新サイトはこちら

Netflix海外ドラマ「ペーパー・ハウス」配信の感想・レビュー!人気海外ドラマを徹底解説

Netflix(ネットフリックス)で配信ドラマ「ペーパー・ハウス」を視聴した感想レビューと映画の背景やオススメポイントなどを記載!

 

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は海外ドラマのペーパー・ハウスを視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube 『ペーパー・ハウス』シリーズ予告編 | Netflix

Netflix配信作品の海外ドラマ「ペーパー・ハウス」のストーリー

Netflixで配信中の海外ドラマ「ペーパー・ハウス」は、スペインの造幣局に立てこもった8人組の強盗団と、彼らを追う警察の攻防を描いたスリリングな作品です。

このドラマの主演を務めるのは、ウルスラ・コルベロという美人女優です。

彼女は、強盗団の一員でありながら、恋や友情にも揺れる熱血漢のトーキョーという役柄を見事に演じています。

この記事では、ウルスラ・コルベロが演じるトーキョーの魅力と、ドラマのストーリーについて紹介します。

まず、トーキョーはどんな人物なのでしょうか。

彼女は、かつて強盗に失敗して彼氏を失い、警察に追われていた時に、教授という謎の男と出会います。

教授は、スペインの造幣局に侵入して24億ユーロを印刷し、持ち逃げするという壮大な計画を持っていました。

トーキョーは、教授からこの計画に参加するよう誘われ、他の7人の犯罪者たちと共に強盗団となります。

強盗団は、都市名をコードネームとして使い、仮面と赤いつなぎで正体を隠します。

トーキョーは、その中でも最年少でありながら、勇敢で行動的なリーダー的存在です。

しかし、トーキョーは決して冷徹な犯罪者ではありません。彼女は、仲間や人質に対しても思いやりや情熱を持って接します。

特に、強盗団の中で唯一のハッカーであるリオとは恋人同士になります。

リオは、トーキョーと同じく若くて無邪気な性格で、二人は互いに支え合います。

しかし、強盗計画が進むにつれて、二人は様々な困難や危機に直面します。

警察やメディアの圧力や仲間内の対立や裏切り、そして自分たちの感情や過去との葛藤などです。

トーキョーは、それらを乗り越えるために必死に戦いますが、時には失敗や後悔もします。

それでも彼女は決してあきらめません。彼女は自分の信念と愛を貫くために最後まで闘います。

ドラマ「ペーパー・ハウス」は、トーキョーを始めとする個性豊かなキャラクターたちが織り成すドラマチックな物語です。

強盗計画は、教授が緻密に練り上げたものですが、実際には予想外の事態が次々と起こります。

強盗団は、警察や人質との駆け引きや交渉をしながら、自分たちの目的を達成しようとします。

しかし、その過程で、彼らは自分たちの人間性や信頼関係にも試されます。

強盗団の中には、自分の利益や感情を優先する者や、計画に反発する者もいます。

また、人質の中にも、強盗団に協力する者や、逆に反抗する者もいます。

さらに、警察側にも、強盗団と関係を持つ者や、内部で対立する者もいます。

これらの複雑な人間関係が、ドラマの展開を大きく左右します。

ドラマ「ペーパー・ハウス」は、単なる犯罪ドラマではありません。

それは、人間の欲望や正義や愛について問いかける作品でもあります。

強盗団は、自分たちが正しいと信じていますが、それは本当に正しいのでしょうか。

自分たちの行動が社会に与える影響や、愛が本物なのかどうかの確信しているのでしょうか。

このドラマは、視聴者にも同じような問いを投げかけます。

私たちは、自分たちの選択や行動に責任を持っていますか。

自分たちの愛を守ることができますか。

このドラマは、私たちに自分自身と向き合う機会を与えてくれるドラマと言えます。

Netflix配信作品の海外ドラマ「ペーパー・ハウス」の視聴感想/レビュー紹介

Netflixで配信されている海外ドラマ「ペーパー・ハウス」は、スペインの造幣局に立てこもった8人組の強盗団を描く犯罪シリーズです。

原題は「La casa de papel」で、紙の家という意味ですが、日本では「ペーパー・ハウス」というタイトルで知られています。

英題は「Money Heist」で、お金を盗むという意味です。

このドラマの主人公は、トーキョーというコードネームを持つ女性強盗です。

彼女は、謎の首謀者である教授によって集められた8人組の一員として、造幣局に侵入し、24億ユーロを印刷する計画に参加します。

しかし、計画は思わぬトラブルや警察の包囲によって次々と狂っていき、トーキョーは、仲間や人質との関係や自分の感情との葛藤にも直面しながら、生き残るために奮闘します。

まず、ウルスラ・コルベロが演じるトーキョーのキャラクターが魅力的だと思いました。

彼女は、勇敢で情熱的で自由奔放な女性ですが、同時に不安や後悔や愛情も抱えています。

彼女の内面や過去が徐々に明かされることで、彼女に感情移入しやすくなり、また、彼女のナレーションがドラマ全体を引っ張る役割を果たしていて、彼女の視点から物語が展開されることで、緊張感や臨場感が高まりました。

次に、ドラマのストーリーが秀逸だと思いました。

強盗団と警察との駆け引きや攻防はもちろんですが、強盗団内部や人質との関係も複雑で予測不能な展開が多くあり、特に、教授が考えた計画や策略は巧妙で驚かされることが多くありました。

また、ドラマは5シーズンに分かれており、各シーズンでは異なる舞台や目的が設定されています。そのため、飽きることなくドラマに引き込まれました

最後に、ドラマの演出や音楽が素晴らしかったと思いました。

ドラマはスペイン製ですが、世界中の視聴者にもアピールできるように、映像や音響が工夫されています。

特に、ドラマのテーマソングである「Bella Ciao」というイタリアのレジスタンスソングは、ドラマのシーンに合わせて様々なバージョンが流れます。

この曲は、強盗団の反体制的な精神や絆を象徴するもので、ドラマの印象を強く残します。

このドラマは、スリルと感動とロマンスが詰まった作品で、私は一気に見てしまいました

ウルスラ・コルベロをはじめとするキャスト陣の演技も素晴らしく、彼らに感情移入できました!

Netflix配信作品の海外ドラマ「ペーパー・ハウス」のキャストやスタッフ

『ペーパー・ハウス』の他のキャストには、以下のような方々がいます。

アルバロ・モルテ

教授という名前の強盗団のリーダーを演じています。彼は、1975年生まれで、舞台俳優として活動していましたが、2017年に『ペーパー・ハウス』でブレイクしました。彼は、癌を克服した経験があります。

イチア・イトゥニョ

ムリヨ警部という名前の捜査官を演じています。彼女は、1974年生まれで、バスク語圏出身です3。彼女は、歌手や劇作家としても活動しており、2020年には新型コロナウイルスに感染したことを公表しました。

ペドロ・アロンソ

ベルリンという名前の強盗犯を演じています。彼は、1971年生まれで、ガリシア出身です。
彼は、舞台やテレビで長年活躍しており、『ペーパー・ハウス』では教授の兄弟役を演じています。

パコ・トウス

モスクワという名前の強盗犯を演じています。彼は、1964年生まれで、アンダルシア出身です。
彼は、若い頃から俳優として活動しており、『ペーパー・ハウス』ではトーキョーの恋人役を演じています。

アルバ・フローレス

ナイロビという名前の強盗犯を演じています。
彼女は、1986年生まれで、マドリード出身です。彼女は、俳優一家の出身であり、父親や兄弟も俳優です。
彼女は、『ペーパー・ハウス』では金紙製造のエキスパート役を演じています。

Netflix配信作品の海外ドラマ「ペーパー・ハウス」のメイキング

ウルスラ・コルベロは、『ペーパー・ハウス』のオーディションを受けたときのことを振り返ります。

彼女は、トーキョー役に応募したわけではなく、ナイロビ役を目指していたそうです。

しかし、監督のアレックス・ピナは、彼女の持つエネルギーとカリスマに惹かれて、トーキョー役に抜擢したといいます。

ウルスラ・コルベロは、トーキョー役に決まったときは驚いたものの、その後は役に没頭していきました。

次に、トーキョー役を演じる上での難しさや楽しさについて語りますが彼女は、「トーキョーは自分とは正反対の性格であり、感情的で衝動的で自己破壊的な面がある。そのため、トーキョーの心理や動機を理解することが大変だったが、それと同時に、トーキョーは自由で勇敢で愛情深い面も持っており、そうした部分に共感や憧れを感じることもあった。」といいます。

また、トーキョーはドラマの語り手でもあるため、彼女はナレーションの録音にも多くの時間を費やしました。

さらに、ウルスラ・コルベロは、『ペーパー・ハウス』の撮影現場でのエピソードや思い出についても明かし、「共演者たちと仲が良くて家族のようだった」と語っています。

特に教授役のアルバロ・モルテとは親友であり、お互いに助け合っていたと話しています。

また、シーズン3では東京でロケを行ったこともありますが、その際に日本の文化や食べ物に感動したようですが、一方では撮影中に怪我をしたり、アクションシーンやセックスシーンが多かったりすることも大変だったと言います。

Netflix配信作品の海外ドラマ「ペーパー・ハウス」の評価や批評

このドラマの魅力は、何と言っても個性的で魅力的なキャラクターたちです。

強盗団はそれぞれ都市名をコードネームとしており、教授(アルバロ・モルテ)が計画の首謀者として仲間たちに指示を出します。

トーキョー(ウルスラ・コルベロ)は短気で軽率な性格ですが、陽気で度胸があり、物語のナレーションも担当します。

ベルリン(ペドロ・アロンソ)はナルシストで冷酷な現場のまとめ役ですが、病気により余命宣告を受けています。

ナイロビ(アルバ・フローレス)は偽札製造の専門家で楽観主義者ですが、生き別れた息子を持っています。

リオ(ミゲル・エラン)は最年少のハッカーでトーキョーと恋仲です。

デンバー(ハイメ・ロレンテ)はモスクワ(パコ・トウス)の息子で笑い方が特徴的でストックホルム(エステル・アセボ)は元人質でデンバーと恋仲です。

パート3からはパレルモ(ロドリゴ・デ・ラ・セルナ)、ボゴタ(キティ・マンベール)、マルサイユ(ルカ・ペロシュ)、リスボン(イツィアル・イトゥーニョ)、ストックホルム(エステル・アセボ)、マニラ(ナイワ・ニムリ)などが加わります。

これらのキャラクターたちはそれぞれに過去や秘密、葛藤や感情を持っており、強盗計画の中で様々な出来事に直面します。

彼らは時に協力し、時に対立し、時に愛し合い、彼らの人間性や関係性が深く描かれることで、視聴者は彼らに感情移入しやすくなります。

また、彼らは単なる犯罪者ではなく、社会に対する不満や抵抗感を持っているところもあります。

彼らは自分たちの行動に正義や理想を見出そうとします。

例えば、教授は強盗計画を「レジスタンス」と呼び、造幣局で印刷した紙幣を「人民のお金」と称し、彼らは自分たちの仲間や人質に対しても優しく接し、暴力や殺人を極力避けようとします。

これにより、視聴者は彼らに共感や応援の気持ちを抱きやすくなります。

もちろん、このドラマはキャラクターだけでなく、ストーリーも非常に面白く、強盗団と警察の駆け引きは常に緊張感やサスペンスがあります。

強盗団は教授の綿密な計画に従って行動しますが、予期せぬトラブルや裏切り、感情の揺れなどによって計画が狂っていきます。

警察もまた、強盗団の正体や目的を探ろうとしますが、教授の策略や内部の腐敗、政治的な圧力などによって苦戦します。

両者の攻防は常に予測不能でドラマチックで、特にパート3からは、スペイン銀行への強盗というより大規模な計画に挑戦し、国際的な問題に発展していきます。

このドラマのもう一つの魅力は、音楽です。

オープニングテーマの「My Life Is Going On」(Cecilia Krull)や挿入歌の「Bella Ciao」(イタリアのレジスタンスソング)などは印象的で耳に残ります。

また、ドラマの中で流れる音楽もシーンに合わせて選ばれており、感情を高めたり和ませたりします。

例えば、「Easy」(Commodores)や「The House of the Rising Sun」(The Animals)、「You’ll Never Walk Alone」(Gerry and the Pacemakers)などがそうです。

以上が私の個人的な感想ですが、いかがでしたでしょうか。

このドラマはキャラクター、ストーリー、音楽の三拍子が揃った素晴らしい作品だと思います。

ウルスラ・コルベロを始めとするキャスト陣の演技も見事です。

まだ見ていない方はぜひ一度見てみてください!

見たことがある方は再見するとまた新しい発見があるかもしれません。シーズン5が待ち遠しいです!

Netflix配信作品の海外ドラマ「ペーパー・ハウス」に関する背景や社会的な意義

なぜこのドラマは世界中で人気を集めたのでしょうか?

その理由として、以下の3つが挙げられます。

1. 独創的なストーリーと展開

「ペーパー・ハウス」は、単なる強盗ドラマではありません。

強盗団は赤いジャンプスーツにダリの仮面をかぶり、世界の都市名で呼び合います。

彼らは教授と呼ばれる天才知略家の指示に従い、警察や政府と知恵比べをしながら完全犯罪を目指します。

しかし、計画には予想外の障害や裏切りが待ち受けており、常に緊張感とサスペンスがあります。

また、強盗団と人質との間にも様々な人間模様が生まれ、ドラマは観る者を飽きさせないように、予測不能な展開や驚きのどんでん返しを次々と見せてくれます。

2. 魅力的なキャラクターとキャスト

「ペーパー・ハウス」のもう一つの魅力は、個性豊かなキャラクターとそれを演じるキャストです。

強盗団はそれぞれに過去や秘密を持ち、犯罪者でありながらも人間味や感情を見せます。

彼らは時に仲間意識や友情を感じたり、時に恋愛や対立を経験したりします。

また敵対する警察や政府の側にも、強盗団に対抗するために奮闘する人物たちがいます。

特に、教授と恋に落ちることになる人質交渉人のラケルは、ドラマの重要なキーパーソンです。

彼女はシングルマザーでありながらも、正義感と職務感に溢れた女性です。

教授との関係は彼女の選択を難しくしますが、彼女は自分の信念を貫こうとします。

これらのキャラクターを演じるキャストたちは、みな素晴らしい演技力と魅力を持っており、ウルスラ・コルベロをはじめ、ペドロ・アロンソ(ベルリン役)、アルバロ・モルテ(教授役)、イタジア・イトゥニョ(ラケル役)などは、本作で世界的な知名度と人気を得ました。

彼らはそれぞれに個性的なビジュアルとセクシーさも兼ね備えており、観る者の目を釘付けにします。

3. 社会的なメッセージと共感

「ペーパー・ハウス」は、単なるエンターテイメント作品ではありません。

強盗団は自分たちの行為を「抗議」と呼び、政府や金融システムに対する不満や批判を表明します。

彼らは自分たちが印刷するお金は誰のものでもなく、誰にも被害を与えないと主張し、彼らは人質たちにも平等に接し、時には共感や協力を得ます。

ドラマは観る者に、現代社会の不公平や不正について考えさせ、また、強盗団のメンバーたちはそれぞれに苦しい過去や境遇を持っており、観る者の共感を呼びます。

ドラマは犯罪者と警察という単純な善悪の対立ではなく、人間の複雑さや多様性を描きます。

以上のように、「ペーパー・ハウス」は独創的なストーリーと展開、魅力的なキャラクターとキャスト、社会的なメッセージと共感という3つの要素で世界中の視聴者を魅了しました。

このドラマは韓国版やスピンオフドラマも制作されるなど、その影響力はまだまだ続いています。

ウルスラ・コルベロが主演する「ペーパー・ハウス」は、Netflixで配信中です。ぜひご覧ください。

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も海外ドラマ『ペーパー・ハウス』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました