新サイトはこちら

Netflix配信「マスカレード・ホテル」レビュー:名探偵たちの華麗なる推理劇

Netflix(ネットフリックス)で配信中の映画「マスカレード・ホテル」を視聴した感想レビューと映画の背景やオススメポイントなどを記載!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回はマスカレード・ホテルを視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube 映画『マスカレード・ホテル』予告映像【2019年1月18日(金)公開】

Netflix配信作品の「マスカレード・ホテル」のストーリー紹介

東野圭吾原作のミステリー小説を映画化した『マスカレード・ホテル』は、連続殺人事件の犯人を追う刑事と、高級ホテルで働くフロントクラークの共同捜査を描いた作品です。

物語は、東京都内で3件の予告殺人事件が起きたことから始まります。

事件現場には不可解な数字が残されており、警視庁の捜査本部はそれが次の犯行現場を示す暗号であると解読します。

そして、第4の殺人は「ホテル・コルテシア東京」という高級ホテルで起こると推測します。

捜査一課の刑事・新田浩介(木村拓哉)は、英語ができる帰国子女であることから、フロントスタッフに扮してホテルに潜入することになります。

新田の教育係には、優秀なフロントクラークの山岸尚美(長澤まさみ)が任命されます。

立場も職業倫理も異なる二人は、最初は衝突しながらも、次第に信頼関係を築いていきます。

一方、ホテルには様々な客が訪れます。

目の不自由な老婦人やプレイボーイ気質の男性、ストーカー被害に悩む花嫁や不審な行動をする男女などです。

彼らは本当に自分の素性を明かしているのでしょうか?そして、犯人は誰なのでしょうか?

捜査本部が厳戒態勢を敷いたある日、ついに第4の殺人事件が発生します。

しかし、その犠牲者と犯行現場は予想外のものでした。

新田と山岸は事件の真相に迫ることができるのでしょうか?そして、二人の関係はどうなっていくのでしょうか?

『マスカレード・ホテル』は、「仮面舞踏会」という意味を持つタイトル通り、登場人物たちがそれぞれ仮面を被っていることを暗示しています。

彼らは日常では見せない顔や感情を隠していますが、その裏に隠された真実や動機が徐々に明らかになっていきます。

また、映画ではホテル内で起こるさまざまな出来事やエピソードも描かれています。

それらは、ホテルのサービスやマナーに関する知識やエピソードとして興味深いものが多く、観客にホテルの世界を楽しませてくれます。

また、それらは事件の解決にも重要な役割を果たし、例えば、ホテルの部屋番号や鍵、バスローブなどが重要な手がかりとなります。

映画の見どころは、新田と山岸の掛け合いや協力です。

二人は最初は反発し合いますが、次第に互いに惹かれていき、しかし、二人はそれぞれ自分の仕事に誇りを持っているので、恋愛感情を表に出すことはできません。

そのため、二人の間には微妙な距離感が生まれます。

映画では、二人の関係がどう変化していくかにも注目です。

映画『マスカレード・ホテル』は、謎解きだけでなく、人間ドラマやコメディ要素も含んだ作品です。

登場人物たちの仮面を剥がしていく過程で、観客も一緒に推理や感情移入を楽しむことができます。

そして、最後には意外な結末が待っています。

Netflix配信作品の「マスカレード・ホテル」を視聴した感想

マスカレード・ホテルは、東野圭吾の同名小説を原作とした、木村拓哉と長澤まさみが主演するサスペンス映画です。

殺人事件の犯人が次に狙うホテルとして、コルテシア東京という高級ホテルが浮上します。

そこで、刑事の野木(木村拓哉)はホテルマンとして潜入捜査をすることになります。

しかし、彼はホテルの仕事に全くなじめず、フロント係の真木(長澤まさみ)に厳しく指導されます。
やがて、二人は事件の真相に迫っていくのですが、その過程で互いに惹かれ合っていきます。

この映画の魅力は、まず豪華なキャストとセットで、コルテシア東京は実在するホテルではありませんが、その内装やサービスは非常にリアルで美しく描かれています

また、ホテルの従業員や客として登場する俳優たちも豪華で、彼らの演技も見どころの一つですが、特に木村拓哉と長澤まさみのコンビは見事でした。

木村拓哉は硬派な刑事から不器用なホテルマンへと変化していく姿が面白く、長澤まさみはプロフェッショナルなホテルウーマンとして優雅で知的な魅力を放っていました。二人の掛け合いや恋愛模様も微笑ましくて感動的でした。

もちろん、この映画はサスペンスでもあり、殺人事件の謎解きも引き込まれるものでしたが、犯人の動機や手口は原作小説と同じで、映画ではそれを視覚的に表現する工夫がされていました。

例えば、犯人が殺害する前に送る暗号メールは、画面上に文字や数字が浮かび上がる演出がされています。
また、犯人が使用する道具や武器も映像的に印象的で、最後のクライマックスでは、野木と真木が犯人と対峙する場面が迫力満点でした。

この映画は、原作小説を忠実に再現しつつも、映像化することで新たな魅力を生み出しています。キャストやセットの豪華さだけでなく、ストーリーや演出も素晴らしいです。

ホテル業界の裏側や仕事ぶりも興味深く見ることができ、サスペンス好きだけでなく、恋愛物語やヒューマンドラマも楽しめる作品です。

Netflix配信作品の「マスカレード・ホテル」のキャストやスタッフの紹介

木村拓哉(新田浩介 役)

本作の主人公である新田浩介は、捜査一課の警部補で、英語が堪能な帰国子女です。

数列の暗号が次の犯行現場を予告するものであると解読し、第4の殺人はホテル・コルテシア東京で起こると推測します。

そのため、フロントスタッフに扮して潜入捜査を行うことになりますが、不慣れなホテル業務や客への接遇に苦労します。

また、優秀なフロントクラークである山岸尚美とは最初は反りが合わず、衝突することも多いですが、次第に信頼関係を築いていきます。

この役を演じた木村拓哉は、日本を代表する俳優であり、数々の映画やドラマで主演を務めてきました。

本作では、冷静沈着で頭脳明晰な刑事として事件に挑む姿や、ホテルマンとして奮闘する姿を見せています。

また、長澤まさみとは初共演でしたが、息の合った掛け合いや化学反応を見せています

長澤まさみ(山岸尚美 役)

もう一人の主人公である山岸尚美は、ホテル・コルテシア東京のフロントクラークです。

仕事に対するプロ意識が高く、常に笑顔で客へのサービスを提供します。

しかし、その裏では自分自身や家族に対する葛藤や苦悩も抱えています。

新田浩介が潜入捜査する際には彼の教育係に任任命されますが、最初は彼の捜査員としての立場や行動に反発します。

しかし、次第に彼の正義感や人間性に触れていき、協力的な態度を見せるようになります。

この役を演じた長澤まさみは、日本を代表する女優であり、数々の映画やドラマで主演を務めてきました。

本作では、ホテルマンとしてのプロフェッショナルさや気品を見せる一方で、内面の複雑さや感情の変化も表現しています。

また、木村拓哉とは初共演でしたが、対照的なキャラクターを演じながらも、互いに引き立て合う演技を見せています。

その他のキャスト

本作には、新田浩介と山岸尚美以外にも多くの登場人物がいます。

その中でも特に重要な役割を果たすのが、ホテル・コルテシア東京のスタッフや客で、彼らはそれぞれに個性的で魅力的なキャラクターであり、事件の謎解きにも関わってきます。

ホテル・コルテシア東京のスタッフとしては、以下のような俳優が出演しています。

藤木(総支配人):小日向文世
田倉(宿泊部長):笹野高史
久我(フロントオフィス・マネージャー):東根作寿英
川本(若手のフロントクラーク):石川恋
杉下(ベルキャプテン):五刀剛
町田(入社1年目のベルボーイ):松川尚瑠輝
仁科理恵(宴会部ブライダル課):太田美恵

客役としては、以下の俳優が出演しています。

片桐瑶子(目の不自由な老婦人):松たか子
古橋(バスローブ紛失事件の客):髙嶋政宏
安野絵里子(ストーカー被害者):菜々緒
館林光弘(スイートルーム予約者):宇梶剛士
森川寛子(和風美人):橋本マナミ
栗原健治(新田浩介と因縁のある客):生瀬勝久
高山佳子(挙式予定者):前田敦子

また、警視庁捜査一課や殺人事件の関係者としても多くの俳優が出演しています。

その中でも特筆すべきは、明石家さんまが友情出演した大竹という役です。

彼は新田浩介と山岸尚美が初めて出会った日にチェックインした客であり、事件解決にも大きく関わってきます。

Netflix配信作品の「マスカレード・ホテル」の撮影や制作について

この映画は実在するホテルではなく、セットで撮影されたことをご存知でしょうか?

監督の鈴木雅之は、原作小説に登場するコルテシア東京は架空のホテルであり、実際にあるホテルを使うとそのイメージに縛られると考えました。

そこで、オリジナリティーを出すために、セットでホテルを再現することにしました。

しかし、それは簡単なことではありませんでした。

なぜなら、セットは約2000平方メートルもの広さがあり、ロビーから客室まで細部にわたって忠実に作られていたからです。

鈴木監督は、「セットは本当にすごかったです。一歩入るとホテルに来た気分になりました」と感想を述べています。

また、この映画では多くのエキストラが登場しますが、彼らもまたセットの一部だったと言えます。

鈴木監督は、

「エキストラさんたちは本当に素晴らしかったです。彼らはただ歩いたり座ったりするだけではなく、それぞれが自分の役割やバックグラウンドを持っていました。例えば、ある人は外国人観光客であるとか、ある人はビジネスマンであるとか。彼らは自分のキャラクターを考えて動いていました。」

と語っています。

そのおかげで、セットはよりリアリティーが増しました。

さらに、この映画では木村拓哉と長澤まさみが初共演しましたが、彼らもまた撮影や制作に力を注ぎました。

木村拓哉は殺人事件の捜査官・尾形役であり、長澤まさみはコルテシア東京のフロントクラーク・真島役です。

二人は対照的な性格や立場でありながらも協力して事件を解決していきます。

そのためには二人の息が合わなければなりませんが、それは簡単なことではありませんでした。

木村拓哉は、尾形役になるために、警察の方々に取材をしたり、捜査の手法や心理を学んだりしました。

また、長澤まさみは、真島役になるために、ホテルのフロントクラークの方々に取材をしたり、ホテル業務の流れやマナーを学んだりしました。

二人はそれぞれ自分の役柄に入り込むとともに、相手の役柄にも理解を示しました。

鈴木監督は、「木村さんと長澤さんは本当にプロフェッショナルでした。彼らは自分のキャラクターだけでなく、相手のキャラクターも考えて演技していました。それが二人の化学反応を生み出しました」と評価しています。

このように、「マスカレード・ホテル」はセットやエキストラや主演俳優など、多くの要素が組み合わさって作られた映画です。

撮影や制作には多くの苦労や工夫がありましたが、それが見事に映像化されています。

Netflix配信作品の「マスカレード・ホテル」の評価や批評

映画「マスカレード・ホテル」は、原作ファンやキムタクファン、ホテル好きなど様々な観客層に向けて作られた作品だと思います。

そのため、評価や批評も人によって大きく分かれると思います。

私が見た映画情報サイトでは、5点満点中3.4点3.6点という平均的な評価でした。

しかし、個別のレビューを見ると、1点や2点の低評価から4点や5点の高評価まで幅広くありました。

低評価の理由としては、以下のようなものが挙げられていました。

– 原作に比べてストーリーやトリックが弱い
– サスペンスとして緊迫感やハラハラ感がない
– 木村拓哉の演技が棒読みで感情移入できない
– ホテルのセットが安っぽくてリアリティがない
– 伏線や文鎮がしつこくてイライラする
– キャストが豪華すぎて話に集中できない

一方、高評価の理由としては、以下のようなものが挙げられていました。

– 原作を忠実に再現している
– 木村拓哉と長澤まさみのコンビが良い化学反応を起こしている
– ホテルで起こる様々なエピソードが楽しい
– 伏線や文鎮が巧みに回収されている
– キャストが豪華で目の保養になる
– ホテルの世界観やサービス精神に感動する

私自身は、この映画を4点くらいに評価したいと思います。原作は読んでいませんが、映画としては十分面白かったと思います。

木村拓哉は確かに棒読み気味ですが、それも彼の持ち味だと思えば許せます。

長澤まさみは美しくて品格がありますし、二人の掛け合いは見ていて微笑ましかったです。

ホテルで起こる事件やトラブルも興味深くて飽きませんでしたし、最後の犯人も予想外でした。キャストも豪華ですし、音楽も雰囲気に合っていました。

ただ、完璧ではありません。サスペンスとしては物足りなさを感じましたし、ホテルのセットももう少し本物っぽくして欲しかったです。

伏線や文鎮も分かりやすすぎて逆に違和感を覚えました

Netflix配信作品の「マスカレード・ホテル」に関する背景や社会的な意義

本作品が描くホテル業界の現状と課題

本作品では、舞台となるホテル・コルテシア東京の内部やスタッフの日常が詳細に描かれています。

このホテルは架空のものですが、巻末に取材協力団体として紹介されている日本橋の「ロイヤルパークホテル」がモデルになったと推察されます。

このホテルは1989年に開業した都市型高級ホテルであり、本作品でもその格式やサービスレベルが強調されています。

しかし、一方で、このような高級ホテルも近年は厳しい経営環境に直面していることが示唆されている。

例えば、以下のような場面がある。

  • 総支配人・藤木(小日向文世)が宿泊部長・田倉(笹野高史)に対し、「客室稼働率を上げろ」と厳しく指示する。
  • 宿泊客・栗原健治(生瀬勝久)が新田に不自然なほど絡み、「今時こんな高い金払って泊まってやってんだから」と言って理不尽な要求を繰り返す。
  • 新田が山岸から教わった「コンプレインメント」という手法で栗原をあしらう。これは、「苦情を言われたら逆に感謝する」というものであり
    • コンプレインメントとは、「苦情を言われたら逆に感謝する」というものであり、お客さまの不満を和らげる効果があるとされる。しかし、これはホテルマンとしてのプロ意識や誇りを傷つけるものでもある。
    • ホテル・コルテシア東京では、新田が潜入捜査を始めた日に、大物政治評論家の講演会が開催される。この講演会には、多くの有名人やVIPが参加する予定であり、ホテル側は最高のサービスを提供することになっている。しかし、この講演会にも連続殺人事件の犯人が紛れ込んでいる可能性がある。

    これらの場面から、本作品が描くホテル業界の現状と課題は次のようにまとめられる。

    • 高級ホテルは、競争力を保つために客室稼働率や利益率を上げる必要がある。
    • 高級ホテルは、お客さまからの苦情やクレームに対しても丁寧かつ迅速に対応する必要がある。
    • 高級ホテルは、特別なイベントやVIPの来館などにも対応できるように準備する必要がある。

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も『マスカレード・ホテル』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました