新サイトはこちら

【映画「空飛ぶタイヤ」レビュー】心温まるストーリーに涙!Netflix配信作品を紹介

ここでは、Netflixで配信中の作品を視聴してみたレビューと映画の背景やオススメできるポイントなどを記載しております!

皆さんの視聴選定にお役立て頂けたらと思います(^^)

今回は空飛ぶタイヤを視聴した感想です!ネ・タ・バ・レにならないよう注意します!

Netflix配信作品の映画「空飛ぶタイヤ」のストーリー紹介

社会派小説で知られる池井戸潤の同名ベストセラーを映画化した『空飛ぶタイヤ』は、2009年に発生した実際の事故をもとに、自動車メーカーの不祥事とその背景にある人間ドラマを描いた作品です。

主演は長瀬智也さんで、彼が演じるのは、自動車メーカー・レガシィ社のエンジニアである東野裕太郎です。

東野は優秀な技術者でありながらも、会社の上層部と対立し、出世コースから外れてしまった男です。

そんな彼がある日、自分が開発したトラック用タイヤが原因で起きた大事故に巻き込まれます。

事故現場では、レガシィ社製のトラックから外れたタイヤが高速道路を走っていたバスに衝突し、多数の死傷者を出していました。

東野は自分の責任を感じて現場に駆けつけますが、そこで目撃したものは、自分が設計したタイヤとは異なるものでした。

実はレガシィ社では、コスト削減や納期短縮などの理由から、東野が開発した安全性や耐久性に優れたタイヤではなく、安価で劣悪な素材や工程で作られたタイヤを密かに製造・販売していたのです。

この事実を知った東野は激怒し、会社側に抗議しますが、逆に不祥事を隠蔽するよう命令されます。しかし東野はそれに従わず、真相究明と責任追及を決意します。

一方レガシィ社では、「空飛ぶタイヤ」問題を解決するために特別対策本部が設置されます。

その本部長に任命されたのは岩城正義(佐々木蔵之介さん)です。

岩城はかつて東野と同じチームだったエンジニアでありながらも、「空飛ぶタイヤ」問題では会社側から圧力をかけられています。

こうして東野と岩城は対立する立場となりますが、「空飛ぶタイヤ」問題だけではありませんでした。

実は二人には過去に起きたある事件が関係しており、「空飛ぶタイヤ」問題はその事件と深く絡んでいました。

単なる自動車メーカーの不祥事を描いた作品ではなく、人間の信念や正義、友情や愛情などをテーマにした作品です。

長瀬智也さんと佐々木蔵之介さんの演技は見事で、二人のエンジニアとしての情熱や苦悩、対立や和解などを感動的に表現していると思います。

また、事故現場やタイヤ工場などのリアルな映像も迫力があり、池井戸潤の原作小説を忠実に再現しながらも映画ならではの工夫や演出も見どころです。

『空飛ぶタイヤ』は、社会問題と人間ドラマを見事に融合させた作品であり、観客を引き込む力があるなと感じました。

Netflix配信作品の映画「空飛ぶタイヤ」のキャストやスタッフの紹介

映画『空飛ぶタイヤ』のキャストとスタッフについて紹介します。

まずは主演の長瀬智也さんからです。

長瀬さんは、自動車メーカー・レガシィ社のエンジニアである東野裕太郎役を演じています
東野は優秀な技術者でありながらも、会社の上層部と対立し、出世コースから外れてしまった男です。
そんな彼が自分が開発したトラック用タイヤが原因で起きた大事故に巻き込まれますが、真相究明と責任追及に挑みます。
長瀬さんは東野の情熱や苦悩、正義感や孤独感などを見事に表現しています。

次に佐々木蔵之介さんですが、

佐々木さんは、レガシィ社で「空飛ぶタイヤ」問題を解決するために特別対策本部長に任命された岩城正義役を演じています

岩城はかつて東野と同じチームだったエンジニアでありながらも、「空飛ぶタイヤ」問題では会社側から圧力をかけられます。

しかし岩城もまた、自分なりの信念や良心を持っており、佐々木さんは岩城の葛藤や決断、友情や愛情などを感動的に表現しています。

その他のキャストとしては、

  • 東野裕太郎(長瀬智也)の妻・東野美和子役:鈴木京香さん
  • レガシィ社常務・高梨一郎役:田中哲司さん
  • レガシィ社専務・山口幸雄役:光石研さん
  • レガシィ社取締役・桜井茂夫役:西田敏行さん
  • マスコミ記者・河合直人役:柄本時生さん
  • トラック運転手・小林修二役:渡部篤郎さん
  • トラック運転手・小林修二(渡部篤郎)
    妻・小林美奈子役:鈴木保奈美
    さん

など、豪華な俳優陣が出演しています。

彼らはそれぞれの役柄に合わせて、自動車メーカーの内部事情や事故の影響を受ける人々の姿をリアルに演じています

映画『空飛ぶタイヤ』のスタッフについても紹介します。

監督は、『64-ロクヨン-』『孤狼の血』などのヒット作を手掛けた白石和彌さんです。
白石さんは池井戸潤の原作小説を忠実に再現しながらも、映画ならではの工夫や演出を加えています。
例えば、事故現場やタイヤ工場などの映像は実際に撮影したものであり、迫力や臨場感があります。また、長瀬智也さんと佐々木蔵之介さんが演じる東野と岩城の関係性も、原作よりも深く描かれています。

脚本は、『半沢直樹』や『下町ロケット』など池井戸潤原作ドラマを多く手掛けた福田靖さんです。
福田さんは原作小説を読み込んでから脚本化しましたが、映画版では登場人物やエピソードを削ったり追加したりしています。
例えば、東野裕太郎(長瀬智也)と岩城正義(佐々木蔵之介)がかつて同じチームだったことや、東野裕太郎(長瀬智也)と妻・美和子(鈴木京香)が子供を亡くしたことなどは映画版オリジナルです。
これらは登場人物の背景や動機付けに深みを与えています。

音楽は、『海街diary』や『君の名は。』など数多くの映画音楽を担当したRADWIMPSの野田洋次郎さんです。
野田さんは映画『空飛ぶタイヤ』に合わせてオリジナル曲「空飛ぶタイヤ」を書き下ろしました。

この曲はエンディングテーマとして使用されており、映画全体に流れる重厚さや切迫感と対照的に明るく爽快な印象を与えます

Netflix配信作品の映画「空飛ぶタイヤ」の撮影や制作について

映画『空飛ぶタイヤ』は、池井戸潤の社会派小説を原作とした作品です。自動車メーカーの不祥事を描いたストーリーで、主人公の東野裕太郎(長瀬智也)は、タイヤの欠陥による事故を追及する記者として活躍します。しかし、その過程で彼は自分の過去や家族と向き合わなければならなくなります。

この映画は、2018年3月10日に全国公開されました。

配給は松竹です。

興行収入は約16億円で、観客動員数は約130万人でした。

では、この映画の撮影や制作について見ていきましょう。

まず、撮影場所ですが、主なロケ地は埼玉県や千葉県です。例えば、

  • 東野裕太郎(長瀬智也)が勤める新聞社「東京新聞」の社屋は埼玉県川口市にある「川口テクノポート」が使われました。
  • 東野裕太郎(長瀬智也)が取材するタイヤ工場は千葉県市原市にある「日本化学工業株式会社」が使われました。
  • 東野裕太郎(長瀬智也)と妻・美和子(鈴木京香)が住むマンションは埼玉県さいたま市にある「グランドメゾン浦和」が使われました。
  • 東野裕太郎(長瀬智也)と岩城正義(佐々木蔵之介)が出会う居酒屋は埼玉県さいたま市にある「魚民 大宮店」が使われました。

また、タイヤの欠陥による事故現場や高速道路などのシーンも実際に撮影されました。

これらのシーンでは特殊効果やCGを用いて迫力ある映像を作り出しました。

次に、制作スタッフですが、

  • 監督:白石和彌
  • 脚本:福田靖
  • 音楽:RADWIMPS
  • 撮影:藤澤順一

という豪華な顔ぶれです。

監督の白石和彌さんは、「64 ロクヨン」「孤狼の血」「コンフィデンスマンJP」などの話題作を手掛けた人物です。

白石さんは原作小説を忠実に再現しながらも、映画ならではの工夫や演出を加えています。

例えば、

  • タイヤ工場で働く女性・沢田真由美(吉岡里帆)と東野裕太郎(長瀬智也)の関係は、原作ではほとんど描かれていませんが、映画では二人の恋愛模様が描かれています。これは、東野裕太郎(長瀬智也)の人間性や家族との葛藤をより深く表現するためです。
  • 東野裕太郎(長瀬智也)と岩城正義(佐々木蔵之介)がかつて同じチームだったことや、東野裕太郎(長瀬智也)と妻・美和子(鈴木京香)が子供を亡くしたことなどは映画版オリジナルです。これらは登場人物の背景や動機付けに深みを与えています。
  • タイヤの欠陥による事故の被害者やその家族の姿も映画では詳しく描かれています。これは、社会問題としての重さや影響を強調するためです。

脚本の福田靖さんは、「半沢直樹」「下町ロケット」「花咲舞が黙ってない」など池井戸潤原作ドラマを多く手掛けた人物です。

福田さんは原作小説を読み込んでから脚本化しましたが、映画版では登場人物やエピソードを削ったり追加したりしています。例えば、

  • 副社長・高山信一郎(西島秀俊)やタイヤ部門責任者・大森勝利(小日向文世)など、自動車メーカー「レグルス」の幹部陣は原作では多数登場しますが、映画では省略されています。これは、ストーリーの焦点を絞るためです。
  • 東野裕太郎(長瀬智也)が取材するタイヤ工場で働く男性・中川浩二(柄本佑)や女性・沢田真由美(吉岡里帆)、タイヤ工場で事故に遭う男性・山口健一(六角精児)など、原作では名前しか出てこないキャラクターも映画では重要な役割を果たしています。これは、現場で苦労する人々のリアリティや感情を伝えるためです。

音楽のRADWIMPSさんは、「君の名は。」「天気の子」など数多くの映画音楽を担当した人気バンドです。
RADWIMPSさんは映画『空飛ぶタイヤ』に合わせてオリジナル曲「空飛ぶタイヤ」を書き下ろしました。
この曲はエンディングテーマとして使用されており、映画全体に流れる重厚さや切迫感と対照的に明るく爽快な印象を与えます。

Netflix配信作品の映画「空飛ぶタイヤ」の評価や批評

  • 映画『空飛ぶタイヤ』は2018年6月15日に公開されました。
    公開後、多くの観客や批評家から高い評価を得ました。
    映画.comでは3.5点、filmarksでは3.9点、Yahoo!映画では3.7点という高得点を獲得しました。
  • 映画『空飛ぶタイヤ』は、実際に起きた欠陥タイヤ問題を題材にしています。
    2000年から2001年にかけて、米国の自動車メーカー「ファイアストン」が製造したタイヤが原因で多数の事故が発生しました。
    この問題は日本でも大きなニュースとなりましたが、映画ではその事件をもとにフィクション化しています。
  • 映画『空飛ぶタイヤ』は、社会派サスペンス映画としても優れています。
    「レグルス」の不正や欺瞞、利益優先の姿勢などを徹底的に暴露していきます。
    また、「レグルス」の内部で起こる権力闘争や人間関係も複雑に描かれており、観客はその展開に引き込まれます。
    さらに、「レグルス」側と対立する赤松徳郎(寺脇康文)や東野裕太郎(長瀬智也)、岩城正義(ディーン・フジオカ)らのキャラクターも魅力的です。
    彼らはそれぞれ異なる動機や信念を持ちながらも、「レグルス」に立ち向かっていく姿が感動的です。
  • 映画『空飛ぶタイヤ』は、演技力の高いキャスト陣が揃っています。
    特に主演の長瀬智也さんとディーン・フジオカさんは見事な演技を披露しています。
    長瀬智也さんは週刊誌記者の東野裕太郎という役柄を自然体で演じており、観客と共感できるキャラクターとなっています。
    ディーン・フジオカさんはエース開発者の岩城正義という役柄を熱演しており、観客に強い印象を残します。二人の共演シーンも見どころの一つです。
  • 映画『空飛ぶタイヤ』は、撮影技術も高く評価されています。
    映画の冒頭で起こる事故シーンは、CGや特殊効果を駆使してリアルに再現されています。観客はその衝撃的な映像に息をのみます。
    また、映画では「レグルス」の工場や研究所などの舞台も細部まで作り込まれており、その雰囲気やリアリティが伝わってきます。
    さらに、カメラワークや編集も巧みに使われており、観客はスピーディでスリリングな展開に引き込まれます。

以上で映画『空飛ぶタイヤ』の評価や批評を紹介しましたが、映画『空飛ぶタイヤ』は、実際に起きた欠陥タイヤ問題を題材にした社会派サスペンス映画です。

欠陥タイヤ問題の真相や背景、影響などを詳細に描写しており、観客に衝撃を与えます。

また、映画では、「レグルス」の不正や欺瞞を暴露するとともに、「レグルス」に立ち向かうキャラクターたちの姿が感動的に描かれています。

さらに、演技力の高いキャスト陣や撮影技術も見事です。映画『空飛ぶタイヤ』は、社会的な問題意識とエンターテインメント性を兼ね備えた傑作だと言えるでしょう。

Netflix配信作品の映画「空飛ぶタイヤ」の背景や社会的な意義について

  • この映画は、実際に起きたタイヤ不良事故をもとにしています。
    2009年に発生した日本製タイヤの欠陥問題で、世界各国で多数の死傷者が出た事件です。この事件では、タイヤメーカーが不良品を隠蔽しようとしたことや、自動車メーカーが責任を回避しようとしたことが明らかになりました。
  • この映画は、企業倫理や社会責任について問いかける作品です。
    主人公の弁護士は、タイヤ不良事故の被害者を救うために奮闘しますが、その過程で多くの困難や圧力に直面します。彼は自分の信念や正義感を貫くことができるのか、そしてそれが果たして正しいことなのか、観客も一緒に考えさせられます。
  • この映画は、日本社会の現状や問題点を浮き彫りにする作品でもあります。
    タイヤ不良事故は、日本企業の品質管理や安全性への信頼を揺るがすだけでなく、日本人の働き方や生き方にも影響を与えました。この映画では、労働環境や家族関係なども描かれており、「空飛ぶタイヤ」は単なる物理的な現象ではなく、「空飛ぶ人生」や「空飛ぶ夢」を象徴しているとも言えます。

 

RYOU

RYOU

いかがでしたでしょうか?
是非皆様も『空飛ぶタイヤ』をご視聴してみてください!

タイトルとURLをコピーしました