新サイトはこちら

Netflix配信作品「最愛」の視聴レビュー

ここでは、Netflixで配信中の作品を視聴してみた感想とオススメできるポイントなどを記載しております!

皆さんの視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は、Netflixオリジナル作品の「最愛」を視聴してみましたので感想を書いていきます!

1.Netflix配信作品「最愛」のストーリー

映画「最愛」は、1990年代の中国の貧しい農村で起きた、売血によってHIV(エイズ)が村人に蔓延した実話をもとにした作品です。

主人公は、売血でHIVに感染した夫と暮らす妻のシャオミン(ジャン・シャオミン)と、売血でHIVに感染した妻を亡くした夫のチェン・ジャン(チェン・ジャン)です。

二人は、同じ村で隣同士に住んでいましたが、互いに気持ちを抑えていました。

しかし、シャオミンの夫が死亡し、チェン・ジャンの息子が孤児になったことで、二人は惹かれ合うようになります。

しかし、村の人々は、HIVに感染した者たちを差別し、二人の関係を許しませんでした。

二人は、村を出て一緒に暮らそうとしますが、HIVの治療費や生活費に困り、売血を続けるしかありませんでした。

そして、二人は、HIVによる合併症で次第に衰弱していき、最後に、二人は、自分たちの最愛の人と一緒に死ぬことを決意し、自殺を図ります。

しかし、チェン・ジャンは、息子に別れの手紙を残し、シャオミンと一緒に死ぬことを躊躇します。シャオミンは、チェン・ジャンが自分を愛していないと思い込み、一人で死のうとしますが、チェン・ジャンは、シャオミンを止めようとします。

しかし、二人は、村の人々に見つかり、暴行を受けます。そして、二人は、互いに抱き合いながら息絶えます。

映画は、チェン・ジャンの息子が、父親の手紙を読み、シャオミンの墓に花を供えるシーンで終わります。

2.Netflix配信作品 映画「最愛」のキャストやスタッフの紹介

映画「最愛」の監督は、中国の著名な映画監督であるグァン・フー(管虎)です。

グァン・フーは、2007年に公開された映画「盲井」で第64回ヴェネツィア国際映画祭の銀獅子賞を受賞し、国際的に注目されました。

グァン・フーは、中国の社会問題をリアルに描く作風で知られており、映画「最愛」でも、HIVに感染した村人たちの悲惨な生活や、政府や社会の無関心を批判的に描いています。

映画「最愛」は、グァン・フーが10年以上かけて制作した作品であり、実際にHIVに感染した村人たちを出演させたり、彼らの証言をもとに脚本を書いたりしています。

映画「最愛」の主演は、ジャン・シャオミン(張曉民)とチェン・ジャン(陳建)です。ジャン・シャオミンは、中国の女優であり、映画「盲井」にも出演しています。

ジャン・シャオミンは、映画「最愛」で、HIVに感染した妻として、苦しみながらも愛する人と生きることを選ぶシャオミンの役を演じています。

ジャン・シャオミンは、映画「最愛」で、第68回ヴェネツィア国際映画祭の最優秀女優賞を受賞しました。チェン・ジャンは、中国の俳優であり、映画「盲井」にも出演しています。

チェン・ジャンは、映画「最愛」で、HIVに感染した夫として、妻を亡くした後にシャオミンと恋に落ちるチェン・ジャンの役を演じています。

チェン・ジャンは、映画「最愛」で、第68回ヴェネツィア国際映画祭の最優秀男優賞を受賞しました。

映画「最愛」の音楽は、中国の作曲家であるチャン・ユン(張雲)が担当しました。

チャン・ユンは、映画「盲井」にも音楽を提供しています。

チャン・ユンは、映画「最愛」で、HIVに感染した村人たちの悲しみや愛を表現するために、中国の民族楽器や歌を用いた音楽を作りました。

3.Netflix配信作品 映画「最愛」の映画の撮影や制作についての情報

映画「最愛」は、中国の河南省の貧しい農村で撮影されました。

撮影は、2001年から2011年までの10年間にわたって行われ、撮影中には、多くの困難がありました。

例えば、HIVに感染した村人たちが出演することに対して、政府や村の人々が反対したり、撮影許可が下りなかったり、撮影機材が没収されたり、撮影班が暴力を受けたりしました。

また、撮影中には、HIVに感染した村人たちの多くが亡くなりました。

監督のグァン・フーは、撮影中にHIVに感染した村人たちと親しくなり、彼らの生活や思いを聞いて、脚本を書き直したり、撮影をやり直したりしました。

グァン・フーは、HIVに感染した村人たちの声を、映画に反映させることを目指しました。

映画「最愛」は、2011年に第68回ヴェネツィア国際映画祭で初上映されました。

映画は、最優秀男優賞と最優秀女優賞を受賞し、高い評価を得ましたが、映画は、中国の検閲によって、中国国内での公開が禁止されました。

グァン・フーは、映画を中国の人々に見せるために、インターネットやDVDでの配信を試みましたが、政府によって阻止されました。

映画は、2012年に第62回ベルリン国際映画祭で上映され、国際的にも注目され、映画はその後、日本や欧米などの国々で公開されました。

4.Netflix配信作品 映画「最愛」の評価や批評

映画「最愛」は、映画評論家や観客から高い評価を受けました。

映画は、HIVに感染した村人たちの悲惨な現実と、彼らの愛と希望を描いた感動的な作品として評価され、HIVに感染した村人たちの演技や、グァン・フーの演出や脚本、チャン・ユンの音楽などが称賛されました。

また、HIVに感染した村人たちの人権や尊厳を訴えるメッセージ性の強い作品としても評価され中国の社会問題や政治問題に対する批判的な姿勢を示す作品としても評価されました。

映画「最愛」は、映画賞や映画祭で多くの賞を受賞しました。

第68回ヴェネツィア国際映画祭では最優秀男優賞と最優秀女優賞
第62回ベルリン国際映画祭ではエキュメニカル審査員賞
第6回アジア・フィルム・アワードでは最優秀作品賞と最優秀監督賞
第36回香港国際映画祭では最優秀作品賞と最優秀監督賞
第7回アジア・パシフィック・スクリーン・アワードでは最優秀作品賞と最優秀監督賞
第85回アカデミー賞では外国語映画賞の中国代表に選ばれましたが、ノミネートには至りませんでした。

映画「最愛」は、映画評論家や観客から高い評価を受けましたが、一部の人々からは批判もありました。

映画は、HIVに感染した村人たちの現実を過剰に悲劇化したり、政治的に利用したりしているという批判があり、中国の政府や社会に対する不満や反感を煽る作品として、中国国内での公開が禁止されたり、インターネットやメディアでの言及が制限されたりしたのです。

中国の国際的なイメージを損なう作品として、一部の国々での公開が難しくなったり、抗議活動が起こったりしました。

5.Netflix配信作品 映画「最愛」の感想や考察

映画「最愛」は、私にとって衝撃的な作品で、HIVに感染した村人たちの悲惨な現実と、彼らの愛と希望を描いた感動的な作品です。

HIVに感染した村人たちの演技や、グァン・フーの演出や脚本、チャン・ユンの音楽などが素晴らしかったです。

映画は、HIVに感染した村人たちの人権や尊厳を訴えるメッセージ性も強く、中国の社会問題や政治問題に対する批判的な姿勢を示す作品でした。

映画「最愛」は、私にとって考えさせられる作品でした。

HIVに感染した村人たちの現実を知らなかった私に、彼らの苦しみや不幸を目の当たりにさせましたし、HIVに感染した村人たちの現実を無視したり、隠したりした中国の政府や社会に対して、怒りや憤りさえ感じさせました。

HIVに感染した村人たちの現実を伝えることができなかったグァン・フーの苦悩や挫折を感じさせ、また、HIVに感染した村人たちの現実を理解しようとしたり、支援しようとしたりすることの重要性や意義を感じさせました。

村人たちが、病気や死に直面しながらも、家族や恋人や友人との絆を大切にし、生きることを諦めずに、笑顔で、勇気を持って、楽しく、美しく、誇り高く、感謝しながら、生きる姿を見せてくれました。

村人たちが、自分たちの運命に抗って、自分たちの声を発信しようとしたり、自分たちの権利を主張しようとしたり、自分たちの夢を追いかけようとしたりする姿やグァン・フーとの出会いや交流を通して、映画に参加したり、映画を見たり、映画について話したりすることで、自分たちの人生に新しい意味や価値や希望を見出したり、自分たちの存在を認められたり、自分たちの幸せを感じたりする姿が良く画かれており非常に感慨深い作品だと感じました。

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も『最愛』をご視聴してみてください!
タイトルとURLをコピーしました