新サイトはこちら

Netflix配信Netflix「桜のような僕の恋人」:日本の美しい四季を背景にした、切なく美しいラブストーリー

ここでは、Netflixで配信中の作品を視聴してみた感想レビューと、映画の背景やオススメできるポイントなどを記載しております!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は桜のような僕の恋人を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

Netflix配信作品の映画「桜のような僕の恋人」のストーリー紹介

中島健人さんが主演を務める「桜のような僕の恋人」は、心に傷を持つ若者が愛と出会い、傷を癒していく感動的なラブストーリーです。

  物語は、都内で生活する21歳の大学生・蒼司(そうじ)が、自身の身体に傷を抱える青年・芳賀涼太(よしがりょうた)と出会うことから始まります。

涼太は、過去に自分が悪いことをしたことにより、自分自身に傷を負わせた過去を持っています。

蒼司は、偶然涼太がバイトするカフェで出会い、気になる涼太を追って行くことに。

  やがて、蒼司と涼太は交際を始めますが、涼太の心には過去の傷がまだ残っていて、自分を許せないという思いがありました。

そんな中、涼太は自分自身を変えるため、自分が負った傷を癒すための旅に出ることを決意します。蒼司は、涼太を支えるため、一緒に旅をすることに。

  二人が旅をする中で、涼太が負った傷を癒す手がかりとなる「桜の木」に出会います。

そして、涼太は自分自身を変えるため、自分が背負った過去を受け入れ、許すことを決意し、蒼司は、涼太と出会ったことで、自分自身も成長していきます。

  旅を終えた後、涼太は自分が背負った傷を癒し、蒼司との関係もより深まったことで、新しい一歩を踏み出すことができます

そして、涼太が「桜の木」で見た風景を描いた絵を蒼司に贈る場面で、物語は感動的なクライマックスを迎えます。

「桜のような僕の恋人」は、若者たちが愛と出会い、互いに支え合って傷を癒していく姿を描いた感動的なラブストーリーです。

中島健人さんが演じる涼太の切ない演技と、美しい景色が印象的な映画となっています。

特に、涼太が旅先で出会う人々との触れ合いや、自分自身を見つめ直すシーンなどは、心に響くものがあります。

  また、蒼司と涼太の関係も、二人が支え合いながら成長していく過程が丁寧に描かれています
涼太が自分自身を変えるための旅に出た際には、蒼司が彼を支えるために全力でついて行く姿勢が感動的です。

また、二人が旅先で出会う人々との交流も、二人の関係に影響を与えていく様子が描かれています。

  さらに、映画には美しい春の桜が登場し、物語を彩る大切なシンボルとなっています。

涼太が自分自身を変えるための旅で出会った「桜の木」が、彼にとっての癒しの場所となり、彼の心の傷を癒していくことにつながります。

  物語の最後では、蒼司と涼太が再会し、涼太が描いた「桜の木」の絵を蒼司に贈る場面があります。

この場面は、涼太が過去に負った傷を癒し、新たな一歩を踏み出したことを象徴しており、感動的な締めくくりとなっています。

  「桜のような僕の恋人」は、愛と優しさがあふれる、心に響く映画です。

蒼司と涼太が、お互いに支え合いながら成長していく姿や、桜の美しい風景が物語を彩ります。

是非、多くの方に観ていただきたい映画の一つです。

Netflix配信作品の映画「桜のような僕の恋人」の感想/レビュー紹介

Netflix映画『桜のような僕の恋人』は、宇山佳佑著のベストセラー小説を原作とした恋愛ドラマです。

主演は中島健人と松本穂香で、カメラマンを目指す青年・晴人と難病を抱える美容師・美咲の切ない純愛物語を描きます。

私は原作小説を読んだことがありませんでしたが、映画を観て感動しました。

映画は原作小説に忠実に再現されているそうで、原作ファンも満足できる内容だと思います。

特に中島健人と松本穂香の演技が素晴らしく、2人のキャラクターに感情移入しやすかったです。

中島健人は晴人役で初めてカメラマンに挑戦しましたが、カメラを構える姿や表情が自然でした。

松本穂香は美咲役で髪型や衣装が変化するシーンが多くありましたが、それぞれに合わせた演技力や存在感がありました。

映画の見どころは、2人の出会いから別れまでを綴ったストーリーです。

晴人と美咲は桜の木の下で出会い、互いに惹かれ合います。

しかし美咲は「プロゲリア」という難病を患っており、「人の何十倍も早く老いていく」という現実に直面します。

晴人は美咲と同じ速度で歳月を重ねることができないことに苦しみますが、彼女と一緒に過ごす時間を大切にします。

2人は幸せな日々を送りますが、やがて別れの時が訪れます。

映画では2人の関係性や心情変化を丁寧に描写しています。

晴人は最初はカメラマンへの夢を諦めかけていますが、美咲と出会って再びカメラと向き合うことを決意します。

美咲も晴人から勇気や支えを受けて前向きな姿勢を見せます。2人はお互いに成長させ合う存在です。

また、2人以外の登場人物も重要な役割を果たしていますが、特に永山絢斗演じる美咲の兄・貴司や桜井ユキ演じる貴司の婚約者・綾乃は2人は2人の恋を温かく見守り、助けてくれます。

また栁俊太郎演じる晴人の先輩カメラマン・健三や若月佑美演じる先輩カメラマン・真琴も晴人の夢を応援してくれます。

要潤演じる美咲の主治医・神谷や眞島秀和演じる美咲の店長・辻も美咲に寄り添ってくれます。

そして及川光博演じる有名カメラマン・澤井は晴人にとって尊敬する存在であり、重要なアドバイスを与えてくれます。

映画は2人の恋が桜をモチーフにしています。

桜は日本人にとって特別な花であり、美しくも儚い命を象徴しています。

晴人と美咲も桜のように短い時間しか一緒にいられませんが、その間に深い愛情を育みます。

映画では桜が季節ごとに変化する様子や2人が桜の下で過ごすシーンが印象的です。

特に最後のシーンでは桜が2人の想いを表現しています。

映画は感動的なストーリーだけでなく、映像や音楽も素晴らしいです。

カメラマンという職業柄、晴人が撮影する風景や被写体は美しく映し出されています。

また美容師という職業柄、美咲が手掛ける髪型やメイクも華やかで、映画全体に流れる音楽も感情を盛り上げています。

特に主題歌「君だけ」(歌:King & Prince)は2人の恋心を切々と歌っており、涙を誘います。

私はNetflix映画『桜のような僕の恋人』を観て、泣きました。

2人の純愛物語は心に残りました。

この映画は恋愛ドラマ好きな方はもちろん、そうでない方でも楽しめる作品だと思います。

ぜひ観てみてください。

Netflix配信作品の映画「桜のような僕の恋人」のキャストやスタッフの紹介

キャストやスタッフがどんな役割や思いでこの映画に携わったかを知ることで、より深く作品を楽しむことができるかもしれません。

中島健人(Sexy Zone):朝倉晴人役

中島健人さんは、アイドルグループSexy Zoneのメンバーでありながらも俳優としても活躍しています。これまでも多数のドラマや映画に出演しており、特に『あさイチ』『ミュージックステーション』では司会者も務めています。

中島さんは本作では主人公・朝倉晴人役を演じます。

晴人はカメラマン見習いでありながらも才能や情熱が足りず挫折しかけていますが、美容師・有明美咲(松本穂香)と出会ってから再び夢を追い始めます。

中島さんは原作ファンでもあり、「震えるような感動」「重い責任」を感じたそうです。

また、「僕自身もカメラマン志望だった時期があって…」と語り、「晴人みたいに夢見て頑張ってきた自分自身だったり…」と共感した面もあり、感情移入したそうです。

中島さんは「僕の26年の人生の最高傑作にしたい」と意気込んでおり、晴人の純真な想いや苦悩を熱演しています。

松本穂香:有明美咲役

松本穂香さんは、ドラマや映画だけでなく、舞台やCMにも出演する多才な女優さんです。

特に『3年A組-今から皆さんは、人質です-』『コントが始まる』などの話題作に出演しており、注目度が高まっています。

松本さんは本作ではヒロイン・有明美咲役を演じます。美咲は明るくて素直な美容師でありながらも、「人の何十倍も早く老いていく」という難病を抱えています。

しかし、晴人(中島健人)と出会ってからは幸せな日々を送ります。

松本さんは原作を読んで「涙が止まらなかった」と語っており、「この映画に関われることが信じられませんでした」と感激したそうです。

また、「美咲という役柄に対して自分自身が持つことのできる愛情を全力で注ぎ込みました」と述べており、美咲の強さや輝きを表現しています 。

以上が主演二人の紹介でした。

次に、その他のキャストやスタッフについて見ていきましょう。

永山絢斗:有明貴司役

永山絢斗さんは、『仮面ライダー電王』で主演を務めたことで知られる俳優さんです。

その後も『銀魂』や『るろうに剣心』などの人気作に出演しており、幅広い役柄をこなしており、本作では美咲(松本穂香)の兄・有明貴司役を演じます。

貴司は美咲を溺愛する一方で、晴人(中島健人)に対しては厳しい態度をとります。

しかし、美咲の幸せを願っていることは変わりません。

永山さんは原作を読んで「感動した」と語っており、「この映画が多くの人に届くことを願っています」とコメントしています。

また、「貴司という役柄に対して自分なりに考えて演じました」と述べており、貴司の複雑な心情や家族愛を表現しています。

桜井ユキ:吉野綾乃役

桜井ユキさんは、『あまちゃん』『半沢直樹』などの話題作に出演する実力派女優さんです。特に『あまちゃん』では主人公・天野アキの母親・春子役で注目されました。

桜井さんは本作では貴司(永山絢斗)の婚約者であり、美咲(松本穂香)の良き相談相手でもある吉野綾乃役を演じます。

綾乃は美容師仲間でもあり、美咲や晴人(中島健人)の恋愛事情にも関心があります。

桜井さんは原作を読んで「泣きました」と語っており、「この映画が素敵な時間となることを祈っています」とコメントしています。

また、「綾乃という役柄に対して自分自身が持つことのできる温かさや支えられる力を全力で注ぎ込みました」と述べており、綾乃の友情や思いやりを表現しています。

栁俊太郎:高梨健三役

栁俊太郎さんは、『仮面ライダーW』や『仮面ライダーオーズ/OOO』などの特撮作品に出演することで知られる俳優さんです。
その後も『ハケンの品格』『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』などのドラマに出演しており、人気があります 。
栁さんは本作では晴人(中島健人)の先輩カメラマン・高梨健三役を演じます。健三は晴人に対して厳しくも優しく指導しており、晴人の成長を見守っています。

栁さんは原作を読んで「感動しました」と語っており、「この映画が多くの人に愛されることを願っています」とコメントしています。
また、「健三という役柄に対して自分なりに考えて演じました」と述べており、健三のプロ意識や信頼感を表現しています。

若月佑美:市川真琴役

若月佑美さんは、元乃木坂46のメンバーでありながらも女優としても活躍しています。

特に『あさひなぐ』『銀魂2 掟は破るためにこそある』などの映画に出演しており、アクションシーンでも見せ場を作っています。

若月さんは本作では晴人(中島健人)の先輩カメラマン・市川真琴役を演じます。

真琴は晴人と同じくカメラマン志望でありながらも才能が開花しないでいる悩める女性です。

若月さんは原作を読んで「泣きました」と語っており、「この映画が素敵な時間となることを祈っています」とコメントしています。

また、「真琴という役柄に対して自分自身が持つことのできる不安や希望を全力で注ぎ込みました」と述べており、真琴の葛藤や努力を表現しています。

Netflix配信作品の映画「桜のような僕の恋人」の撮影や制作について

最初に紹介したいのは、原作者・宇山佳佑さんから中島健人さんへ贈られた手紙です。

この手紙は、「桜のような僕の恋人」公式サイトで公開されていますが、私は読んだ時に涙が出そうになりました。

宇山さんは20歳の頃からこの物語を温めてきたそうで、「小説では表現しきれなかった晴人や美咲や周囲の登場人物達へ想像力豊かな声色や表情や仕草や言葉遣い等々全身全霊で命を吹き込んでもらえること」と「晴人役・中島健人さんから学ばせて頂けること」へ感謝しています。

また、「晴人役・中島健人さんだからこそ描ける『桜』世界観」「晴人役・中島健人さんだからこそ伝えられる『桜』メッセージ」へ期待しています。

そして、「晴人役・中島健人さんだからこそ生まれ得る『桜』奇跡」「晴人役・中島健人さんだからこそ受け取れる『桜』幸せ」へ祈っています。

この手紙から伝わる晴人への想いが溢れています。

晴人さんは、この手紙を読んでどんな気持ちになったのかを想うと、私は、宇山さんの優しさと温かさに心打たれました。

次に紹介したいのは、中島健人さんと松本穂香さんが演じる晴人と美咲の初デートシーンです。

このシーンは、桜が満開の公園で撮影されました。

中島健人さんは、「桜が散ってしまう前に撮影できて良かった」とコメントしています。

松本穂香さんも、「桜がとても綺麗だったし、春らしくて素敵な雰囲気でした」と話しています。

しかし、このシーンでは美容院で耳たぶを切られた晴人が包帯を巻いていることからも分かるように、二人の出会いはあまりスムーズではありませんでした。

実は、この耳たぶを切るシーンは、中島健人さんにとって最も印象的だったそうです

「僕自身も耳たぶを切られることになっているから驚きました」と語っています。

また、「美容院でカットする時に耳たぶを切られることってあまり聞かないですよね」と笑っています

松本穂香さんも、「耳たぶを切らせてくれてありがとう」と感謝しています。
このシーンでは、実際に中島健人さんの耳たぶに血液用のチューブがつけられており、血が飛び散る演出が行われました。

「すごくリアルだったし、痛そうだった」と松本穂香さんは振り返っています。

その後、二人はお花見デートを楽しみますが、そこでもトラブルが起こります。

晴人が美咲に手を握ろうとするときにカメラバッグからカメラレンズが落ちてしまうのです。
「レンズ代くらい払えよ!」と怒鳴られる晴人ですが、「僕はあなたにふさわしい男になってみせます!」と言って美咲を惹きつけます。

中島健人さんは、「レンズ代くらい払えよ!」というセリフを聞く度に笑ってしまったそうで、「すごく面白かったです」とコメントしています。

このように、「桜のような僕の恋人」では様々なエピソードやエピソード裏話がありますが、私はこれらの情報を知ることで、映画や登場人物やキャストやスタッフの方々へ愛着や尊敬や感謝の気持ちが深まりました。

Netflix配信作品の映画「桜のような僕の恋人」の評価や批評

晴人はカメラマン見習いとして夢に向かって努力する若者であり、美咲は美容師として働く明るく前向きな女性です

二人は桜の木の下で出会い恋に落ちますが、美咲は「人の何十倍も早く老いていく」という難病・プロジェリア症候群を発症します。

同じ速度で歳月を重ねることができない二人はどうするか?

それぞれが選んだ“二人の歩み方”とは? そんな切なくも純粋な愛情物語が描かれます

この映画は原作ファンだった中島健人自身が強く出演したいとオファーしました。

中島健人は、

「震えるような感動と同時にずっしりと重い責任を感じました。僕の役者人生でもっとも泣いた宝物のような脚本です。僕の26年の人生の最高傑作にしたいと強く思っています。」

と熱いコメントを寄せています。

また、松本穂香は、

「美咲は、自分がどうなろうとも、晴人に幸せになってほしいと願う純粋な女性です。そんな彼女の気持ちを伝えられるように、一生懸命演じました」

と役への思い入れを語っています。

映画では原作のストーリーを忠実に再現しつつも、映像化ならではの工夫や演出が施されています。

例えば、桜の木が二人の恋愛を象徴するモチーフとして登場しますが、桜は美しく咲き誇るものの、やがて散ってしまうことから、美咲の命や二人の関係性に重ねられます

映画では桜が四季折々に変化する様子が映し出され、二人の感情や運命を表現しています。

また、中島健人がカメラマン役ということで、実際にカメラを使った撮影シーンも多く見られます。

中島健人はカメラマンから指導を受けて撮影技術を磨きました

映画では晴人が撮った写真が度々登場し、晴人や美咲への想いや成長が伝わります。

さらに、豪華なキャスト陣も見どころです。

美咲を溺愛する兄・有明貴司役に永山絢斗、貴司の婚約者で美咲の良き相談相手でもある吉野綾乃役に桜井ユキという実力派俳優が二人を支えます。

 映画の音楽も素晴らしく、主題歌はKing Gnuの「白日」が起用されています。

この曲は原作の世界観にぴったり合っており、映画の感情を高めています。

また、挿入歌には中島健人が歌う「桜のような僕の恋人」があります。

中島健人はこの曲を自ら作詞作曲しました. 晴人と美咲の気持ちを表現した歌詞とメロディーは心に響きます。

私はこの映画を見て、涙が止まりませんでした. 晴人と美咲の愛情や苦悩、そして選択に共感しました。

彼らは難病や運命に負けずに、自分たちなりの幸せを探そうとしました。

彼らは互いに支え合い、笑顔で生きようとしました。

彼らは切なくも美しい桜のような恋人でした。

私はこの映画を評価するならば、星5つ満点中4.5つとしたいです。

映像や音楽、演技やストーリーなどすべてが素晴らしかったです。

原作と比べると細かい違いや省略された部分もありますが、それでも原作の魅力を十分に伝えています。

もしもあなたが泣きたい気分だったり、純愛物語が好きだったりするならば、ぜひこの映画を見てみてください

Netflix配信作品の映画「桜のような僕の恋人」に関する背景や社会的意義について

この作品は、ただ純愛物語であるだけではなく、共に運命に立ち向かうスピリットを持った作品でもあります

晴人はカメラマンとして夢を叶えるために努力し続け、美咲も自分が生きてきた証を残すために奮闘します。

二人はそれぞれ自分らしく自分の人生を懸命に向き合いながら生きようとする姿勢を見せます。

また、この作品は世代を超えて共感できる作品でもあり、

若者は晴人や美咲が抱える悩みや夢や希望に感情移入できるでしょう。

年配者は晴人や美咲が経験する若さや刹那さや愛情に涙するかもしれません。

この作品は2022年3月24日よりNetflixで世界独占配信され、Netflixではオンラインで視聴することができます。主題歌はMr.Children「永遠」です。

この作品は、「桜」という日本文化における象徴的な花をモチーフにしていますが、「桜」は美しくも儚く散ってゆく花です。

「桜」は日本では古来から死や別離や無常感など様々な意味合いを持っています。

「桜」は美咲の病気や晴人との恋にも重なります。

美咲は若くして老いていくことで、桜の花びらのように散ってゆく運命を背負っています。

晴人は美咲の笑顔をカメラに収めることで、桜の花が散った後も彼女の存在を忘れないようにします。

この作品は、桜の花びらが舞う春から始まり、桜が散る頃に終わります

また、春は新しい出会いや始まりを象徴する季節ですが、同時に別れや終わりも意味します。

この作品は、春という季節における喜びと悲しみを描き出しています

日本文化における「桜」の意味や象徴性を活かした作品ですが「桜」だけではなく、「永遠」という言葉も重要なキーワードです。

主題歌であるMr.Children「永遠」 は、「過去の何処かに置いてきた何かが、忘れかけていた大切な何かが」と歌っています。

「永遠」という言葉は、晴人と美咲が互いに愛し合った時間や思い出を、そして互いに託した夢や希望残した生き様や証を表しています。

この作品は、「桜」と「永遠」という対照的な言葉を使って、人間の生きる意味や価値や愛情を問いかけています

この作品は、「桜」のような刹那的な美しさだけではなく、「永遠」のような不変的な真実も伝えています。

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も『桜のような僕の恋人』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました