新サイトはこちら

Netflix映画「人数の町」鑑賞記録:謎の街で繰り広げられる奇妙な物語

ここでは、Netflixで配信中の作品を視聴してみた感想レビューと、映画の背景やオススメできるポイントなどを記載しております!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は人数の町を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

Netflix配信作品の「人数の町」のストーリー紹介

「人数の町」とは、衣食住が保証され、快楽をむさぼることができる謎の町を舞台にしたサスペンス映画です。

主演は、舞台やドラマで活躍する中村倫也さんです。

監督は、映画「ヒミズ」や「寄生獣」などで知られる園子温さんです。

物語は、失業中の青年・慎太郎(中村倫也)が、ある日、インターネットで見つけた「人数の町」の求人広告に応募するところから始まります。

慎太郎は、この町に入るためには、この町のガイドであるバイブルを熟読しなければならないと言われます。

バイブルには、この町のルールや制度が詳しく書かれています。

慎太郎は、バイブルを読み終えた後、この町に入ることができ、この町では、住民は自分の好きな仕事や趣味に没頭できます。

また、食事や衣服などは無料で提供されます。

さらに、性的な欲求も自由に満たすことができます。

慎太郎は、この町で理想的な生活を送り始めますが、この町には裏があります。

この町では、住民の数は常に一定でなければなりません。

つまり、新しい住民が入るたびに、古い住民が消えていくのです。

消える住民は、抽選で決められ、消える住民はこの町から出ることができません。

彼らは、この町の地下にある施設に連れて行かれます

慎太郎は、この町の恐ろしい真実を知ります。

そして、彼はこの町から脱出しようとしそれは容易なことではありません。

この町の管理者や住民たちは彼を追い詰めていきます。

慎太郎は、この町から生きて出られるのでしょうか?

Netflix配信作品の「人数の町」の感想/レビュー紹介

映画「人数の町」は、ある日突然、自分の部屋に閉じ込められた男性が、謎のバイブルを読みながら、町の住人たちと交流していく様子を描いた作品です。

主演は中村倫也さんで、彼が演じる男性は、町のルールに従わなければならないという状況に戸惑いながらも、次第に町の住人たちと心を通わせていきます。

対する町の住人たちは、石橋静河さんや立花恵理さんなど個性豊かなキャストが演じており、彼らもまた男性に興味を持ち始めます。

この映画は、一見すると不条理で奇妙な世界観を持っていますが、実は現代社会のさまざまな問題やテーマを暗示しています。

例えば、人間関係やコミュニケーションの難しさ、自由や選択の意味、個性やアイデンティティの探求などです。

映画はこれらの問題やテーマを直接的に語ることはありませんが、登場人物たちの言動や表情から読み取ることができます。

特に中村倫也さんと石橋静河さんの静かな対峙は、互いに惹かれ合いながらも言葉では伝えきれない感情を表現しており、印象的です。

映画は全体的に静かで緊張感のある雰囲気を持っていますが、時折挿入されるユーモアや音楽が緩和効果をもたらしています。

特に音楽は映画の世界観に合ったオリジナル曲が多く使われており、映像と相まって独特の空気感を醸し出しています。

また映画は町の外部や男性の過去などについてほとんど説明しないまま終わりますが、これは観客に想像力を働かせることを促す効果があります。

私はこの映画を観て、自分自身や周囲の人々とどう関わっていくべきか考えさせられました。

またこの映画は一度観ただけでは理解しきれない深みや謎があると感じましたし、日本映画ではあまり見かけない風味の作品だと思います。

不条理で奇妙な世界観を持ちながらも、現実に通じるメッセージや感情を伝えてくる作品です。

中村倫也さんや石橋静河さんなどの演技も素晴らしく、彼らの表情や仕草に注目すると、さらに映画の魅力が増します。

この映画は現在Netflixで配信されていないようですが、他の動画配信サービスで観ることができるかもしれません

Netflix配信作品の「人数の町」のキャストやスタッフの紹介

映画『人数の町』は、荒木伸二監督が原案と脚本を手がけたオリジナル作品です。

荒木監督は、本作を「自分が今までやってきたこととは全く違うものをやりたい」という思いから企画しました。

荒木監督は、本作のテーマについて「自分が何者なのか、何をしたいのか、何を求めているのかということを考えさせられる作品にしたかった」と語っています

本作の撮影は、2019年6月から7月にかけて行われました

撮影場所は、東京都内や神奈川県内などで、本作の特徴的なセットである謎の町は、実際に建設されたもので、約1000坪の敷地に約50棟の建物が並びます

この町は、衣食住が保証され快楽をむさぼることができる理想郷のような場所ですが、実は裏に恐ろしい秘密が隠されています

主演の中村倫也さんは、本作で謎の町に迷い込んだ主人公・翔太を演じています。

中村さんは、本作に出演する前に荒木監督から「自分が今までやってきたこととは全く違うものをやりたい」という話を聞き、「それは面白そうだ」と思ったそうです

中村さんは、本作で初めて荒木監督とタッグを組みましたが、「荒木監督は現場で常に笑顔で楽しそうにしていて、それが俳優陣やスタッフ陣にも伝染していました」と振り返っています。

中村さんは、本作で演じる翔太について「自分が何者なのかわからなくなってしまった男」と表現しています。

中村さんは、翔太の心理状態を表現するために、「目線や表情や声など細かな部分に気を付けました」と語っています。

中村さんは、本作で様々な感情や体験を通して成長する翔太の姿を見事に演じきりました。

翔太が出会う町の住人たちを演じる豪華なキャスト陣も見どころの一つです。

翔太の幼なじみである真理を演じるのは、石橋静河さんです。

石橋さんは、本作で初めて中村さんと共演しましたが、「中村さんはとても優しくて、現場で一番笑顔が素敵でした」と語っています

石橋さんは、真理について「翔太に対してずっと想いを寄せている女性」と表現しています。石橋さんは、本作で真理の純真な愛情や苦悩を感動的に演じました。

町の住人たちの中には、様々な個性や役割があります。例えば、町のガイド役であるミヤコを演じるのは、立花恵理さんです

立花さんは、ミヤコについて「町のルールを守らせるために色々なことをする女性」と表現しています。立花さんは、本作でミヤコの謎めいた魅力や強さを見事に演じました

また、町の住人たちの中には、山中聡さん、橋野純平さん、植村宏司さん、菅野莉央さん、松浦祐也さんなどの実力派俳優陣が名を連ねています。

彼らは、それぞれ町のルールや秘密に関わる重要な役割を担っています。

彼らは、本作で町の住人たちの様々な感情や思惑を見せてくれました。

映画『人数の町』は、荒木監督のオリジナル脚本と中村倫也さんを筆頭とする豪華なキャスト陣が生み出したディストピアミステリーです

撮影や制作についても、細部までこだわり抜かれた作品です。

本作は、観る者に自分自身と向き合うきっかけを与えてくれるかもしれません

Netflix配信作品の「人数の町」の撮影や制作についての情報

この映画の撮影や制作について、以下のような情報があります。

  • 映画の監督は荒木伸二さんで、原作は荒木さん自身が書いた小説「人数の町」です。
    荒木さんは、「この映画は、現代社会における自由や幸せ、個人や集団の関係などを問いかける作品です」と語っています。
  • 映画の撮影は、2019年5月6日から14日まで、福島県いわき市で行われました。
    ロケ地となったのは、ヘレナ国際ホテルという廃墟となったホテルで、映画の中では「町」と呼ばれる場所です。
    このホテルは、かつては豪華な施設だったが、2011年の東日本大震災で被災し、その後閉鎖されました。
  • 映画の撮影には、高校生以上60代までの男女60~70人のエキストラが参加しました。エキストラは、「町」の住人役として、映画の中で様々なシーンに登場します。エキストラ募集は、いわき市役所や市内の図書館などで行われました。
  • 映画の主演を務めた中村倫也さんは、「町」に迷い込んだ主人公・蒼山を演じました。
    中村さんは、「町」について、「自分が何者か分からなくなるような場所だと感じました」と語っています。また、「町」の住人たちと交流するシーンでは、「彼らがどんな気持ちで暮らしているのかを想像しながら演じました」とも話しています。
  • 映画の制作にあたって、荒木監督は、「町」を「現代社会の縮図」と捉えていました
    荒木監督は、「町」に住む人々が、「自分たちが幸せだと思っているけれども、実際には幸せではない」という状況に置かれていると考えていました。
    そのため、「町」を描く際には、「現実と虚構の境界線を曖昧にすること」を意識していました。

Netflix配信作品の「人数の町」の評価や批評

ストーリーは、衣食住が保証され快楽をむさぼることができる謎の町を舞台にしたサスペンスドラマです。主人公の男性(中村倫也)は、ある日突然この町に招待されます。

しかし、この町には厳格なルールがあり、ルールとは「この部屋に入ったらこの町のガイドであるバイブルを熟読すること」というものです。

バイブルには、「この町では人数が決まっている」「この町から出ることはできない」「この町では殺人が許される」という衝撃的な内容が書かれています

主人公は最初はこの町の快楽に溺れますが、次第に不安や疑問を抱くようになります。

そして、彼が出会った女性(石橋静河)や他の住人たちと関わるうちに、この町の秘密や真相に迫っていきます。

映画「人数の町」は、原作小説の世界観やテーマを忠実に再現しつつも、映像化する際に必要な変更や追加も行っています

例えば、原作では主人公の名前や職業が明かされていませんが、映画では彼が元教師であることが設定されています。

また、原作では主人公と女性の関係が曖昧ですが、彼女は、この町の住人たちとは違う感性や思考を持っており、主人公に影響を与えます。

彼女の表情や声には、この町の狂気や孤独を感じさせるものがあります。

二人の演技は、この映画の核心である「人間とは何か」という問いに対する答えを探るものです。

映画「人数の町」は、評価や批評においても高い評価を得ています。

映画評論家の山田宏一氏は、

「この映画は、現代社会における人間のあり方や価値観を問いかける作品である。原作小説の持つ独特の世界観やテーマを映像化することは容易ではなかったと思うが、監督やキャストたちは見事にそれに挑戦している。特に中村倫也と石橋静河の演技は素晴らしい。彼らは、この町に住む人間としてだけでなく、この町から出ようとする人間としても説得力がある。彼らの関係性は、この映画の魅力の一つである」

と評しています。

また、映画ファンサイト「シネマトゥデイ」では、

「この映画は、原作小説のファンだけでなく、サスペンスドラマやミステリーが好きな人にもおすすめできる作品である。この町のルールや秘密については、最後までハラハラさせられる。中村倫也と石橋静河の演技も見逃せない。彼らは、この町に閉じ込められた人間としてだけでなく、この町から抜け出そうとする人間としても魅力的である。彼らの関係性は、この映画の感動の一つである」

と評しています。

Netflix配信作品の「人数の町」に関する背景や社会的な意義についての考察

この映画は原作小説「人数の町」(2016年)の映画化作品ですが原作小説は、現代社会の矛盾や不条理を風刺した作品として評価されています

映画化にあたっては、原作小説の設定や登場人物を一部変更していますが、基本的なテーマやメッセージは忠実に再現しています。

この映画のテーマやメッセージとは何でしょうか。

私は、この映画が問いかけているのは、「自由と幸福」と「束縛と不幸」との関係性だと思います。

人数の町では、住民たちは自由に生活できるように見えますが、実際には町から出ることができないという強制的なルールに従わなければなりません。

また、住民たちは快楽を求めて過剰な消費や性行為にふけっていますが、それらは本当の幸福をもたらしているのでしょうか。

一方、蒼山は町から抜け出そうとすることで自由を求めますが、それは彼に不幸をもたらすことになります。

このように、この映画では「自由と幸福」は相反するものではなく、「束縛と不幸」も必ずしも一致しないものであることを示唆しています

では、この映画が持つ社会的な意義とは何でしょうか。

私は、この映画が現代社会における「自由」と「幸福」のあり方を問い直すきっかけを提供してくれる作品だと思います。

現代社会では、「自由」と「幸福」は個人の選択や努力次第で得られるものだと考えられがちですが、実際には社会的な制約や不平等な状況によって制限されたり、損なわれたりすることも多いと思います。

例えば、経済的な理由で自分の好きな仕事や趣味に打ち込めない人や、差別や偏見によって自分のアイデンティティを表現できない人がいます。

また、消費社会やSNSの影響で、物や情報や人間関係を多く持つことが幸福の指標になっていると感じる人もいます。

しかし、それらは本当に自分の望む「自由」と「幸福」なのでしょうか

この映画は、そうした現代社会の問題点を風刺的に描きながら、観客に「自由」と「幸福」の本質とは何かを考えさせてくれます。

人数の町の住民たちは、町から出ることができないというルールに縛られていますが、それに気づかずに快楽に溺れています。

しかし、蒼山は町から出ることを試みることで、町の真実を知ります。

そして、彼は自分の選択によって自分の運命を決めます。

この映画は、視聴者にも同じように自分の選択に責任を持ち、自分の「自由」と「幸福」を見つけることを促してくれる作品だと思いました。

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も『人数の町』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました