新サイトはこちら

Netflix韓国ドラマ「離婚弁護士シン・ソンハン」を見逃すな!視聴レビュー

ここでは、Netflixで配信中の作品を視聴してみた感想レビューと、映画の背景やオススメできるポイントなどを記載しております!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は韓国ドラマの離婚弁護士シン・ソンハンを視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube:離婚弁護士シン・ソンハン | オフィシャル予告編 | Netflix

Netflix配信作品の韓国ドラマ「離婚弁護士シン・ソンハン」のストーリー

韓国ドラマ「離婚弁護士シン・ソンハン」は、Netflixで配信中の話題作です。

元ピアニストだった主人公シン・ソンハン(チョ・スンウ)が、離婚専門の弁護士として様々な依頼人の問題を解決していく姿を描いたヒューマンドラマです。

このドラマは、現代の離婚事情をリアルに描きながら、人間の愛や絆、正義や倫理などについて考えさせられる作品です。

笑えるシーンもありますが、実際の事件はすごく生々しく、心が締め付けられるものが多いです。

痛快劇というよりみんな傷を抱える感じですが、その分感動も大きいです。

主人公シン・ソンハンは、ある事件をきっかけに離婚した過去を持ちます。

彼は自分の過ちを反省し、離婚に苦しむ人々を助けるために弁護士になりました。

彼は時には加害者とも見られる欠陥のある依頼人の側でも弁護をすることがありますが、それは被害者のためでもあります。

彼は誰もが幸せになれるようにと願っています。

彼のもとにやってくる依頼人たちは、様々な事情で離婚に直面しています。

有名ラジオDJのイ・ソジン(ハン・ヘジン)は、不倫相手に性行為の動画を流出され、夫に離婚を突きつけられますが、息子の親権を取りたいと言います。

大企業の後継者であるチン・ヨンジュ(ノ・スサンナ)は、夫が浮気したことを知りますが、会社や家族のために離婚しないと言います。

パク・ユソク(チョン・ベス)は、ソジンやヨンジュの相手方の弁護士でありながら、自分も離婚問題に直面します。

シン・ソンハンは、これらの依頼人たちの問題を解決するために奮闘しますが、同時に自分自身の問題も抱えています。

彼は元妻や息子との関係を修復しようとしますが、なかなかうまくいきません。また、彼はイ・ソジンやチェ・ジュン(ハンウンソン)という女性たちに惹かれていきますが、それぞれに複雑な事情があります。

このドラマは、原作ウェブトゥーン「神聖な離婚」を基にしていますが、ドラマでは原作とは異なる展開や設定もあります。

例えば、イ・ソジンの不倫の過程や動機が原作よりも省略されています。

また、シン・ソンハンの元妻や息子のキャラクターもドラマオリジナルです。

出演者たちの演技も見どころの一つです。

チョ・スンウは、自分が演じた同じ法曹人キャラクターである「秘密の森」とは全く違う柔軟な姿の弁護士を完璧に消化し、さらに演技的に大きな好評を得ています。

キム・ソンギュンやチョン・ムンソンとの中年3人組のコメディパートも楽しいです。

ハン・ヘジンは約3年ぶりに女優としてカムバックした役で、共感しにくいキャラクターを演じていますが、徐々に成長していく姿を見せています。

韓国ドラマ「離婚弁護士シン・ソンハン」は、離婚というテーマを通して人間の愛や苦しみ、成長や変化を描いた感動的な作品です。

離婚に直面した人々の物語を通して、自分自身の人生や家族について考えさせられるかもしれません。

Netflix配信作品の韓国ドラマ「離婚弁護士シン・ソンハン」の視聴感想/レビュー紹介

離婚弁護士として活躍するシン・ソンハンは、自分自身も過去に離婚を経験しており、そのトラウマからピアニストとしての夢を諦めてしまった人物です。

彼は、さまざまな事情を抱えるクライアントのために、型破りな方法で複雑な離婚訴訟に立ち向かいますが、その過程で自分の心の傷や愛情にも向き合っていきます。

一方、気象キャスター出身のラジオDJイ・ソジンは、夫との不倫問題に悩んでいる女性です。

彼女はシン・ソンハンに離婚調停を依頼しますが、その後も彼と関わり続けることになります。

彼女は、自分の幸せや仕事への情熱を見つけるために奮闘しますが、周囲からの非難や圧力にも直面します。

このドラマの魅力は、主人公たちだけでなく、脇役たちのキャラクターも魅力的であることです。

シン・ソンハン弁護士事務所の事務長チャン・ヒョングンや新人弁護士チェ・ジュン、秘書パク・エランなどは、シン・ソンハンと共に仕事や恋愛を通して成長していきます。

また、シン・ソンハンが担当するクライアントたちも、それぞれ個性的で感情移入できる人物です。

彼らの離婚理由や背景には、家族や社会の問題が反映されており、視聴者に考えさせられる場面も多くあります。

このドラマは、離婚という重いテーマを扱っているにもかかわらず、暗くなりすぎずに明るく楽しく描かれています。

それは、登場人物たちが互いに登場人物たちが互いに助け合ったり、笑い合ったり、愛し合ったりする姿が描かれているからだと思います。

特に、シン・ソンハンとイ・ソジンの関係は、最初は敵対的でしたが、次第に信頼や友情、そして恋愛に発展していきます。

2人の間には、年齢差や過去の経験などの障害がありますが、それを乗り越えていく姿が感動的です。

チョ・スンウとハン・ヘジンの演技も素晴らしく、2人のケミストリーは見ていてときめきます。

このドラマは、離婚という現代社会における深刻な問題を扱っていますが、それを悲観的に捉えるのではなく、前向きに解決しようとする姿勢を示しています。

離婚は終わりではなく、新しい始まりであるというメッセージが伝わってきます。

また、離婚弁護士という職業にも興味を持たせてくれます。

シン・ソンハンは、ただ法律を適用するだけでなく、クライアントの心に寄り添い、人間的な解決を目指します。

彼は、自分の仕事に誇りと情熱を持っており、視聴者にも感化されます。

私は、「離婚弁護士シン・ソンハン」を視聴して、とても楽しんでいます。ドラマはまだ途中ですが、最後まで見届けたいと思います。

このドラマは、離婚や人間関係に悩んでいる人にも勇気や希望を与えてくれると思います。

Netflix配信作品の韓国ドラマ「離婚弁護士シン・ソンハン」のキャストやスタッフ

主演は、チョ・スンウとハン・ヘジン。

チョ・スンウは、ピアニストから法律家に転身した離婚専門の弁護士シン・ソンハン役を演じました。

ソンハンは、熱い感性と冷たい理性を兼ね備えた型破りなキャラクターで、さまざまな事情を抱えるクライアントのために複雑な離婚訴訟に立ち向かいます。

チョ・スンウは、前作「シーシュポス: The Myth」でSFアクションに挑戦した後、本作で社会派ドラマに挑戦しました。

ハン・ヘジンは、気象キャスター出身のラジオDJイ・ソジン役を演じました。

ソジンは、法律スキャンダルに巻き込まれて離婚訴訟を起こすことになりますが、その過程でソンハンと出会い、次第に惹かれ合っていきます。

ハン・ヘジンは、前作「私の愛、あなたの秘密」で悪女役を演じた後、本作で明るくポジティブなキャラクターに挑戦しました。

そのほかのキャストとしては、ソンハンの事務所の事務長であり親友でもあるチャン・ヒョングン役にキム・ソンギュン、ソンハンとヒョングンの友人で不動産会社の代表チョ・ジョンシク役にチョン・ムンソン、ラーメン店の店主の娘でヒョングンの恋人キム・ソヨン役にカン・マルグムなどが出演しました。

原作と制作は、ウェブトゥーン「神聖なる離婚」を描いたイ・ジェフンとユ・ヨンアが担当しました。

演出は、「私が初めて恋をした日」「18歳から始まる人生」などの青春ドラマを手掛けたイ・ジェフンと、「私だけ見える探偵」「メランコリックな夜」などのサスペンスドラマを手掛けたイム・ジュンヒョクが担当しました。

2人の演出家は、本作で初めてタッグを組みました。

離婚弁護士シン・ソンハンは、離婚という社会的な問題を取り上げながらも、人間の感情や成長を描いた温かいドラマです。

チョ・スンウとハン・ヘジンの演技力とケミストリーはもちろん、キム・ソンギュンやチョン・ムンソンなどの個性豊かなキャストたちの演技も見どころです。

Netflix配信作品の韓国ドラマ「離婚弁護士シン・ソンハン」のメイキング

このドラマのメイキング映像では、キャストやスタッフのオフショットやインタビューが見られます。

チョ・スンウとハン・ヘジンは、撮影現場で仲良く笑い合ったり、お互いに気遣ったりしています。

また、キム・ソンギュンやチョン・ムンソンなどの共演者とも和気あいあいとした雰囲気で撮影しています。

特にチョ・スンウとチョン・ムンソンは、ドラマの中では親友ですが、実際にも仲が良くて、よく冗談を言い合ったり、励まし合ったりしています。

チョ・スンウは、チョン・ムンソンの演技を褒めたり、彼の誕生日にサプライズでケーキを用意したりしています。

チョン・ムンソンも、チョ・スンウのことを「兄貴」と呼んで尊敬しています。

ハン・ヘジンとカン・マルグムも、ドラマの中では姉妹のような関係ですが、実際にも仲が良くて、よく話したり、抱き合ったりしています。

ハン・ヘジンは、カン・マルグムの演技を褒めたり、彼女の髪型や服装を気にかけたりしています。カン・マルグムも、ハン・ヘジンのことを「姉さん」と呼んで慕っています。

メイキング映像では、キャストやスタッフの素顔や努力が見られます。

ドラマの中ではシリアスなシーンが多いですが、撮影現場では笑顔やほほえみが溢れています。

また、ドラマの中では離婚という辛い経験をする人々の話ですが、撮影現場では愛と友情と家族の温かさが感じられます。

Netflix配信作品の韓国ドラマ「離婚弁護士シン・ソンハン」の評価や批評

このドラマの見どころは、主人公のシン・ソンハン(チョ・スンウ)が、さまざまな事情を抱えるクライアントのために型破りな方法で複雑な離婚訴訟に立ち向かう姿です。

シン・ソンハンは、かつては熱い感性のアーティストであるピアニストだったが、つらい出来事をきっかけに法律家に転身したという過去を持っています。

そのため、彼は冷たい理性と熱い感情の間で揺れ動く複雑なキャラクターです。チョ・スンウは、その役柄を見事に演じきりました。

彼は、法廷での鋭い言葉や仕草、クライアントとの感動的なやりとり、過去の記憶に苦しめられる表情など、さまざまな場面で魅力的な演技を見せてくれました。

また、このドラマのもう一つの見どころは、シン・ソンハンと気象キャスター出身のラジオDJイ・ソジン(ハン・ヘジン)との恋愛模様です。

イ・ソジンは、法律スキャンダルに巻き込まれたことで離婚訴訟を起こすことになり、シン・ソンハンに依頼します。しかし、彼女が離婚後に望むことはただ一つだけでした。

それは…。二人は最初は反発しあいますが、次第に惹かれ合っていきます。

しかし、二人の間には障害があります。

ハン・ヘジンは、イ・ソジンの明るく元気な性格や強さと優しさを併せ持つ魅力を表現しました。

彼女は、シン・ソンハンとの甘く切ない恋愛シーンやラジオでのトークシーンなどで視聴者の心を掴みました。

さらに、このドラマのもう一つの見どころは、シン・ソンハン弁護士事務所の事務長チャン・ヒョングン(キム・ソンギュン)とチョ・ジョンシク(チョン・ムンソン)の友情です。

チャン・ヒョングンは、シン・ソンハンの事務所の事務長でありながら、彼の幼なじみであり、彼の過去の秘密を知る数少ない人物です。チョ・ジョンシクは、不動産会社を経営するシン・ソンハンとチャン・ヒョングンの友人で、彼らとは同じマンションに住んでいます。

三人は、仕事や恋愛に悩んだり喜んだりしながら、互いに助け合ったりからかったりする仲良しトリオです。

キム・ソンギュンとチョン・ムンソンは、それぞれのキャラクターにぴったりな演技をしています。

キム・ソンギュンは、シリアスな場面ではシン・ソンハンの良き相談相手となり、コミカルな場面では笑いを誘います。

チョン・ムンソンは、お調子者でお茶目なチョ・ジョンシクを可愛らしく演じています。彼らのやりとりは、ドラマに明るさと温かさを与えています。

このドラマの評価や批評は、韓国でも日本でも高いです。韓国では、視聴率が平均6%台を記録し、JTBCの土日ドラマとしては最高の成績を収めました。

また、Netflixでは世界各国で人気を博しました。日本では、Filmarksで3.9点、wowKoreaで4.0点[^4^][4]という高い評価を得ています。

視聴者からは、「チョ・スンウの魅力が満載」「離婚訴訟が重くても人間味あふれる話」「友情や恋愛も楽しめる」「登場人物がみんな魅力的」「法廷シーンがスリリング」「原作ウェブトゥーンも面白い」といった感想が寄せられています。

離婚弁護士シン・ソンハンは、離婚という重いテーマにもかかわらず、ヒューマニズムやユーモアを交えて描いた作品です。

離婚専門弁護士のシン・ソンハンと彼に関わる人々の物語は、視聴者に感動や共感を与えます。

また、豪華なキャスト陣の演技も見逃せません。法廷ドラマや恋愛ドラマが好きな方におすすめの作品です。

Netflix配信作品の韓国ドラマ「離婚弁護士シン・ソンハン」に関する背景や社会的な意義

このドラマの背景として、韓国における離婚率の高さが挙げられます。

韓国では、近年結婚率が低下し、離婚率が上昇しています。

2020年には、結婚した夫婦のうち約3組に1組が離婚するという状況でした。

離婚の理由としては、性格の不一致や家庭内暴力、浮気や金銭問題などが多く挙げられます。

また、女性の社会進出や自立意識の高まりも影響しています。

離婚は個人の自由な選択ですが、その後の生活や子どもの育成にも大きな影響を及ぼします。

そのため、離婚に関する法律や制度、支援サービスなどが重要になってきます。

このドラマでは、そんな離婚問題に直面する人々を支える弁護士たちの活躍が描かれます。

特に主人公のシン・ソンハンは、元ピアニストという異色の経歴を持ち元ピアニストという異色の経歴を持つシン・ソンハンは、過去に起きた衝撃的な事件の真相を知るために法律家に転身しました。

彼は、離婚専門弁護士として、自分のクライアントの利益を最優先に考え、法の枠の中で最善を尽くします。

しかし、彼は決して冷徹な人間ではありません。彼は、離婚によって傷つく人々の心に寄り添い、時には厳しく、時には優しく、時にはユーモラスに助言や慰めを与えます。

彼は、離婚という人生の岐路に立つ人々にとって、神のような存在でもあり、悪魔のような存在でもあります。

一方、イ・ソジンは、気象キャスター出身の人気ラジオDJでしたが、夫からのモラハラや法律スキャンダルに巻き込まれて離婚訴訟を起こします。

彼女は、息子の親権を得るためにシン・ソンハンに依頼しますが、彼との関係は最初から波乱含みです。

彼女は、シン・ソンハンの冷静さやプロフェッショナルさに反発したり、彼の過去の秘密に興味を持ったりします。

しかし、次第に彼女はシン・ソンハンの本当の姿や心を知り始めます。そして、彼女は自分自身も変わっていくことに気づきます。

このドラマは、シン・ソンハンとイ・ソジンの恋愛だけでなく、彼らが関わるさまざまな離婚問題もリアルに描いています。

例えば、夫婦間の暴力や浮気、子どもの親権や養育費、財産分与や慰謝料などです。

これらの問題は、現実社会でも多くの人々が直面しているものであり、法律だけでは解決できないものもあります。

このドラマでは、それらの問題に対して弁護士たちがどう対処するかや、被害者や加害者がどう感じるかが描かれています。

また、離婚後の再生や再婚などもテーマとして扱われており、社会的な意義としては、離婚という現象を多角的に見つめ直すことが挙げられます。

離婚は個人的な問題であると同時に社会的な問題でもあります。

離婚することで新しい出会いがある人もいれば、孤独になる人もおり、離婚という現象を多角的に見つめ直すことで、視聴者にとっても考えるきっかけを与えてくれます。

離婚は決して悪いことではありませんが、決して簡単なことでもありません。

離婚することで得るものと失うものをしっかりと見極める必要があり、また、離婚する人々に対して偏見や差別を持たないことも大切です。

離婚する人々は、自分の幸せを求めて勇気を出した人々です。彼らには理解と尊重が必要です。

また、離婚問題だけでなく、人間関係や恋愛についても深く掘り下げています。

主人公のシン・ソンハンとイ・ソジンは、最初は反発しあっていましたが、次第に惹かれあっていきます。しかし、彼らの恋愛は決して平坦ではありません。過去のトラウマや現在の葛藤、周囲の反対や干渉などが彼らの関係に影響を与えます。彼らは、自分の気持ちや相手の気持ちをどう表現するか、どう受け入れるかに苦悩します。彼らは、恋愛という感情をどう理解するか、どう育むかに挑戦します。

恋愛だけでなく、友情や家族愛についても描いています。

シン・ソンハンは、中学校時代からの友人であるチャン・ヒョングンとチョ・ジョンシクと仲が良く、彼らは互いに助け合ったりからかったりします。

イ・ソジンは、ラジオPDのバン・ホヨンと親友であり、彼女はイ・ソジンの離婚問題や復帰問題を支え、また、シン・ソンハンとイ・ソジンはそれぞれ息子や母親との関係にも悩みます。

彼らは、家族という絆をどう保つか、どう深めるかに努力します。

このドラマは、人間関係や恋愛についても多角的に見つめ直すことで、視聴者にとっても学ぶことが多い作品です。

人間関係や恋愛は決して完璧なものではありませんが、決して無価値なものでもありません。

人間関係や恋愛は常に変化し続けるものであり、それに対応するためにはコミュニケーションや理解が必要です。

また、人間関係や恋愛は自分だけでなく相手も大切にすることが必要です。

人間関係や恋愛は自分の幸せだけでなく相手の幸せも考えることが必要です。

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も韓国ドラマ『離婚弁護士シン・ソンハン』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました