています。

このようなコントラストやギャップが本作の魅力であり、視聴者を惹きつける要因だと言えます。

また、「筋肉」という要素だけではなく、「友情」という要素も本作の重要なテーマです。

マッシュは自分以外の人間に興味がなく孤立していましたが、魔法学校では同じ寮やクラスの仲間たちと触れ合うことで友情を育みます。

特にレモン・フィン・ランス・ドットらアドラ寮の仲間たちはマッシュの正体を知りながらも彼を支えます。

また、敵対する者たちもマッシュと戦うことで彼に惹かれたり尊敬したりすることがあります。

このように、「友情」という要素も本作の感動や熱さを引き出す要因だと言えます。

声優陣も豪華であり、「小林千晃」さん以外にも、「川島零士」さん、「上田麗奈」さん、「花江夏樹」さん、「村瀬歩」さん、「小野賢章」さん、「梶裕貴」さん、「花澤香菜」さん、「杉田智和」さんなど多数出演しています。

「小林千晃」さんは主人公マッシュ役で初主演を務めており、「無表情だけど感情豊か」「筋肉馬鹿だけど頭も良い」「無邪気だけど強気」という多面的なキャラクターを見事に演じています。

Netflix配信作品の国内アニメ「マッシュル-MASHLE-」に関する背景や社会的意義

「マッシュル-MASHLE-」について、その背景や社会的な意義について考察してみたいと思います。

「マッシュル-MASHLE-」とは、魔法がすべての世界で、魔法が使えない少年マッシュ・バーンデッドが、魔法学校に潜入して魔法師としての地位を目指す物語です。

原作は、週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画で、小林千晃さんがマッシュの声を担当しています。

この作品は、一見すると、魔法学校ものやバトルものというジャンルに属するように見えますが、実はそれ以上に深いメッセージやテーマを持っています。

それは、個性や能力によって差別や偏見を受けることへの批判や反抗であり、自分らしく生きることへの賛歌です。

マッシュは、魔法が使えないという理由で、魔法社会から迫害されてきました。

彼は、自分の家族や友人を守るために、魔法学校に潜入し、魔法師として認められることを目指します。

しかし、彼は決して魔法社会に従うことはありません。

彼は、自分の力や知恵を使って、魔法社会の不条理や不正に立ち向かいます。

彼は、自分が魔法が使えないことを恥じることもなく、自分が好きなことや大切なことを大切にします。

このように、「マッシュル-MASHLE-」は、個性や能力によって差別や偏見を受けることへの批判や反抗であり、自分らしく生きることへの賛歌であると言えます。

これは、現代社会においても重要なメッセージやテーマです。

私たちは、様々な価値観や規範に縛られて生きていますが、本当にそれが自分に合っているかどうかは自分で決めるべきです。

自分の個性や能力を否定されたり軽視されたりすることはありません。

自分の好きなことや大切なことを大切にすることができます。

小林千晃さんは、この作品の主演声優としても素晴らしい仕事をしています。

彼女は、マッシュの無表情で無愛想な性格だけでなく、時々見せる可愛らしい一面や勇敢な一面も上手に表現しています。

彼女は、マッシュの個性や能力を否定されずに生きる姿勢を声で伝えています。

彼女もまた、自分らしく生きることへの賛歌を歌っています。

Netflix配信作品の国内アニメ「マッシュル-MASHLE-」のSNSの反応

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も国内アニメ『 マッシュル-MASHLE- 』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました