新サイトはこちら

Netflix配信作品の実写版海外ドラマ「ONE PIECE(ワンピース)」の視聴レビュー!原作ファンが語る感想と評価

皆さんこんにちは!こんばんは!

残暑厳しめの日々が続いてますが、まだまだエアコンの効いた部屋でNetflix配信の作品を見ながらゴロゴロしていたいですね♪

Netflixの配信作品を視聴した感想レビューと、映画の背景やオススメポイントなどを記載しております!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回はイニャキ・ゴドイ主演の「ONE PIECE(ワンピース)」を視聴した感想です!

ネ・タ・バ・レにならないよう(タブン…)注意します!

出典:Youtube – 『ONE PIECE』予告編 【日本語吹き替えVer.】- Netflix Japan より

Netflix配信作品の海外実写化「ONE PIECE」のストーリー

海賊王ゴール・D・ロジャーが残したという伝説の秘宝「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」をめぐって、世界中の海賊たちが大海原に繰り出す時代。

そんな中、ゴムゴムの実という悪魔の実を食べてゴム人間になった少年モンキー・D・ルフィは、自分の海賊団「麦わらの一味」を結成し、仲間と共に冒険の旅に出る。

ルフィの仲間には、三刀流の剣士ロロノア・ゾロ、泥棒猫ナミ、嘘つきウソップ、料理人サンジという個性豊かなキャラクターたちが加わる。

彼らはそれぞれの夢や過去を胸に秘めながら、様々な島や敵と出会い、成長していく。

Netflixシリーズ 実写ドラマ版『ONE PIECE』は、尾田栄一郎氏による国民的人気漫画を初めて実写化した作品である。

全10話で構成されており、2023年8月31日から世界独占配信される。

原作者の尾田氏もエグゼクティブ・プロデューサーとして関わっており、キャストやスタッフの選定にも細心の注意を払っている。

実写版『ONE PIECE』のキャストは、世界各国から集められたフレッシュな顔ぶれである。主人公のルフィを演じるイニャキ・ゴドイは、「そしてサラは殺された」などのドラマで注目を集めている若手俳優である。

声優は田中真弓が担当し、原作ファンにも馴染み深いルフィの声を再現しています。また、ルフィの仲間である麦わらの一味も豪華なキャスト陣で固められています。

三刀流の剣士ゾロを演じる新田真剣佑は、「パラサイト 半地下の家族」「ミッドナイトスワン」などで高い演技力を発揮している日本の若手俳優です。

泥棒猫ナミを演じるエミリー・ラッドは、「フィアー・ストリート」シリーズなどで活躍しているホラー女優です。

嘘つきウソップを演じるジェイコブ・ロメロ・ギブソンは、「マイアミバイス」「NCIS:LA ~極秘潜入捜査班」などで実力を発揮している俳優である。

料理人サンジを演じるタズ・スカイラーは、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」などでそのクールなルックスを見せている俳優である。

実写版『ONE PIECE』は、原作の世界観やキャラクターの魅力を忠実に再現しつつ、新たな演出やアレンジも加えている。

ファンタジーとアクションが満載の壮大な物語は、原作ファンはもちろん、初めて『ONE PIECE』に触れる人にも楽しめる作品になっている。

Netflixで配信中の海外実写化「ONE PIECE」をぜひご覧ください。

 

Netflix配信作品の海外実写化「ONE PIECE」を視聴してみた感想

実際にNetflixで配信中の実写版「ONE PIECE」を視聴してみた感想を書いてみたいと思います。

原作ファンとしては、「何故海外版?」って方も多いんじゃないでしょうかね?

私もどうしても不安や疑問がありましたが、見終わった後は感動と満足の気持ちでいっぱいになりましたが、以下に、私が視聴した感想をまとめてみます!

まず、キャストについてですが、主演のルフィ役を演じたイニャキ・ゴドイさんは、声優の田中真弓さんとのダブルキャストでした。この選択は正解だったと思います。

イニャキさんはルフィの特徴的な表情やしぐさを見事に再現し、田中さんの声は原作ファンにとってなじみ深く、安心感がありました。

他の麦わらの一味メンバーも、原作に忠実なビジュアルと個性的な演技で魅力的に描かれていました。

特に新田真剣佑さん演じるゾロは、クールで強さと優しさを併せ持つ剣士として印象的でした。

次に、ストーリーについてですが、原作の序章からグランドライン入りまでを全8話で描いています。

原作の名シーンやセリフはほぼそのまま再現されており、ファンサービスも満点でした。しかし、単なる原作トレースではなく、ドラマオリジナルの展開や伏線もありました。

これらは原作の世界観を壊すことなく、むしろ深める効果がありました。

例えば、シャンクスやミホークなどの重要なキャラクターが早めに登場し、物語のスケール感を高めていました。

また、麦わらの一味メンバー同士の絆や成長も丁寧に描かれており、感情移入しやすかったです。

最後に、演出や音楽についてですが、これも素晴らしかったです。

バトルシーンでは、ルフィやゾロの技が迫力あるCGで表現されており、目を見張りました。

特にゾロとミホークの決闘は圧巻でした。音楽も原作アニメから引き継がれた曲や新曲が効果的に使われており、場面ごとの雰囲気を盛り上げていました。

オープニングテーマは「ウィーアー!」ではなく、「ウィーアー!2023」でしたが、これも新鮮で良かったです。

以上が私の視聴した感想ですが、Netflixシリーズ「ONE PIECE」は本当に漫画実写化の傑作だと思います。

原作ファンはもちろん、初めて「ONE PIECE」に触れる人にもおすすめです。

今後の展開も楽しみですし、シーズン2の制作も期待しています。このドラマを見て、「ONE PIECE」の魅力に再びハマりました。

 

Netflix配信作品の海外実写化「ONE PIECE」のキャストやスタッフ

Netflixで配信中の海外実写化「ONE PIECE」のキャストとスタッフについてご紹介します。

主演は、イニャキ・ゴドイが演じるモンキー・D・ルフィ

声は田中真弓さんが担当しています。 ゴドイは、人気ドラマ「そしてサラは殺された」に出演し、注目を集めている超新星です。
ルフィは、ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)を求めて冒険の旅に出る若き海賊です。
ゴムゴムの実を食べたことで、体がゴムのように伸びる能力を得ました。

ルフィの仲間である麦わらの一味も、世界各国から集結したフレッシュな俳優陣が演じています。

 

ロロノア・ゾロ

ロロノア・ゾロは高い演技力を備えた日本の若手俳優の筆頭格である新田真剣佑さんが演じています。
ゾロは、三本の刀を使う剣士で、かつては賞金稼ぎでした。 ルフィと出会ってからは、海賊になりました。 世界最強の剣士を目指しています。

 

ナミ

ナミは、ホラームービー「フィアー・ストリート」3部作でも注目を集めたエミリー・ラッドさんが演じています。

ナミは、天候を操る棒(クリマ・タクト)を使う泥棒猫です。 海賊ではありませんが、ルフィたちと行動を共にしています。 天才的な航海士であり、地図を描くことが好きです。

 

ウソップ

ウソップは、ドラマで実力を発揮中のジェイコブ・ロメロ・ギブソンさんが演じています。ウソップは、嘘つきで臆病な海賊ですが、仲間思いで勇敢な一面もあります。

長い鼻とひょろっとした体型が特徴です。
スリングショットや様々な道具を使って戦います。夢は勇敢な海の戦士になることです。

 

サンジ

サンジは、映画・ドラマに次々と出演し、そのクールなルックスも相まって人気を集めているタズ・スカイラーさんが演じています。

サンジは、足技だけで戦う料理人です。 麦わらの一味のコックでもあります。美女に目がなく、ナミやロビンに惚れています。
夢は伝説の海「オールブルー」を見つけることです。

このように、「ONE PIECE」の実写版では、原作のキャラクターの魅力を忠実に再現しつつ、新たな解釈や演出も加えています。

スタッフ陣も、ショーランナー・脚本・製作総指揮を務めるスティーブン・マエダさんや、脚本・製作総指揮を務めるマット・オーウェンズさんなど、実力派が揃っています。

また、監督は「ハンニバル」や「アメリカン・ゴッズ」などのドラマで知られるデヴィッド・スレイドさんが担当しています。

 

Netflix配信作品の海外実写化「ONE PIECE」のメイキング

Netflixで世界独占配信されている実写版「ONE PIECE」は、原作者・尾田栄一郎がエグゼクティブ・プロデューサーとして全面的に監修した作品です。

漫画やアニメのファンにとっては、どのように実写化されたのか気になるところでしょう。

今回は、メイキングについて紹介します。

まず、主演のルフィを演じたのは、スペイン出身の俳優・イニャキ・ゴドイです。

声は日本語吹き替え版でルフィを演じている田中真弓が担当しました。

イニャキは、ルフィの役作りのために、漫画やアニメを読み込んだり、尾田から直接アドバイスをもらったりしたそうです。

また、ゴムゴムの実の能力を表現するために、ワイヤーアクションやCGなどの技術も駆使されました。

ルフィと共に冒険する仲間たちも、原作に忠実なキャスティングがされました。

ゾロ役は新田真剣佑、ナミ役はエミリー・ラッド、ウソップ役はジェイコブ・ロメロ、サンジ役はタズ・スカイラーという顔ぶれです。

彼らもそれぞれのキャラクターに合わせてトレーニングやメイクアップを行ないました。

特にゾロの三刀流やウソップのパチンコなどは、見事な演技力と身体能力が必要でした。

実写版「ONE PIECE」では、原作で描かれたさまざまな舞台も再現されました。

ルフィとシャンクスが出会った海岸や、麦わらの一味が初めて乗った船・メリー号などは、南アフリカで撮影されました。

また、未来島(エッグヘッド)やバラティエなどは、セットやCGで作られました。

原作ファンなら見覚えのある場所がたくさん登場します。

実写版「ONE PIECE」は、原作の魅力を忠実に再現しつつも、新たな視点や感動を提供する作品です。

メイキングを見ると、製作陣や出演者たちが原作への敬意と愛情を持って取り組んでいることがわかります。

Netflix配信作品の海外実写化「ONE PIECE」の評価や批評

ドラマの評価と批評については、賛否両論があります。

一方で、原作の世界観やキャラクターを忠実に再現したという意見があります。

特に、ルフィやゾロなど主要キャラクターの造形や演技が高く評価されています。

また、原作では描かれなかったエピソードや設定も盛り込まれており、ファンにとっては新鮮な驚きがあったという意見もあります。

一方で、原作と異なる点が多いという批判もあります。

例えば、ドラマでは一部のキャラクターの性別や人種が変更されていたり 、原作では重要な役割を果たすキャラクターが登場しなかったりするなどです。

また、ドラマではCGや特殊効果が多用されており、それが逆に安っぽく見えるという指摘もあります 。

総合的に見ると、「ONE PIECE」の海外実写化ドラマは成功したとは言い難いと思われます。

原作のファンにとっては、愛着のあるキャラクターや世界観が変わってしまったことに違和感を感じるかもしれません。

また、原作に興味のない人にとっては、ドラマの内容や演出が分かりにくいかもしれません。

しかし、ドラマは原作の魅力を伝える一つの手段であり、それをきっかけに原作に触れる人が増えることを期待したいと思います。

 

Netflix配信作品の海外実写化「ONE PIECE」に関する背景や社会的意義

このドラマは、世界最大の海賊王を目指すルフィと仲間たちの壮大な冒険を描いています。

原作は1997年から連載が始まり、現在も続いており、世界中で累計4億8000万部以上の発行部数を誇る大ヒット作品です。

アニメ化や映画化もされており、日本だけでなく海外でも多くのファンを持っています。

そんな「ONE PIECE」の海外実写化は、原作者の尾田栄一郎さんが監修に携わっており、原作の世界観やキャラクターを忠実に再現しています。

また、キャストも多国籍で構成されており、ルフィ以外にもゾロ役にメキシコ出身のホセ・ジュリアンさん、ナミ役にカナダ出身のエミリー・ルッドさん、ウソップ役に南アフリカ出身のジェイコブ・ロマンさん、サンジ役にイギリス出身のタズ・スカイラーさんという豪華な顔ぶれが揃っています。

このように、「ONE PIECE」の海外実写化は、原作の魅力をそのままに、世界中の視聴者に向けて新たな表現方法で展開しています。

これは、「ONE PIECE」が持つ普遍的なテーマやメッセージをより多くの人々に届けるという意義があると言えるでしょう。

「ONE PIECE」は、友情や夢や自由といった価値観を大切にするルフィたちの姿を通して、様々な人種や文化や信念がぶつかり合う世界で生きることの難しさや素晴らしさを描いています。

また、「ONE PIECE」という名前は、伝説の秘宝であると同時に、物語そのものを指すメタファーでもあります。

つまり、「ONE PIECE」は、一つではなく多様な価値や視点が集まって成り立つ作品であるということです。

このように、「ONE PIECE」は、現代社会において重要なテーマやメッセージを持つ作品です。

そのため、海外実写化は、「ONE PIECE」をより広く普及させるだけでなく、異なる文化や背景を持つ人々が共感や理解を深めるきっかけにもなると期待されます。

Netflixで配信中の海外実写化「ONE PIECE」は、原作のファンはもちろん、原作を知らない人にもおすすめのドラマです。

背景や社会的な意義を知ることで、より楽しむことができるでしょう。ぜひ、この機会にご覧になってみてください。

 

Netflix配信作品の海外実写化「ONE PIECE」のSNSの反応

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様もイニャキ・ゴドイ 主演の『 海外実写化「ONE PIECE」 をご視聴してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました