新サイトはこちら

人気急上昇中のNetflix国内映画「人魚の眠る家」の鑑賞レビュー

国内映画「人魚の眠る家」

Netflix(ネットフリックス)で配信中の国内映画「人魚の眠る家」を視聴した感想レビューと映画の背景やオススメポイントなどを記載!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は国内映画の人魚の眠る家を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!人魚の眠る家

出典:Youtube 映画『人魚の眠る家』 予告編

Netflixオリジナル国内映画「人魚の眠る家」のストーリー解説

映画「人魚の眠る家」は、東野圭吾の同名小説を原作としたミステリー映画です。

監督は堤幸彦、主演は篠原涼子と西島秀俊です。

脳死をテーマにした作品で、事故で脳死状態になった娘を最新の医療技術で生かそうとする両親の姿を描きます。

物語は、ある日プールで溺れて脳死状態になった娘・瑞穂(稲垣来泉)を持つ播磨家の様子から始まります。

父・和昌(西島秀俊)は最新のテクノロジーを駆使して医療技術を提供する会社の社長で、仕事人間です。

母・薫子(篠原涼子)は専業主婦で、夫とは別居中ですが、娘の受験のために離婚はしていません。息子・生人(斎藤汰鷹)は小学生で、妹と仲が良いです。

医師から臓器提供の意思を問われた両親は、最初は承諾しますが、直前に瑞穂の指が動くのを見て取りやめます。

薫子は瑞穂がまだ生きていると信じ、在宅介護を決意します。

和昌も薫子の気持ちに理解を示し、離婚を白紙に戻します。

和昌は自分の会社の研究者・星野祐也(坂口健太郎)に協力を依頼し、瑞穂に人工神経接続技術(ANC)という装置を装着させます。これにより、電気刺激で瑞穂の手足が動くようになります。

薫子はこのことに大きな希望を抱き、瑞穂と積極的にコミュニケーションを取ろうとします。

一方、和昌は脳死が本当に生きていることなのか疑問を持ち始めます。

星野も自分の彼女・真緒(川栄李奈)や同僚から瑞穂への治療行為が倫理的かどうか問われますが、自分の研究に夢中になっています。

やがて、薫子は周囲から孤立していきます。生人や親戚の若葉(荒川梨杏)は学校でいじめられそうになります。

薫子の母・千鶴子(松坂慶子)は薫子の行動を心配します。

和昌は心臓移植を待つ少女の父親と出会い、脳死の子供の親にとってはその子が生きていると言ってもらえることが救いだと言われます。

しかし、薫子はますます現実との隔たりを感じます。

ある日、瑞穂が目を覚まして「お母さん、ありがとう」と言ったのです。薫子はこれが瑞穂との別れだと気づきます。

瑞穂につながっている機器の警告音で夢から覚めた薫子は、瑞穂に投薬すれば延命できると医師から言われますが、和昌と共に脳死判定を受け入れ、臓器提供をすることを決めます。

最後に家族で散歩に出た播磨家は、瑞穂が事故前に見せてくれた隙間がハート型に見える木の根を見つけます。

そこで瑞穂と笑顔で写真を撮り、別れを告げます。

映画は、瑞穂の臓器提供を受けた人々の姿と、播磨家の新しい生活の始まりを描いて終わります。

「人魚の眠る家」Netflixオリジナル国内映画の感想/レビューをお届け!

人魚の眠る家は、東野圭吾の同名小説を原作とした映画です。

篠原涼子と西島秀俊が夫婦役で共演し、娘の脳死という究極の選択に直面する姿を描きます。

監督は堤幸彦で、ヒューマンドラマとホラーの要素を巧みに織り交ぜた作品に仕上がっています。

私はNetflixでこの映画を観ましたが、正直なところ、かなり衝撃を受けました。

脳死という難しいテーマに真正面から向き合っているだけでなく、母親の狂気や家族の崩壊もリアルに描かれていて、見ていて息苦しくなるほどでした。

篠原涼子の演技は特に素晴らしく、娘を失いたくないという強烈な母性や愛情が画面から伝わってきました。

西島秀俊も冷静さと苦悩を表現していて、夫婦の対立やすれ違いが感じられました。坂口健太郎や川栄李奈などの脇役も存在感がありました。

映画は最初から最後まで緊張感が途切れず、時にはホラー的な演出もありました。

特にクライマックスのシーンは衝撃的でした。

娘の延命治療に使われた最先端技術は、生と死の境界線を曖昧にしていて、倫理的な問題も提起されていました。私はこの映画を観て、自分ならどうするかと考えさせられました。

脳死は人の死なのか、生きていることと同じなのか、臓器移植は誰のためなのか、そういったことについてです。

人魚の眠る家は、ただ感動するだけではなく、考えさせられる映画だと思います。

親子や夫婦の愛情や絆も描かれていますが、それが必ずしも幸せにつながるとは限らないことも示されています。

私はこの映画を観て、生きることや死ぬことについて深く考える機会になりました。

この映画をおすすめする人は、心理的に強い人や社会問題に興味がある人だと思います。

人気Netflix映画「人魚の眠る家」のキャスト&スタッフをチェック

「人魚の眠る家」は、東野圭吾の同名小説を原作とした2018年の映画です。

篠原涼子と西島秀俊が夫婦役で主演し、堤幸彦が監督を務めました。

プールで溺れて意識不明になった娘を延命治療することにした夫婦の苦悩と運命を描いたヒューマンミステリーです。

この記事では、映画「人魚の眠る家」のキャストとスタッフについて紹介します。

【キャスト】

播磨薫子(はりま・かおるこ):篠原涼子

二人の子どもを持つ主婦。夫・和昌とは別居中で、娘・瑞穂の小学校受験が終わったら離婚する予定だった。

しかし、瑞穂がプールで溺れて意識不明になり、延命治療を開始することになり、その過程で、瑞穂に執着しすぎて狂気的な行動に走っていく。

篠原涼子は、日本を代表する女優の一人です。ドラマ「101回目のプロポーズ」「カバチタレ!」「アンフェア」など数々のヒット作に出演し、映画では「冷静と情熱のあいだ」「SUNNY 強い気持ち・強い愛」などで主演を務めました。
本作では、愛する娘を失わないためにあらゆる手段を尽くす母親の姿を熱演しました。

播磨和昌(はりま・かずまさ):西島秀俊

IT機器メーカーを経営する実業家。妻・薫子とは別居中で、離婚することになっていた。

しかし、娘・瑞穂が意識不明になったことで、自社の最先端技術を使って延命治療を開始することにする。その過程で、薫子の狂気に巻き込まれていく。

西島秀俊は、ドラマ「Mother」「あなたの番です」「半沢直樹」などで主演や重要な役柄を演じてきた人気俳優です。

映画では「容疑者Xの献身」「永遠の0」「64(ロクヨン)」などに出演しました。
本作では、愛する娘の命を救うために奔走する父親の姿を演じました。

播磨瑞穂(はりま・みずほ):芦田愛菜

播磨夫妻の一人娘。小学校受験を控えていたが、プールで溺れて意識不明になる。

その後、父親の会社の技術で延命治療を受けることになるが、その姿は人魚のように美しくなっていく。

芦田愛菜は、子役としてデビューし、「マルモのおきて」「Mother」「天才バカボン2」などで注目された女優です。

映画では「コクリコ坂から」「奇跡」「君の名は。」などに出演しました。

本作では、意識不明のまま美しく眠る娘役を演じました。

播磨慎吾(はりま・しんご):田中偉登

播磨夫妻の息子。弟分的存在だった瑞穂が意識不明になったことで、心に深い傷を負う。

母親の薫子に対しても反発心を抱くようになる。

田中偉登は、ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」や「あなたの番です」、「半沢直樹」などで脇役として活躍してきた若手俳優です。

映画では「君の名は。」や「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」、「劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME」などに出演しました。

本作では、家族の危機に苦しむ少年役を演じました。

【スタッフ】

監督:堤幸彦

日本を代表する映画監督の一人です。

「リング」「らせん」「仮面ライダー THE FIRST」「20世紀少年」「SPEC」「GANTZ」「亜人」「鋼の錬金術師」「人魚の眠る家」の評価や感想は、様々なサイトで見ることができます。

一般的には、脳死」という難しいテーマに真正面から取り組んだ作品として、高く評価されているようです。

特に、篠原涼子の狂気じみた母親の演技や、西島秀俊の苦悩する父親の演技が評価されています。

また、堤幸彦監督のホラー調の演出や、東野圭吾原作のミステリー要素も見どころとなっています。

一方で、薄味だったり、答えが出せなかったり、現実離れしていたりするという批判もあります。

私自身は、映画を見てとても考えさせられました。

脳死とは何か、家族とは何か、生きるとは何か、そういった問いに対して、自分ならどう答えるか、どう行動するか、そんなことをずっと考えてしまいました。

映画は人それぞれ感じ方が違うので、ぜひご自身でご覧になってみてください。

Netflix国内映画「人魚の眠る家」のメイキング映像が公開!製作の舞台裏に迫る!

映画の撮影は2018年2月から4月にかけて行われました。

撮影場所は東京や神奈川などで、主人公の播磨家の豪邸は神奈川県の相模原市にある実在の建物を使用しました。

播磨家の家族写真は、篠原涼子と西島秀俊が実際に子役たちと撮影したものです。

撮影中には、篠原涼子と西島秀俊が息の合った演技を見せました。

特に、脳死判定された娘・瑞穂を演じた稲垣来泉と斎藤汰鷹に対する愛情表現は感動的でした。

稲垣来泉は、目や口を動かさないようにするために、目薬や口腔ケアをしてもらっていました。

斎藤汰鷹は、娘の事故によって心を閉ざしてしまった弟・生人を演じるために、篠原涼子や西島秀俊からアドバイスを受けていました。

また、映画では最先端の技術が使われており、例えば、瑞穂が人工呼吸器から外されても心臓が動き続けるようにする装置や、瑞穂の手足を動かすために筋肉に電気信号を流す装置などです。

これらの装置は、ハリマテクスという架空のIT企業が開発したものという設定ですが、実際には映画用に作られたもので、これらの装置を操作する星野祐也役の坂口健太郎は、撮影前に専門家から指導を受けていました

さらに、映画ではVFX(視覚効果)も多用されています。
例えば、瑞穂がプールで溺れるシーンや、播磨家の豪邸が火事になるシーンなどで、これらのシーンでは、実際に水や火を使わずにCG(コンピュータグラフィックス)で作り出しました。

VFXスーパーバイザーの岩﨑朋之は、「現実感があっても不自然さがないようにすることが最も重要なことだった」と語っています。

メイキングでは、監督の堤幸彦や出演者たちのインタビューも見ることができます。

堤幸彦は、「原作のテーマは『愛』だ」と思っています。愛する人を失ったとき、どう生きるかということです。それは家族だけでなく、友人や恋人にも当てはまることだと思います」
と述べています。

篠原涼子は、「薫子は瑞穂を愛しているからこそ、彼女を生かそうとするのですが、それが周囲にどう影響するかということを考えなければなりません。自分の子供に対する愛情は誰にも負けないと思いますが、この映画を通して、愛の形や表現について考えさせられました」と語っています。

西島秀俊は、「和昌は仕事に没頭して家族を顧みない人物ですが、娘の事故をきっかけに変わっていきます。娘の命を救うために自分の会社の技術を使うことに葛藤しますが、それが家族の絆を深めることにもなります。この映画では、家族のあり方や命の尊さについて考える機会になりました」と語っています。

Netflixで配信中の国内映画『人魚の眠る家』の評価&批評!観る前に知っておきたい見どころ

「人魚の眠る家」は、東野圭吾氏の小説を原作とした映画で、2018年に公開されました。

主演は篠原涼子さんと西島秀俊さんで、脳死判定された娘を延命治療で生かし続ける夫婦の姿を描いています。

この映画は、親子の絆や愛情、そして死と向き合うことの難しさや重さをテーマにしています。

脳死したはずの娘が体だけ動くようになり、それが母親の狂気や執着を呼び起こす様子は、観る者に衝撃を与えます。

一方で、父親は自分の会社の最先端技術を使って娘の命を守ろうとする姿も見せます。夫婦や家族の関係が徐々に変化していく過程も興味深く見ることができます。

この映画は、堤幸彦監督がメガホンを取りました。

堤監督は、「SPEC」「TRICK」などのミステリーやサスペンス作品で知られていますが、本作では人間ドラマに重点を置いています。

しかし、それでも彼らしい独特の世界観や演出が随所に見られます。例えば、娘が眠る部屋には水槽が置かれており、そこには人魚が泳いでいます。

これは、娘が人魚になったように見えることや、母親が人魚のように水中で息ができないことを暗示しています。

また、映画の終盤では、衝撃的な展開や意外な真実が明かされます。

これらは、堤監督ならではのサプライズやトリックと言えるでしょう。

主演の篠原涼子さんと西島秀俊さんは、本作で初共演しました。

篠原さんは母親役を演じており、娘への愛情や苦悩、狂気や執着などさまざまな感情を表現しています。

特に、娘が事故に遭った日からその後までの変化や成長を見せる演技は見事です。

西島さんは父親役を演じており、仕事人間で家族に関心を持たないように見えるが、実は娘の命を救おうと奮闘する姿を見せています。

特に、娘の延命治療に関する決断や、自分の会社の技術を使って娘の体を動かすことに対する葛藤や責任感などを表現しています。

この映画は、親子の絆や愛情、そして死と向き合うことの難しさや重さをテーマにしていますが、それだけではなく、最先端の技術や人工知能などの社会的な問題にも触れています

例えば、脳死したはずの娘が体だけ動くようになったことで、周囲から偏見や差別を受けることや、そのことが娘の弟や従妹などの子供たちに与える影響などが描かれています。

また、娘の体を動かすために使われる人工知能呼吸コントロールシステムやBMI技術などは、現実にも存在するものであり、その可能性や限界、倫理性などについて考えさせられます。

この映画は、東野圭吾氏の小説を原作としていますが、原作とは異なる部分もあります。

例えば、原作では娘が事故に遭った日はプールではなく海であり、そのことが後に重要な意味を持ちます。

また、原作では娘が事故に遭った理由や背景が詳しく説明されていますが、映画では省略されています。

さらに、映画では原作にはない登場人物や展開が追加されています。

これらは、映画というメディアの特性や堤監督の解釈や演出によるものであり、原作と映画としてそれぞれ楽しむことができます。

「人魚の眠る家」は、親子の絆や愛情、そして死と向き合うことの難しさや重さをテーマにした感動的で衝撃的な映画です。

主演の篠原涼子さんと西島秀俊さんの演技は見事であり、堤幸彦監督の独特の世界観や演出も魅力的です。

最先端の技術や人工知能などの社会的な問題にも触れており、考えさせられる映画でもあり、原作とは異なる部分もありますが、それぞれ楽しむことができます

Netflixで配信中の国内映画『人魚の眠る家』が問題提起する社会的背景とは?

映画の主なテーマは、脳死と臓器提供で、娘の瑞穂がプールで溺れて脳死判定された夫婦・播磨薫子と和昌は、娘の臓器を提供するかどうかという究極の選択に直面し薫子は最期の日に娘の手が動くのを見て、臓器提供を拒否します。

それから、和昌の会社が開発した人工知能呼吸コントロールシステムやBMI技術などを使って、眠ったままの瑞穂を生かし続けます。

しかし、そのことが家族や社会にさまざまな影響を及ぼしていきます

瑞穂は事故に遭った日も一緒に遊んでいた従妹の若葉や、大きな家で眠る少女を目撃した少年・宗吾にとっても忘れられない存在です。

薫子は娘に対する愛情と執着の間で揺れ動き、和昌は仕事と家族のバランスを失いかけます。

弟の生人は姉が原因で苛められそうになり、瑞穂は死んだと言うようになります。

そして、瑞穂の体調も急激に悪化し始めるのです。

この映画は、親子の絆や愛情、死生観などを深く問いかける作品です。

薫子と和昌が下した決断は正しいのか、間違っているのか、瑞穂は本当に幸せだったのか、不幸だったのか

視聴者は自分ならどうするかという問いに向き合わざるを得ません。

篠原涼子と西島秀俊の演技は見事で、娘を失った両親の苦悩や葛藤をリアルに表現していますが、また、堤幸彦監督は、東野圭吾原作のミステリー要素やホラー要素も巧みに取り入れて、観客を引き込む映像作品に仕上げています。

映画『人魚の眠る家』は、東野圭吾の同名小説を原作としたヒューマンミステリーです。

篠原涼子と西島秀俊が夫婦役で映画初共演し、堤幸彦が監督を務めた堤幸彦は、東野圭吾原作のミステリー要素やホラー要素も巧みに取り入れて、観客を引き込む映像作品に仕上げています。

映画の主なテーマは、脳死と臓器提供であり、親子の絆や愛情、死生観などを深く問いかける作品です。

映画は観客に自分ならどうするかという問いに向き合わせるとともに、脳死や臓器提供に関する日本の現状や問題点も浮き彫りにします。

映画は多くのレビューや評価で高く評価されており、感動的だという声や考えさせられるという声が多いようです。

一方で、重たいテーマや不気味な演出に耐えられないという声や、薄味だという声もあります。

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も国内映画『人魚の眠る家』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました