新サイトはこちら

「ピーターと魔法の象」をNetflixで観た感想と評価 – 見た目に反して深いメッセージが込められたファンタジー

Netflix(ネットフリックス)で配信中の映画「ピーターと魔法の象」を視聴した感想レビューと映画の背景やオススメポイントなどを記載!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は海外映画のピーターと魔法の象を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube 『ピーターと魔法の象』予告編 – Netflix

Netflix配信作品の海外映画「ピーターと魔法の象」のストーリー紹介

映画の冒頭、主人公のピーターは、家族と共にカリフォルニア州の農場で暮らしています。

彼は幼い頃に両親を亡くし、伯父と伯母に引き取られました。ピーターは、彼らと一緒に暮らすことになりましたが、彼らは彼を虐待していました。

ある日、ピーターはとても孤独で、友達もいない状態になり、そこで、彼は象を飼うことを決心します。

彼は動物園の閉園セールで、象を手に入れます。

象は、それまでサーカスで働いていた「アーチメイド」という名前の象でした。

ピーターは、アーチメイドと共に一緒に暮らすことになり、彼は、象を訓練し、友達になります。

しかし、ピーターの伯父と伯母は、アーチメイドを飼うことを許しませんでした。

彼らは、象を保護官に引き渡そうとし、ピーターは、彼らを避けて、アーチメイドと共に逃げます。

ピーターとアーチメイドは、旅を始めます。

彼らは、アメリカ中を旅しながら、友達を作りますが、保護官は、彼らを捕まえようとしています。

彼らは、農場に帰る前に、逃げる為に冒険に出かけます。

保護官が追いかけてきたとき、ピーターとアーチメイドは、運河に逃げ込みます。

彼らは、運河を泳いで渡りますが、アーチメイドは泳ぎ疲れてしまい、ピーターは彼女を救えませんでした。

アーチメイドは、溺れて死んでしまいます

ピーターは、アーチメイドの死を受け入れられず、彼女を蘇らせるために魔法を使うことを決意します。

彼は、様々な試みを行いますが、どれも成功しません。

そんな中、彼は「魔法の谷」と呼ばれる場所にたどり着き、そこで、彼は「ザッキー」という少年と出会います。

ザッキーは、ピーターと同じように孤独な少年であり、彼と共に旅をすることになります。

二人は、魔法の谷を探索し、多くの魔法の生き物たちと出会いますが、彼らは邪悪な魔法使いによって支配された「暗黒の森」を通らなければなりませんでした。

暗黒の森に入り、魔法使いによって支配された闇の世界に踏み込み、魔法使いによって引き起こされた闇の力に直面し、多くの困難に直面しながらも、ピーターとザッキーは、魔法使いの力を打ち破ることができます。

最終的に、ピーターは、アーチメイドを蘇らせるための秘密を見つけます。

彼は、自分が求めるものが、すべて心の中にあることを理解し、アーチメイドを蘇らせることができます。

ピーターとザッキーは、魔法の谷を出発し、新しい冒険に出かけるのです。

この映画は、家族や友情、勇気、そして魔法の力を描いた感動的な物語です。

 

Netflix配信作品の海外映画「ピーターと魔法の象」の感想/レビュー紹介

「ピーターと魔法の象」は、原作の小説がイギリスで出版されたことで、イギリスを舞台にした物語となっています。

ノア・ジュープは、主人公のピーターを演じていますが彼は、物語の中で、魔法の象を救うために、イギリスを旅することになります。

ノア・ジュープの演技は、非常に自然で感情移入しやすく、観客に共感を呼び起こし、彼の演技によって、物語の中でのピーターの苦悩や成長が非常にリアルに描かれています。

物語の魅力は、ピーターの冒険だけでなく、魔法の象が持つ不思議な力にもあり、象は、人々の感情を反映することができ、それによって、人々の悲しみや苦しみを癒すことができます。

この象が、ピーターの旅の中でさまざまな人々との出会いを通じて、次第に彼の心を癒していく様子は、非常に感動的でした。

また、物語の中で描かれるイギリスの風景や建物なども、非常に美しく描かれており音楽も、物語の世界観に合わせて、非常に素晴らしいものとなっています。

「ピーターと魔法の象」は、子どもから大人まで楽しめる、非常に魅力的なアニメ映画で、ノア・ジュープの演技や物語の魅力、そして美しい映像と音楽によって、観客を魅了すること間違いなしです。

主演のノア・ジュープの演技、物語のストーリー展開、美しい映像や音楽について触れながら、多くの視聴者が楽しめる作品であること間違いなしです。

Netflix配信作品の海外映画「ピーターと魔法の象」のキャストやスタッフの紹介

キャスト

主人公ピーター役には、ノア・ジュープが抜擢されました。
ノア・ジュープは、カナダ出身の若手俳優で、これまでに多くの映画やテレビドラマに出演しています。

ピーター役は、まだ若干16歳ですが、その演技力はすでに認められ、今後の活躍が期待されています。

ピーターの友人であるラムシー役は、ジャック・ホワイトホールが演じます。
ジャック・ホワイトホールは、イギリスのコメディアンで、『フレッシュ・ミート』や『バッド・エデュケーション』などのドラマに出演してきました。
彼のコミカルな演技は、映画に軽快な雰囲気を与えてくれます。

ピーターとラムシーが冒険をする中で出会う、インドの王子サヤ役は、フレディ・ハイモアが担当します。フレディ・ハイモアは、『チャーリーとチョコレート工場』『ベイビー・ドライバー』など、幅広いジャンルの映画に出演している実力派俳優です。

また、ピーターが出会う象のアバラ役は、オクタヴィア・スペンサーが演じます。
オクタヴィア・スペンサーは、アカデミー賞を受賞した『ヒドゥン・フィギュアズ』などに出演しており、その演技力は確かなものです。

他にも、脇役として、ヘイゼル・ドゥカス、ジェフリー・ライト、デヴィッド・オイェロウォ、アリシア・ヴィキャンデル、キャサリン・ハーン、ブライアン・タイリー・ヘンリーなど、豪華なキャスト陣が出演しています。

スタッフ

アニメーション監督として、『アナと雪の女王』『モアナと伝説の海』などで知られる、クリス・バックが務めています。

また、脚本には、『キングコング:髑髏島の巨神』などで知られる、クレイグ・ブリュワーが参加しています。

さらに、音楽を手掛けるのは、『アナと雪の女王』『モアナと伝説の海』などで音楽を担当した、クリストフ・ベックです。

キャスト陣も豪華で、主人公のピーターを演じるのは、若手俳優のノア・ジュープです。

彼は、『アメイジング・スパイダーマン』シリーズや、『クローザー』『ハニーボーイ』などの作品で知られています。

ピーターの友人であるロバートを演じるのは、俳優のデビッド・オイェロウォです。

彼は、『アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン』『ダークタワー』『ジャック・ライアン』シリーズなどの作品に出演しています。

そして、ピーターの祖父であるアーチボルドを演じるのは、俳優のジャック・ホワイトホールです。

彼は、コメディシリーズの『Fresh Meat』や、Netflixオリジナルシリーズの『Good Omens』などで知られています。

このように、『ピーターと魔法の象』の製作陣やキャスト陣は、豪華な面々が揃っており、期待が高まります。

Netflix配信作品の海外映画「ピーターと魔法の象」のメイキング

「ピーターと魔法の象」は、2020年に公開されたNetflixオリジナルアニメ映画で、イギリスの児童文学作家、ロアルド・ダールの同名の小説を原作としています。

本作の監督は、アイルランド出身の映画監督であるマーク・オズボーンが務めましたが、彼は、これまでにも「こびとの城」「ムービー43」など、様々なジャンルの作品を手がけてきました。

本作のアニメーション制作は、アメリカのスタジオ、ストップ・モーション・アニメーションを得意とする「ラ・カイユ」が担当しました。

ストップモーションアニメーションとは、物体を少しずつ動かしながら撮影し、それを連続的に再生することで動く映像を作る技法です。
この技法は手作業であるため、細部まで丁寧に作り込まれたリアルな映像が特徴的です。

また、本作の音楽は、イギリスの作曲家、スティーブン・ウォーベックが担当しました。
彼は、映画音楽を手がける一方、演奏家としても活躍しています。
本作の音楽は、映像と相まって物語の世界観をより深く表現しています。

本作のメイキングを見ると、アニメーション制作には多大な手間暇がかかっていることがわかります。例えば、象の毛並みを再現するために、1体の象を作るのに2ヶ月かかったというエピソードがあります。
また、映画の中で登場する家や小道具なども、細かい部分まで忠実に再現されています。
これらの努力が、映画全体の完成度を高めています。

「ピーターと魔法の象」は、制作陣が細部まで手が込んだアニメーション映画であり、見ている側に深い感動を与えてくれます。

このような手作業によるアニメーション映画は、近年では減少していますが、本作はその魅力を余すことなく表現していると言えます。

Netflix配信作品の海外映画「ピーターと魔法の象」の評価や批評

批評家や観客からの評価は様々でしたが、ここではいくつかの評価を紹介したいと思います。

・ エンターテイメント性が高く、魔法の世界観が魅力的だった。ノア・ジュープの演技も素晴らしかった。ただし、ストーリー自体は単純であるという指摘もある。(映画.com)

・ 見た目が美しく、豪華なキャスト陣の演技も見どころ。しかし、原作に比べて大幅にストーリーが変更されているため、ファンからの評価は分かれるだろう。(シネマトゥデイ)

・ 親子で楽しめる作品としては十分な出来であるが、大人が単独で観るにはやや物足りなさを感じるかもしれない。(映画ナタリー)

・ 子どもたちには楽しめる作品だが、大人には物足りなさを感じた。特に、ストーリーの深みやメッセージ性に欠けるという指摘がある。(映画.com)

以上のように、評価は様々でしたが、エンターテイメント性が高く、家族で観るのにぴったりな作品という意見が多かったようです。

ただし、原作との違いやストーリーの単純さ、深みやメッセージ性の欠如といった点については、批判的な意見も見られました。

個人的には、映像や演技、音楽といった要素は素晴らしかったと思います。

また、魔法の世界観がとても魅力的で、観る人を引き込む力がありました。

しかし、ストーリーに深みがなく、あまり感情移入できなかった点は残念でした。

子どもたちが楽しめる作品ではあると思いますが、大人にはあまりオススメできないかもしれません。

 

Netflix配信作品の海外映画「ピーターと魔法の象」に関する背景や社会的な意義

「ピーターと魔法の象」は、ディズニー映画「メリー・ポピンズ」の製作陣が手がけたアニメ映画で、1964年に公開されました。

そして、2022年にはNetflixによってリメイクされ、ノア・ジュープが主演を務めました。

この映画は、ジョン・リーン監督の映画「ローランドとロビンと月世界旅行」の原作者であるロアルド・ダールが1950年に発表した児童小説「ピーターと魔法の象」を原作としています。

物語は、孤児の少年ピーターが、魔法の粉を使って象を空を飛べるようにするという冒険を繰り広げるというものです。

この映画がリメイクされた背景には、リメイクのトレンドというものがあります。

近年、ディズニーを筆頭に多くの映画がリメイクされており、その多くが子どもたちに人気があるアニメ映画です。

その中でも、「ピーターと魔法の象」は、アニメ映画のクラシックであり、現在の子どもたちにも親しまれている映画です。

このような映画がリメイクされることで、新たなファン層を開拓することが期待されています。

また、この映画には、社会的な意義もあります。

物語の主人公であるピーターは、孤児であり、家族がいないという境遇にあります。

また、彼は周囲からも理解されずにいる孤独な存在です。

こうした状況に置かれた子どもたちが、自分自身を受け入れ、勇気を持って自分の人生を切り開いていくことが重要であることを、この映画は教えてくれます。

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も海外映画『ピーターと魔法の象』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました