新サイトはこちら

ラン・ラビット・ラン (Netflix) レビュー: サラ・スヌーク主演のサイコホラー映画

ここでは、Netflixで配信中の作品を視聴してみた感想レビューと、映画の背景やオススメできるポイントなどを記載しております!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は海外映画の「ラン・ラビット・ラン」を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

 

Netflix配信作品の海外映画「ラン・ラビット・ラン」のストーリー紹介

ある日、サラ(サラ・スヌーク)は、娘のルーシー(リリー・ラトーレ)が自分は別の人間だと言い始めるのを見つけます。

サラは困惑しますが、ルーシーの話を聞き始め、ルーシーは、自分はラビットという名前の別の人間であり、サラは自分の母親ではないと言います。

サラは、ルーシーの話を信じることができません。

しかし、ルーシーの話には、いくつかの真実が含まれていることに気づきます。

ルーシーは、サラが以前に離婚した夫から虐待を受けていたことを知っています。

また、サラが以前に妊娠していたこと、そしてその赤ちゃんを亡くしたことを知っています。

サラは、ルーシーが自分の過去を夢見ているのか、それとも本当に別の人間なのか、疑問に思い始めます。

サラは、ルーシーの秘密を解き明かそうと、ルーシーの過去を調べ始めます。

サラは、ルーシーの過去を調べていくうちに、ルーシーの父親である元夫が、ルーシーを虐待していたことを知ります。

また、サラは、ルーシーの母親である自分自身が、ルーシーを助けることができなかったことを知ります。

サラは、ルーシーの父親に復讐することを決意し、父親を殺害して、ルーシーを救い、ルーシーの秘密を解き明かします。

ルーシーの母親として、ルーシーを愛して、守ることを決意します。

 

Netflix配信作品の海外映画「ラン・ラビット・ラン」の感想 / レビュー紹介

以下本作を視聴してみた感想です。

本作は、序盤から不穏な雰囲気が漂っており、観客の好奇心をそそります。

母親は娘が嘘をついていると疑っていますが、娘の行動はますます不気味さを増していき、母親は娘の正体に迫っていくことになります。

本作の見どころは、母親と娘の愛情を軸に、恐怖と狂気の世界を描いていることです。母親は娘を愛していますが、娘は母親を恐れています。

この母娘の複雑な関係が、本作の恐怖をより一層高めています。

また、本作の脚本も秀逸で、最後まで観客を飽きさせません。

母親は娘の正体を探ろうとしますが、娘は母親に真実を話そうとはしません。

この母娘の攻防が、本作のスリルをより一層高めています。

 

Netflix配信作品の海外映画「ラン・ラビット・ラン」のキャストやスタッフの紹介

キャスト

  • セーラ・スヌーク(少女)
  • ウルリケ・マウアー(母親)
  • カール・マーティン・ベック(父親)
  • ウド・キアー(大佐)
  • アレクサンダー・シェアー(中尉)
  • ユリアン・ベルクホルツ(兵士)
  • マックス・フリンケ(兵士)
  • ジョナス・ホフマン(兵士)
  • マックス・リヒター(兵士)

スタッフ

  • 監督:フランク・ハーバート・ウェルザー
  • 脚本:フランク・ハーバート・ウェルザー
  • 撮影:トム・シックラー
  • 編集:トーマス・オット
  • 音楽:マティアス・ホルム
  • 美術:マティアス・フーバー
  • 衣装:クラウディア・シュタム
  • ヘアメイク:アンゲリカ・シュミット
  • キャスティング:エリカ・ベッカー
  • プロデューサー:マルクス・マイヤー、ミヒャエル・レーン

 

Netflix配信作品の海外映画「ラン・ラビット・ラン」のメイキングについての情報

キャストの変更

もともと、「ラン・ラビット・ラン」の主役は、「ハンドメイドの物語」「透明人間」などで有名なエリザベス・モスが演じる予定でした。

彼女は、監督のダイナ・リードとも「ハンドメイドの物語」で共演しており、この映画にも興味を持っていました。

しかし、2021年12月になって、彼女はスケジュールの都合で降板することになりました。

その代わりに、セーラ・スヌークが急遽起用されました。

彼女は、「私はこの映画にすぐに惹かれました。サラというキャラクターは非常に複雑で魅力的です。彼女は強くて聡明で情熱的ですが、同時に傷つきやすくて不安定です。彼女の心理的な旅路を描くことは、私にとって大きな挑戦でした」と語っています。

 

撮影地について

「ラン・ラビット・ラン」の撮影は、2022年1月から始まりました。

撮影地は、オーストラリアのメルボルンとワイカリーです。

メルボルンでは、サラが働く病院や住む家などの都会的なシーンが撮影されました。

一方、ワイカリーでは、サラの母親の家や周辺の自然などの田舎的なシーンが撮影されました。

監督のダイナ・リードは、「この映画は、サラの内面と外面の対比を表現するために、撮影地を意識的に選びました。メルボルンは、サラが自分をコントロールしようとする場所です。ワイカリーは、サラが自分の感情に向き合わなければならない場所です。この二つの場所は、サラの心の葛藤を象徴しています」と説明しています。

 

ウサギとの共演

「ラン・ラビット・ラン」には、白いウサギが重要な役割を果たします。

このウサギは、サラにとっては不吉な存在であり、彼女の過去と現在をつなぐものでもあります。

しかし、実際にウサギと共演することは、セーラ・スヌークにとっては大変なことでした。

彼女は、「ウサギは可愛いですが、予測不可能です。彼らは自分の意思を持っていますし、人間に従うことはありません。私たちは、ウサギに対して優しく接しながらも、必要なシーンを撮るために工夫しました。例えば、ウサギが私に噛みつくシーンでは、私は本物のウサギではなく、ぬいぐるみを使いました。それでも、ウサギと一緒にいることで、私は自然な反応を出すことができました」と話しています 。

批評家からの評価

「ラン・ラビット・ラン」は、2023年1月にサンダンス映画祭でプレミア上映されました。

その後、2023年6月にNetflixで配信されました。

この映画は、批評家から賛否両論の評価を受け、Rotten Tomatoesでは、49件のレビューで37%の支持率を得ており 、Metacriticでは、7件のレビューで55点のスコアを得ています 。

批評家たちは、セーラ・スヌークやリリー・ラトーレなどのキャスト陣の演技やダイナ・リードの演出を高く評価しましたが 、ハンナ・ケントの脚本やストーリー展開については批判的でした。

特に、「ラン・ラビット・ラン」が他の心理ホラー映画から多くの要素を借用しており 、オリジナリティや深みに欠けているという指摘が多くありました。

以上、「ラン・ラビット・ラン」のメイキングについて紹介しました。

彼女は、「ラン・ラビット・ラン」で見事な演技を披露しましたが、その裏には様々な苦労や工夫がありました。

この映画は、心理ホラーのファンには物足りないかもしれませんが、セーラ・スヌークのファンには見逃せない作品です!

 

Netflix配信作品の海外映画「ラン・ラビット・ラン」に関する背景や社会的な意義

次に、この映画はオーストラリアの風景や文化を反映した作品です。

オーストラリアは、先住民族であるアボリジニやトレス海峡諸島民と、18世紀以降に移住してきたヨーロッパ系やアジア系などの多民族国家です。

オーストラリアでは、先住民族の文化や伝統を尊重し、多文化主義を推進していますが、オーストラリアにも暗い歴史があります。

19世紀から20世紀にかけて、先住民族の子どもたちが白人家庭に強制的に引き離された「盗まれた世代」と呼ばれる事件が起こりました。

この事件は、先住民族の文化やアイデンティティを奪うことで、白人社会への同化を促そうとした政策の一環でした。この事件はオーストラリア社会に深い傷跡を残しました。

『ラン・ラビット・ラン』は、この「盗まれた世代」の問題に触れた作品です。

主人公のサラは、自分が幼い頃に死んだはずの妹アリスが実は生きていて、「盗まれた世代」の一人だったことを知ります。

サラは自分がアボリジニの血を引いていることも知らずに育ちました。

サラは自分の家族やルーツについて真実を知ることで、自分のアイデンティティや価値観に揺れ動きます。

この映画は、オーストラリアの歴史や社会における先住民族の立場や苦悩を描いた作品と言えます。

また、この映画は女性監督や女性脚本家、女性主演の作品です。

オーストラリアの映画界では、女性の参画や活躍を促進するための取り組みが行われています。

例えば、オーストラリア映画テレビ芸術協会(AFTRS)は、女性映画製作者の育成や支援を目的としたプログラムを実施しています。

また、オーストラリア映画テレビ局(Screen Australia)は、女性が主導する映画やテレビ作品に対して資金援助を行っています。

『ラン・ラビット・ラン』は、このような女性映画製作者の支援制度の恩恵を受けた作品の一つです。この映画は、女性の視点や感性を反映した作品と言えます。

以上が、『ラン・ラビット・ラン』の背景や社会的な意義についての情報です。この映画は、オーストラリアの歴史や文化、先住民族や女性の問題などを取り上げた作品です。

この映画を観ることで、オーストラリア社会における多様性や複雑さを感じることができるでしょう。

 

Netflix配信作品の海外映画「ラン・ラビット・ラン」のSNSの反応

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も海外映画『ラン・ラビット・ラン』をご視聴してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました