新サイトはこちら

【映画「ノイズ」レビュー】緊迫感あふれるストーリーにハラハラ!Netflix配信作品を紹介

ここでは、Netflixで配信中の作品を視聴してみた感想レビューと、映画の背景やオススメできるポイントなどを記載しております!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回はノイズを視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

Netflix配信作品の「ノイズ」のストーリー紹介

映画「ノイズ」は、筒井哲也の同名コミックを原作としたサスペンスドラマです。藤原竜也と松山ケンイチが15年ぶりに共演し、神木隆之介や吉田羊など豪華キャストが出演しています。

物語は、愛知県の離島・猪狩島を舞台に展開します。この島は人口が減少し、過疎化が進んでいます。
そんな島に、刑務所から出所したばかりの男・小御坂(渡辺大知)が保護司の鈴木(諏訪太朗)とともにやってきます。

小御坂は、かつて殺人事件を起こした前科者であり、島民たちから快く思われません3。しかし、彼は自分を変えるために努力しようとします。

一方、島で暮らす泉圭太(藤原竜也)は、家族や親友の田辺純(松山ケンイチ)、新米警察官の守屋真一郎(神木隆之介)と平穏な日々を送っています。

ある日、圭太は家族と一緒に海水浴場へ行きますが、そこで小御坂と遭遇します。小御坂は圭太の家族に興味を示し始めますが、圭太は彼を追い払います。

その後も小御坂は圭太の家族を付け回し、ストーカー行為を繰り返し、圭太は彼から家族を守ろうとしますが、警察も住民も協力的ではありません。

ある晩、小御坂はついに圭太の家へ侵入しようとしますが、そこへ偶然田辺や守屋が現れ、三人は小御坂と格闘するうちに誤って彼を殺してしまいます。

この事態に動揺する三人ですが、三人は小御坂の死体を処分するために海へ運びますが、そこで別の男・橘(柄本佑)と出会います 。橘は小御坂と同じ刑務所にいた仲間であり、彼を探しに島へやってきたのです 。

橘は小御坂の死体を見つけると、三人に復讐を誓います 。彼は島中で殺人事件を起こし始め、圭太や田辺、守屋も狙われます。

島はパニックに陥りますが、警察やメディアもなかなか駆けつけません。三人は自分たちの罪を隠しながらも、橘から家族や友人を守るために奮闘します。

果たして三人は無事に生き残ることができるのでしょうか?そして小御坂や橘の真の目的とは何なのでしょうか?

映画「ノイズ」は、孤立した島で起こる連続殺人事件とその背景にある謎やドラマを描いています。原作コミックでは3巻まで発売されており、映画ではその全てを映像化しています。

映画では原作コミックよりも登場人物の設定や展開が変更されている部分もありますが、基本的なストーリーは忠実に再現されています。

映画「ノイズ」は、藤原竜也と松山ケンイチのダブル主演だけでなく、神木隆之介や吉田羊など個性豊かなキャスト陣も見どころです。

特に渡辺大知と柄本佑が演じるサイコキラー役は圧巻です 。

また映画では島の風景や音楽も重要な要素となっており、観客を不気味な雰囲気に引き込みます 。

Netflix配信作品の「感想/レビュー」のストーリー紹介

事件の犯人である藤原竜也演じる大島和久、被害者の一人である松山ケンイチ演じる田中健太郎、事件の目撃者である神木隆之介演じる小林智也という三人の男性を中心に、事件が彼らの人生や周囲の人々に与えた影響を描いていますが、この映画は、単なる犯罪ドラマではありません。

社会的な問題や心理的な葛藤を深く掘り下げています。

大島は、幼少期から虐待や孤独に苦しみ、自分が存在する意味や価値を見出せないまま大人になります。

田中は、事件で右足を失い、夢だったサッカー選手への道を断たれます。

小林は、事件の光景がトラウマとなり、不安障害やパニック障害に悩まされます。

それぞれが抱える苦しみや闇は重く暗いものですが、映画は決して絶望的ではありません。彼らはそれぞれが自分なりの方法で前進しようとします。

大島は刑務所で出会った黒木華演じる看護師・佐々木美穂という唯一の理解者と交流し始めます。田中は義足サッカーという新しい挑戦に取り組みます。

小林は伊藤歩演じる同級生・高橋真由美という支えと恋愛関係に発展します。

この映画では、「ノイズ」という言葉が何度も登場します。

「ノイズ」とは、「雑音」や「不快音」という意味だけではなく、「混乱」や「騒動」という意味もあります。

「ノイズ」は事件そのものだけではなく、それ以降起こったさまざまな出来事や感情も指しています。

「ノイズ」は彼らを苦しめますが、「ノイズ」から逃げることも受け入れることもできません。

「ノイズ」と向き合うことしか生きていく方法はありません。

この映画の見どころは何と言っても豪華キャストです。

藤原竜也、松山ケンイチ、神木隆之介という日本映画界を代表する三大俳優が共演しています。

彼らはそれぞれ異彼らはそれぞれ異なるキャラクターを見事に演じ分けています。

藤原竜也は、冷酷で無感情な大島を演じていますが、時折見せる脆さや哀しみも感じさせます。

松山ケンイチは、明るく前向きな田中を演じていますが、内心では苦悩や葛藤も抱えています。

神木隆之介は、臆病で引っ込み思案な小林を演じていますが、成長や変化も見せています。

彼らの演技力には圧倒されます。

また、黒木華や伊藤歩といった女優陣も素晴らしいです。

黒木華は、大島に対して優しく接する佐々木を演じていますが、自分自身にも問題を抱えていることがわかります。

伊藤歩は、小林に対して積極的にアプローチする高橋を演じていますが、彼のトラウマを理解しようと努力する姿も見せます。

彼女たちの存在が彼らの救いになっていることが感じられます。

この映画は、「ノイズ」から逃げずに向き合うことの大切さや難しさを伝えてくれます。

事件だけでなく人生そのものにおいて、「ノイズ」は避けられないものです。

「ノイズ」に負けずに生きることは勇気や努力が必要です。

「ノイズ」を乗り越えることで人は成長でき、「ノイズ」を共有することで人は繋がれます。

この映画は社会的なメッセージだけでなく人間ドラマでもあります。

登場人物たちの感情や関係性に共感したり考えさせられたりします。

事件後の彼らの人生を追っていくうちに、彼らの幸せや未来を応援したくなります。

私はこの映画を見て感動しました。現実的で重厚な作品ですが、希望や愛も感じられる作品でした。

Netflix配信作品の「ノイズ」のキャストやスタッフの紹介

Netflixで配信中の国内映画「ノイズ」は、2008年に新宿駅前で起きた無差別殺傷事件を題材にした作品です。

事件の被害者や加害者、関係者たちが、事件後の人生をどう生きていくかを描いています。

この映画は、人気コミック作家・筒井哲也の同名作品を原作としています。

筒井哲也は、「アイアムアヒーロー」「BLUE GIANT」などの作品で知られる漫画家です。

「ノイズ」は、2012年から2015年まで「ビッグコミックスピリッツ」に連載されました。原作は全10巻で、累計発行部数は200万部を超えています。

この映画の監督は、廣木隆一です。
廣木隆一は、「リング」「DARK WATER」「屍者の帝国」などの作品で知られる映画監督です。「ノイズ」では、原作の世界観や登場人物たちの感情を忠実に再現しつつも、独自の解釈や工夫も加えています。

この映画の脚本は、片岡翔が担当しました。
片岡翔は、「銀魂」「キングダム」「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」などの大ヒット作品で脚本家として活躍しています。「ノイズ」では、原作にないオリジナルエピソードやキャラクターも登場させています。

この映画では、「DEATH NOTE デスノート」以来15年ぶりに共演する藤原竜也と松山ケンイチがW主演を務めています。

藤原竜也は、事件当時高校生だった被害者・泉圭太役です。

松山ケンイチは、事件当時高校生だった加害者・田辺純役です。

2人はライバルでもあり友達でもある不思議な関係性を演じています。

他にも豪華なキャスト陣が揃っています。

神木隆之介が泉圭太と同じく被害者だった守屋真一郎役です。

黒木華が泉圭太と恋愛関係にある佐々木加奈役です。

伊藤歩が守屋真一郎に好意を寄せる青木千尋役で、飯島莉央が泉圭太の妹・泉恵里奈役です。

また、永瀬正敏が田辺純と同じく加害者だった畠山努役です。

渡辺大知が田辺純と同じく加害者だった小御坂睦雄役です。

余貴美子が小御坂睦雄の母親・庄司華江役です。柄本明が庄司華江と再婚した横田庄吉役です。

その他にもその他にも、酒向芳が横田庄吉の息子・横田昭一役です。

菜葉菜が横田昭一の妻・横田洋子役です。

迫田孝也が事件の目撃者・野毛二郎役です。鶴田真由が守屋真一郎の姉・守屋仁美役です。

波岡一喜が守屋仁美の夫・酒井義昭役です。

さらに、寺島進が事件を担当した刑事・岡崎正役です。

大石吾朗が岡崎正の部下・山下伸介役です。諏訪太朗が事件を報道した記者・鈴木賢治役です。

Netflix配信作品の「ノイズ」の撮影や制作についての情報

Netflixで配信中の国内映画「ノイズ」は、愛知県の全面協力のもと、知多半島や西尾市などを舞台に撮影が行われました

この映画は、2008年に新宿駅前で起きた無差別殺傷事件を題材にした作品ですが、実際の事件現場ではなく、愛知県内のさまざまな場所で再現されました。

監督の廣木隆一は、「ノイズ」の原作を読んだときから、「この物語はどこでも起こりうる」と感じていたそうです。

そのため、東京ではなく愛知県で撮影することにしたと語っており、また、愛知県は日本の中心地でもあり、工業や農業など多様な産業が発展している地域でもあるため、「ノイズ」のテーマにぴったりだと考えたそうです。

撮影は2019年11月から2020年1月まで約2か月間行われました。

その間、キャストやスタッフは愛知県内のホテルに滞在し、撮影現場では、愛知県民や地元自治体から温かい歓迎を受けました。

特に西尾市では、「ロケーションナビ・にしお」というフィルムコミッションが本作の撮影をきっかけに誕生しました

「ロケーションナビ・にしお」は、映画やドラマなどのロケーション撮影を支援する団体で、西尾市内の魅力的なロケ地を紹介したり、許可申請や交通規制などの手続きを代行したりします。

「ノイズ」では、西尾市内の約30か所で撮影が行われました。

その中には、西尾駅や西尾市役所、西尾市立図書館、西尾市立総合体育館などの公共施設や、西尾城や三河国分寺などの歴史的建造物も含まれています。

また、映画の中で重要な役割を果たすコンビニエンスストアやカラオケ店も、実在する店舗を借り切って撮影しました。

撮影には約200人のスタッフと約1000人のエキストラが参加し、エキストラには地元の高校生や大学生、一般市民などが応募しました。

彼らは映画に出演することだけでなく、監督や俳優と交流することもできたようです。

特に主演の杉咲花さんは、「ノイズ」が初めての愛知県ロケだったそうですが、現地の人々と仲良くなり、「愛知県に来ると幸せになる」と語っています。

「ノイズ」はNetflixで配信されているだけでなく、2022年1月28日から劇場公開もされました。

その際には、愛知県内の映画館では特別上映会や舞台挨拶も行われました。

監督やキャストは愛知県民から熱烈な声援を受けました。

映画「ノイズ」は愛知県と深い関係を持つ作品であり、見る者に多くのメッセージを伝えます

Netflix配信作品の「ノイズ」の評価や批評

映画の評価や批評を見てみると、様々な意見がありますが、一般的な傾向としては以下のようなものが挙げられます。

  • 映画は原作マンガから大きくアレンジされており、特にラストシーンが異なっています。原作未読者でも楽しめるように工夫されていますが、既読者からは賛否両論あります。
  • 映画は社会問題や人間関係を深く掘り下げることなく、サスペンス要素を重視しています。そのため、登場人物たちの感情や動機付けが浅く描かれていると感じる観客もいます。
  • 映画は複数の視点で物語が展開されますが、それぞれのエピソードが繋がりにくいと感じる観客もいます。また、時間軸や場面転換も分かりにくい部分があります。
  • 映画は若手俳優たちの演技力や存在感が高く評価されています。
    特に主演の松本穂香と岡田健史は役柄に合った表情や声色で感情移入させます。

松本穂香は、オーディションでこの役を射止めたということで、自分の演技に自信を持って挑んだそうです。

岡田健史は、殺人鬼としての冷徹さと孤独さを表現するために、撮影前に一人で部屋に籠もったり、周囲と距離を置いたりしたそうです。

映画は音楽や映像も評価されています。

音楽はミュージシャンのハナレグミが担当し、映画の雰囲気に合わせて切なくも美しい曲を提供しています。

映像はカラフルでポップな色彩が印象的で、新宿の街並みやキャラクターの服装なども目を引きます。

Netflix配信作品の「ノイズ」に関する背景や社会的な意義についての考察

「ノイズ」という言葉は、「不協和音」「雑音」「干渉」「混乱」などを意味します。

この映画では、「ノイズ」は以下のようなものとして登場します。

  • 島に侵入した犯罪者たち
  • 島民たちが隠し続けた事故死
  • 島民たちの間に潜む秘密や嘘
  • 島民たちが抱えるトラウマや苦しみ
  • 島外から届くメディアや情報

これらの「ノイズ」は、島民たちの平穏な生活や心理を乱し、衝突や暴力へと発展していきます

しかし、「ノイズ」は必ずしも悪いものだけではありません。「ノイズ」はまた、「変化」「刺激」「気づき」「成長」などをもたらす可能性もあります

 

例えば、

  • 犯罪者たちは島民たちに自分たちの過去や思想を語ります。
  • 事故死した少女・純(多部未華子)の親友・圭太(松坂桃李)は彼女への想いや後悔を吐露します。
  • 島外からやってきた記者・石田(松田龍平)は島の真実を暴こうとします。
  • 島民たちはそれぞれの過ちや罪を認め合い、許し合います。


これらの「ノイズ」は、島民たちに自分たちの本当の気持ちや価値観を見つめ直させます。そして、島民たちは新しい生き方や関係性を模索していきます

この映画は、現代社会における「ノイズ」に対する態度や対処法を問いかけています 。
私たちは、「ノイズ」にどう向き合うべきなのでしょうか?「ノイズ」を排除するべきなのでしょうか?それとも、「ノイズ」を受け入れるべきなのでしょうか?

私は、この映画が示唆しているように、「ノイズ」は必要悪であり、同時に貴重なチャンスでもあると思います。

「ノイズ」は私たちに苦痛や恐怖を与えますが、それは私たちが自分自身や他者と向き合わなければならないことを教えてくれます。

  • 「ノイズ」は私たちに変化や成長の機会を与えますが、それは私たちが「ノイズ」に対してどう反応するかによって決まります
  • 映画のラストでは、島民たちはそれぞれの「ノイズ」に対処しようとします。純(松岡茉優)は圭太(菅田将暉)との関係を清算しようとします。圭太は純を殺そうとしますが、石田に撃たれます。
    石田は島から脱出しようとしますが、島民たちに追い詰められます。そして、最後の銃声が聞こえます。
  • この銃声は誰が撃ったのでしょうか?誰が撃たれたのでしょうか?この映画は明確な答えを示していません。しかし、この銃声は「ノイズ」そのものであり、観客に自分ならどうするかを考えさせることで映画を終わらせています。

私は、この映画が描く「ノイズ」に共感する部分もありました。

私も日常生活の中でさまざまな「ノイズ」に直面し、それらは時に不快であり、時に有益です。

私は、「ノイズ」から逃げることなく、自分自身や他者と向き合っていきたいと思います。

 

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も『ノイズ』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました