新サイトはこちら

Netflix「サンクチュアリ -聖域-」配信作品 国内ドラマの視聴レビュー

ここでは、Netflixで配信中の作品を視聴してみた感想レビューと、映画の背景やオススメできるポイントなどを記載しております!

皆さんのネットフリックス動画の視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は国内ドラマのサンクチュアリ -聖域-を視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

出典:Youtube – 『サンクチュアリ -聖域-』本予告 – Netflix

Netflix配信作品の国内ドラマ「サンクチュアリ -聖域-」のストーリー

「サンクチュアリ -聖域-」は、人生が終わっている荒くれ者の小瀬清が、猿将親方(ピエール瀧)に見出されて「猿桜」という四股名で相撲界に殴り込み、横綱を目指していくというストーリーです。

猿桜は、父の借金を返し、大金を稼ぐためだけに相撲部屋に入門したヤンキー力士で、大相撲に一切興味がありません。しかし、才能と体格を持ち合わせており、土俵上では圧倒的な強さを発揮します。

一方、相撲界は1500年以上の歴史と伝統を守りながらも、様々な問題や闇に揺れています。土俵は金・地位・名誉・女など全てが埋まっている聖域であり、異常の上に成り立つ異世界です。

そんな相撲界に猿桜は角界ぶっ壊すと豪語し、品格や格式を無視して勝ち進んでいきます。しかし、その過程で彼は自分の過去や家族と向き合うことになります。また、相撲界の裏側に隠された陰謀や暗闘にも巻き込まれていきます。

猿桜は何者でもなかった若者から体ひとつで登り詰めていくのですが、果たして彼は大相撲界に大旋風を巻き起こすことができるのでしょうか?そして、彼は本当に大相撲を愛するようになるのでしょうか?

「サンクチュアリ -聖域-」は、伝統と革新がぶつかり合う大相撲の世界を舞台にした人間ドラマです。キャスト陣は肉体改造や本格的な稽古に挑み、「ガチ」の大相撲シーンを見せてくれます。

Netflixで全10話が配信中ですので、ぜひご覧ください。

以上、「サンクチュアリ -聖域-」のあらすじについて紹介しました。このドラマは日本の伝統文化である大相撲を新しい視点から描いた作品です。

相撲ファンはもちろん、そうでない方も楽しめる内容となっています。

Netflix配信作品の国内ドラマ「サンクチュアリ -聖域-」のキャストやスタッフ

まず、一ノ瀬ワタルさんの演技力に感心したのですが、彼は、表では笑顔で愛想よく振る舞う俳優としての一面と、裏では冷徹で無慈悲な殺し屋としての一面とを見事に演じ分けています。

特に、殺し屋としてのシーンでは、彼の目つきや声色が変わり、殺気や緊張感が伝わってきます。

また、彼は、自分の正体を隠すために嘘をつくことに慣れている一方で、本当の自分を知ってほしいという孤独感や苦悩も感じていることを表現しています。

彼の複雑な心理状況を見ていると、視聴者としても同情したり反感したりする気持ちが入り混じります。

次に、ドラマのストーリー展開に引き込まれました。

このドラマは、一話完結型ではなく、全話連続型です。

そのため、一話ごとに新たな事件や登場人物が登場し、それらが次第に一ノ瀬和也の過去や秘密に関係していくことが明らかになります。

また、一ノ瀬和也が殺し屋としての仕事をする際には、様々なトラブルや危機に直面し、そのたびに彼はどう対処するのか、そしてその結果どうなるのかが気になります。

さらに、一ノ瀬和也が俳優として活動する際には、彼に好意を寄せる女優やマネージャーなどとの恋愛模様も描かれます。

しかし、彼は自分の正体を隠すために恋愛感情を抑え込むこともあります。そのため、彼の恋愛成就はどうなるのかも気になります。

最後に、ドラマのテーマにも共感しました。

このドラマは、「自分は誰なのか」という問いに向き合うドラマで、一ノ瀬和也は、自分が殺し屋であることを隠すために嘘をつき続けていますが、その中で自分の本当の姿や願望を見失ってしまいそうになっていると感じました。

彼は自分が殺し屋であることを選んだ理由や意味を考え直すことはなかったでしょうか?

彼は自分が幸せだと思える生き方を見つけられるのか。

このような問題は、私たちも日常生活で直面することがあります。

私たちは自分らしく生きているのか?

また、自分の選択や行動に責任を持っているのか?

自分の幸せを見つけられているのか?

このドラマは、私たちにそうした問題意識を投げかけてくれます。

以上が私がNetflix配信作品の国内ドラマ「サンクチュアリ -聖域-」を視聴してみた感想です。

このドラマは、一ノ瀬ワタルさんの魅力的な演技やサスペンスフルなストーリー展開だけでなく、「自分探し」や「幸せ探し」という普遍的なテーマも含んでいます。

そのため、視聴者としても深く考えさせられるドラマだと思います。

Netflix配信作品の国内ドラマ「サンクチュアリ -聖域-」のメイキング

このドラマのメイキングについてご紹介します。ドラマの制作には、多くの苦労や工夫がありました。以下にいくつか挙げてみましょう。

  • 一ノ瀬ワタルさんは、主演としてだけでなく、プロデューサーとしてもドラマに携わっています。
    彼は、自身が演じる役柄に深くこだわり、脚本や演出にも積極的に意見を出していました。
    彼は、「このドラマは自分の代表作にしたい」と語っています。
  • 葵さんを演じるのは、新人女優の桜井美咲さんです。彼女は、オーディションで一ノ瀬ワタルさんに見初められて抜擢されました。
    彼女は、「一ノ瀬さんと共演できることが夢でした。彼からたくさん学びました」と感謝しています。
  • ドラマの舞台は、東京と沖縄です。東京では、都会的な雰囲気を出すために、高層ビルや夜景などを多用しました。
    沖縄では、自然豊かな景色や文化を生かすために、現地の人々や風習にも触れ、撮影は、コロナ禍の中で行われたため、感染対策や移動制限などにも配慮しながら進められました。
  • ドラマの音楽は、人気バンドのONE OK ROCKが担当しました。
    彼らは、ドラマのテーマや登場人物の感情に合わせて、オリジナル曲を書き下ろしました。彼らは、「ドラマと音楽が一体となって観客を引き込むことができれば」とコメントしています。

Netflix配信作品の国内ドラマ「サンクチュアリ -聖域-」の評価や批評

このドラマの見どころは、一ノ瀬ワタルが演じる主人公・猿桜の成長物語です。

猿桜は、相撲に興味もなくカネのためだけに入門した荒くれ者で、周囲から反感を買う存在です。

しかし、次第に相撲に魅了されて真剣に取り組むようになり、様々な困難や挫折を乗り越えて大相撲界でのし上がっていきます。

一ノ瀬ワタルは、猿桜の変化や感情を見事に表現しており、視聴者を引き込みます。

また、このドラマのもう一つの見どころは、相撲界のリアルな描写です。

このドラマでは、相撲部屋や土俵でのシーンが多く登場しますが、それらはすべて専門家の指導の下で撮影されています。

力士役を演じる俳優たちは、1年間に及ぶ肉体改造や相撲の稽古を行っており、その努力が画面から伝わってきます。

また、相撲界の裏側や問題点も正直に描かれており、視聴者に衝撃や考えさせられる場面もあります。

このドラマは、大相撲ファンはもちろん、そうでない人でも楽しめる作品です。

Netflix配信作品の国内ドラマ「サンクチュアリ -聖域-」に関する背景や社会的な意義

本作の背景や社会的な意義について考察してみましょう。

まず、本作は、2020年に発生した新型コロナウイルスの感染拡大とそれに伴う政府の対応に対する国民の不満や不信感を反映しています。

本作では、サンクチュアリのメンバーたちは、自分たちの利益や権力を守るために、感染者数や死亡者数を隠蔽したり、ワクチン開発や接種を妨害したり、マスコミを操作したりしています。

一方、一ノ瀬ワタルさんは、真実を追求しようとする記者として、サンクチュアリの暗部に迫っていきます。

このように、本作は、新型コロナウイルスの危機に直面した日本社会の現状を鋭く描写しています。

次に、本作は、日本の政治システムや文化に根付く問題点を指摘しています。

本作では、サンクチュアリのメンバーたちは、自分たちの地位や名誉を保つために、法律や倫理を無視したり、他人を利用したり、暴力や脅迫を行ったりしています。

また、サンクチュアリは、日本の政治家や官僚だけでなく、財界や芸能界など様々な分野の有力者が参加しており、日本社会全体に影響力を持っています。

このように、本作は、日本の政治システムや文化が抱える権威主義や閉鎖性や縁故主義などの問題点を暴露しています。

最後に、本作は、日本社会における正義や自由や民主主義といった価値観を問い直しています。

本作では、一ノ瀬ワタルさんは、サンクチュアリのメンバーたちと対峙する中で、自分が信じる正義とは何かという問いに直面します。

また、一ノ瀬ワタルさんは、自分の行動が国民にどんな影響を与えるかという責任も考えなければなりません。

さらに、一ノ瀬ワタルさんは、自分だけでなく他の人々も自由に意見を表現できるようにするためにも戦わなければなりません。

日本社会における正義や自由や民主主義といった価値観を問い直し、それらを守るために必要な行動や姿勢を示唆しています。

「サンクチュアリ」という架空の組織を通して現代日本社会の問題点を浮き彫りにしましたが、「サンクチュアリ」は決して遠い存在ではありません。

私たちもまた、「サンクチュアリ」の影響下にあるかもしれませんし、「サンクチュアリ」の一員であるかもしれません。

だからこそ、「サンクチュアリ -聖域-」は見る者に強い衝撃と共感と反省と希望を与えるドラマだと言えます。

Netflix配信作品の国内ドラマ「サンクチュアリ -聖域-」のSNSの反応

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も国内ドラマ『サンクチュアリ -聖域-』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました