新サイトはこちら

『モエカレはオレンジ色』感想レビュー:キャラクターの魅力やストーリーの見どころを紹介

ここでは、Netflixで配信中の作品を視聴してみた感想レビューと、映画の背景やオススメできるポイントなどを記載しております!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回はモエカレはオレンジ色を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

Netflix配信作品の「モエカレはオレンジ色」のストーリー紹介

映画『モエカレはオレンジ色』は、Snow Manの岩本照と生見愛瑠(めるる)が共演したラブコメディです。
2022年10月に公開され、2023年2月28日からNetflixで配信されています

物語の主人公は、超シャイな消防士の橘悠(岩本照)と、ぼっちの高校生・桜井美咲(生見愛瑠)です。

悠は、幼い頃に火事で両親を亡くし、祖父に育てられました。

消防士になったのは、祖父の勧めでしたが、火事が怖くて仕事に臨めません。

また、女性と話すのも苦手で、恋愛経験もありません。

美咲は、母親と二人暮らしの高校一年生です。

クラスでは孤立しており、友達もいません。唯一の楽しみは、憧れの消防士・橘悠のブログを読むことです。

ある日、美咲は学校帰りに火事に遭遇します。

その火事で悠が救助活動に参加していたことを知り、彼に会いたいと思います。

しかし、悠は火事が怖くて逃げ出してしまいました。

その後、美咲は偶然にも悠と同じアパートに住んでいることを知ります。

そして、彼が自分が読んでいるブログの主だと気づきます。

美咲は悠に近づきたいと思いますが、悠は女性と話すのが苦手なため、なかなかコミュニケーションが取れません。

そこで美咲は、悠が書いているブログにコメントを残すことを思いつきます。
美咲は「モエカレ」という名前でコメントを書き始めます。

モエカレとは、「萌える彼氏」の略で、美咲が悠に対して抱く感情を表しています。

モエカレのコメントに対して、悠も返信をします。

悠はモエカレが自分のブログを読んでくれていることに感謝し、彼女に興味を持ち始めます。

しかし、悠はモエカレが誰なのか知りません。


また、美咲も悠に自分がモエカレだということを言えません。

そんな中、美咲は学校でイジメに遭ってしまいます。

イジメをした生徒たちは美咲のスマホを奪ってしまいます。

そのスマホには、悠とのやりとりが残っていました。生徒たちはそれを見て、美咲が悠にストーカーしていると勘違いします。

そして、悠のブログに美咲の写真を投稿してしまいます。

そのことを知った悠は、美咲がモエカレだということに気づきます。

悠は美咲に会いに行きますが、美咲は悠に嫌われたと思って逃げてしまいます。

悠は美咲を追いかけますが、その途中で火事に遭遇します。

火事の中には美咲の母親がいました。悠は自分の恐怖を乗り越えて、美咲の母親を救出します。

その後、悠は美咲に自分の気持ちを伝え、美咲も悠に想いをつたえます。

Netflix配信作品の「モエカレはオレンジ色」の感想/レビュー紹介

消防士と女子高生の恋を描いた玉島ノンの人気漫画を実写化した映画「モエカレはオレンジ色」は、2022年1月14日にNetflixで配信されました。

主演は岩本照と生見愛瑠で、岩本照が演じる消防士・橘翔太と、生見愛瑠が演じる女子高生・桜井美咲の恋の行方を追います。

映画は、美咲が火事で家を失ったことをきっかけに、翔太と出会うシーンから始まります。

美咲は翔太に一目惚れし、彼が勤務する消防署に通い始めます。

しかし、翔太は美咲のことを子供扱いし、恋愛対象として見ていません。

美咲は翔太にアプローチするために、消防士の仕事や生活について学びますが、翔太はなかなか気づきません。

一方、翔太も美咲の純真さや一途さに次第に惹かれていきますが、年齢差や職業柄の危険性などから踏み出せません。

そんな二人の間には、美咲の同級生や翔太の同僚など、さまざまな人物が絡んできます。

映画は原作漫画の第1巻から第8巻までのストーリーを忠実に再現しています。

原作ファンにとっては、おなじみのシーンやセリフが楽しめるでしょう。

特に消防士として活躍するシーンでは、本物の消防車や消防服を使用し、迫力ある映像が見られます。

また、消防士たちの絆や仲間意識も感じられるように描かれています。

キャストも原作にぴったり合っていると感じました。

岩本照は翔太の優しさや頼もしさだけでなく、恋愛に奥手な一面やコミカルな表情も上手く演じています。

生見愛瑠は美咲の可愛らしさや明るさだけでなく、消防士に憧れる真剣さや翔太への想いも伝えています。

二人の間には自然な化学反応があり、年齢差を感じさせないラブストーリーが展開されます。

他のキャストも個性的で魅力的で美咲の同級生である鈴木仁演じる佐々木悠斗は、美咲に想いを寄せるかわいらしいがやきもち焼きな一面も持つキャラクターです。

翔太の同僚である上杉柊平演じる橘翼は、翔太の弟でありライバルでもあるイケメン消防士です。美咲に興味を持ち、翔太と三角関係になります。

浮所飛貴演じる小林大地は、翔太の親友であり、美咲の良き相談相手です。

古川雄大演じる高橋隆志は、翔太の上司であり消防士としての厳しさと優しさを併せ持つキャラクターです。

永瀬莉子演じる桜井花音は、美咲の姉であり、美咲と翔太の仲を応援しますが、藤原大祐演じる桜井健一郎は美咲と花音の父親であり、美咲と翔太の恋に反対します。

映画は原作に忠実なだけでなく、オリジナルの要素も加えています。

例えば、美咲が翔太にプレゼントするオレンジ色のネックレスは、映画オリジナルのアイテムです。

このネックレスは、美咲と翔太の恋のシンボルとなります。

また、映画では原作にないエピソードもあります。

例えば、美咲が翔太と初めてキスするシーンは、映画では消防署で行われますが、原作では美咲の家で行われます。

このように、映画では原作とは異なる展開も見られます。

映画は消防士と女子高生の恋を描いたラブコメディですが、それだけではありません。

消防士という職業の危険性や重要性も伝えています。

消防士たちは命をかけて人々を救う姿が何度も映し出されます。

特にクライマックスでは、大規模な火災が発生し、翔太と美咲が危機に陥ります。

このシーンでは、消防士たちの勇敢さや仕事への誇りが感じられます。また、消防士たちが日々訓練や勉強をしていることも描かれています。

消防士という職業に対する敬意や理解が深まります。

映画「モエカレはオレンジ色」は、消防士と女子高生の恋を描いた甘酸っぱいラブストーリーですが、それだけではなく、消防士という職業に対するリアルな描写もあります。

キャストや映像も素晴らしく、原作ファンだけでなく、一般の視聴者も楽しめる作品だと思います。

Netflix配信作品の「モエカレはオレンジ色」のキャストやスタッフの紹介

主演は、岩本照生見愛瑠が務めました。

岩本照は、本作で初めて映画の主演を務めました。

岩本は、Snow Manのメンバーとして活躍する人気アイドルであり、歌やダンスだけでなく、ドラマや舞台でも演技力を発揮しています。

本作では、消防士の役柄に挑戦し、火事のシーンでは実際に火を使って撮影したこともありました。

岩本は、役作りのために消防署を訪れたり、消防士の方々と交流したりして、役に入り込んだそうです

生見愛瑠は、本作で岩本と共演しました。生見は、モデルや女優として活動しており、ドラマや映画などで幅広い役柄に挑戦しています。

本作では、主人公の萌衣という女子高生を演じました

萌衣は、消防士の恋人であることを隠していることや、家族の問題などで悩むことがありますが、明るく前向きな性格です。

生見は、原作のファンであることもあり、萌衣の魅力を表現するために努力したそうです

この二人以外にも、豪華なキャストが揃っています。

例えば、萌衣の友人である美咲を演じたのは小関裕太さんです。

小関は、「仮面ライダービルド」「ひみつ×戦士 ファントミラージュ!」などで主演を務めた実力派俳優です。

美咲は、萌衣の恋愛を応援したり励ましたりする良き友人です。

また、萌衣の母親である美香を演じたのは松下由樹さんです。

松下は、「相棒」や「科捜研の女」などで活躍するベテラン女優です。

美香は、萌衣が消防士と付き合っていることに反対しており、萌衣と対立することがあります。

その他にも、仮面ライダーゼロワン」で知られる井桁弘恵さんや、「仮面ライダーセイバー」で知られる山口貴也さんなど、多くの人気俳優が出演しています 。

キャストだけでなく、スタッフも注目ですが監督は、松本准平さんです。

松本は、「君の膵臓をたべたい」「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」などで高い評価を得た若手監督です。

本作では、原作の世界観を忠実に再現するとともに、消防士のリアルな姿や恋愛の葛藤を描き出しました。

脚本は、岡田麿里さんと橋本裕志さんが担当しました。

岡田は、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「四月は君の嘘」などで知られる人気脚本家です。

橋本は、「君の名は。」「天気の子」などで知られる新海誠監督の作品に多く携わってきた脚本家です。

この二人がタッグを組んで、原作の魅力を引き出すとともに、映画ならではの演出を加えました。

音楽は、佐香智久さんが担当しました。

佐香は、「君に届け」「オレンジ」などで知られる人気シンガーソングライターです。

本作では、主題歌「オレンジ色の風」を書き下ろしました。

この曲は、萌衣と消防士の恋をイメージした爽やかで切ない曲です。

Netflix配信作品の「モエカレはオレンジ色」の撮影や制作についての情報

「モエカレはオレンジ色」は、玉島ノンによる人気コミックを実写化したラブコメディです。

主人公の萌衣は、ぼっちの女子高生で、恋をしたのは超シャイで真面目な消防士の蛯原です。

彼との出会いをきっかけに、どんどん前向きになっていく萌衣と、そんな萌衣に徐々に心を開いていく蛯原の恋の行方を描きます。

この映画では、Snow Manの岩本照が映画単独初主演を務めました

岩本は、消防士として働く蛯原役に挑戦しました。

岩本は、役作りのために消防士の方々から直接指導を受けたり、消防訓練場で実際に火災現場を体験したりしました。

また、消防士の制服や道具も本物を使用しました

岩本は、「消防士さんの仕事や生活について知ることができて、とても勉強になりました」と語っています

一方、萌衣役には、“めるる”こと生見愛瑠が抜擢されました

生見は、ぼっちで恋愛経験ゼロの萌衣というキャラクターに共感し、「自分も高校生の頃はこんな感じだったかも」と振り返っています。

主な撮影場所は、埼玉県の春日部市や越谷市ですが、春日部市では、消防本部や消防訓練場がロケ地として使われました

越谷市では、越谷レイクタウンがロケ地として使われました。越谷レイクタウンは、萌衣が通う高校や蛯原と再会するスーパーのシーンで登場します

生見は、岩本との共演について、「岩本さんはすごく優しくて面白くて素敵な方でした。
撮影現場ではいつも笑わせてくれて、楽しかったです」とコメントしています。

この映画の監督は、村上秀晃監督ですが、村上監督は、「玉島ノン先生の原作が素晴らしくて、それを映像化することができて光栄です」と述べています。

監督は岩本と生見のキャスティングについて、「岩本さんは消防士という職業柄、真面目でシャイな蛯原役にぴったりだと思いました。

生見さんは萌衣役に対する熱量がすごくて、彼女なら原作ファンも納得すると確信しました」と説明しています。

Netflix配信作品の「モエカレはオレンジ色」の評価や批評

この映画は、恋愛に不器用な主人公たちの姿を描いています。
恭介は、萌衣に対して素直になれないことが多く、蛯原は、萌衣に対して優しく接することが多いです。

しかし、恭介も蛯原も萌衣を本気で愛していることが伝わってきます。萌衣もまた、恭介と蛯原のどちらかを選ぶことができずに悩みます。

この映画は、原作漫画のファンからも高い評価を得ています。
特に岩本照さんの演技が好評です。
岩本照さんは、恭介のクールでツンデレな性格を見事に表現しています。
また、生見愛瑠さんや鈴木仁さんもそれぞれ萌衣や蛯原の役柄にぴったり合っています。キャスト陣の化学反応が素晴らしいです。

一方で、この映画に対する批判的な意見もあります。

例えば、「セットや背景が安っぽい」「ストーリーが展開しすぎている」「登場人物の感情移入ができない」「三角関係が不健全だ」というという意見があります。

これらの意見は、個人の主観に基づくものであり、必ずしも一般的な評価を反映しているとは限りません。
しかし、この映画に対するさまざまな視点を知ることは、自分の感想を深めることに役立つかもしれません。

この映画は、恋愛に悩む若者たちの姿をリアルに描いています。
原作漫画の魅力を忠実に再現しつつ、映像化することで新たな魅力を生み出しています。特に主演の岩本照さんの演技は、見逃せないポイントです。

彼は、恭介という難しい役柄に挑戦していますが、その表情や仕草で感情を表現しています。恭介の心情に共感したり、萌衣との関係にドキドキしたりすることでしょう。

この映画は、Netflixで配信されていることも大きな特徴です。

ご存じのようにNetflixでは、自分の好きな時間や場所で視聴できるだけでなく、他の言語で視聴することもできます。

これは、この映画が国際的な視聴者に向けて作られたことを示していることから、この映画は、日本の恋愛映画の新しい可能性を示していると言えるかもしれません。

Netflix配信作品の「モエカレはオレンジ色」に関する背景や社会的な意義

原作の『モエカレはオレンジ色』は、消防士と女子高生の恋愛を描いた物語です。

主人公の萌衣は、幼なじみの恭介に片思いしていますが、彼は消防士として働くことに夢中で、萌衣の気持ちに気づいていません。

萌衣は恭介に近づくために、消防署でボランティアを始めますが、そこで恭介の同僚である翔太と出会います。

翔太は萌衣に一目惚れし、積極的にアプローチしてきますが、萌衣は恭介への想いを捨てられません。

やがて、萌衣は消防士としての恭介や翔太の姿に惹かれていき、自分の気持ちに揺れ動くようになります。

原作のテーマは、「恋愛」と「成長」です。萌衣は恋愛を通して自分自身を見つめ直し、成長していきます。

また、消防士という職業を通して、「命」と「夢」についても考えさせられます。

消防士は人々の命を救うために自分の命を危険にさらす仕事ですが、それだけではなく、自分の夢や目標を持って挑戦し続ける仕事でもあります。

恭介や翔太は消防士としての誇りや情熱を持っていますが、同時に自分の命や家族や友人との関係にも向き合わなければなりません。

原作は少女漫画というジャンルではありますが、単なる甘いラブストーリーではなく、現実的で深みのある物語です。

消防士という職業を題材にしたことで、社会的な問題や倫理的な問題も取り上げられています。

例えば、消防士と女子高生という年齢差や立場差があるカップルが社会からどう見られるか、消防士としての責任や義務と恋愛との両立が可能かなどです。

また、消防士の仕事の現実や苦悩も描かれており、消防士に対する敬意や理解を深めることができます。

映画の演出とキャスト

映画の『モエカレはオレンジ色』は、原作のストーリーを忠実に再現しつつ、映像や音楽などで独自の演出を加えています。

映画では、原作の世界観は壊さずに、オリジナルの展開や演出も織り込まれています。

例えば、消防士の仕事場である消防署や出動シーンなどは、実際に消防士の協力を得て撮影されており、リアリティや迫力があります。

また、恋愛シーンやコメディシーンなどは、音楽や照明などで雰囲気を作り出しており、感情移入や笑いを誘います。

映画のキャストは、原作のキャラクターにぴったり合った俳優たちが選ばれています。

主人公の萌衣役は、生見愛瑠が演じており、原作の萌衣の可愛らしさや素直さ、芯の強さなどを見事に表現しています。

萌衣が想いを寄せる恭介役は、Snow Manの岩本照が演じており、原作の恭介の優しさや真面目さ、クールさなどを魅力的に演じています。

萌衣に一目惚れする翔太役は、佐藤寛太が演じており、原作の翔太の明るさや元気さ、積極さなどを楽しく演じています。

他にも、萌衣の友人や恭介や翔太の同僚などの脇役も、原作のキャラクターに合った俳優たちが演じており、物語に華を添えています。

観客の反応と評価

映画『モエカレはオレンジ色』は、公開された2022年10月から2023年2月までに約100万人以上の観客動員数を記録し、Netflixで配信された2023年2月からも多くの視聴者数を集めました。

観客からは、「消防士と女子高生という異色のカップルが面白かった」「消防士という職業に興味が持てた」「岩本照と生見愛瑠と佐藤寛太というキャストが魅力的だった」「原作ファンでも満足できる映画だった」などの声が多く聞かれました。

一方で、「消防士と女子高生という関係に違和感があった」「消防士の仕事の現実や苦悩がもっと深く描かれてほしかった」「原作の細かい部分が省略されていた」などの批判的な意見もありました。

映画『モエカレはオレンジ色』は、原作のファンはもちろん、消防士や恋愛に興味のある人にもおすすめできる作品です。

映画は、原作のストーリーを忠実に再現しつつ、映像や音楽などで独自の演出を加えています。

映画は、消防士という職業を題材にしたことで、社会的な問題や倫理的な問題も取り上げられています。

映画は、少女漫画というジャンルではありますが、単なる甘いラブストーリーではなく、現実的で深みのある物語です。

映画は、主人公の萌衣が恋愛を通して自分自身を見つめ直し、成長していく姿を描いています。

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も『モエカレはオレンジ色』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました