新サイトはこちら

ネットフリックス「ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と」の魅力と評価を徹底解説

国内ドラマ「ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と」

Netflix(ネットフリックス)で配信中の国内ドラマ「ペンディングトレイン」を視聴した感想とレビュー・ドラマの背景やオススメポイントなどを記載!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は国内ドラマのペンディングトレイン―8時23分、明日 君とを視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube – 『ペンディングトレイン』5/5(金)#3 全員生きられるか!?…ここで頑張る希望【TBS】より

Netflix配信作品の国内ドラマ「ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と」のストーリー

このドラマは、山田裕貴さんが主演を務める完全オリジナルのヒューマンエンターテインメントで、偶然同じ電車に乗り合わせた見ず知らずの乗客68名が突如、未来へのワープに巻き込まれ、電波が通じない上、水も食料もない極限下で懸命に生き、元の世界に戻ろうとする姿を描いています。

このドラマは、金子ありささんという脚本家が手掛けており、彼女は「あなたの番です」「アンナチュラル」「リーガルV」などの人気作品を生み出した実力派です。

そのため、ストーリーは緻密に構成されており、毎回驚きや感動が待っています。

また、登場人物たちはそれぞれに個性的で魅力的で、彼らの成長や絆を見守るのも楽しみの一つです。

主演の山田裕貴さんは、メディアでも活躍するカリスマ美容師・萱島直哉という役柄を演じています。

彼は自分に自信があり、周囲からも慕われる人気者ですが、実は12歳離れた異父弟・達哉(池田優斗さん)という問題を抱えています。

達哉は少年刑務所に2年服役しており、直哉は彼を救おうと奮闘しています。

直哉は未来へワープしたことで弟と離れ離れになってしまいますが、果たして彼は弟と再会できるのでしょうか?

もう一人の主要人物は、赤楚衛二さん演じる正義感あふれる消防士・白浜優斗です。

彼は火災現場で先輩消防士・高倉(前田公輝さん)をバックドラフトから庇い、下半身不随となったことを深く責めています。

また、お好み焼き屋の店員・真緒(志田彩良さん)に想いを寄せていますが、なかなか告白できません。

優斗は未来へワープしたことで先輩や恋人候補と別れることになりますが、果たして彼は元の世界に戻れるのでしょうか?

他にも上白石萌歌さんや井之脇海さんなど豪華なキャスト陣が出演しており、それぞれが電車内で出会った人々と関わり合いながら成長していきます。

また、現代では村田秀亮さんや坪倉由幸さんなどが消えた乗客の行方を捜査する刑事や家族として登場し、二つの世界を繋ぐ重要な役割を果たします。

このドラマは、サバイバルやSFだけではなく、ヒューマンドラマや恋愛も盛り込まれており、幅広い層に楽しめる作品です。

特に未来へワープした電車内では様々な事件や事故が起こりますが、それらを通して乗客たちが団結したり対立したりする様子がリアルに描かれています。

また、現代では消えた乗客たちの家族や友人が苦悩したり希望したりする姿も感動的です。

Netflixでは地上波放送後から配信されており、Paraviではオリジナルコンテンツ「ペンディングトレイン〜終電後トーク〜」も見ることができます。

このコンテンツでは出演者たちがドラマの見どころや裏話を語ってくれます。

Netflixでは海外でも順次配信される予定なので、世界中の人々にこのドラマを知ってもらいたいです。

Netflix配信作品の国内ドラマ「ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と」を視聴してみた感想

Netflix配信作品の国内ドラマの「山田裕貴」が主演を行う「ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と」のストーリー」「視聴してみた感想」というタイトルでブログ記事を書いてみました。

山田裕貴さんの演技が素晴らしいのですが、彼は、ゲームの参加者の一人である大学生・橋本健太郎という役を演じています。

橋本は、自分の将来に悩んでいる普通の青年で、ゲームに巻き込まれることで、自分の本当の願いや価値観に気づいていきます。

山田さんは、橋本の心理変化や感情表現を見事に演じていました。

特に、ゲームの最終局面での決断やその後の展開では、彼の表情や声に引き込まれました。

次に、ゲームの内容や仕掛けが斬新で面白かったです。

ゲームは、乗客たちがそれぞれに与えられたカードに書かれたミッションをクリアするというものです。

ミッションは、自分や他人に危害を加えるものや、秘密を暴露するものなど、さまざまなものがあります。

ミッションをクリアしないと、列車が爆発するというルールです。

ゲームは、乗客たちの人間性や関係性を試すものであり、視聴者も一緒に考えさせられるものでした。

また、ゲームを仕掛けた男の正体や目的も最後までわからないという謎もありました。

最後に、ドラマ全体のテーマやメッセージが印象的でした。

ドラマは、人生という列車に乗っている私たちが、どう生きるべきかという問いかけをしています。

ゲームに参加した乗客たちは、自分の選択や行動によって、自分や他人の命や運命を左右します。

そして、ゲームを通して、自分の本当の願いや価値観を見つけ出します。

ドラマは、私たちにも同じように自分自身と向き合うことや、自分らしく生きることの大切さを伝えています。

「ペンディングトレイン」は、サスペンス好きな方はもちろん、人間ドラマや心理劇が好きな方にもおすすめです。

Netflix配信作品の国内ドラマ「ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と」のキャストやスタッフ

【キャスト】

山田裕貴さん(萱島直哉役)

メディアでも活躍するカリスマ美容師。電車に乗っていたときに未来へワープしてしまう。人当たりが良く、リーダーシップを発揮する。

赤楚衛二さん(白浜優斗役)

正義感あふれる消防士。火災現場で先輩を庇って下半身不随になったことがトラウマになっている。電車内で負傷した高齢者を助ける。

上白石萌歌さん(畑野紗枝役)

高校の体育教師。

消防訓練で来校したことのある優斗に惹かれる。明るく元気な性格で、電車内で和やかな雰囲気を作る。

井之脇海さん(加藤祥大役)

大学院生。物理学や数学に詳しく、未来へのワープの原因や解決方法を探ろうとする。

冷静沈着で頭脳明晰だが、感情表現が苦手。

古川琴音さん(渡部玲奈役)

ネイリスト。自己中心的なところがあり、他人に対して厳しい態度をとることもある。

美容やファッションにこだわりが強い。

藤原丈一郎さん(米澤大地役)

ゲームの専門学校生に通う関西人の青年。明るくお調子者な性格で、電車内で場を盛り上げようとする。

ゲーム好きで、スマホゲームをよくやっている。

日向亘さん(江口和真役)

名門高校の高校生。医者志望の受験生。真面目で勉強熱心だが、プレッシャーに弱く、自分に自信がない。

片岡凜さん(佐藤小春役)

名門高校の高校生。和真とは同級生の恋人であり幼なじみ。

優しく気配りができる女の子で、和真を支える。

杉本哲太さん(田中弥一役)

虚無な毎日を送るサラリーマン。電車の乗客の中では年長者。娘とは仲が悪く、家庭も崩壊している。

松雪泰子さん(寺崎佳代子役)

人材派遣会社「Spice-up」を経営するキャリアウーマン。仕事は成功しているが、家族とは疎遠になっている。

【スタッフ】

原作・脚本:金子ありさ
演出:田中健太、岡本伸吾、加藤尚樹、井村太一、濱野大輝
音楽:大間々昂
主題歌:Official髭男dism「TATTOO」
制作:TBSスパークル
製作・著作:TBSテレビ

以上が、「ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と」のキャストとスタッフの紹介です。

ドラマは予測不能な展開や感動的なシーンが満載で、視聴者から高い評価を得ています。

Netflixでは毎週金曜日に最新話が配信されていますので、ぜひチェックしてみてください。

Netflix配信作品の国内ドラマ「ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と」のメイキング

「ペンディングトレイン」は、偶然同じ電車に乗り合わせた見ず知らずの乗客68名が突如、未来へのワープに巻き込まれ、電波が通じない上、水も食料もない極限下で懸命に生き、元の世界に戻ろうとする姿を描く、完全オリジナルのヒューマンエンターテインメントです。

主演は山田裕貴さんで、赤楚衛二さんや上白石萌歌さんなど豪華なキャストが共演しています。

今回は、このドラマの魅力をより深く感じていただくために、「メイキングについて」ご紹介したいと思います。

このドラマは、現実とはかけ離れた設定や展開が多く、制作スタッフや出演者の苦労や工夫がたくさん詰まっています。

そんな裏側のエピソードを知ると、ドラマを見る楽しみが倍増すること間違いなしです。

まず、このドラマの舞台となる電車ですが、実はつくばエクスプレスを使用しています。

しかし、そのままでは雰囲気が出ないということで、美術スタッフが電車の外観や内装を一から作り直したそうです。

特に内装は細部までこだわり抜き、座席や窓枠、床や天井などすべてオリジナルで制作されました。

また、電車の中で起こる様々な事象に対応するために、壁や座席を取り外したり動かしたりできるように工夫されました。

さらに、電車が未来へワープするシーンでは、特殊効果やCGを駆使して迫力ある映像を作り上げました。

次に、このドラマのキャストですが、68名の乗客という多数の登場人物を演じるために、さまざまなジャンルや世代の俳優さんが集結しました。

その中でも主要人物である山田裕貴さん演じる萱島直哉は、メディアでも活躍するカリスマ美容師という役柄です。

山田さんはこの役を演じるにあたって、本物の美容師からカットやパーマなどの技術を学んだそうです。

また、直哉の異父弟である達哉役の池田優斗さんは、少年刑務所から出所したばかりという設定で、髪型や服装などで弟らしさを表現しました。

さらに、このドラマでは様々なジャンルの専門家が監修に参加しており、例えば、消防士役の赤楚衛二さんは消防士から消火器や救急箱などの扱い方を教わったそうです。

また、未来の荒廃した世界でサバイバルするシーンでは野草や薬草の専門家から食べられる植物や毒性などを学んだそうです。

さらに、SF的な要素も多く含まれるドラマなのでSF作家も監修に加わりました。

Netflix配信作品の国内ドラマ「ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と」の評価や批評

このドラマの最大の魅力は、主演の山田裕貴さんとヒロインの川口春奈さんの演技です。

二人は、電車の中で出会った初々しい恋人から、過去や未来の自分たちと対面した際に見せる様々な感情まで、見事に表現しています。

特に、山田裕貴さんは、過去の自分が自殺したことや未来の自分がヒロインを裏切ったことなど、衝撃的な事実に直面した時の動揺や苦悩をリアルに演じており、視聴者の共感を呼びます。

川口春奈さんも、過去や未来の自分たちと出会ったことで変わっていく恋愛観や人生観を感情豊かに表現しており、彼女の成長を感じさせます。

次に、このドラマのもう一つの魅力は、ファンタジー要素です。電車が止まった原因や過去や未来の自分たちと出会う理由などは明かされず、視聴者に想像力をかき立てます。

また、過去や未来の自分たちと出会うことで現在の自分たちがどう変わっていくかも興味深く見守ります。

このドラマは、現実と非現実が入り混じった不思議な世界観を描いており、視聴者を引き込みます。

しかし、このドラマには批判的な意見もあります。

一つは、ストーリーが展開しすぎていることです。

このドラマは全10話で構成されていますが、それでも過去や未来の自分たちと出会う回数や内容が多すぎると感じる視聴者もいます。

特に後半は、過去や未来の自分たちが現在の自分たちに干渉したり争ったりする場面が多くなり、混乱する視聴者もいます。

また、電車が止まった原因や過去や未来の自分たちと出会う理由などが明かされないことも不満に思う視聴者もいます。

このドラマはファンタジー要素が強いですが、それでもある程度の説明や論理性が欲しいという声もあります。

もう一つは、登場人物が魅力的でないことです。

このドラマは主演の山田裕貴さんと川口春奈さん以外にも多くの登場人物がいますが、彼らはあまり印象に残りません。

特に過去や未来の自分たちが現在の自分たちに影響を与える役割しか持っておらず、個性や背景が薄いです。

また、主演二人以外の恋愛関係も描かれますが、それらもあまり感動的ではありません。

このドラマは主演二人の恋愛物語に重点を置いていますが、それでも他の登場人物にももっと魅力や関係性を与えて欲しいという声もあります。

Netflix配信作品の国内ドラマ「ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と」に関する背景や社会的な意義

このドラマの背景としては、現代社会における若者の恋愛観や生き方に関する問題が挙げられると思いました。

このドラマの主人公である山田裕貴さん演じる松本悠太は、仕事にも恋にもやりがいを感じられず、日々ルーティンに流されている平凡なサラリーマン。

彼は、自分の人生に満足していないものの、何を変えればいいのかわからず、現状を受け入れています。

しかし、ある日から彼が乗る電車が不思議な力によって時空を超えます。

彼はこのような状況下で、自分が本当に望む人生や恋愛とは何なのか、自分の選択がどんな影響を及ぼすのか、自分の幸せとは何なのかということに向き合うことになります。

このドラマは、多くの若者が抱える悩みや迷いを反映していると感じました。

また、現代社会では、インターネットやSNSなどの発達によって、多様な価値観や情報が溢れています。

それは一方では、自分の人生や恋愛に対する選択肢が増えたことを意味しますが、他方で、自分に合った選択をすることが難しくなったことも意味します。

また、コロナ禍や経済不安などの社会的な要因もあり、若者は自分の将来に対して不安や不満を感じています。

このような状況下では、自分の人生や恋愛に対して積極的に行動することができず、消極的になってしまう傾向があります。

そこでこのドラマは、若者に対してメッセージを伝えています。

それは、「自分の人生や恋愛は自分で決めるものだから、後悔しないように自分自身で選択しよう」というメッセージです。

このドラマでは、主人公が時空を超える電車に乗ることで、自分の人生や恋愛に対する選択肢を見つけたり見直したりすることができます。

しかし、それはあくまでも彼自身が決断することであり、電車が決めてくれるわけではありません。

彼は時空を超えた旅を通して、自分の気持ちや価値観を確認し、自分らしい人生や恋愛を追求することを学びます。

そして最終的に彼は、「明日 君と」という言葉で表されるように、自分が本当に望む未来へと向かっていきます。

このドラマは、「ペンディングトレイン」というタイトルからもわかるように、「未決定」や「保留中」の状態から抜け出すことを促しています。

それは、「今」だけではなく、「明日」も見据えて行動することを意味します。

このドラマは、「明日 君と」という言葉で表されるように、「明日」も見据えて行動することを意味し、厳しい状況下で生き抜く為に必要な心構えや、行動を想起させられると思いました。

是非、若者に見ていただきたい作品だと思います!今後の回も楽しみです!

Netflix配信作品の国内ドラマ「ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と」のSNSの反応

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も国内ドラマ『ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました