新サイトはこちら

「七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編」をNetflixで観た感想と評価 – オリジナルストーリーが魅力

Netflix(ネットフリックス)で配信中の映画「七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編」を視聴した感想レビューと映画の背景やオススメポイントなどを記載!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は国内映画の七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube 『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編』 予告編 – Netflix

Netflix配信作品の国内映画「七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編」のストーリー紹介

村瀬歩が主演を務めた、Netflix配信作品の国内映画「七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編」は、アニメ「七つの大罪」と同じ世界観を持つファンタジーアクションムービーです。本作品は、原作コミックを元に、新たなエピソードが展開されるオリジナルストーリーで構成されています。

物語は、エジンバラで行われる「監獄島バトルロイヤル」という大会に、メリオダス、エリザベス、ホーク、バン、キング、ディアンヌ、ゴウセルという、七つの大罪の一人ひとりが別々に参加するところから始まります。

大会には多数の参加者がおり、ほとんどが死亡してしまいますが、七つの大罪たちは、それぞれの得意技を使いながら勝ち進んでいきます。ところが、大会の後半になってから、大罪たちは強豪たちに立ちはだかる謎の女性「ブラック」と出会い、彼女に強い引力を感じます。

そんな中、ある事件が起こります。七つの大罪の一人、キングが突如として姿を消してしまったのです。その後、大罪の仲間たちは、ブラックに彼女がキングをさらったのではないかという疑いが浮かび上がります。しかし、真相は判明しません。

そして、物語はエジンバラでのバトルロイヤルの結末とともに幕を閉じます。七つの大罪たちは、互いに握手し合いながら、また別の冒険に向かって旅立っていきます。

「七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編」は、原作コミックやアニメと同じ世界観を持ちながら、新しいエピソードを楽しめるファン必見の作品です。特に、大会でのバトルシーンは迫力があり、七つの大罪の得意技を堪能できます。

Netflix配信作品の国内映画「七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編」の感想/レビュー紹介

Netflix配信作品の国内映画、「七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編」を視聴してきました。

この映画は、アニメ「七つの大罪」と同じ世界観を持ちながら、新たなエピソードを楽しめるファン必見の作品となっています。

まず最初に感じたのは、アクションシーンの迫力です。

特に、バトルロイヤルでの大罪たちの戦いは、アニメ以上に臨場感があり、一緒に戦っているかのような気分になりました。

大罪たちの得意技を多用し、敵を倒すシーンは見ごたえがありました。

また、大罪たちの各々の性格や関係性が、アクションシーンの合間にさりげなく描かれていたため、ストーリーにも引き込まれました。

また、本作品では新キャラクターのブラックという謎の女性が登場します。

七つの大罪たちは彼女に引き寄せられ、物語は彼女との関わりを中心に展開されます。

彼女の正体や目的が気になり、次回作に期待が高まります。

一方でストーリーの中心であるバトルロイヤル部分については、やや単調に感じる部分がありました。

これは、原作アニメに沿ってストーリーを構成していたためかもしれません。

特に、大会の前半戦は、ポイントを稼ぐための戦いが繰り広げられる単なる戦闘シーンが多かったため、緊張感や興奮を感じにくかったです。

しかし、ストーリーの進展やキャラクターの魅力、そしてアクションシーンの迫力を味わえる点において、本作品は魅力的な映画であることは間違いありません。

また、音楽や映像のクオリティも高く、臨場感ある作品となっています。

原作ファンにとっては、新エピソードや新規キャラクターの登場が楽しめる作品であり、初めて「七つの大罪」シリーズに触れる人にも入りやすい作品だと思います。

総じて、ストーリーにやや物足りない部分があるものの、アクションとキャラクター描写は申し分なく、大満足の映画でした。

Netflix配信作品の国内映画「七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編」のキャストやスタッフの紹介

『七つの大罪』と言えば、鈴木央先生による大人気コミックで、人間と魔神族・女神族・妖精族・巨人族が混在した古の時代を舞台に、かつて国を裏切ったとされる〈七つの大罪〉と呼ばれる伝説の騎士団が、王国を救うために再び集結する冒険ファンタジーです。

本作は、その『七つの大罪』から14年後を描いた原作者・鈴木央先生描き下ろしによる完全新作3DCG映画で、メリオダスとエリザベスの息子・トリスタンが主人公となります。

トリスタンは両親から受け継いだ“大きな力”と向き合いながら、家族を守るために戦いに挑みます。

では、そんな本作のキャストとスタッフを見ていきましょう。

キャスト

トリスタン(CV:村瀬歩)

本作の主人公で、メリオダスとエリザベスの息子。

リオネス王国の王子でありながらも、自由奔放で冒険好きな性格。

両親から受け継いだ“大きな力”を持っており、その力に悩みながらも成長していく。

村瀬歩さんは、『僕のヒーローアカデミア』の出久飛雄役『呪術廻戦』の伏黒恵役などで知られる人気声優。

本作では、トリスタンの明るく元気な一面や葛藤する一面などを表現しています。

妖精(CV:内山昂輝)

トリスタンが旅の途中で出会う妖精。名前は不明で、トリスタンに対して生意気な態度を取るが、次第に仲良くなっていく。

その正体には何か“秘密”が隠されているようだ。

内山昂輝さんは、『進撃の巨人』のアルミン・アルレルト役『鬼滅の刃』の我妻善逸役などで知られる人気声優。

本作では、妖精のキュートでちょっぴりひねくれた魅力を持っている。

メリオダス(CV:梶裕貴)

〈七つの大罪〉の団長であり、〈憤怒の罪(ドラゴン・シン)〉と呼ばれる魔神族の王子。

かつては魔神族と女神族の戦争に巻き込まれ、女神族のエリザベスと恋に落ちるが、その結果、呪いによって永遠に生き続けることになる。

しかし、『七つの大罪』の戦いを経て、呪いを解き、エリザベスと結ばれる。

現在はリオネス王国の国王として平和に暮らしているが、妻のエリザベスが危機に陥ったことで再び立ち上がる。

梶裕貴さんは、『僕のヒーローアカデミア』の轟焦凍役『進撃の巨人』のエレン・イェーガー役などで知られる人気声優。

本作では、メリオダスの王としての貫禄や家族を想う優しさなどを表現しています。

エリザベス(CV:雨宮天)

〈七つの大罪〉と共に戦ったリオネス王国第三王女であり、女神族最高神・スプリームディティーの娘。

かつてはメリオダスと同じく呪いによって何度も生まれ変わりを繰り返していたが、メリオダスと共に呪いを解き、メリオダスと結ばれる。現在はリオネス王国の王妃として平和に暮らしているが、デスピアスによって呪術をかけられてしまう。

雨宮天さんは、『四月は君の嘘』の宮園かをり役や『Re:ゼロから始める異世界生活』のエミリア役などで知られる人気声優。

本作では、エリザベスの王妃としての品格やトリスタンへの母親としての愛情などを表現しています。

デスピアス(CV:阿座上洋平)

かつてリオネス王国に存在した聖騎士集団〈蒼天の六連星〉に名を連ねた一人。

先の聖戦で自らが慕っていた六連星の聖騎士長補佐・デンゼルを魔神族に殺されたことや女神族に操られた過去を持つことから、両種族に強い憎悪を持つ。

戦いの後、魔神族のメリオダスと女神族のエリザベスが国王と王妃の座に就いた新生リオネスに自らの居場所はないとし、人間のためだけの国づくりを目指し、故郷のエジンバラに城を構える。

そこでトリスタンたちと対立することになる。

阿座上洋平さんは、『七つの大罪』本編でもデスピアス役を演じており、本作でも続投。

『鬼滅の刃』の猗窩座役『呪術廻戦』の真人役などで知られる人気声優。

本作では、デスピアスの歳を重ねた威厳やトリスタンたちへの敵意などを表現しています。

プリースト(CV:興津和幸)

デスピアスに仕えるエジンバラの祭司。強力な呪術を操ることができる。トリスタンたちに対して敵対的な態度を取る。

興津和幸さんは、『進撃の巨人』のジャン・キルシュタイン役や『鬼滅の刃』の不死川実弥役などで知られる人気声優。

本作では、プリーストの不気味で冷酷な魅力を表現しています。

スタッフ

原作:鈴木央

『七つの大罪』の原作者であり、本作でも完全新作ストーリーを描き下ろした漫画家。

講談社「週刊少年マガジン」にて2012年から2020年まで『七つの大罪』を連載し、累計発行部数は4000万部を突破した。

現在は同誌にて『七つの大罪 セブンデイズ~盗賊と聖少女~』や『四騎士 of the apocalypse -七つの大罪-』などのスピンオフ作品を連載中。

総監督:阿部記之

『七つの大罪』シリーズ『Fate/Apocrypha』などで監督を務めたアニメーター・演出家。

本作では総監督として全体的な監修を担当している。

監督:ボブ白旗

『キルラキル』や『プロメア』などで3DCGディレクターを務めたアニメーター・演出家。

本作では監督として3DCG映像制作を指揮している。

脚本:池田臨太郎

『七つの大罪 戒めの復活』や『七つの大罪 神々の逆鱗』などでシリーズ構成・脚本を務めた脚本家。

本作では鈴木央氏の描き下ろした原作をもとに、アニメーション映画用に脚本を担当している。

音楽:KOHTA YAMAMOTO、澤野弘之

『七つの大罪 神々の逆鱗』や『進撃の巨人』シリーズなどで音楽を担当したコンポーザー・アレンジャー。

本作では、澤野弘之さんと共に音楽を担当している。

澤野弘之さんは、『キルラキル』『プロメア』などで音楽を担当したコンポーザー・アレンジャー。

本作では、KOHTA YAMAMOTOさんと共に音楽を担当し、また、ボーカルプロジェクトのSawanoHiroyuki [nZk]として主題歌「LEMONADE」をXAIさんと共に手がけている。

Netflix配信作品の国内映画「七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編」の撮影や制作についての情報

大人気コミック「七つの大罪」の原作者・鈴木央が描き下ろした完全新作アニメーション映画『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編』が、2022年12月20日(火)よりNetflixで独占配信されました。

本作は、“大罪”シリーズの主人公・メリオダスと、その妻・エリザベスの息子・トリスタンが両親から受け継いだ“大きな力”と向き合いながら、家族を守るために戦いに挑む冒険ファンタジーです。

本記事では、シリーズ初の3DCG映画となった本作のメイキングについて、制作スタッフや声優陣のインタビューをもとに紹介します。

3DCGで新たな表現に挑戦

本作は、“大罪”シリーズ初の3DCG映画として制作されました。これまでのシリーズは2Dアニメーションでしたが、今回は3DCGで新たな表現に挑戦しました。

制作を担当したのは、『GODZILLA』三部作や『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』などを手掛けたポリゴン・ピクチュアズです。

同社の代表取締役社長であり、本作のプロデューサーでもある塩谷達郎氏は、「原作者・鈴木央先生から直接お話をいただき、非常に光栄に思いました。

『七つの大罪』は日本だけでなく海外でも人気が高く、Netflixでも多くの方々に観ていただけると思います。

その中で、私たちが得意とする3DCGで新しい表現を試みることで、ファンの方々に新鮮な驚きや感動を届けられればと思いました」と語ります。

3DCGで描かれる本作では、キャラクターの動きや表情、背景や光の表現などがよりリアルで迫力あるものになりました。

特にアクションシーンでは、カメラワークや演出が工夫されており、スピーディーかつダイナミックな映像が楽しめます。

また、3DCGならではの細かなディテールも見どころです。

例えば、トリスタンの服装はメリオダスとエリザベスの服装の一部を取り入れていたり、妖精の羽はキングのものと同じ色だったりと、細部にまでこだわりが感じられます。

また、キャラクターの髪や目の色も原作に忠実に再現されており、ファンには嬉しい演出です。

声優陣の熱演も見どころ

本作では、シリーズから引き続き出演する声優陣に加えて、新キャラクターの声を担当する村瀬歩(トリスタン役)と内山昂輝(妖精役)が参加しました。

村瀬は、「七つの大罪」のオーディションを以前も受けたことがあるということで、「またチャンスを頂けた!と思いました。トリスタンはエネルギーに溢れているし、優しいし、憧れますね」と役柄に対する思いを語ります。

内山は、「妖精は自分が思っていたよりも生意気でした(笑)。でも、トリスタンと一緒に冒険するうちに仲良くなっていくんですよね。その関係性が面白かったです」とコメントしています。

一方、シリーズから続投する梶裕貴(メリオダス役)と雨宮天(エリザベス役)は、本作で親子関係になった村瀬との共演について、「村瀬くんはすごく素直で明るくて、トリスタンそのものだなと思いました。僕らも親バカになってしまって(笑)。でも、本当に息子みたいな感じでしたね」と梶が語ると、「村瀬くんは初めてお会いした時からすごく礼儀正しくて、ママ上って呼んでくれるんですよ。それがすごく可愛くて。でも、収録ではしっかりトリスタンを演じていて、素敵だなと思いました」と雨宮も絶賛しています。

Netflix配信作品の国内映画「七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編」の評価や批評

私は、「七つの大罪」シリーズのファンであり、原作コミックもアニメも全て見ていますがその中で、この作品はどう感じたかというと、正直言って期待以上に面白かったです。

まず、3DCG映画ということで不安だった方も多いと思いますが、私は全く違和感を感じませんでした。

むしろ、3DCGならではの迫力あるアクションシーンや表情豊かなキャラクターが見られて満足しました。

特にトリスタンや妖精が使う魔法や武器は、色彩や動きが美しくて目を奪われました。

次に、ストーリーについてですが、これも非常に良かったです。

原作者・鈴木央が描き下ろしたというだけあって、「七つの大罪」シリーズの世界観やテーマをしっかりと受けて、かしみながら、新たなキャラクターや展開を楽しませてくれました。

トリスタンは、メリオダスとエリザベスの息子ということで、彼らの特徴を受け継いでいるところがありますが、それだけではなく、自分なりの個性や成長も見せてくれます。

妖精は、トリスタンの相棒として活躍するだけでなく、彼にとって重要な存在になっていきます。

デスピアスは、かつての聖騎士から反乱軍のリーダーになった理由や動機が明らかになり、単なる悪役ではないことがわかります。

そして、メリオダスやエリザベスはもちろん、バンやディアンヌ、キングやゴウセルなど、「七つの大罪」メンバーも登場し、トリスタンたちをサポートします。

彼らの姿を見ると、懐かしさや安心感がありました。

最後に、音楽についてですが、これも素晴らしかったです。

主題歌のSawanoHiroyuki [nZk]:XAI の「LEMONADE」で、澤野弘之の壮大なサウンドとXAIの美しい歌声が作品の世界観にぴったりだったと思います。

挿入歌やBGMも、作品の雰囲気や感情を盛り上げる役割を果たしていました。

 

Netflix配信作品の国内映画「七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編」に関する背景や社会的な意義

「七つの大罪」と現在「週刊少年マガジン」にて連載中の「黙示録の四騎士」を繋ぐ、まだ誰も見たことのない新たな物語です。

シリーズファンにとっては、メリオダスやエリザベス、バンやディアンヌ、キングやゴウセルら〈七つの大罪〉メンバーがどのように物語に絡んでくるのか、そしてトリスタンたちが迫り来る脅威を退けることができるのかという展開に注目です。

また、主題歌は澤野弘之によるボーカルプロジェクト・SawanoHiroyuki [nZk]:XAIによる楽曲「LEMONADE」であり、物語をよりエモーショナルに、アクションをよりスピーディーに感じさせる楽曲となっています。

本作は、「七つの大罪」という人気シリーズから派生した作品でありながら、原作者自らが描き下ろした新たなストーリーであるという点で非常に魅力を持っています。

シリーズのファンだけでなく、新規の視聴者にも楽しめる作品となっています。

また、3DCGという技術を用いて、キャラクターや背景、アクションシーンなどを表現することで、よりリアルで迫力ある映像を作り出しています。

3DCGは、アニメーションの表現方法の一つとして、近年ますます発展している分野です。

本作は、その最先端の技術を駆使して、「七つの大罪」の世界を再現しています。

本作は、背景や社会的な意義の面からも注目に値する作品で、本作の舞台は、人間と魔神族・女神族・妖精族・巨人族が混在した古の時代です。

この時代は、種族間の対立や争いが絶えない時代であり、人間は他の種族に対して差別や偏見を持っていました。

そのような人間の怨嗟が物語のキーワードとなっています。

デスピアスという人間の聖騎士は、かつて魔神族に上官を殺されたことから、人間以外の種族に憎しみを抱いており、「我が怨念を晴らす日が来た…人間のためだけの国を作る!」と宣言して、王国に襲いかかります 。

彼は、「七つの大罪」では王国を“守る側”だった聖騎士でしたが、本作では王国を“襲う側”として登場します。

彼は、“混沌の杖”という呪術の力を使って、エリザベスに呪いをかけたり、トリスタンたちに戦いを挑んだりします 。

このように、本作では、人間と他の種族との関係や対立が重要なテーマとなっています。

しかし、本作では、そのような対立を乗り越えて仲間になったり、協力したりするキャラクターも登場します。

例えば、トリスタンは道中で出会った妖精と一緒に旅をすることになります。

妖精は最初はトリスタンに対して生意気な態度を取っていましたが、「リオネスの王子様が面白半分で首を突っ込む気か?」と言いつつも、彼に協力したり助言したりします。

また、トリスタンは〈七つの大罪〉メンバーとも出会い、人間だけでなく、妖精や巨人など様々な種族から成る仲間です。彼らはトリスタンに対して親切に接したり、助けてくれたりします。

このように、本作では、種族間の対立や偏見を乗り越えて、互いに理解し合ったり、協力し合ったりするキャラクターが描かれています。

これは、現実の社会においても重要なメッセージであると言えるでしょう。

現実の社会では、人種や民族、宗教や文化などの違いから、対立や差別が起こることがありますが、しかし、そのような違いを理由にして、他者を排除したり、暴力をふるったりすることは許されません。

人間は皆、平等に尊重されるべき存在であり、互いに尊重し合い、共生し合うべき存在です。

本作は、そのような人間の本質や理想を示唆してくれる作品だと言えます。

また、トリスタンが両親から受け継いだ“大きな力”と向き合う姿も描かれており、トリスタンはメリオダスとエリザベスの息子であり、彼らから“大罪”と“女神”の力を受け継いでいます。

しかし、トリスタンはその力の意味や使い方を知らずに育ってきました。

彼は自分の力が何のためにあるのか、どう使うべきなのか、悩んだり迷ったりし、制御できなかったり、暴走したりすることもあります。

しかし、彼は自分の力を恐れたり否定したりすることなく、自分の力を受け入れて、大切な人たちを守るために使おうとし、自分の力に責任を持って、自分の道を歩もうとします。

このように、本作では、トリスタンが自分の力と向き合って成長する姿も描かれています。

これは、現実の社会においても重要なメッセージであると言えるでしょう。

現実の社会では、人間は皆、それぞれに特別な力や才能を持っていますが、その力や才能をどう使うかは自分次第です。

その力や才能を無駄にしたり、悪用したりすることもできますし、有効に活用したり、善用したりすることもできます。

人間は皆、自分の力や才能に責任を持って、自分の道を歩むべきだというメッセージが込められていると思います。

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も国内映画『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました